えっ、NHKって国営じゃなかったの?

Category : 時事ネタ

私はどうしてだか分かりませんが、NHKをずっと国営と思い込んでいました。そうではなく「公共放送局」という…皆さんはご存知でしたか?私は<公共>と<国営>と一緒くたにしていたのでした。
じゃぁ公共放送局って?以下がその説明に当たると思います。『 ヤスの備忘録 』より


ヤス :(略)メディアって市民のものだということですよね、基本的には。たとえば、NHKは国営放送ではないですよね。公共放送です

公共放送の主体って何かと言えば、市民なんです。

戦後すぐに始まったNHKの経営委員会ってありますね。労働者側からも経営者側からも(途中略)あらゆる多彩な人種によって維持されてる。すなわち、市民によって管理されてるメディアがNHKだったんですよ。

N :ああ、そうだったんですか。知らなかった。

ヤス : だからNHKの所有者は誰かと言えば、国民だし、市民なんです。だから、市民から取った受信料によってまかなわれて、市民の意見に絶対的に服従して、市民によって運営されるというのが、本来のNHKなんです。

N :他の民放はスポンサーで成り立っているのでわかりやすい。でも免許事業なので、政府の意向はある程度聞かないと怖いという部分もあるんでしょうが。

ヤス :だから、国民から受信料を取ってて、それで政府の言うことを聞くということは、実は論理矛盾だということです(略)だったら、完璧に国営にしてしまえと。受信料もいらない。完璧にフリーにしろと。

N :そうですよね、みんな観ないし(笑)。

ヤス :(略)BBCってありますね、あれもNHKと同じ公共放送なんですよ。やはり国民から受信料を取るんですね。取るんですが、BBCの経営に係っている人たちというのは、市民一般から公正性の高い選挙で選ばれるです。NHKなんてあれでしょ? 政府からの指名かなんかで選ばれるんでしょ? わけわからんですよ。とんでもないです。




現NHK代表は安倍のお友だちとは周知の事実。また受信料を国民が治めるのも義務のような植え付けが為されてますし、払わなきゃ「罰する」で揉めるニュースもありました。まぁ国民からの受信料だけではなく国からの予算も導入されているということで、何というのでしょうね…私なんか物心ついた頃には既にあった放送局…民放は企業スポーンサーから、NHKは国民から受信料ということは認識していましたが、てっきり質としては<国営>と思い込んでいました。

受信料を治める義務はマストなの?

そこからして何か腑に落ちない。NHK代表は政府じゃなく、国民により指名されて然るべきなんですね。知りませんでした。
「観ない」という自己申告に「本当は観てるだろう」と詰め寄る権利はNHKには実際はなさそう。要するに一般市民の敷居に立ち入り、受信料支払うのは国民の義務とばかりの印籠をかざされても怯むことはないということになります。
私たちはもっとヤスさんのように本質的なところを調べて、あらゆる圧力に対処する智恵を持たねばならないってことなんでしょうね。

戦う。争う。そうじゃなく「NO!はNO!」だし「Yes!はYes!」という意思表示をするくらいの自由はあって良いはず。だって日本は民主主義国家なんでしょう?

私たちは賢くなければなりません。今という時はまさに。

NHKは国(政府)主導で人事(代表決定)にしても運営されているのが実際ですよね。公共放送とはなんぞやというところを私たちは勉強して、より透明度の高い放送局へ移行させる、「そんなに受信料払え払え!言うんなら、公共放送としての立ち位置を善処してね」という躾を私らがNHKサイドにしていかねばならなくなる…そこを視野に入れなきゃいけない時運なのでしょうか。
今は各報道の長が首相からお食事会に招かれて辞退もせずという様相を呈しています。報道が一国の首相と親しく交流する、堂々と行われるって…私たちは互いを隔離したものにせず、気持ちを揃える方向へ。そういう時かも。

今日、安保法案強行決議ですか?

タブーとはいったい誰が作るのか?

日本とて国民とて向かう方向性は一枚岩じゃないかも知れません。ですが、民意が大きく激しく動き、声を上げているのも事実。国会に向けたデモも日に日に大きくなりつつあります。これ事実ですよね?これ誰にとって不都合な事実なのでしょう。
沖縄知事も辺野古埋め立て阻止を声明出しました。私、署名運動あれば署名しますよ。沖縄基地問題にしても他人事ではありません。
今は中国の脅威が取り沙汰されています。自衛隊が紛争地に行くのであって「自分じゃない」という考えを持つ人も日本人の中にはいるようですが、本当に愚者だと思う。戦闘参加に大賛成の右なお方が「ウチの孫?戦地になんか行かせんよ」と言ったと耳にして唖然としたという話も。

人間って地位を得るとろくなことしませんね。ご都合主義をゴリ押す。今は戦前と違ってネットなどで市民の繋がりの輪を広げやすい世相です。私たちは大いに繋がって市民主体の秩序を構築する方向へ向かいつつあります。

誰にとってそれは不都合なのでしょう。

無知

これこそが私たちの<敵>です。<ひとごと>も同様に。橋下ってディベートの達人なのですよね。詭弁に打ち勝つ法は<詭弁に勝る英知>かと。逆説的ですが、勝とうとせず、英知を生み、それを広く伝えること。

NHK放送。公共放送局。いつからか「国営に」なってましたか?本来は市民主導で運営される質とすれば、正しい位置に戻さねばならないでしょう。

これからですよ…何もかも。

プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ