選挙の存在意味

Category : 時事ネタ

安倍「我が軍」発言

作業停止指示の無効申し立て=政府、沖縄知事に対抗―辺野古移設

[ 追記 2015.4.4 ]菅義偉官房長官は4日午前、米軍キャンプ瑞慶覧(沖縄県宜野湾市)内の西普天間住宅地区の返還式典に出席するため、同県を訪問した。写真は国立沖縄戦没者墓苑で献花する菅長官=沖縄県糸満市

FaceBook:
・翁長知事への説得は難しいと思いますが、粘り強く説得して下さい。応援しています。
・沖縄にはテロリストが多いので、どうぞお気をつけて。







[ 追記 ]沖縄にはテロリストが多い?なんという言い草でしょう。私はその記事に寄せられたフェイスブックやツイッターを見て日本国民のどのくらいの%かは不明ですが、これが人心というものかと失望を禁じ得ません。更に「我が軍」に異論がない人がいること自体に唖然とします。この人たちの良識には何故日本が防衛に際し『軍』と公に名乗れないのかの理由が抜け落ちているのでしょう。

敗戦国はいくら年月がたとうと変わることがない。ドイツはやはり国境が陸続きのせいでしょうか…その辺をよく弁(わきま)えているのだと思う。

やはり日本は島国










その違いは小さくないのかなと思う。尖閣諸島問題、中国の挑発に乗り、日本の領土と民意を刺激した石原…それは国民の無知を利用した無謀な先導と私は思っています。

敗戦国

その意味はフェイスブックなどで吠えている人が認識するよりずっと重いもの。しかも日本はルーズベルト当時の大統領の戦略にまざまざと乗っかり、真珠湾攻撃を断行。それは当時のアメリカにとって絶好の機会だった。しかも日本軍は鬼畜米兵と国民を洗脳し、助かる命も身を投じるなどして散っていった…沖縄の悲劇の遠因にはそういう教育・キャンペーンがあった。それに比べ、アメリカは敵国であった日本をよく調査・掌握して事にあたった…妄信こそが愚行の根源です。日本軍の参謀たちの計画はまさに国民を洗脳し、天皇という象徴を義に「国のために散れ」というものでした。中国・朝鮮半島、東南アジアを占領下に置き、そして退くに至った。

どうですか?

フェイスブックユーザーの知識・認識の甘さをあなたは感じることはないのだろうか?

自分も武器をとる覚悟など実はありはしない。武器を向ける相手がいるということはそれが自分にも向けられるということです。
尖閣諸島問題はそうそう単純ではありません。対イスラム国政策も。自衛隊が実質軍隊になった時、中国はそれを理由にいっそう好戦的になるやも知れません。「上等じゃないか」という人間が日本国内にさぞ出てくるのでしょうね。

バーチャルに慣れ切った日本男性。若者が主流でしょう。自分が武器を持つ…映像の世界とは違うことを知る由もない。

日本はね、決して挑発に乗ってはならなかったんですよ。石原は本当に無責任な放置プレイをしました。石つぶてを投げて後は知らん顔。誰がその後始末をするというのでしょうか?武力も辞さずですか?イスラム国の犠牲になった日本人男性の死を絶好の好機とし始めた現日本政府です。合衆国共和党マッケーンとイスラエルネタニエフと蜜月の安倍政権。

「我が軍」

詭弁釈明など誰も期待していないでしょう。少なくとも私はそうです。野党も軟弱化している折、もう誰も自衛隊をうっかり「我が軍」と言ってしまう人を止めることはできない。何故か?

選挙で選ばれた政党代表だからですよ

皮肉なことに沖縄県民は政府方針に楯突く人を知事に選びました。なにも逆らおうとかいうことではなく、知事は沖縄県民の多くが叫ぶ意志に沿う政策を立て当選した訳ですよね?それ

民意じゃないのでしょうか?

この国は一応なりとも民主主義国家です。国民・県民・市町村民が選挙というシステムで議員を選ぶ…議員とは選挙で選ばれる仕組みがこの国には貫かれています。
ところが、時の官房長官は沖縄県知事に遺憾の意を表明。何ゆえか?アメリカ合衆国の意をくんで、ですよね?アメリカの伺いを立てないと何も決める訳にはいかない政府、それが日本という国家の現実のようです。政府を組織する自民党議員とて一応なりとも選挙で選ばれたのでしょ?それは表向きとしても

選挙こそが民主主義国家の根幹

ところがその政府官房長官が選挙で選ばれた沖縄知事の意向に遺憾の意を表明する…ここういうことがまかり通る政治の世界。知事は沖縄県民を代表する存在です。ということは現政府は

民主主義に則った選挙自体の意味を完全に無視していることになります。

多くがそのことに無頓着なようですが、沖縄県知事の今回の表明は沖縄県民と意志を同じくしているということを意味します。でなきゃ前知事と同じ誹りを受けかねない。県民側にいるはずが、急転直下政府に「御意!」になった前知事。
多くのフェイスブックユーザーが沖縄県民を知事を「ないものねだりでズーズーしい」と評しているのを見て「あぁ所詮人ごとなんだな」と私は思っていますが、どうしてこんな人心が多いのでしょうね。その延長線上に「我が軍」OK認識な人間がいる…心から私は愚者どもと思います。「自衛隊などと誤摩化すな。軍でしょ」という知ったような口の連鎖。
もしこういう認識が大手を振る世の中に日本がなっているとすれば、安倍政権の自衛隊武装容認に向けた法案も難なく通ることでしょう。
そうして自衛隊募集がより大々的に行われるでしょう。つい最近、北方領土でロシアが軍事演習をしたとか。中国は尖閣諸島問題でより煽りをかけるでしょう。韓国とは竹島問題があるんですよね。

もう日本の行方は手の取るようだと私は思う。

(選挙)選んでも地獄。選ばずとも地獄

理想論、屁の役にも立たない理論でしかありませんが、政府は沖縄県知事の意向をないがしろにしてはならないのですよ。選挙で沖縄県民が選んだ…知事の表明は沖縄県民の意思だからです。

安倍は選挙に勝利し、「信任を得たと理解する」という主旨を述べました。それ民主主義を選挙を手玉にとっていると思いませんか? 大義。その前には何人とて抗えない。

この日本には愚者が増殖中のようです。安倍政権を支持する人間が日本にはけっこういるということを私はフェイスブックやツイッターで知った訳ですが、わざわざそこに書き込むことこそ意思表示だと思うし、言わなくてはいられない気持ちがあるということですよね。フェイスブックは顔出しで互いに言い争う場になっています。彼らの言い分には中国・韓国への嫌悪が色濃い。この民族嫌悪には自分を棚に上げのニュアンスがあると思うが…。
実際、上海・ソウルなど渡航経験がある私ですが、確かに国民性ってあると思うんですね。ですが、嫌悪には至りません。日本のアジア支配は敗戦を機に撤退へ向かいました。悲喜こもごも。日本軍・日本人に親近感を持つ人もいるし、そうではない人もいる。彼らとて自国の報道とネットとのギャップを感じない訳ではないと思うし、政府と民意は同一とは限らない。ですが、安倍が「我が軍」を対中国、対イスラム国に向かわせる日は、相手国に個人的恨みがなかろうと命令系統下にある自衛隊(それをどう今後呼ぶようになるかは不明だが)武器を手にする日になるかも知れない。




選挙




何と虚しいシステムだろう。






プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ