不戦の誓い?

Category : 時事ネタ

安倍総理が靖国参拝。周辺国のみならず、合衆国・EU関連国からも批判が集中しています。






安倍さんは今回の靖国参拝を「不戦の誓い」と意味づけ、「政権が発足して一年の安倍政権の歩みをご報告をし、二度と再び戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代を作るとの誓い、決意をお伝えするために、この日を選んだ」と述べた。
その上で、「中国や韓国の人々の気持ちを傷つける考えは毛頭ない。英霊の冥福をお祈りし手を合わせることは、世界共通のリーダーの姿勢だ」と述べ(以下、略)(読売新聞12月26日夕刊)






安倍さんは「二度と戦争のない時代」とは言っていません。「二度と再び戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代」と言っています。「惨禍によって」ここは見逃がせません。解釈によってどうにでも想像できる言い回しではないでしょうか?詭弁は政治家の得意とするところです。

皆さんのご家族の中にはこの安倍さんのいう「英霊の冥福をお祈りし手を合わせること」は一国のリーダーとして当然のことだし、周辺国に干渉を受けるのを良しとしない人がいるかも知れません。これを平和の誓いとする人もいるでしょう。

お分かりになりますか?

この不戦の誓いパフォーマンスが日本国民に与える影響。尖閣諸島問題を皮切りに国民の多くはマスコミ報道を情報源にしています。従って、今回の靖国参拝もその延長線上という認識の人も少なくないと思いますが、いかがですか?

中国・韓国が批難するのは想定内。それより国内の感情が「周辺国に干渉を受ける筋じゃない」という主旨に傾くことこそ・・・ではないでしょうか。プロバカンダ。政治とはキャンペーン事業ですが、安倍さんはこの日を「選んで」参拝したと言う

この日とはどういう日だったのでしょう。

1.アメリカはクリスマス明けであり、多くの幹部が休暇に入っている最中

2.中国は毛沢東生誕120年の記念日

1.はドサクサに紛れてなタイミング。事前報告なしですから確信犯かと。2・は、よりにもよってという印象ですし、周辺国の不快必至の行動なのは百も承知で敢えてブツける!一国のリーダーが「知らなかった」ではお粗末過ぎます。「敢えてそこにブツけたのか」と言いがかりつけられても仕方のない行動かと。

感情を逆撫でするのは分かり切っている・・・批判が集中するのは想定内でしょ? 日本の首相の靖国参拝を「内政干渉」とするのは一見正論に見えます。見えますが、これは詭弁にしか過ぎません。

なぜ中国や韓国が靖国参拝を批難するのか・・・皆さんは考えたことありますか?

そこには戦犯も祀られているからでしょ?やみくもに騒いでいるとでも?
中国・韓国、その他のアジア諸国への侵略を押し進めていった当時のリーダー(軍)も祀られている・・・ここが問題なんでしょ?
私たちは戦争を知りません。赤紙一枚で夫を息子を戦場に送らねばならなかった者の痛みを知りません。

国民総動員で戦争へと、ひた走った

国民は「お国のため」というスローガンを上から与えられ、それを信じて戦争に参加させられていた訳です。ほんの一部の軍トップが国民の命を駒のように操った・・・靖国参拝を周辺国が問題視するのは安倍さんがいう英霊の中に戦争責任者が祀られている・・・故に由々しき事態となる。

日本は敗戦国です。戦犯とはアメリカ主導で下された判決に則っている、これに異論を唱える人もいるようですが、もし立場が反対でも勝利国が主導して戦争犯罪者を裁くの図式は同じ。敗戦国の日本は二度と戦争を仕掛けてはならない。アジア諸国に侵略していった事実は消えることはありません。

日本に対する世界の認識が今回のニュースでよく分かると思います。首相の靖国参拝を良しとしないのは中国・韓国だけではない。EU・合衆国、諸外国政府が日本に期待するのは何かがよ~く分かったのではないでしょうか。ですが、安倍さんは聞く耳持たず。どのタイミングで参拝しようと批難されるのは覚悟の上なのでしょう。

ですが、皆さんは記憶にあるでしょうか?

日本を訪れた米国のケリー国務長官とヘーゲル国防長官が靖国神社ではなく、近くの千鳥ケ淵戦没者墓苑に献花訪問したことを。
千鳥ケ淵戦没者墓苑には日本国外での無名戦没者の遺骨が埋葬されている。従って両長官の献花は靖国参拝に代わる戦没者追悼の形を提案したのだろうとされています。誰に提案?政府高官にでしょう。アジア諸国との紛争の火種は極力回避したいのがアメリカの意向のようですし、中国は日本のマスコミが報じる以上に欧米、アフリカ諸国とのパイプは太いんですよ。中国は一党政権。従って中国という国家、解体の日も近いとする向きもあるようですが、旧ソ連の時のようにはいかないと思いますが、どうでしょうね。

いずれにしても『米国の両長官が千鳥ケ淵戦没者墓苑の方にわざわざ出向いて献花した』意味を安倍さんは無視した訳で、こういうのを後ろ足で砂かけるというんでしょうね。まぁ歴代首相の多く(自民党)が靖国を胸張って参拝してきた歴史がありますからね「いつがイイかなぁ」なんてブレーンと相談していたろうことは多いに想像がつく(苦笑)小泉さんも参拝しましたよね、威風堂々と。でもね、参拝すべきは千鳥ケ淵戦没者墓苑の方だったでしょうね。自民党って頭固いんですね。


英霊


ですか。なんと都合の良い解釈でしょう。だったら千鳥ケ淵戦没者墓苑にも公式に参拝しろよ!と思います、私。私は一度ご縁があって千鳥ケ淵戦没者墓苑参拝したことありますが、あそこには本当に「戦争のない世の中を願う親・兄弟の思い」が満ちています。人肌があるんですよ。残念ながら

靖国神社は政治利用されて久しい

これも自民党が長きに渡って築いてきた戦後の歴史ってことなのでしょう。まぁ屁のツッパリというのか、安倍さんのおじいさん岸さんも自民党のお歴々。いくら同盟国米国長官でも、指し示されたお手本に習う気などサラサラないでしょう。首をすげ替えても体質はまったく変わらずってことなのでしょう。

実に危ういですねぇ。今の米国は自民党のお歴々とツルんでいた政府とは質が異なります。そこを安倍政権は甘く見てないですかね? これまでだって友好国だったという。ましてやこれまでも靖国参拝は批判の対象だったが、米国との友好関係に揺るぎはなかったという胡座がありませんかね?

注意されるだけで体制に影響なしと

甘いですね。オバマ政権は安倍さんよりもっとハードな舞台で心理戦を闘っています。安倍さん…いや、安倍ブレーンは読みが浅いのか…表向きクレーム入れてるだけ・とか思ってそう。言うだけで友好関係はこれまでどおりと読んでいるかも知れません。新たな局面に向かう、その舵取りは想像以上に難しいのだと思うんですけどね。

確かに低姿勢だけの外交でもダメでしょう。防衛予算もアップさせたようで、中国を牽制するだけの力を持たねば!という政策も分からないではありません。しかしながら、中国人(漢民族)って日本人が太刀打ちできるような相手ではないんですよ。日本のマスコミは中国一党独裁に翳りありと報道しています。ですが、北朝鮮同様に現政権崩壊など簡単にはしないでしょうし、私たちには伺い知れない国際間の駆け引きがある。安倍さんの詭弁を鵜呑みにしていると見えてこない怖さがあるでしょう。

既に我が家のお父さんは靖国参拝を「周辺国にとやかく言われる筋はない」と報道を観て言っています。千鳥ケ淵戦没者墓苑などあってないよう認識です。尖閣諸島の中国の挑発にもイラッとしている。安倍内閣はこういう国民感情をうま~く先導していくと思います。マスコミをコントロールしながらね。

要するにこれから益々、法解釈を巡った政策論議へ日本という国は向かっていくはずです。私はね、TVで観る安倍さんの国会での微笑み答弁に背筋寒くなってしまいます。国民の反対の声など嵐が去るのを待つとしか思ってないのでしょ?実際、秘密保護法案成立して「嵐が去った」と言ってたのでしょ?
安倍さんの微笑みには次の選挙でも「自民党圧勝!」の自信さえ垣間見える。曰く「だって他にロクな党ないでしょ」
実際、民主党政権はひど過ぎました。ですが、辺野古問題も安倍さんが沖縄に出向いて、沖縄知事もまた公約違反の仲間入り。

選挙で先生がたが大声で訴える公約など票欲しさの詭弁でしかない

こういう世の中で良いんですかね?国民はバカにされてるんですよ。一票党員でしかない。大人が先生と呼ばれる人たちが約束反故をしてしまう・・・粘りがない生き様を子供らに見せている訳で、子供ってね、大人をみて育ちます。大人がルール違反していれば、そのような社会性しか育たないのは自然の理。よっぽど賢い魂でなければ染まるでしょう。誰もそれを止めることなどできません。だって示しがつかない話でしょう?




二度と再び戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代を作る





このスローガンは一見『平和への誓い』に聴こえます。ですが、安倍さんの国内外での言動はそれとは矛盾している。そこにどれだけの国民が気づいているのでしょうね。
安倍さんは尖閣諸島問題を<中国の挑発>を理由に、靖国参拝は<内政干渉><英霊へ平和を誓う>を理由に防衛充実を押し進め、秘密保護法を使ってマスコミ・政府機関をコントロール下に置くでしょう。

安倍さんはね、それが正しい日本の道筋と思っているでしょう。敗戦国となり失った集団的自衛権を「取り戻し」、軍事大国中国と対等に向き合える国作りこそが日本の生きる道と信じているようです。

ですが、過去、豊かにをスローガンに高度成長した日本に何が起きました?深刻な弊害は長年黙視され続けたお陰で、水俣病など環境破壊や生命の危機が広がっていったのでしょ?

もっと豊かにもっと便利にと人生の先輩たちが押し進めてきたやり方は多く自然を破壊し続けました。自然との共存を蹴散らして追求され続けた

豊かさ

そこに「強い日本<防衛>」が安倍政権で足並みを揃えようとしています。

安倍さんは何を学び育ってきたのでしょうね。

スピリチャルな人たちは愛を送ろうとか、集団瞑想とかしたがります。安倍さんにもそうしているのでしょうか?でも功を為さないと思いますよ。何故なら安倍さんは自分が押し進めようとしていることに罪悪感いっさいないからです。







不戦の誓い?







目的のためには手段は選ばず。マキュアベリズムですか…。詭弁に誤摩化されることのないように注意深くありたいものです。








プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ