活かされている喜び

Category : 魂のご飯

3月11日以降、防災意識が高まった人も多いでしょう。我が家もそうです。防災意識だけではありませんよね。放射能汚染対策にも余念がない。しかしながら東日本を支援すると野菜を販売しているカフェが近場にあります。福島の児童に甲状腺異常がマスコミでも取り上げられるようになりました。「遅いよ」とため息を禁じ得ませんが、報じないよりはマシなのでしょう。

さて

今に始まったことではありませんが、自分のセミナー参加者は終了後「全員神になりました」とか…、宇宙人がコンタクトして来ているとか…、ネットで言及している人が後を絶ちませんが、カルト化しているものも見受けられます。使命を翳す人ほど私は信用しません。それには幾つか理由はありますが、書くとまた長くなるので控えます。

ただ…これだけは言えます。啓蒙者の人々が言い続けてきたような『肉体を伴ったままで次元上昇する』人は希有ということ。啓蒙者とて何の保証もないのです。って言うか、無理でしょう。宛ら予想屋のような言動が目立ちますし、自身のエゴに暗い。彼らは私たちの反面教師と思います。本を出版し、講演会を開き、人心をいくら集めようと、それが波動上昇に繋がる保証はないのです。

しかしながら

それでも私たちは自分と照らし合わせて四捨五入する機会を得ている訳です。地震情報も同様と思います。

鵜呑みは禁物。それは他者依存に繋がるし、思考停止状態に陥ってしまいます。そうなっている人スゴく多いですね。チャネラーに言われてその気になっている人もたくさんいるでしょう。

私たちは思考停止の連鎖の中にいるようなもの。チャネラーとて外界から情報を受け取ってそれを生業にしているわけでしょ?

私はワークショップ上がりのチャネラーを知り合いに持っていました。荒唐無稽なことを言い始めたら危険信号。「ウチのダンナはコロンブスの生まれ変わり」と澄ましていましたからね。有名人は辛い。それは霊界とて変わりがないようです。あちこちで自分を名乗ってる(笑)

長いこと色んな事例を見てきました。私自身も自分に自信が持てない頃、あちこちに答えを求めて彷徨いました。そして今私に言えるのは

必要な時に直感が伝えてくれるということ

外に探し歩く

それもひとつの段階ではあるでしょう。でも上記の知り合いのような危ない人がチャネラー看板を出しているケースが少なくないということを皆さんには気づいて頂きたいんですね。これは一貫して言えることです。

私たちは転生の刹那、記憶を無くした状態で成長します。得体の知れない不安は何処から来るのか、違和感は何処から来るのか、何故この人が親なのか、疑問は絶えることなかったでしょう。私も同じです。

答えを知りたい

納得出来る答えを得たい

そういう人の気持ちに応えるべく様々な職業が発生してきた訳です。古今東西、ですよ。ところが自分の課題をクリアしないままで癒しやチャネルを生業にする人がここ10年20年で大きく膨れ上がってしまった。それは精神世界がビジネス化する原動力にもなってきました。本が売れる。グッズが売れる。サイキックを呼べば客が集まる。お金を出せばチャネル伝授してくれる。そういう流れが出来上がっていますものね。そりゃぁリサーチだってネットでサクサクッと出来ちゃう時代です。

それを押しのけて私はこう言い続けてきました。

あなた自身の直感を使って下さいと。答えは外にはない。外界のことはすべてヒントだと。答えに行き着くためのヒントであってゴールではないと。

すると

自身で宇宙人や天使と会話をしようとし始めるんですよ。

どうしてでしょうね。

自分の心と向き合おうとしないのでしょう。

確かに魂の絆はあり、そのルーツもある訳ですね。それにして何かの本やカードにある存在とコンタクトを取る人も多い。

どうしてでしょうね。

どうして自分に素直に心を開かないのでしょう。難しい秘伝でもあると思っていますか?

そんなものありませんよ。遠回りしているだけじゃないのでしょか?



この段階で『肉体を伴ったままの次元上昇』はあり得ません。



脅かしている訳じゃありませんよ。そういう期待は手放した方が懸命です。だって自己信頼のない状態って周波数が低いんですよ。

情報、自分にとって必要かどうかを計るために更なる情報を必要としていませんか?

言えることは

アセンション情報に依存しないこと。書かれているように自分がならなければ落伍者と、そのようにも思わないこと。

ライトボディを体現する人は希有と思います。踊らされないことです。

それ自体、情報に振り回されていることでしょ? その希有な一人と思いたいですか?




私はこう思います。




肉体的な死を迎える=アセンション組ではない 



という認識は手放した方が懸命です。肉体を魂は『着ている』訳ですよね?どこまでも着て行きたいですか?その肉襦袢(!)笑いごとじゃありませんよ。今ここで大切にすべき肉体や身体機能なのであって、人生の目的に沿って宿っている訳であって、今此処!で充分じゃないですかね。

もうアセンションの情報に振り回されるのはこれくらいにして

自分の愛すべき点や家族の愛すべき点

日常の中で毎日ある発見や気づき

出逢い

喜びも悲しみも怒りも

あぁ生きている証拠だと

活かされている証だと

これって、あなたが想像するより有意義なことなんですよ。



活かされている


愛されている


この感覚がスッポリあなたを包み


同時に


あなたの中にそれがあり、あなたが包み込んでいる


これ、ですよ



啓蒙が過去の遺物になる



あなたはもうそれらに踊らされなくなる



解放される



ダイレクトにあなたの内在神と繋がる



ライトボディだのメソッドだの情報過多だったと気づく



いっそ清々しく



その時を迎えると思いますよ。




今は天変地異や放射能汚染が収束を見ない時です。準備すべきはして、備蓄だってして(!)家族にひもじい思いをさせない分は備えて、近所相互協力できるだけのフットワークを心がけて、後は沙汰を待つだけじゃないでしょうかね。

おっと大事なことを書き忘れるところでした。




脱原発!




新時代の幕開けに私たちは参加しているのですよ。地球も一大決心。人間の都合をおしつけないようにしたいものです。





プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ