パラレルワールド

Category : アセンション


皆さんも興味あるテーマではないかと思います。様々な体験談が閲覧できるネット世界…、中にはパス!以前と思えるものもありますが、不思議なことが世の中には溢れてる…ガセとばかりは言えない話もありますよね。

パラレル世界に自在に行来きする人がいるというトピックもあり、よくよく読んでみると

意識で

ということで

それはちょっとパラレルとこの世界を行来きしているとは言い難いと私は思うんですけど。身体ごと移行して本人が「いつものママじゃない!」(笑)で、またこちらに戻ってきて「あれはなんだったんだろ?」とかいう話ならまだ分かるんです、同じトンデモ話でも。でも「意識で」行ってきたとか帰って来たというのは決して

パラレル世界を行き来しているとは言えません。それは想念の話。チャネルと同列です。肉体を伴う移行と帰還でない以上はヨタ話の域を出ません。

やれやれ…そういうヨタ話に乗せられて精神世界を引率しているご仁がいるか思うと、またご意見番気質がムクムクッ(笑)

まだ「かい間見ている」なら理解できます。現(うつつ)の意識と想念の境界が希薄な人が増えているのかも知れません。なにしろ主たる神社の神々(高次の)が昇ってしまって数年は経過しています(2010年以降)。それに伴い、視える癒せるという人は増えたのは余り知られてないのでしょうか…。その期間に鬼の居ぬ間にというように低次元の存在がチャンネルの食指を伸ばして人間と二人羽織な霊的素行が目につくようになりました。

よいですか・・・!

意識で何処にでも行ける

それを私は否定しません。それとパラレル世界を自由自在に行き来するとは別な話なんですよ。幼稚園児に「おじさんは月に行ったことがあるんだぞ」とかどうとか吹聴するような…今時の園児は相手にしないでしょうか?怪しすぎ? いずれにしても悪質と思います、本人にその自覚がないのも含めて。

危ない世相です。

今は移行期に完璧に移っています。確かに幾重にもなる意識ボディに、変化し続けている周波数…チューニングが微妙に左右して、それが加速中です。実際、微妙な人が増えてやしませんか?私はそれを否定できません。周波数の調整は本格的になっています。

何処にチャンネルが合うか

私たち人間の多くは目に視えない存在に関して脆弱です。「天使ミカエル」と名乗られると潜在的に期待があるためコロッと信じてしまうケースも少なくないようです。

危うい世相です。

此処にいながら何だか此処にはいないような不思議な感覚を覚える人も少なくないでしょう。実際私も経験しています。だからこそ地に足をつけた暮らしぶりが肝要です。だって地球自体の波動がグングン上がっているのですよ。地自体の波動が変化し続けています。

こういう時だからこそ平常心だと私は思う。

平常心は私たち自身の内面から来る感覚。それに基づく暮らしぶりってね、大切です。いついかなる時も。だって、自分に何が必要か知るのは私たちの内在神です。

パラレル世界を行き来している?

はて

では何故、肉体は此処に固定されているのでしょう?

それはね

その人の魂の目的が此処にあるからですよ。別バージョンの地球ではなく。






もし あなたの周囲に「パラレル世界を自由に行き来している」と公言している人がいたら

「身体ごとですか?」と聞いてみて下さい。

もし 意識のみで行き来しているとしたら、「チャネルの類いですね」とサラリとやり過ごして頂きたいと思います。もちろん乗るのも個人の自由です。











今年と来年にかけて式年遷宮があります。それを期に神々(高次の)が戻ってくるかも知れません。

もしそれが実現したら

数十年をかけて起きてきたアセンション・ムーブメントはひとつの区切りを迎えるかも知れません。





プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ