澱みなく情報通である難しさ

Category : 時事ネタ

ウクライナVSロシアに世界の目が向けられています。早速、日本ネットユーザーも情報発信に乗り出しています。やはり陰謀説(オバマ政権ともイルミナリティとも)が飛び出しており、ロシアの声こそが真実を報道しているという説やプーチンに敬意を払うかのようなHPも見受けられます。

そんな中、『ロシア政府が出資するテレビ局ロシア・トゥデー(Russia Today)の米国在住の ニュースキャスターが5日、番組の生放送中に辞職を発表した。ロシアの支援を 受ける部隊がウクライナに展開されていることに抗議するためだという』というニュースが・・・。
ネットブロガーの中には「アメリカ在住だから本当の情報がわかってない。プーチンの真意を読み取れない、欧米のまやかしに引っかかるぐらいではキャスタ ーの資格はない」と言及する人まで出ています。ですが、私はそのブロガーに「実際、プーチンと腹を割って話したことある訳?」と言いたくなります。実際、ウクライナにもロシアにも行ったこともない人な訳ですよね。辞職したニュースキャスターは「祖父母はハンガリー動乱の時にソ連軍から逃れて米国に 移住した難民でした」と語っているようですが、ソ連軍から逃れざるを得ない、祖国を離れざるを得ない経験者を身内に持つ人間の心情などそんな経験のない人間には分からないでしょう。なので、安易に彼女を「分かってない」と批判するのは早計かと私は感じてしまいます。

加えてプーチンは旧ソ連KGBの精鋭だったのでしょ?私はプーチンの真意を直接関わりもしないネット人間が『ロシアの声』は公平な情報を発信しているとか、プーチンあっぱれ!クリミアを無血掌握した!あれこそ真の戦争であるとか騒ぐ人間にため息を禁じ得ません。クルミアを無血掌握?その根拠が

クリミア半島には大勢の「礼儀正しい人々」がいる。身元を見分けることの出来ない、寡黙な、フル装備の人々のことだ。2月28日、彼らは最高評議会やシンフェローポリ空港、セヴァストーポリのベルベク飛行場その他、重要施設を占拠した。いずれのケースでも、衝突なしに占拠が行われ、武装した客人たちは極めて折り目正しく振舞った。これら「礼儀正しい人々」は、そればかりか、ウクライナ軍およびバラクラフ国境警備の武装を解除し、やはり衝突なしに武器庫を押さえ、管理下に置いた

という『ロシアの声』という・・・。

この世の中に自分が不利になるようなことを言う、書く、人間などいませんよ。ロシアと紛争の火種を持つチェチェンにしてもオイルの利権が絡み、ロシアの圧倒的な軍事力に対抗してテロ活動に走ったのでしょ?バックに西側諸国がついているとしても利権とはそういうものでしょう。
ネットとは本当に無責任な人の、言いたい放題な人の巣窟と思うのは私だけでしょうか?多分…私はマイノリティなのでしょう。

私はウクライナにもロシアにも渡航経験があります。親ロシア派のアゼルバイジャンにも一度だけ行きました。なのでウクライナ人のロシア人に対する生の感情など直に触れています。どちらが正しいとか間違っているとか、道義は安易に計れないと私は実感するひとりです。
政治的な駆け引きも同様ではないでしょうか?どちらの言い分が正当で、そうでないのかなど情報をいくら集めても見えては来ません。断片に触れたに過ぎない。

クリミアは親ロシアよりな人々が暮らす土地なのでしょ?無血はそのせいでしょう。プーチンこそが真の戦争を知る人でるかのような指摘は滑稽です。ロシアの過去に紛争制圧も無血でしたか?

国と国の利権に一方的な正当性など存在しません。いずれもがハラを持っていると思って間違いないし、それが政治ってヤツなのですよ。

駆け引き

プーチンの動向に注目が集まっていますが、彼の真意に軍配を上げるかのような書きように何の澱みもないかを私は疑問視しています。えぇ書くのは自由。何を書くのも今のうちは自由。それはそれで構わないのですよ。でもね、だからこそ!自分の見方は妥当なのかを計る心眼を持たねばならないと私は思っています。ロシアの声の辞表表明した女性キャスターを「プーチンの真意を読み取れない、欧米のまやかしに引っかかるぐらいではキャスタ ーの資格はない」とは・・・。では、オバマの真意をそのブロガーは読み取れているのでしょうか?西側諸国の首脳のは?

プーチンの真意だけが正当化される世界ではないのですよ。プーチンとて野望はあるでしょう。ウクライナを掌握したい!その背景にはロシアを盤石にしようとする意志がある。

それがプーチンにとって世界秩序を構築する上で欠くことのできないプラン

その推測は成立する。ロシア、否・・・プーチン自身の発言権をより強固なものにしようという意志が含まれている・・・違いますか?
プーチンVS戦争屋という図式もネットで広がりを見せています。確かにプーチンに何の功績もない訳ではないでしょう。ですが、今回のウクライナに関するネット情報者たちのプーチン礼賛を私は良しとはしません。誤解のないように付け加えますが、プーチンに何の正当性もない!とは言ってはいませんよ、私は。政治とは駆け引き。今回、ウクライナを挟んでオバマはロシアに制裁を表明。プーチンは西側諸国に天然ガスを翳して制裁を表明。ウクライナはプーチン率いるロシアにとって要であるからこそこういう事態になっている訳で、裏でロックフェラーが糸を引いているという情報を流す人はいるが、ロシアとて「自分の言うとおりにしていれば何も問題ない」という圧を加えてなかったとは言えない。実際、ベラルーシ(ここにも渡航)は親ロシアです。アゼルバイジャン政府はロシア寄り・・・国民の中には紛争でロシア軍に肉親を殺された人がたくさんいて、ガイドの男性はそれを何度も解説していました。

旧ソ連の国々は善くも悪くもロシアの影響下にあるのは事実

皆さんは指摘しませんが、ラトビアとかEU加盟してるんですけど、深刻なトラブル一切伝わってませんよね?ロシアはラトビアは構わなかったのでしょうか。でも、ウクライナのEU加盟はダメ!それこそが鍵でしょう。後ろでウクライナを操り、資金援助する何処かの国か組織があるとしても、そういうのってお互い様なのでは。



まだまだネットにはまことしやかな話がありますね














それは天皇家の金塊が生み出す富の分配というもの。

安倍晋三首相がソチオリンピック 開会式に出席してプーチン大統領と首脳会談し、「天皇家の金塊が生み出す富の分配が2月25日までに始まる」と連絡。分配先は米国、 英国、フランス、ロシア、ドイツの主要国、国連、世界銀行、IMFなど国際機関である。 しかし、この分配金が、万が一、「第三次世界大戦」(イスラエルVSイラン核戦争、 パキスタンVSインド核戦争、インドVS中国核戦争、朝鮮半島核戦争)を勃発させ巨利を得ようと策動している勢力の手に渡った場合どうなるか

天皇家の金塊

分配先は諸外国

第三次世界大戦

私はね、こういう話には乗せられません。何故かと言うとね、天皇家の金塊があるとして、その前提で考えても実に妙な話と感じるからですが、以下に書きましょうね。

・天皇家の金塊をどう動かすか、その権限者が天皇だったとして
天皇がそのような貴重な財産を諸外国に分配するだろうかという疑問が湧く。天皇は3.11の被災者が未だに仮設に住み、原発事故後の処理も被災地のがれきも未だ根本的解説に至ってないのを憂っているのでしょ?国民の生活を第一に考えるお立場です。そんな膨大な金塊があるのなら、そちらに回すはず。外国にバラまくのは政権の理屈でしょう。

もし最高権限者が天皇だった場合は、ですよ。

・金塊の管理運営が時の政府に委ねられているとしたら、諸外国にバラまくでしょうね。実際、安倍さんはバラまいてますからね。資金源はこれかは「?」ですが。
ですが、天皇家の金塊を時の政府の一存で使いたい放題とは考えにくい。金塊が存在するとすれば、ですよ。その金塊は奥の院な資金な訳ですよね?とすると、天皇に伺いを立てねば使用困難と考えるのがスムースでしょう。あれば、の話ですよ。

この天皇家の金塊という話はずっと前からある霊視者ファミリーが発信していました。日本国天皇に各国要人が金塊分配に群がるかのような話を発信している人も複数います。その真意など私は知る由もありませんが、見たこともないのにまるでその場に居合わせたようなこと書く人を私は信用しません。
っていうか、ネットはこういうフィクションともノンフィクションとも言いきれない綱渡りな情報で溢れてやしませんか?信じるも信じないも

閲覧者に委ねられる

ですが、情報をネットで掴んでネットで流す人たちも同列。真実かどうかなど分からないことだらけでしょ?






今回のウクライナに関して言えば、プーチンの真意もウクライナ現暫定政権の思惑も、オバマの真意も、西側EU諸国の諸事情もすべて含めて、どれが正当かなどネットユーザーの伺い知れるものではないということ。

駆け引き

世界の秩序とはこうやって計られてきたことだけですよ、部外者に伺い知れるのは。







皆さんの中にこういった情報発信者はいますか?

世界の動向を知りたいという気持ちは私も同じ。しかしながら旧ソ連解体後の世界地図は刻々と変化していますよね?プーチンの真意と西側諸国の真意を計りにかけるのは私たちには難しい作業と心得た方が賢明です。
無論、自身の管理ブログやHPで世界状況に関し、自身が得た情報に信憑性を持たせる自由はそれぞれにあるでしょう。中には今回の仕掛人はオバマと言い切る人までいる。

何が事実でそうではないのかなど情報通なだけで「読む」力など備わるものではありません。NHKを揶揄する人もいますが、ネット情報者自身とて世界のニュースに対して思うところが

真相とはならない。「プーチンの真意」「欧米のまやかし」すべてがこの図式なのでしょうか?


果たして





 
プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ