アスリートが尊敬される理由

Category : 魂のご飯

以前「何故、アスリートが尊敬されるのか」という話を聞いたことがあります。ブルガリアに長いことコーチとして赴任され帰国したその方はとてもシャープな視点の持ち主。私がお会いした時 新たな取り組みをされている最中でしたが、快く話をして下さったのでした。以下はその方から伺った話です。

「アスリートが何故 尊敬されるのか
 それは極限状態で自分の力を発揮するからです。それは私たちにも言えること。普段は出来る人でも追いつめられると普段の力を発揮できなくなるものです。普段良い人でも追いつめられると、まさかの行動に出るものですよね。人の真価はまさかの時にこそ問われるものだと私は思っています。アスリートは自分の能力をあらん限り発揮するための努力を惜しみません。膨大な時間をかけてトレーニングに励み自分を追い込みます。人々は日々そういった努力を積み重ね、いざという時に力を発揮するアスリートに、だから…惜しみない拍手を送るのだと思うんですよ。私は長年 指導者として多くの選手を育ててきました。ですが、指導者に出来ることは限られています。実際に競技するのは選手たちなのですから。だから私たち指導者は常に何が選手にとって必要なのかを知り、そのための努力を惜しむ訳にはいかないのです。指導者と選手は運命共同体なのですから」

私はこの話を座右の銘にしています。この話から学んだことも少なくありません。この「まさかの時」って、私たちの日常で起きていることではないかと思うのですよ。追いつめられると人は冷静ではいられなくなります。そして様々なドラマを作り出しているように思います。時に何が起きているのか正しく判断できずに想念のドラマを演じることもあります。
追いつめられて保身に走り相手を追いつめる…、ヒーラーを自称する人でこういうタイプが少なくないのはどういうことでしょう。私はこの「まさかの時」にこそ癒しは発揮されることが望ましいと考えています。なぜ自分が癒しを職業としているのか、人さまからお金というエネルギーを頂いているのか。

保身に走るのは深層意識の為せる技

もしあなたの周りで癒しを生業としながら保身に走るヒーラーがいるとしたら、この話を思い出して頂ければと思います。そして、皆が魂の成長の階梯にいるということを思い出して頂ければ 幸いです。




プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ