一瞬で魂を引き上げる言葉

Category : 魂のご飯
*これは2007.08.22 Wednesdayの記事を再編集したものです。ご了承下さい。



セッションにいらした方(2007年当時)とセッション後の会話の中でこんなことがありました。
セッション内容は守秘義務があるのでここでは触れません。仮にSさん…Sさんのおばあさまは既にお亡くなりになっているのですが、フッとSさんがおばあさまのことを思い出し感謝の言葉を呟いたんですね。するとおばあさまの霊的階層がその瞬間アップしたのを私は感じました。思いがけないハプニング。私は嬉しくなってSさんにこのことを伝えました。

この日のセッションではおばあさまを光の国へ昇げる流れも確かにありました。妥当な表現とは言えないかも知れませんけど、映画『ホーンテッド・マンション』や『ゴースト』を観たという方ならイメージして頂けると思うんですけど。

働きかけるとお迎えの光(神々しい青空と薔薇色の雲と鮮やかな光)がやってきます。それとともに天使(精霊・守護者、ケースは様々)がやってきます。私は何の力も使いません。使おうにも霊能力はありませんし、その必要も感じません。私はただエネルギーで働きかけながら成り行きを見届けるだけです。

全ての魂は自分のバースビジョンの流れの中にいます(バースビジョンとは生まれる前に魂の世界で決めた設定)。厳しい言い方かも知れませんが、最終的には誰かに成仏させてもらうのではなく自ら光に向かわねばならないのです。
お葬式で懇ろに弔ってもらってもフラフラと彷徨っている霊は後を絶ちません。これは何を物語っているのでしょうか。 


ちなみにSさんのおばあさまは霊界にちゃんと往っていました。Sさんが懐かしそうに感謝の言葉を呟いた、その瞬間おばあさまの霊的階層がアップした…。

素晴らしいと思いませんか?

霊的階層。これも妥当な表現が見つからないのですが、例えば…そうですね。安アパートから高級マンションにお引っ越ししたような、そんな感じでしょうか(笑)。

人は生きている間に様々な困難や挫折や仕打ちにあい、心身ともに傷つくことが多々あります。恨みや怒り、悲しみ苦しみをたくさん味わいます。
誰もねぎらってはくれず 、癒してもくれずに亡くなる方も少なくないでしょう。ですが、生前近しかった人間の温かい言葉がどれほど、そうした魂を癒しトラウマから解放させているか。

魂を救うのは能力でもなく儀式でもなく、愛と真心ということをもっと色んな方に知って頂きたい。私はそう思い続けています。でも、そんな私でさえこのSさんの発した感謝の言葉
愛のこもった言葉の持つパワーに感動したのでした。一瞬でしたよ…!

Sさんの真っすぐな人柄もウソのない心もパワー。

心をかけるって本当に大切なんですね。ですから、皆さんにはもっともっとご自分で出来ることがあることを。愛情のこもった言葉の持つパワーを知って頂けたらと思い、この話をシェアすることにしました。

まさに Pawer of Love. Love is all you need. 愛こそすべて。



愛こそが す・べ・て。



他に何か要ります?


プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ