深読み(3)

Category : 深読み

深読み(1)深読み(2)そして、今日は(3)になりますが、予定ではソルフェジオ周波数をテーマに書こうと思っていましたが、興味をそそる別件(笑)を見つけたので変更します。申し訳ありません。

皆さんはエジプトの三大ピラミッドのひとつクフ王のピラミッドをご存知と思います。たくさんの人が建造者はクフ王ではないとしていますが、王の間と言い、謎多き建造物ですよね。
私は最近、保江邦夫さんの本を幾つか読み終え、保江さんが王の間でハトホルの秘儀…イニシエートしたことを知った訳です。興味深い内容なのですが、保江さんは通称クフ王のピラミッドはアトランティスの記憶を保持する装置(そうは書いてなかったと思いますが、いわゆる性質としては)で、王の間はこの世を高次元に繋げる部屋としています。で、建造者はアトランティスのトト。

ところが、サイエンスエンターテナー飛鳥昭雄さんはアトランティスそのものを超古代文明に位置付けてないんですね…!これには「へぇ」ですが、飛鳥さん情報によるとプラトンだかの旅をして得た伝承書物を根拠にしており…それに「アトランティスとギリシャが戦った」という記述があって、これではアトランティスは超古代文明となり得ない云々…まぁ説得力ありきともこじ付けとも言えなくもない内容を示唆しています。

大西洋に没したとされるアトランティス大陸

保江さんはアトランティスのトトが滅亡を予知し、記録を残さんがためにあの三大ピラミッドを建築したと書いています。ところが、飛鳥さんはエノクと言う。エノクとはノアより以前の預言者とか。天空のラピュタゆかりの人物とのこと。

どっちが事実なの?「ハッキリしてよ!」と言いたくもなりますよね?

飛鳥さんはアトランティスは超古代文明などではなく、ギリシャ文明と同時期に地中海に存在し、火山活動により水没(地中海に)した島と結論づけているんですね。つまり超古代文明などではなかったと。ところが保江さんはアトランティスは超古代文明と疑ってはいないようです。

どうしてでしょうね。どうして、こうも違うんでしょうね。大ピラミッドは実際に存在しているのに。誰がどうやって造ったかは未だに決定打となる説は存在しないようです。

また、三大ピラミッドはオリオンの三ツ星と同列に位置するそうで…なので、オリオン星人が関わっているというチャネル情報もあったりする。これに関してはこれまた!飛鳥さんが興味深い情報を示唆しています。それを話すといつに増して長~~くなってしまうので端折りますが(笑)どうやらオリオン星人ではないらしいとだけ。

飛鳥さんのアトランティスは超古代文明なんかじゃない説の根拠はプラトンの見聞書物。何代渡る伝承を聞きかじったものといいます。とすると、人間の記憶っていい加減なところがあります。実際、10人並べて…例えば「鳩・トマト・時計・井戸・土間」という言葉を耳打ちして行くとしますよね?最後の人に何と聞き及んだかを確かめると「鳩…、トマト…、時計…、椅子…、スイカ」とかいうふうに正確性を欠いてしまいがちです。

口伝・伝承の類は違う!と言い切れるのかしら?

八咫烏のように国家規模の重要事項ならいざ知らず。「むか~し昔、アトランティスという島があってぇ。ギリシャ軍と戦いぃ~。最後には火山活動で沈みましたとさ」という民間伝承って精度に欠けるだろうし、第一、年号も曖昧となれば…それを根拠に事実とするのは早計な気がしますしね。第一、そのギリシャ軍と戦った島国には別名があったようだし…何とも微妙と言わざるを得ない。情報って本当に何を根拠とするかって重要。まぁ100%正しい情報を持っている人間はいないでしょうし、当人が信じるところを主張しているということではある訳ですね。

私が何を言いたいかというと

三大ピラミッド、クフ王の王の間…王の間には神秘的な何かが隠されているのだろということと、現実的にあのエジプトの地に巨大建造物があるということ、そして、オリオン星の三ツ星とど同列の位置関係ということは確かかな!と。

謎だらけのピラミッド

もし飛鳥さん情報と保江さん体験&情報、そのどちらも事実なら一致するはず…ですよね?私的には体験者が語る方が説得力ありかなぁとは思います。思いますが、あぁそうだ!グラハム・ハンコックの著作『神々の指紋』でしたっけ?それもかなりエキサイティングな内容でした。あの三大ピラミッドとスフィンクスは歴史書でいうところよりもっともっと古い建造物という追跡・検証書でした。

エノクが造ったのか?トトが造ったのか?オリオン星人が造ったのか?クフ王は除外確定か?いずれにしてもミステリーを追求する人間の情熱は果てることがないようです。

検証って、次から次に新たな事実とか発見が出てきて通説が覆るってザラ。エジプト発掘研究者の有名な教授は「クフ王のピラミッド」という姿勢を崩してなかったと記憶していますし、超古代文明という説を一笑に伏す研究者だっているようですし、私は本当に確かなのはあの地にピラミッドとスフィンクスがあるということかなあと。スフィンクスの視線にはケンタッキー・フライドチキンがあるんですよね(笑)なんか茶化すようだけど微笑ましい。

研究に一生を捧げる人もいて、研究ということではなく…王の間で神秘体験する人もいる。あるいは臨死体験で古代を旅したという人。

どれが真実真相かは分からないが、人間の情熱の矛先はひとつピラミッドをとってもこれだけのバリエーション。諸説紛々する中に真実を求めるって…それって私らにとって重要なことなのかなあと、つい思ってしまうんですよ。
私にとってどの情報も体験談も映画やドラマを観るような…それってエンタメの括りなんですね。まぁ色んな楽しみ方の一例に過ぎませんが、映画やドラマだって創作なんだけど、そこに心理的リアリティを込めるなどする訳ですよね?

三大ピラミッドにしても、王の間にしても、アトランティスにしても、そこに興味を覚えるって、きっと深い記憶が刺激されているのかも知れない。何らかの記憶が眠っているってことかも知れない。

誰が造ったかは確かに知ってみたいとは私も思います。思いますが、そういうのって重要なのかしら?そりゃぁ歴史にスポットを当てるって分野では必要でしょうけれど、私個人の履歴にはな~んにも影響がありません。

飛鳥さん情報も保江さんの体験も私にとって興味は尽きないけれど、エンターテイメント。大いに楽しませてもらっている…それ以上でも以下でもありません。超古代文明に神秘を感じ、関心を持つのは私ら自身が何らかの記憶や知識を深い部分で持つからだろうと思うし、だから…何処かに事実があるとすれば、私たち自身の深い意識内なのかな?と思うんですよ。





伝わりづらかったかなあ…今日の話。



プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ