私ワンダラーではありませんけど、何か?

Category : 辛口ごめんなさい

テラヘルツ鉱石、昨日届きました。100gの袋に三角の立体が幾つか入っていました。手に取った感想は「軽い!」ですが、これは重量ということだけじゃない気がします。私はテラヘルツのテラを<地球>のテラと思い込んでいましたが、<兆>のことだったんですね。
この鉱石は各チャクラと呼応します。瞑想の習慣がある方などは試す価値あると思いますよ。ない方…私のような…も何かしら感じると思います。
この鉱石はテレパシックなコミュニケーションを促します。少なくとも私はそう感じました。宇宙的…かなりコズミックな印象を受けます。

心に偏りがあると…そうですね、自尊心とか使命感とか、お役があるとかいう心作用があれば、それも増長するのではないかと推察します。この鉱石は周波数がハンパがない。そのため、持つ者の本質を増長させるのだと感じます。増上慢は盗人のように人の心を浮上します。自分で気づく機会があるのかどうかはさて置き、自覚に上がらないという特徴がありますが、出方はわかりやすいです。上記した、使命がある・お役目があると言われた、などなどそういう話を引き寄せます。引き寄せるんです。これは精神世界ビジネスが仕掛けたある種の洗脳と言えなくもない気がします。
ですが、それは地球規模の変容が影響してのこと。いったんは関心がある人間は波に乗り…そこからは選択の連続。

精神世界に関心が深い人間…私も含めて、「あなたには使命がある」あるいは「お役がある」という言葉をかけられると思うのですが、いかがですか?

ですが、私はふと我に返る瞬間があったんです。使命?お役目?

幸いなことに私は視る機会を持ちました。それは内省に向けられたんですね。「なぜ自分にそういう使命があるのか」と。その時期は口コミで色んな人が相談に来ていました。で、悟らざるを得ませんでした。

本人(魂)の希望がまずあるということ。

大いなる存在からミッションを授かったというのはエクスキューズでしかないということ。このことに気づいている人が少なすぎる。そこをすっ飛ばして使命やらお役目やらに駆り立てられる。誰ひとり例外はありません。このことは肝に銘じておいて欲しいと願います。

霊的世界で私は誰かの膝枕に憩い…ですが、さめざめと泣いていました。「役に立ちたい」と。私に膝を貸してくれる存在は私の髪を優しく撫でてくれました。な~んにも言ってくれませんでしたが、その思いやりの深さ温かさは今もリアルに覚えています。

その願いは聞き届けられた

そして、今があります。ここに来るまでの道のりはストレートではなかった。地球に来る前には準備期間があって、それを経て転生した訳です。
で、ここで言い忘れてはならないことがあります。地球に来る魂は押し並べて<課題・宿題>を抱えています。ミッションは自身の心癖とどう取り組むかと背中合わせ。ポジティブとかネガティブとかいう次元の問題では…どうやらありません。真摯に取り組むべきプログラムではありますが。

さて

今回、テラヘルツ鉱石を取り寄せる時、私は正直に「私はワンダラーではありませんが」とメールに書き添えました。謙遜なんかじゃなかったんですけどね、やんわり批判がその方のブログに今日書かれているのを見て…多分、私ひとりじゃなかったと思うんですよ「私はワンダラーではないけれど」というテラヘルツ注文者。だって、その方のブログに「ワンダラーが持つべき」的文言がありましたし、「(ワンダラーの)新三種の神器」という記述もありました。ですから「じゃないんですけど、よろしいでしょうか」というのは無理からぬ心情かと思う。
中にはワンダラーを「大それた」と思って書いた人もいるようです。それもブログの管理者の使命ありきの内容を読めば、仕方ない気がして…まぁどっちも無理からぬということでしょう。
私は自分の出身や魂の成り立ちを視ていますから、本当にワンダラーじゃないので、そう書いた訳ですね。ですが、まぁ仕方がないですね。走り出した車に声をかけても届かないということなのでしょう。
袂を別つとはこういうことなのでしょう。ですが、敵味方ということでもありませんから。テラヘルツ鉱石は有難く購入させて頂いたということで良しとしなければならないのかも。

テラヘルツですが、コップに入れて飲用するとかもありだと思います。石は人と同じに肺呼吸をする質ではありません。従って例えば一日中ペットボトルか水筒に入れっぱなしでも息できないとかないと思いますよ。水に入れっぱなしでは申し訳ないとか感じれば、その気持ちに準じれば済むことです。
どういう使い方をするかはテラヘルツ石と話し合って(笑)活用していくのが一番と思います。


テラヘルツ鉱石がこのように世間に普及する機運って、これは地球自身がオープンになったからかなあとか推察しています。
実はこの人社会の仕組みは<民衆><民意>の方向に移行しています。今は本当に過渡期!正念場ですから、皆さん大いに直感を働かせて暮らしていきましょうね。

使命とかお役目とか重くないですか?

実際、それらの波動は重たいです。これ誰も言ってませんか?私の独断と偏見でしょうか?

もっと肩の力を抜いて、此処に生まれたこと自体、やるべきことは山積みでしょう?工夫努力をすること。何も世界を救済するとか意気込まなくても、あなたが私が生きていること、互いに呼応すること、あぁ頑張ってるなぁと思える<連帯感>があれば充分と思うんですけど、いかがですか?

あなたは既にいわゆる使命を生きていますよ♪

あなたらしく

あなたの歩幅で

人の役に立っているかいないか、転生の課題をきっちり遂行できたかどうかはもうすぐ分かることです。いや、20年30年先かもしれませんよね(笑)超!長生きかも知れないですからね。

活かされていることに感謝。使命がなくてもあってもそんなのどっちでも良くないですか?

あなたの人生はあなたのオリジナル。佐野ることなどできないんですから…え?皮肉が過ぎる?ありゃりゃ。

ある種、私らはモニタリングされていると思いますよ。「あぁしたら、こぉなるんか」とか「ありゃりゃ、あらぬ方向へ行っちゃったけど、まぁいいか」とか(笑、笑えない?)私ら地球転生志願者の動向はひいてはあなたの魂の故郷とタイアップしているのだし、影響している訳です。

私たちひとりひとりの動向は、私たち自身の成長の記録ですし、彼らの記録でもあります。



ここで再確認しておきます。



一握りの人間たちの祈りが動向が世界を人類の命運をどうこう出来るでしょうか?

祈る気持ち。霊感に則って行脚する意志。祈たいなら祈れば良いのだし、霊感行脚したけりゃすれば良いのです。それと地球の、人類の運命がどうのとうのは別次元の話です。

自由意志

つい使命やお役目という引き寄せをして忘れてしまう。忘れているも知らずに。自分の行いが自由意志に土足の行為という自覚もなく。言い過ぎですか?果たしてそうでしょうか。ただし世界平和を祈るのは確かに個人の自由です。そこに霊感や霊能を駆使する必要あるんでしょうか。

あなたの寿命も人生のコースも何人(なんびと)とて触ってはならないのです。地球規模の大変動の只中に私ら人類も含め、生きとしいける生命すべて突入しました。



互いの無事を祈らずにはいられませんよね?でもね、それより信じましょうよ。地球の意志を。そして、地球に今訪れているエネルギー(周波数)はピラミッド型システムではないことを悟りましょう。

何もかもが<民意>へ移行しています。YouTubeのことを家のものと話していて私は確信を得ました。

「もう一部の才能がある人間が大衆に向けてエンタメする時代じゃないんだなぁ。極普通の人間が自分のアイデアを見せる時代なんだね。YouTubeなんて誰が思いついたんだ?その気にさえなれば、アイデアを共有できるってひと昔前にはなかった発想だよね」

ネットは起きるべくして起きた文化。普及させたのは企業(国?)ですが、同時に私らでもある訳ですね。面白い時代でもあるんですよね、ロクでもないこの世界は。私らの中からアイデアが生まれ、私らを通じて広がっている。ネットワーク…素晴らしいと思う。




私ワンダラーじゃありませんけど、何か?






プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ