粛々と推し進める

Category : 魂のご飯

「in deep」というブログを私は閲覧しています。今日の記事に興味深い文章があったので抜粋したいと思います。

「誰もかれもが自給自足に向かうというような意味ではないですけれど、厳しい社会システムに反抗するよりは、「静かに離脱していく」というのもいいようにも思うのです」

「静かに離脱していく」

これかなり私の感覚と近いなあと。興味がある方は in Deep 読んでみて下さいね。管理者の男性の知り合いに異次元の声を聞く人がいるようで、「今後5年間で準備しなさい」という声をキャッチしているとか。何をどう?とか知りたがっている場合じゃないのでしょうね。

私はひとつ前の記事で「内観は宇宙に繋がっています」と〆ました。私もそうですが、皆さんも5年どころか準備してきたんじゃないかと思うんですけど、いかがですか?
で、いよいよ本格的な準備が必要となったということかと思います。
その本格的な…ですが、一部で言及されている「金・銀を保有する勧め」をされている方もいるかも知れませんが、持ってったって内被曝にはな~んの効力もありませんし、それで的を得た治療を受けられるということでもなさそうですよね。そういう持ち方・保ち方ではない気がどうしてもする。

自給自足

確かにこれに越したことはないのでしょうが、一人暮らしならいざ知らず、家長でもない私のような養われ族(笑)は持論を正論と翳してごり押しするってのもどうかと思うし、即!自作農に移行できる人・家庭は迷うことなく生活圏を移すのが賢明と思います。

備蓄

これもある程度は必要ですよね。水・米・調味料(塩・砂糖・醤油など)・簡易コンロなど。ですが、一番大切なのは

意識

なのだと思うんですね。チャネリングなどのスピリチャル系情報依存から離れるのもひとつかと思います。また「時の終焉」を示唆する人もいるようですが、もともと時間って「ツール」なのであって、宇宙に存在する訳じゃありません。それは距離を測るのも同じ認識用ツール。従って、マヤなどの予言にあるとされる「時の終焉」は人の意識がターゲットと私は思っています。
なんだか数年前から時間(の経過)感覚が薄れたという人けっこういるのではないでしょうか? 何も特別な瞑想しなくても地球自体が変化していますからね、そこに暮らす生命体は何かにつけて影響受けているはず。

そうそう。荒涼と化した東京を描いたアニメの描写に「2020オリンピックまで」でしたか?幕がありましたけど、あながちかも知れないと思わせる寒さがありますよね。
終焉は時だけじゃなく、こうした社会システムもかも知れない訳で…あらゆる可能性が見え隠れしている。

地球の空気感は本当にスケール感が増しています。頭頂部から持っていかれそうなくらい(笑)これは太陽系全体の変動でもあるのでしょうね。必然ってことなのでしょう。

「厳しい社会システムに反抗するよりは、「静かに離脱していく」というのもいいようにも思うのです」

うぅん…これだと思う。粛々と推し進めるって。もちろん備蓄・自給自足ありきですけど。







プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ