凪のようでも 侮るなかれ

Category : アセンション

保江さんの「4月1日から天国システム」を拡散(?)したものの…最近は「あれはいわゆるひとつのガセ?」という感さえあって…凪のようじゃないでしょうか? 情報を放ったものの微妙な世情も相まって、えぇ保江さん政界のお友だち周辺。なんともスッキリしない日々が続いています。
そんなことないよ〜絶好調!な方もいるんでしょうけれど、なんとも言えないモヤモヤ感。でも、確実に変化は起きているんですね、世の中は。セルフ・プロテクトというのでしょうか…「自分らのことは自分らで何とかしていこうや!」という流れが来ているようです。それは、

天国システムというより

アンチ・ピラミッド構造とでも名付けましょうか? 中央管理システムに対抗するかのような動きが貨幣経済の分野で逃げ水を求めるように始まっているようです。






中央銀行通貨vs反権力通貨の戦い 黒い三連星DASH(ダッシュ)、MONERO(モネロ)、ZCASH(ゼットキャッシュ)買っとけ! (←クリックするとサイトに飛びます)という記事アレンジを加えながら一部ご紹介。

「(金融)取引は履歴を銀行に監視されている。Dashなら支配権は全てあなたにある。
  DASHは完全反権力通貨
  追跡不可能な通貨
  ダッシュコインは送金したら一度プールに送られ、
  その中でいろんな送金者とシャッフルされ、またプールから受信先に送られる。
  誰がいくら送金したのかさっぱり分からない仕組み<シャッフル方式>

  もし中央銀行発行の仮想通貨が広まればその時こそスーパー管理社会の出現。
  体のどこかにチップが埋め込まれ、チップを拒否すると食料や必要物資は買えない。
  全て政府発行の仮想通貨で管理される。

※ 既にMr.都市伝説がAIチップのインプラント情報をテレビで発信。インプラントだけじゃない。スマホなど情報のみならず、支払い等々に使われ、今現在すでにAI管理システム)

  チップには本人のDNA情報と紐付けられた政府管理の秘密鍵が埋め込まれる。
  それで完全に売買記録が管理されている。
  チップを拒否すると何も買えなくなってしまう。

  モネロ:ワンタイムリング署名方式
  ビットコインというのは支払い時、署名が必要。
  モネロは署名を集めてリングにすることでどこの誰が署名したか分からない仕組み

  Zcash:ゼロ知識証明という暗号方式を使って完全匿名を実現
  取引の内容をすべて暗号化し、
  閲覧権(閲覧キー)を持った利用者しか取引できない仕組み

  売買記録追跡不可能






いかがですか?まぁ蛇の道は蛇。イタチごっこなのかも知れないんですけど、世の中には悪知恵…失礼!が働く人間がいるんですね。って言うか、通貨にこういうムーブメントが来る!って…電話がスマホへ進化するのと同じとは言い難いのでしょうが、<固定>から<WiFi>というふうに劇的進化を遂げたように通貨も既成概念の<外野>を行くシステムが民間レベルで起きているのは要するに、

「時代よね」

ってことなのでしょう。この流れは、

中央絶対管理からの脱皮。そして、これは手始めに過ぎず、エネルギー問題も燻っていますからね…一気にフリーエネルギーへすっ飛びはしないでしょうが、もうこの脱皮現象は止まらないでしょう。

「時代よね」

私たちはまさに「歴史が動く」渦中を生きているんですよね。想像するに、この反権力通貨というのも当然、AIコントロール下にあるのですよね? と言うことは、中央 vs 反権力 AI 抗争…どちらのプログラミングが勝利するか?という図が想像できる。

アイデアこそが生命線

既成概念の上を行く頭脳と閃きが問われる時代がいよいよ本格化?ってことかと。政治は一番後回しかも知れないですね。天国システムが一番先に届かねばならない世界と思うんですけど、根が深くって、利権の面の皮が厚い。後回しに為らざるを得ないでしょう。安倍なかなかしぶといですよね…偽証の鎧と恥を知らない厚顔。

思うに、

天国システムに転移(最近こればかりですよね、笑)したのなら、第三次世界大戦は起きない? 飛鳥昭雄さんは「ハルマゲドンは3回起きる」と言ってるようですけど、その前に世界大戦となれば…もう地球はめちゃめちゃ大破壊!でしょう。目も当てられない。

思うに、

天国システムに転移という情報はガセネタか、トンデモ系か、微妙なとこあります。でも、何とも言えないこの空気感(!)

安倍夫婦がどう偽り、周囲が死守しようと躍起でも、北朝鮮が国際的に避難…じゃない非難されようと、メディアが誰にどうコントロールされていようと、それらを暴き、真実を炙り出すのが自分の人生の目的か?と自問してみたとします。

あなたはどうですか?

確かに不正を許さぬ意識はいち市民として必要とは思う。モンサントの遺伝子組み替えも知らなかったら?とも思う。不戦の誓いは絵に描いた餅ですしね。

難しいですね…個人としての自分と市民としての自分の兼ね合い。

それでもこのふたつを天秤にかければ…私ですか? 個人に傾くと思う。何故なら、個があって、集団となり、集団が社会を形成し、国家に発展…しかしながら、国家がまずあって、社会・集団があって、順番の最後に個人がある訳じゃないと思うからです。ですが、現実は逆で成立している。そのくせ、個人や家族という小さい単位をマーケットとして、経済は回っている。企業というシステムがそう。政治とて国民ひとりひとりの税収に負うとこ大な訳でしょう? 消費税って、どれだけ毎日毎日!中央は吸い上げているのでしょう。それでも足りないから10%にすると言う。

反権力通貨という話題を私は「火蓋が切られた」んだと感じています。紹介したブログ管理者の言うように、中央銀行通貨 vs 反権力通貨の戦い…戦争になるかも知れない。覇権争い。でも、庶民が雪崩と化せば、勝者は明らかでしょうか?

東京に暮らす私ら家族。

3.11以降の「アンダーコントロール宣言」も「東京オリンピック」も頭上の出来ごと。何百億、何兆というお金があれば、もっと震災被害を被り、親を亡くし、子供を亡くした人、見放されたペットたち、今も仮設住宅で暮らす故郷を離れた人たちへのケアの足しとして充分な額じゃないのかと思うと、利権が如何に人間を強欲にするかを思い知らされる。

3.11当日に私が何を見たか?

私はその時間、近くのカフェでランチしていました。揺れの恐怖が周囲全体に行き渡る中、歩いて家路に就きました。途中、すれ違った人がどうしてたか?

老婆を労わる若者。若者に労わられる老人。お客さんを守りながら揺れに耐えるカフェオーナー。互いを気遣う商店街の人々。交通渋滞の中、やっと来たバスは満員…運転手の顔。

私が見たのは互いを気遣う人の姿でした。

私は「これが人間が向かおうとする方向なんだな」と感じたんですね。嘘で塗り固められた安全宣言とか、湯水のように浪費されるオリンピック祭典事業とか、そのどれにそこで見た人たちや私に、横浜で課外授業中に被災した娘に責任があるというんでしょうね。

責任負えませんよ。

ただし「NO!」はシッカリと「NO!」を意思表示せねばならない。それが社会人としての責任と思う。

ネットは世界を狭くしました。家に居ながら世界情勢を見ることが出来る、公共放送に頼ることなしに。メデイアは既に市民のために存在していません。賢くネット情報を利用しない手はありません。ただし賢く利用しましょうね、鵜呑みせずに吟味する目を養いましょう。え?「天国システムはどうなの?」ですか?
???3連続ですね。(笑、笑えない)私が感じる限りですが、100% ガセとは言い切れない…もっと正確な情報が欲しいところですが、保江さん以外言ってないんですよ、これを。他にもあるんでしょうね、この手の話は。なので、私はもうこれ以上の情報収集はしない決心(大袈裟?)しました。後は直感に、「必要なことは私に分かるように伝えておくれ」とオーダーするのみでしょうか。

で、私がそれこそ…今 伝えられることは

信じる信じないはあなたに委ねるとして、天国システムは始動中…ただし、しばらくは長期に調整期間となるでしょう。トンネルに突入中。それが何を物語っているかというと、自分の心象が現実を創っているのであれば…心のことをしっかり整理していきましょう期間。

現実は心象

アンダーコントロールがどうの、オリンピック湯水予算、築地問題、森友その後のゴタゴタ等々、あなたは責任を負う必要は一切ない訳ですね。責任を負うべき人間が責任を果たしてないからスッタモンダしているだけ。政府活動が停止しても人社会は存続し続ける。混乱するとしても私たちは生きるんだし、暮らす訳です。私たちが目撃しているこれらの事態から、あなたは…もちろん私は政治分野の人間のやり様から、どんな印象を受けるかってことなんです。

あなたが持つ印象こそが、未来を構築する材料になるんです。つまり、即!現実化しない可能性大なんですけど、確実にこの手詰まり感は切り拓き!のトリガーになり得ます。

反発!

初めは小さいエネルギーでも加速する可能性大です。
今回取り上げた完全反権力通貨はトリガーのひとつでしょう。もう始まっているんですよ、まったく新しいシステムへの移行は。もちろん産声をあげたばかりで頼りないし、未知数ですけどね。
反権力って要するに既成システムからの脱皮ってことかと、今日日の世界的には。独自路線を構築して発展させ、使えるシステムにしようという動きが「来た〜!」ってタイミングに私たちは差し掛かっているようです。しばらく混沌とするでしょうけれど。

完全反権力通貨に思うのは、もしこの通貨システムが軌道に乗ったら、「銀行?要らない」になるでしょうし、タンス預金とかも要らない。ただしそれはAIなので、どういう弊害があるか分からないリスクはあると思う。

それと同時に、

見落としてはならないのは電磁波対策です。スマホ普及がどれくらい人体に悪影響があるか…まだ未知数。なので、電磁波対策はしっかりしておくに越したことはありません。

これは周波数と深く関連しています。

In Deep というサイトに、

ライアーの新鮮な音に包まれながらも思うことは「基準音440Hzによる世界悪魔化計画」はどこまでも突き進んでいっているという狂気の時代の今のこと (←クリック)という長〜いタイトルの記事の中に、

「現実生活の中に 432Hz を基本音とした音楽をどのように取り込んでいくかということを考えるのも、「一種のサバイバル」として必要な時期に来ているのかもしれません」

という文章がありますが、この432Hzは直感的に電磁波対策になるだろうと感じるし、音叉ってありますよね? あるいは仏具の鈴(リン)ですが、体内に響くんですけど、気持ちが落ち着きます。きっと調整するんだと思うんですね。そういう具合に日常に取り入れて健康維持を心身共にですけど、心がけたいと日々思ったりして。

私がなぜ周波数のことをしつこく言うかというと、

知り合いを霊視した際に、彼女が未来のどっか…別バージョンの世界でしょうか?…で、音叉のようなもので治療する姿を視たのがきっかけなんですね。それが興味深いことに、音が色を発するんですよ…!私は視ながら、「あのさぁ」と実況解説(笑)二人で「へえ〜」と感心しつつも、妙に納得できたんですね。と言うのも、身体の不調の原因は周波数の乱れと直感的に感じていたためなんですけど。

世の中にはライトボディでアセンション!とか言ってた人…今もいるのかも知れませんが、まずはこの身体の振動数を調整して(!)

432Hz …「440Hzによる世界悪魔化計画」というのであれば、432Hzは天国指数ってことか?

と言うことは、音叉にしろ何にしろ、432Hzを取り入れる暮らしはポイント高そうですよね。





とりとめのない話に終始しましたが、




反権力通貨の狼煙は既に上がった訳で…そういうのに血道を上げる頭脳が出現するのも「時代よね」なんだろうし、行き詰まり手詰まり感が時満ちて弾け始め、現実化し始めたのは良い兆しと言えそう。

要するに、

時代は中央集権から拡散。個人という単位から色んなアイデアが発信され、それが小さなグループを形成。ネットで世界は狭くなっている訳で。

個人から始まる社会システムは、個人が活きてこそ敵う世界な訳で。

私たちが向かっている方向は、これまでの中央があって、最後尾に個人がある流れから、初めに個人があって、それから社会が形成される方向。

現実、今は黎明期なんでしょう。




432Hz




ジョン・レノンの曲にもあるそうですが、ジョン・レノンが反戦のメッセージを「イマジン」に託したのも興味深い。

ひとりひとりに呼びかける。

目線は決して中央から末端へ…ではなく、発信者は何処に居ても構わない。

此処に天国を築く。

ジョン・レノンのメッセージは432Hzそのものなのかも知れませんね。




反権力通貨…実に面白いことになりそうな予感…私は即!買いしませんけどね。お後がよろしいようで。





プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ