スイッチ

Category : 魂のご飯

世の中には平気で嘘をつく人がいます。私が知り合った中にも数分前に言ってたことと真逆なことを、それも人の目をまっすぐ見て言える人間がいました。よく嘘つく時は人の目を見てないと言いますが、例外もいるということなのでしょう。私はそういう人をサイコパスと呼んでいます。その場その場で思いつくことを言う。それが前言を覆すことでも彼らは屁理屈で言い逃れようとします。いわゆる

姑息

この手の人は誰に取り入れば自分にとって都合が良いかのアンテナが鋭く、媚びます。それは利用できるか否かという読みが働くからで、人の評価も従って二分されます。「良い人」「ずる賢いヤツ」というふうに。

口から出まかせとはよく言ったもので、彼らはその場その場に応じて言葉巧みに相手に取り入ろうとします。何処かの総理みたいですね、苦笑。そういう人間に地位を与えるとロクなことをしません。何故か?

罪悪感がないから

そのスイッチがないから。彼らはサバイバーです。どの分野にしても生き残るためには手段を選びませんし、尻に火がつけば、あることないこと並べ立てます。私は彼らの脳みそを覗いてみたいと思ったことがあります。与し易しと見れば脅しますが、ヤバい!となれば手のひらを返します。蛇みたいな目で脅しをかけたかと思うと、その数分後には別人のように人の良い表情を作ってみせます。生まれつきのアクターなんでしょうね。視てみると、そういう人にはいわゆる死神のような鎌を持つ黒いシャドーが背後にいたり、その人自身が悪鬼のようだったりと色々ですが、良心の欠如は天性のものかと思われるフシがある…私は性善説も性悪説も採用しません。生まれながらの悪人はいないも同様。生まれて間もない赤ちゃんに邪気を感じて鳥肌が立つこともあります。













魂の所以は人の想像を遥かに超えています。

それぞれ魂には出身があり、それに応じた性質が予め備わっています。世間には信じられない事件が引きも切らず起こります。「どうしてあんな残酷なことができるのか」と信じられない気持ちにさせられることが皆さんもあるでしょう。

そこを分かりやすく解説すると、要するに「良心の呵責」「して良いことと悪いことの判断」などなどのスイッチが欠落している魂である故。平気で嘘をつく詐欺師な人間は元々の魂が未発達なせいもありますが、ひとつのきっかけを機に幾つもの転生を重ねて、その行いの堆積が魂を形作っていく訳です。どう生きるかが大切なのはこういうことな訳ですね。自己責任。だ~れも肩代わりしてはくれません。

魂は一律に創造された訳ではありません

最初に創造された刹那、その環境で様々な性質を有する。

魂は環境の影響を受ける

受けながら、取捨選択を繰り返す。
天国のような世界もあれば、修羅の世界もある。魂はそれぞれに質に沿った世界に存在します。その世界から此処にやって来てドラマを演じてる訳です。何故この世界から争いが絶えないかのひとつの理由と言えそう。つまりこの娑婆で生きる私たちは

異文化交流の真っ只中にあると言える訳ですね。

全てにエネルギー、周波数がありますから、異種同士、弾き合うだろうけれど、何かしら縁が働けば融合するかも知れず…Aは拾うがBは関心を示さずなど個性があり、ひとつ事でも反応は様々。その理由が

魂は一律に創造されたものではない

ここに集約されるように思います。また、魂には好き好きがあり、趣味趣向がある。故に体験を通して事象に対する評価を魂はする訳ですね。例えば、やってはいけないことをして叱られたとします。

・Aは何故叱られたかを考え、前向きに学習し、その後に活かす

・Bは叱られると嫌なのでどうやって叱られずに済むかを考える

他にもタイプはあると思いますが、大まかにはこういう括りかと思うんですが、その差は元々の魂の性質次第なんです。そこは動かし難い気がします。

魂の性質にはプライド・自尊心が大きく関わっています。

それは存在しようとする動力のようなもの。そのせめぎ合いが娑婆世界で日々起きている訳ですね。世界の動向を思い浮かべて下さい。イスラエルがどうのロシアがどうの、人間は常に利害を翳して紛争するか手を組むかしていやしませんか?
それは自分を自国を優位にするための策略ですし、それを良いとか悪いとかで測るのは早計な面もあって複雑。
その理由は

この世界に犇めく魂の殆どがこの自尊心で頭打ちなレベル

キツい言い方ですが、事実なので仕方ありません。中には自尊心の正体を見る者もいるでしょう。自尊心とはサバイバル…人より優位に、豊かにという競争心に繋がる…それは決して不自然な方向性ではない訳ですね。人類の歴史はまさにこれではないでしょうか。ところがたま~にそうではない人間が現れる

釈迦、キリスト、ガンジー、マザーテレサなど…彼らは大多数に魂の発露の、その方向性を示す役割を担っていたのでしょう。彼らに共通するのは何でしょう?

良心の呵責がない…そういう人物を私たちはトップに据え置いています。ニュースを見る度に

あぁこの人たちにはスイッチがないんだなぁと。




互いを活かす

利害を超える

知恵へ自らを導くスイッチ




プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ