擬人化マインド

Category : 辛口ごめんなさい

犬の散歩のような日課が私にもあって…それは毎日ではないものの、幾つかブログチェックをしています。世間のスピリチャルな人々はどういうこと考えて行動しているか興味があって…えっ、タチが悪い? 否定できません(^^;)鋭いなあ

反面教師

私の老婆心の原動力なんだと思うんですね。私自身が目からウロコを経験して思うこと気づくことが多すぎたせい(苦笑)なので、スピリチャルな人々が陥りやすい傾向がよく見える…感じ悪いですか? 否定しません…出来ません。
私は人間には常に<軌道修正のチャンス>があると思っています。私自身も例外ではありません。それ故の老婆心ですが、壁はある訳ですね、価値観の相違というぶ厚い壁。

また、悪口と裸の王様を「王様は裸じゃん」と指摘するのは紙一重と私は思っています。皆さんは耳にタコかも知れませんが、この微妙さが運の分かれ目。どう運の袂が分かつか…案外、単純なんだと感じるんですよ。

慢心と勘違い

このセットで躓いている人がほとんど。本当に絵に描いたようにパターン化している。霊視・霊聴を狭間にして、その境界線を行ったり来たりしている人が犇いている人社会…その元凶は精神世界ビジネスの台頭にあると私は思っています…正確には功罪そろい踏みでしょうけれど。これ以外にこのまん延ぶりの原因はなかろうと思いますが、猫も杓子も「1時間3万円であなたの未来を鑑定。今はキャンペーン中で2万円で〜す」とかいうふうじゃないでしょうか? アカシックリーディング・リモートビューイング習った人の数を想像すると気が遠くなる、世界中ですからね。あなたもいずれかの霊視ものの講習を受けたのじゃないでしょうか? ワークショップでちょちょちょいっとか(私も、知り合いに誘われるまま参加した口)。

おっと…前置き長くなりそうなので、ここでいったん区切ります。






私個人の話で恐縮なのですが、私の場合は予知夢をみるとかあって…それがあのベルリンの壁崩壊や湾岸戦争の時期だったんですけど、そういう情景が夢に現れ、現実になる(!)もう「ヒエ〜」だった訳です。知り合いの霊視者(その女性は商売では一切視ていませんでした)に「似た予知夢みる人が複数いる」と言われ、自分はそのひとりとして不適任と思っていました。だって…ねぇ、普通の主婦な訳です。誰が話を信じるというのかって話。頭おかしいと思われてしまうのも癪でしたしね。
で、「もう視たくな〜い!」と心の底から拒否したら、これまた突然に視なくなった。ホッとするやら…謎は残るやらだったんですけど。え?ちょっと寂しかったりしなかったか、ですか?当時は全然なかったですねぇ…それどころじゃなかった。

霊視が始まるきっかけはポルトガルのポルトという町の小さな教会に偶然入って、美しい聖母像に出逢い、思わず号泣(笑)帰国後に何故かしら感じられるようになったという…精神世界スクール以前の話。
今思えば、霊視は私にとって「何のためか?」を気づかされる道筋だったのかも知れません。視ると同時進行に心のこと…何が大事かに敏感になっていったように思うんですね。私だって人の子。勘違いだってあったし、失敗もあった。自分を信じられず、あちこち紹介を辿ってチャネラー行脚したことも。

高い授業料だった(苦笑)

振り返ると、その総額高額授業料は「自分を信じてあげられなかった」ここに原因の全てがある。今なら分かる。他人に未来を視てもらうなど本当にオススメしません。未来は未知数であればこそ(!)私たちには<勘>ってものが備わっているのだし、<勘>が働かないこともあるけれど、失敗から学ぶことだってある。

さて(やっと本題に入ります)

ほぼ日日課のブログチェックの中に、霊能者とコラボして聖地など行脚している女性のブログがあって。「原発さん、本当にお疲れ様でした。お役目はもう終わりです。ゆっくりお休み下さい」と原発に向かい、レイキ霊能者と「神業」と題し、原発全体に光のバリアをかける神事を行ったという記事が…「原発さんって、あなた」と私が思ったのはいうまでもありません。「どうか、美しいこの地をお守り下さい」って、あなた…祈り方おかしいでしょうとなった私。

廃炉するにしても、巨額経費がかかるのでしょう? 国民の税金がまた投じられるかも知れないし、そこをビジネスチャンスと手ぐすね引いてる輩も見え隠れ。

「お役目はもう終りです」ですか?

何様のつもりでしょう。何という無責任…明らかに現実が見えてない。無邪気で無責任なスピリチャル行脚と思いますが、この人だけじゃないでしょう。如何ににわかスピリチャルがまん延しているかのサンプルのようなブロガーですが、悪気は一切ない(!)それどころか、良かれという思いで一生懸命な様子が見て取れます。

「原発さん」

人間には物を擬人化してニックネームをつける習性があります。それをどうの言うつもりはありませんが、幼児がぬいぐるみのうさちゃんにお喋りをするってのも成長過程にはありますものね、大人になってからだって。ですが、この女性は大きな勘違いをしてるんですよ。

原発に「どうか、美しいこの地をお守り下さい」って…、

そのマインドには人の<擬人化>嗜好が深く関わっている…否定は出来ないのはないでしょうか?原発はその存在理由において、地球を守る<意思>を持っている訳ではありません。「そんなこと知ってるよ」でも、つい…なのでしょうか。甘い考えがそこに見て取れると思うのですが、いかがですか?

鉱物とて<意識>が備わっている

それを否定するものではありません。この世に存在するものには何らかの役目があり…あるいは役目を担わされ、生み出されます。生命反応があるないに関わらず、全ての事象には存在理由がある。しかしながら、この女性の勘違いぶりは深刻かと思います。何故なら「無い」ものに「有る」を想像し、思いのありったけを乗せているの図…つまり、神様の不在の神社で世界平和を祈るに似た行為だからです。

「美しいこの地をお守り下さい」はあ?としか言いようがない。

第一それを原発に祈ることなのでしょうか? 気持ちの高まりにまかせた感情に過ぎないのではないでしょうか?

悪気もなく善意に満ち溢れた無知が闊歩する。

言い過ぎですか?そうでしょうか。この地を守らねばならないのは人間である私たちではないのでしょうか?

本当におかしな方向にいっちゃってる困ったちゃんは…この女性に限ったことではないでしょう。「私たち頑張るから」という思いが言わせたんでしょうか…? 神事を執り行った直後、「原発が原発じゃないように美しく輝いた」と感動を綴っているようですが、それ、夕日のタイミングだったのでは?アップされた写真がそれを物語る。
加えて、自分らが「原発全体に光のバリアをかける神事を行った」からと言いたい気満々な様子も見て取れる…そこに感動があったからとは思う。ですが、この女性は慢心と勘違いの抱き合わせ。言い過ぎですか? 果たしてどうでしょうか。
慢心は本人の自覚ないままが主流です。本人は必死。謙虚を心得ているつもりでも端々ににじみ出る。第一…光のバリアをかける神事って、言うは自由な感は否めません、私。なんら影響もないケース…。ダメですよ、神の字を使い、そこに自分らの成果があったように言うのは。怖いもの知らずですね。

悪気があるはずがありません。良いことをしているという自覚の上に立つ行動でしょうし、そこに霊能者とコラボの神事という自負心が乗っかっている…更には、

導かれて

という話ですべてが進んでいる…もう助言の隙もありません。彼女は悪くない。ただ…愚かとは思う。過去、私は何度か彼女のような霊的活動に走るブロガーに助言を試みたことがありました。あまりにも無防備だからですが、目に見えない世界は迂闊に近寄っては危険な面があります。ところが、精神世界をビジネスにする空気が既に定着している…もう弾丸列車のよう。霊能者も俄か仕立てなのですから、もう手の施しようがないのかも知れない。

擬人化マインド

その稚拙さはもうどうしようもない。真面目に真剣に取り組んでいるのだから助言が及ぶ余地もない。

思いを込める

そこに擬人化という手法が入り込む。それは時に度を越し、空想以外の何ものでもない状態へ人心を誘う。気持ち良いのだと思う。感情が高まり、つい「原発さん、本当にお疲れ様でした。お役目はもう終わりです。ゆっくりお休み下さい」と想念したくなる。
確かに無機物でもそういう言葉をかけたくなる時はあります。感謝の気持ちを伝えるのもやぶさかではありません。ですが、神事という自覚を持って執り行う質であれば、慎んだ方が賢明です。

神事

なんということでしょう。それは簡単なことじゃないんですよ。真に魂が試される行為です。

なのに容易く集まり、神という名のつく行為に及ぶ。ネットの力ってスゴいと思う。良い面もあり、こうした安易さが痛くもある。

彼女たちが神事とやらを司った原発ですが、彼女たちのその行為に関係なく、政治的な思惑で廃炉も再稼働も決められるでしょう。もしその原発が廃炉になったら…きっと「私たちの祈りが天に届いた。皆さんのお陰です」とか言うのでしょうね。

神事とはそうそう成し得ないと私は視ています。人間サイドの勝手な思い込みというのが殆どという惨状ですが、名乗るも自由。言うも勝手。

ナイーブという言葉があります。意味は「世間知らず」…霊視は人間を本当に試すと思う。私も例外じゃなく、本当に難しい問題と思いますが、もし神事に関わるなら擬人化マインドは卒業しておいた方が賢明です。

神様ごとは最終的には魂の深いレベルのこと。

安易に<神>の名を使わない方が賢明です。ホンモノは「俺、義経の生まれ変わり」とか吹聴しない。PR力+霊力と霊的品性は合致しないもののようです。


プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ