チャネル信じる信じないはあなた次第

Category : 辛口ごめんなさい

限定記事にしようか迷いましたが、そうせずに書いてみようと思います。もったいぶっている訳ではないのですが、このさじ加減は任せてもらうしかありません。

皆さんはどう思っているか分かりませんが、どうしてこうもチャネラーの交信相手は精神世界で名だたる存在が多いのでしょうね。アシュタール、大天使なんたら、シリウス星人・プレアデス星人、バシャールなどは坂本さん対談後に自分でコンタクト取ったと言い始めたら、リトル坂本が追随したというケース。

変だと思いませんか?

ネコも杓子も「名乗った者勝ち」なチャネラーと私は冷ややかですが、「世界を救ってくれと使命を託された」「人々の役に立てるのなら」と異口同音に彼らは言います。実在するのか?現実なのか?はやまた妄想か?自己暗示か?証明しようのない存在と二人羽織な彼らですが、信奉者もチャネラー自身も他者依存。
信奉者はもともと他力追随型なのでパスしますが、チャネラーも同様に他力本願。違います?
自分が信じる(あるいは接触してくると信じ込んでる)存在が伝えてきたとするものを垂れ流しているのでしょ?それ他力ですから。それを藁をもすがる思いか、好奇心からか拾い集めて拡散する人、どちらも拠りどころは他者。

中には意識乗っ取られてメールを打つ人もいるとか…これ「憑依」なんですけど。相手がどんな存在と名乗ろうと、遠縁に著名な霊能者がいようと危険な行為とどれくらいの人が気づいているでしょう。
これは魂の契約に則っているケースもある…例えば動物霊…でしょうが、元漫画家の巫女(?)などがそれに当たるでしょうか。
チャネルがここまで世間に広まっていると抑止力が効くはずがりません。ワークショップや講演が普及していますからね。巫女行為への憧憬がそこに拍車をかけている…無意識の願望ってのもあるでしょう。本当に無知ほど怖いものはありません。















皆さんは知らないと思いますが、霊を降ろす…フルトランスを神聖な状態で行うにはよほどの鍛錬がなければ低級霊を引き寄せてしまいます。高級霊はそうそう降臨しません。無理ですよ。エネルギーが加速し、上昇している今も!
どうしてかと言うと、憑依される側、受け入れ側が無防備だからです。幻聴・幻視に憧憬の念がないとは言わせんません。
私はずっと俄(にわか)霊能者の存在に警鐘を鳴らしていますが、ワークショップを受けた、デプロマをもらった、身内に著名なサイキックがいる、など何の価値もありません。あなた、そういう人と記念写真に収まってやしませんか?ヒドい言い方ですか?そうでしょうか。

踊らされている

私はね、中途半端な霊能者やチャネルを仕事にした~い~!という打算ありきの人をたくさん視てきました。精神世界を一大ビジネスに押し上げた立役者な会社が客集めのウソにも遭遇しました(来日最後と法外なセッション料を設定。実は翌年も来日スケジュール入っていと本人から聞きました)。詐欺ですよ、こういう手口。あるいは振込金を返金しないと謳っているヒーラーや霊能者いますよね?これに関するトラブルに巻き込まれた人も少なくないと思います。

ネットで癒しやチャネルの看板を掲げている人に真のプロはいません!

初心者のツキみたいなヤツばかりですよ。そこに低級霊と二人羽織が潜んでいる。どうして こういう事態が次から次に起きるのか、その原因は簡単です。

精神世界は金になる

そして、一番の原因は誰もが他力頼みだからです。

なぜアシュタールをチャネルするのか?

それがアシュタールと証明できるのか?

チャネラー自身が「チャネルの師匠がそう言った」という程度の証明だったりするのですよ。本当に無邪気で無責任な人たちと思いますが、

どうして自分の直感を伝達しようとしないのか?

なぜチャネラーと銘打って<他者>を介在させるのか?

まぁそうしたいのを止めることはできません。できませんが、それを拠りどころにする人があまりにも多過ぎる。

善行を尊ぶ

霊能者を賛美・支援する

祈りが世界を救う

良くなってます?あらゆる信仰、あらゆるサイキックが祈りの行脚をしても何十年もたつんですよ!良くなってます?この世界。ひたすら混沌へ向かってやしませんか?

人間の祈りより、優先されるべき何かが、とてつもない何かが動いているのです。その胎動を感じませんか?

サムシング・グレイトが人類を最優先すると本気で思っていますか?

宇宙人が観察している対象が人間だけと思ってますか?

確かに人間は自分本位です。故に注意深く見守る必要があるでしょう。でもね、地球に生息するのは人間だけではありません。そのことをもっと真摯に受け止めた方が賢明です。





私たちが今さらされている状況は他力をうま~く利用する社会で手も足も出ないという。極僅かな人間が自分らの利益のために世界を牛耳っており、法も何もかもが大衆のためにはないということなんです。平気で「原発事故はコントロールされている」とウソを言う人間が一国の首相なのでしょ?
私はそういう他力からの脱却しかないと視ています。私たちが自分を救う道はね。此処に生まれてきたのも最終決断は私たち自身がしたのですよ!その意味が分かっていますか?
胎内記憶を有する幼児が「おじいさんがあの人のとこに生まれると良いよと言ったの。だから僕ママんとこに生まれてきたんだよ」と言ったという事例が映画にもなっているようですが、「言われたから来た」…その最終決定は自分でしたと子供は言ってるんでしょ?いくら白髪のジイさんに勧められたからって最終決定は自分がしているのでしょ?中にはジイさんから「行くように言われて」滑り台(?)滑って来たという子供もいるようですが、全部を記憶しているとは限りません。(口頭証言も相手が子供なのでたどたどしい部分もある)

自己責任

そこに裏打ちされた生き方こそ求められていると何故気づかないのでしょう?

チャネラーは「・・・だそうです」という目に見えない実際に会ってもいない存在の話として情報を流しているんでしょ?

その信憑性は?

信じる信じないはあなた次第

都市伝説のセキルバーグの台詞ですが、彼ににしろ、サイエンスエンターテナー飛鳥昭雄氏にしろ、たかがエンタメされどエンタメです。彼らの情報に懸ける情熱の足下にも及ばない安易なチャネル…えぇ違います?安易ですよ。ちょっと瞑想状態を作って視えた聴こえたと言うけれど、どういう教わり方(チャネル授業)をされたか、あなたは知っていますか?

「当たる当たらないは気にしないで下さい」

「視えたもの聴こえたものを素直に受け入れましょう」

つまりリラックスして抗うなということですよ。スッゴく大事なことをすっ飛ばしてませんか?そういう講習会に来る人の大半は仕事にする気満々なのでしょ?精神世界ビジネスはそうやって膨らんでいったんです。
私の知り合いにもちゃちゃっとワークショプを受けて「だって当たる当たらないは気にしないで良いって言われたわ」と開業した人複数いますからね。ガセと判明しても別に気にするでも気に病むでもない面の皮。中には「今ならセッション料1万円のところ半額の5千円!」とかいうキャンペーンも…何処のスーパーマーケットかっつ~の!

今日のtakakoさん、怒?

確かにね(苦笑)無責任な人が如何に多いかを皆さんに知ってもらいたいし、一人でもひとことでもこのブログに辿り着いた人の目や心に留まればと思っていますが、それだって意見のひとつでしかありません。一時は虚しくもなりましたが、私が伝えられることがあるとすれば、これだ!と思い直して老婆心ひとすじ。まさにドンキホーテですね。それでもね

自発性を養う大切さ

案外わたしたちは直感を使っているのに不安がそれをないがしろにしている

日常はヒントで溢れている

絶妙なタイミングでしか、あなたが待っているものは来ない

他にもありますが、私たちは1時間1万円だの3万円だのお伺い料を支払わなくてもヒントに囲まれていると知らせたい。
そして、手っ取り早い方法とかに色気を出してはやけどをするということを伝えたい。身に覚えがないとは言わせませんよ!(笑、笑えない)

世に出回っているサイキックはほぼ素人と思った方が良いです。神秘家もね。彼らは視たいものを視たいように視ているに過ぎません。バシャールとて万能ではないのですよ。私たちは少なくともそれらを「参考にする」くらいの冷静さを持つに越したことはありません。

主体は私たち自身です。

想念が備わっているのでしょう?毎日なにかしら考えているのでしょ?

私たちにしろ、ヒーラーやチャネラーにしろ欠けているのは

自立です。

他者をチャネルしている間は次のステップはありません。つまり<義務教育のレベル>に留まるということ。これに気づいている人、少な過ぎます。それ依存ど真ん中なんですよ…、そこのあなた頭がボ~として来てませんか?「takakoさんの書くこと全然頭に入ってこな~い」なんて。

中にはこう言う人もいるかも知れません。「井出治さんなどは奥さんがチャネラーで宇宙人や地底人からアドバイスをもらってフリーエネルギーを編み出したじゃないか」と。
あのですね、井出さんは「地球内のものじゃない。宇宙にあるもの」と言ってませんか?ご自分が開発したヒントは。私が言う対象は私たちの「心」ですよ!心は内宇宙と称されますが、私たち自身が内在させているのですよ、遠くにあるとでも思ってますか?
しかも「ヒントしかくれません。答えはくれません」と井出さん言ってませんか?

たかがチャネラーでしょ?あなたが頼っているのは…同じ人間ですよ。彼らから「人生の答えをもらおう」「悩みの答えを得よう」とする姿勢から離れませんか?と私は提案しているのですよ。たかが、されどなチャネラーが垂れるのはヒントだけです。それに万単位のお金を差し出すのは辞めましょうと言っているのですよ。





私たちにとってもっとも重要な課題は内観です。どんなに著名な存在をチャネルしようと関係ない。その依存から抜けないうちは義務教育段階の転生を繰り返すしかありません。ましてや、信じる信じないはあなた次第。チャネルにチャネラー自身が寄りかかっているとなれば、何をか言わんや。しかも実際にチャネルが行われているか、とても怪しいんです。妄想ではないと言い切れる人などいません。誰もが何かしらの趣味趣向を持っています。何ものにも染まっていない人間などいません。育った環境が体験が想念に影響している、例外はいません。

マイケル・ジャクソンが亡くなって即!「みんな愛しているよ」というマイケルの自称チャネラーが出没しましたよね。この世はそういう場所…ネコも杓子も名乗った者勝ち。そういうムーブメントにどうぞ揺さぶられずにしてもらいたいと私は心から願っています、無駄骨覚悟ですけど。

じゃぁどうすれば良いのか…ですか?

ですから、あなたに必要な情報はあなたの直感に沿って「来る」、絶妙なタイミングで「来る」!
だから精神世界ビジネスにもチャネラーブログにも冷ややかでいて下さい。
あなたは自分を過小評価しているのかも知れないんです。あるいは「自分はダメな人間」と落ち込んでいるのかも知れません。

発想を切り替えて下さい。えぇ私たちは問題の多い人間たちです。例外はいません!良いですか!いないんです。

チャネラーはもう放っておきましょう。彼らは夢を見てるような段階なんです。リトル坂本たちもね。自分が信じたいものを引き寄せ、解釈を宛てがっているに過ぎません。

逆手を取りましょう。

私たちは善きにつけ悪しきにつけ、自分の想念の厚い層に則って日々の暮らしも精神も構築しています。失敗したくないという思いや、先行き不安という思いが占いやチャネルに人を駆り立ててきましたが、それは有史より変わらない人間の性ではないでしょうか?

そうではなく、私たちは失敗からも多くを学びます。原因のないことなんてないのでしょ?原因は自分が作っているのでしょ?なら、問題を紐解く鍵は私たちにあると思いませんか?

そしてね、肝心なのは「待つ」心。絶妙のタイミングは必ず来ます。それは私たちの期待どおりじゃない場合が少なくないのだけど、必ず来ます。

それまで試行錯誤するしかないんですよ、人生は!

先行きの不安から他者に走るのではないでしょうか?あるいは「私は誰?」という人生の目的にぶち当たって、霊能者やチャネラーの扉を叩くのでしょう?

かつての私もそうでした。もうドツボでしたよ。もう年期はいってるの何のって(苦笑)そこから抜けた私だからこそ言えることがある!とブログを始めた訳です。
精神世界をビジネスとしている人あるいは組織に救いを求めてもカモにされるだけです。実際次から次に色々勧められると思いますが、キリがありません。メソッドの通りに実践できないからとかどうとか言われるのが落ちです。

人生の目的?使命がなきゃ意味ありませんか?

親は子を選び、子は親を選ぶ

そこに理不尽さややるせなさがありますか?それとも絶妙な人間関係と思えますか?人間はね、ほとほと懲りなきゃ同じことを繰り返します。地球だけじゃありませんよ、魂に舞台を提供するのは。このロクでもない世界がまだましかもしれないのですよ。

この世界はボーダーライン

あらゆるものが混在することで試す場が整っているんです。何を試すかって?

自分がどういう存在か。どういう段階の魂か。

私たちは誰ひとり取りこぼすことなくチャレンジャーです。人生の目的?自分でプランしたことを試す、それ以外にはないのですよ。私たちはそのただ中に居るということです。




人生はね、ひたすら発芽を待つ「芽」だらけです。奇しくもベニシアさんの映画に同じ言葉が出てきました。偶然の一致。

ね、人生はこの偶然の一致に溢れています。誰かから答えを引っ張ってこなくても時期が来れば答えはもたらされます。

私たちは人生の意味を知りたがっていました。でもね、人生は私たちが試行錯誤することこそに意味があり、そこから何かしらの感想を持ち、心に糧を見い出す。

植物が私たちに見せてくれますよね。時期が来なければ、発芽はしない。私たちには「待つ」という心を養う必要があるようです。

そして、自分を信じる心もね。





プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ