慰安婦問題

Category : 時事ネタ

慰安婦問題は今もまだ火種となって韓国と日本の間で燻っています。日本軍が強制的に慰安婦として韓国の女性たちを従事させたかが論点のようですね。ネットでは日本軍が強制した事実はない!という論評が主流のようです。

強制

これが論点になっているけれど、慰安婦が何処に派遣されましたか?日本軍が大挙する場所でしょう? 今日日は「ベトナムで韓国兵が現地女性を」とニュースになりました。
私はね、こういう喧々諤々に参戦する気が毛頭ありません。ありませんが、私は女ですから、その目線で感じることを書こうと思います。

『サンダカン』という映画がありました。唐行きさんといって、日本軍が従軍する海外の地にあった売春宿に売られた日本女性たちが描かれていました。国籍が何処であれ、売られていった女性は現にいた訳です。何故そういうことが蔓延していたか?皆さんに問う必要もないでしょう。

貧しい家の若い女が身売りをする。男たちの快楽満足のために。

私はその映画を以前TVで観ました。私が育った町にも昔そういう地域だった通りがありました。そこで若い頃働いていた女性がいて、彼女は陰口をたたかれていました。いたって真面目な普通の人でした。でも陰口を叩かれていた。これ、理不尽ですよ。女が女を蔑む…私は子供ながらに何だか胸が痛んだのを覚えています。だって普通に優しい人でしたから。

慰安婦。

韓国でも日本でも問題視されている彼女たちの存在は男社会が落とした影と言えるでしょう。私はね、日本軍が強制的に従事させたかどうかを争う論点に、あぁ人間の精神レベルはまだまだ稚拙だなと思ってしまう。そこには賠償義務があるかどうかも争点な訳ですよね?
では、その女性たちが指定された場所は何処で、そこに誰がいたのでしょうね。日本軍兵士がわんさか居たのでしょ?
彼女たちは派遣される過程で日本軍関係者がまったく関わらなかったと思いますか? 関わらなかったはずがありません。その依頼を誰が発令したのでしょうね。日本軍関係者ですよ。だって

占領地での出来事だったんでしょ?

もう暗黙の了解同然に兵士たちの欲求の場は用意されたのでしょ?

それ、ある種、強制的ではないのでしょうか?

男社会が必要としたシステムなのでしょ?違いますか?

日本軍は占領下にあった朝鮮関係者の申し出があって、それを「そこまでいうなら」とかどうとかで売春宿を利用したとでもいうのでしょうか?現地の女性が喜んで日本軍の性処理の道具になったとでもいうのでしょうか?

占領する側とされる側には暗黙の不平等が横たわる。貧しい家庭では「口減し」という悲しい事実があったと語り伝えらえています。姥捨・身売りなどなど食べていくためにどれだけの苦渋の選択があったでしょうね。ましてや、日本は軍国主義の時代ともなれば、国民にも自由がなかった。赤紙ひとつで夫を軍に送り出した女性たちがいたのでしょう? 占領下の国民にはそれに増して不自由が強いられたことでしょうに。まぁいずれにしてもそれで旨い汁を吸う奴はいたでしょうけれど。

私は女だから言えることですが、好きでもない男と床を共にするなどあり得ません。ですが、もし家が貧しく自分が慰安婦になることで家族が餓死しなくて済むとなれば、身を投げ出すかも知れません。
吉原に残る少女たちの死亡年齢の幼さを報道番組で知って本当に唖然としたことがあります。時代は今のようではありません。貧しさは想像を絶するのだと思う。

現日本政府に戦時下の韓国慰安婦経験者に、現韓国政府に、賠償金を払う義務があるのか、ですか?

日本軍が強制した事実はない、ですか?

勝手に朝鮮の人々が「どうぞどうぞ」と慰安婦を差し出したとでも?

喜んで慰安婦になった女性ばかりとでも?

占領下の貧困層に選択の自由などなかったでしょう。吉原に売られた少女たち同様にお金のため売られた女性だったはず。日本軍が強制したか否かを争点にしても埒はあかないでしょう。そこには日本兵の性処理という

暗黙の了解があったと考えるのが筋。

私はそこを責めているのではありませんよ。事実だろうと指摘しているに過ぎません。指示系統は何処に誰にあったか、ということです。日本軍は決して強制などしていない、ですか?それ詭弁かと。
以前、韓国の有名女優が慰安婦を批判(賠償金目当て…でしたか?)する発言をしたとかで国民的に非難され…慰安婦の女性(老婆)に土下座させられているニュース映像がありました。韓国国内でも諸説紛々なのかも知れませんが、若い世代ほどその女優さんと共感するかも知れません…、しないのかなぁ。

日本軍は敗戦。

不平等条約をアメリカと交わした時点から、占領していた国への賠償責任が生じた。それはドイツとて同じでしょう。戦後何年とか関係ないんですよ。忠臣蔵がそれを物語ってやしませんか?
「いつまで根に持っているんだよ」って日本人いなかったんでしょう?それどころか、なのでしょう? こういう言い表しがあります。

殴った人間は殴ったことを忘れるが、殴られた人間は痛みとともにいつまでも忘れない。

何も知らない少女がお金のために身売りする。それも異国人相手をさせられるって、どんな気持ちだったでしょう。ただし、もし日本軍が占領下に置かなかったら?というシュミレーションは成立します。同国の男性相手だったら?とも思わなくはありません。

すべては戦争が残した爪跡

男社会の負の遺産

今はもう時代が変わってしまいました。ホストクラブなどなど女が快楽を得る目的のビジネスも盛んな時勢。それをどうこう言うつもりはありません。個人の自由なので。そうじゃなく、時代は変わったということ。この娑婆は懲りない面々の坩堝ということでしょうか。

金と欲望の抱き合わせ。

この人社会は心底…それでも一応なりとも個人の自由は緩和されてきました、日本は少なくとも。真の自由ではなかったとしても。ですが、これから先はどうでしょうね。国家が国民を全面的に管理するシステムと集団的自衛権発令ともなれば、有無も言わせぬ政策に翻弄される時代が来ないとは限らなくなったかな。




慰安婦問題は占領下にあった当時朝鮮半島と日本軍の間には男たちの暗黙の了解があったはず。なかったとは言わせんませんよ(笑、笑えない)。その暗黙の了解の上で、そこに<強制の有無>があったかどうかが争点ですか?なんだか滑稽か。本当に滑稽。言葉遊び。解釈合戦。

従軍慰安婦の悲劇。サンダカンという映画は貧しい家庭に生まれた女たちの叫びでもありました。日本に残った家族は彼女たちからの仕送りで暮らしていけたのに、彼女が帰ってくると家の恥と。なんということでしょうね。

私は女ですからね、今世。性奴隷は本当に男社会の負の遺産と思う。今はもうそういう時代ではなくなりましたが。




プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ