ハマッキー地球防衛大船団 VS 太陽凝視推薦者

Category : 辛口ごめんなさい

世の中には「ハマッキー地球防衛大船団」を信じる人、それに加勢するべくロケット隊長やチームロケット隊員もいるんですね。チームロケット? はぁ。UFO信奉&陰謀論者の男性が管理するブログなのですが、日本を守る意志の元、闇の勢力が仕掛ける人口地震等を阻止するという主旨。で、彼に賛同する善良な男女が瞑想や祈りでハマッキー地球防衛大船団を自主的に参加サポートしている、見たところ一種のコミュニティのようです。

私はUFOも宇宙人も否定しません。しませんが、荒唐無稽じゃないでしょうか?信じる信じないは自由。しかしながら余りにも過干渉過ぎるキライがあり、そこがまともとは思えない所以です。

UFOの、3.11福島原発事故後に目撃例があるとか。もし彼らが『介入』するのであれば、これほどの惨事を放っておくでしょうか?

彼らは観察している


明らかなのはここ!ではないでしょうか。観察している。あるいは警告を発するに留まる。
介入があるとして、それは最終手段ということかも知れませんよ。いちいち船団組んで台風を抑止したりはしないでしょう。

彼らは地球人類の成り行きを観察している

それが限りなく事実に近いのではなでしょうか。

ロケット隊長以下その仲間たちの「善かれと思って」なのだろう気持ちは気持ちとして、日本がことさらに闇の勢力とやらのターゲットとなるという発想も何だかウルトラマンなどヒーローものの刷り込みがあるようでならない私です。
民主党や安倍さんが政権とっているうちは日本は国際社会にとって御しやすいのではないでしょうかね? いや。どの政党が政権に就こうと。
何しろ日本は金離れが良い
何だか国家隠し資金があるそうな?増税などしなくても袖の下にする資金はた~っぷりあるそうな?財界がバックにいますもの。政治とは国民のためではなく、そうした利害のためにあることを私たちは嫌というほど見て来たのではないでしょうか。

とか言うと「天皇は真のユダヤの継承者。故に闇の勢力は潰そうとしている」とかまくしたてそうですね。

話が逸れました(いつものことですね、笑)

やれやれ

この「ハマッキー地球防衛大船団」に真っ向から反論を展開しているのが、太陽凝視運動を熱く展開している飯山一郎氏。以下が彼のHPアドレスです。

http://grnba.com/iiyama/

◆2013/10/12(土)2  諌めた途端、臣、あわくって切腹!

2013/10/11(金)  「狂信者」が増えてきている…

などなどで『文殊菩薩』というサイトの編集長をお諌めしているのが主旨のようですが、その根拠が ↓


 
 ロケット隊長、チームロケット隊員の皆さん
 ハマッキー地球防衛大船団のみなさんへ
 救国、地球防衛の獅子奮迅のご活躍に心より敬意を表します
 『文殊菩薩(ブログ版)』の多くの読者も応援しています
 明るく憂える者ハマッキー地球防衛大船団のみなさんへ

                      明るく憂える者

 日本を救うためにハマッキー宇宙船団が台風24号を鎮めてくれた!
 もう大感謝のひとことです



これに対して飯山氏は「今回の台風24号は、東シナ海の九州南方の海洋の海水温が低下していたためエネルギー不足で勢力が弱まったためで、「ハマッキー宇宙船団」が「日本を護ってくれた」などということは妄想です。妄想もココまでくると大したもんですが…(大爆)」と反論している。
私もNASA(?)がソースという衛星画像を以前ネットで見かけたことがあります。いちいちその画像に矢印や個数(UFOの)の書き込みを入れてUFO船団の証拠としているんですが、信じたい人にはそれがUFO船団に見えるのだろうなという域を出ないもので、人間って思考回路でどうにでも見えてしまう…心理テストにもありますよね? ということで相手にしない方が良い方々かと思うんですけど。

ロケット隊長を信奉する『文殊菩薩』の編集長に飯山氏が噛みついた!

不謹慎かも知れませんが、諌めるというスタンスの飯山氏も太陽凝視の効能を説き、こればかりは浸透するに至らないようですが、ご自分の黒焦げた身体をHPに載せるなどして熱心に啓蒙中です。こういうのを、人間って人の行き過ぎには気づくが、自分の行き過ぎには気づかないという分かりやすい例かという。

太陽凝視ですが、これはベジタリアン推奨に似て、人にはそれぞれ遺伝子や体質の違いなどがあり、飯山氏には良いのかも知れないですが、万人に良いとは限らない種の行為ではないでしょうかね。

皆さんはRR型遺伝子をご存知ですか?
このRR型は別名チャンピオン遺伝子でしたか…?アフリカのマラソンランナーに見られる型なのだとか。RR型遺伝子保有者と同じメニューをこなしても同等の能力を発揮する訳ではない。足の長さだけではない(笑)脈々と受け継がれた遺伝子で心拍数など普通のアスリートとは別格。トレーニング以前の持って生まれた資質に違いがあるということをスポーツ生態学的に言えるとか。

太陽凝視にしても人種の違いや環境が育む遺伝的要素、体質など慎重に鑑みてでなければ手放しで推奨はリスキーでしょう。どうするんでしょうね。太陽フレアと凝視時間が重なったら・・・。致命的では?と背筋が凍ります、私。
太陽は今現在ただ事ではない状態です。免疫アップ!がスローガンらしい(そう書いてある)のですが、行き過ぎた訓練かと。
誰も諌める人いないのでしょうか。自分が大丈夫だからと証拠を見せるかの如くの画像配信。飯山氏ファンの方はくれぐれも自己責任でと思う次第です。

さて

推奨と言えば

飯山氏が内被爆から身を守るためと勧める豆乳ヨーグルト。ところが、大豆自体を害と説く人もいるんですね。私は「へぇ」と思いましたが、大豆アレルギーのお子さんを実際見知っていますから、何らかの根拠はあるんだろうなとは思うんですね。気になる方は大豆の害で検索してみて下さい。
それとは別に蒸留水で体内に溜まった石灰を排出する・・・この石灰が老化の原因として、この石灰を体外に出すのが蒸留水ということらしいんですが、実践推奨している人もいます。真意は定かではありません。

いずれにしても

どれを取り入れるしても自己責任でということかと思います。私が勧めたEMにしても同様です。

さて

「ハマッキー地球防衛大船団」ですが、救国・地球防衛に獅子奮迅、活躍とは美しいですが、台風被害を最小限にするべくのUFOなど存在しないと思いますよ。何故かと言うと「過干渉」に当たるためです。

宇宙存在がその気になれば、放射能抑止・浄化など彼らのテクノロジーからすれば簡単かも知れません。でも、しない。人工であろうが、自然災害であろうが、手取り足取りをしない。救済しない。それは何故か?

すべては自己責任

安易に介入しない

人間のことは人間で正して行かねばならないのではないでしょうか?

確かに原発や核施設や核搭載機などでUFO目撃例が数多く報告されていると言いますが、「ハマッキー地球防衛大船団」は「3.11福島原発事故の放射能をUFOが浄化するのを視た」「水爆が3機、闇の勢力の指示で仕掛けられたが、自分がそのうちの1機を阻止した」とかいう自称霊能者と同じ(それをまともに取り上げたアセンション啓蒙者がいました)。
妄想にしか過ぎないと私も思います。あるいは地球は既に5次元(?)なので予知された地震は回避されたとか言い出す人もいるんですよ。こういうのを荒唐無稽という。
飯山氏や飛鳥氏じゃありませんが、サイコパス(普通の生活はできるが、心的障害がある人)がネット社会で活躍している傾向があります。チャネルやヘミシングの弊害と私は感じていますが、何処かで誰もがこの世の中の不条理に堪え難いものを感じているのは確かだろうし、ウルトラマンじゃないけれど、何か人知を超えた存在の介入があればという希望的観測が膨らむのも理解できない訳であありません。

ありませんが、インドのサイクロン被害は深刻と報じられています。予知された日に巨大地震が日本に起きなかったから、最小限に食い止められた(と妄想)のは

次元上昇しているからと解釈する

自分たちの祈りミッションが功を奏したと思いたがる

その安易さにため息を禁じ得ません。精神世界系情報に洗脳されたオツムねえさんやおにいさんが語る寝言かと。

「ハマッキー地球防衛大船団」

その背景には「自分の(自分たちの)祈りが通じた」「瞑想が功を奏した」という思い込みがありはしないか?

Haarpの仕業、水爆による人工地震とあちこちで立証してみせる!意気込みのブログも後を絶ちません。でも、実際にその場に居合わせた日本人などいないのではないでしょうか?少なくとも講演会でブイブイ言わせている、ネットで情報通を自称している日本人には。

えっとですね

地球は今、さなぎの中のドロドロの如く、混沌とした状態です。太陽の異変もただ事ではありません。磁力線の変化やフレアーも刻々と。従って「これまで経験したことのない」事態に私たちは身を置いているのは確か。合衆国も何やら雲行きが怪しいですよね。国際経済も変換期を迎えつつあるのでしょうか。

そうそう

そう言えば、以前「中国に移住しよう」とかなり力説していた飯山氏ですが、最近はロシアに傾倒しているようで、『アナスタシア』の影響を色濃く受けていての発言のようですが、見解とても甘いですね。ロシアはそうそう容易い国民性ではありませんよ。「シベリア良いとこ一度は移住」ですか?

甘いですね。

「郷に入れば郷に従え」と言います。ロシア人の価値観と日本人の価値観は容易に相容れる質ではないと私は感じます。実際、仕事で複数のロシア人と接していますけど。気の良い人が多いのは事実。でも、互いに一定の距離感を保たねば・・・そうですね、日本人の方が意識的に・・・でなければ、長続きはしないと思います。彼らはかなり頑固ですし、グイグイ!来ます。

互いに譲れぬものがある

そこを尊重し合うくらい双方が「大人」になる必然がある

飯山節は決して嫌いではありません。ありませんが、どうぞ「裸の王様」「王様の耳はロバの耳」にだけはならないでと老婆心が沸々と。




それにしても身体だけ年数だけ大人な幼稚な人間が多いのは確か




「ハマッキー地球防衛大船団」ですか。文面に脈々と「ごっこ」感がにじみ出ていると私は感じます。





祈りは尊いです。






ですが、「祈りが通じた」と言いたがるって「何かの宗教?」という気がしなくありません。






人の祈りって何処かしら稚拙






祈りが通じた(通じたかどうかは微妙なものの)その別な場所では祈りが通じたとは言えない事態が発生する。それがこの世の現実ではないでしょうか?
あるいは誰かが儲かれば誰かが損をする…あるいは傷つく。戦争や競技には勝者と敗者があります。痛み分けとしても何らかも損害が生じる。



この世は私らにとって



自分の行為が独りよがりじゃないかを内省する良い機会でもあるのかも知れません。
例えば、宣教師が強制的にネイティブをクリスチャンのしきたりに改宗させようとしたり、英語しか使っちゃいけない!ネイティブの言語を使ったら体罰を加えた歴史がある。宣教師は皆「善かれ」と「キリストの手足となって」と信じていたでしょう。でも



当のキリストはそんなこと望んでいたでしょうか。




「ハマッキー地球防衛大船団」をサポートしていると自負しているグループも「善かれ」という思考が働いているのは容易に想像がつきます。ですが、集中瞑想が功を奏するのなら、もっとこの世の中は住み良くなってますって。

宇宙存在はいちいち台風が日本を襲うから救助しなければなど思うと、あなたは思っていますか?

それ、何処か「いつか王子様が」の刷り込みがありませんか?

誰かが私たちを

善良な人間を助けてくれる

その前提は希望的観測でしかない。自分が直接関わってないとしても私たちには原発事故後を

どう生きるのか

原発の不毛さを理解し、どうすれば良いのかを考え行動するか

私たち一人一人に自己責任があるのではないでしょうか。親なら幼子を守る役目がありますものね。えぇ政府は国民を守りません。安倍さんの「原発事故はコントロール下にある」が良い例ではないでしょうか。私たちの多くが自民党政権を選んだ。「自分は選ばなかった」は理由にはなりません。私たちはひとつひとつ解決していかねばならないことが山積みです。

宇宙人の介入をことさらに信じる

いや、それは個人の自由でしょう。私は宇宙存在を否定していませんよ。いちいち介入しているという解釈には疑問を持ちますが。
「何とかしたい」その気持ちが「ハマッキー地球防衛大船団」をサポートに走らせたのかも知れない。しかしながら、宇宙人が介入しているとするならば、何故3.11後はこまで被害が拡大しているかを考える賢明さが必要だし、彼らは観察するに、警告するに留まっていることも多いに予想されるという冷静さが必要と私は思いますけど、ロケット隊長以下その仲間たちなど放っておけば良いのですよ。自分たちで成果ありと悦に入っているだけですから。
この世の中、カルト的なグループは昔から存在するし、まさか自分たちがカルトとは想像もしてないでしょう。カルトですよ、種類的には。

使命感

それこそが彼らの支えでしょう。誰もその自負心を取り上げることはできない。しかも彼らだって誰も強要はしてないのでしょ?自主的に参加しているんでしょ?




私たちは地に足つけて



「ハマッキー地球防衛大船団」をサポート参戦馳せ参じる必要などない。太陽凝視など無茶する必要もない。「したい!」なら止めませんよ(笑)
でも、大切なのはバランスではないでしょうか?
極端な行為にはリスクが伴います。ましてや太陽凝視しなくても健康は保てます。人間は五感六感ってありますから。太陽の恩恵は極端な行為を伴なわずとも頂くことはできてませんか?

え?もっと鍛えたい?免疫力を高めたい?止めません(笑)

方法はひとつではありません。自分にあったものを体調など見ながら丁寧に過ごしていきましょうよ。






プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ