アカシックレコードを読むために学習は必要か?

Category : ウェークアップコール

結論から言うと、入門書ということではあっても良いのかということになろうと思います。
ある意味読み書きに似て、取っ掛かりとしてはアカシックレコードの学校もありとは思います。

でも、皆さん…
どうしてアカシックレコードを読み解きたいとそもそも思うのか、それは人生が常に一瞬先は闇だからなのかも知れないなあと思うんですね。
あるいは何故生まれて来たか…とか、人生の意味とか、前世とかの謎に迫りたいと思う人の気持ちに応える形でアカシックレコードを読むというワークは成り立っているように思います。

でも、それがビジネスとして成立しているって、神頼みも予言も人助けも金次第な風潮ってどうなんでしょうか。

五次元世界にはお金は存在していないんですよ。

今ここで生活していようと、ヒーラーなりチャネラーの霊的レベルが五次元以上に進化していれば、セッション料を受け取らない方向で動いていると思いますよ。
神の領域のこと、宇宙の領域のことでそろばんを弾く…現時点で皮算用をしている=三次元レベルと捉えて頂いて構わないと思います。



癒しも透視も。

最初は謝礼という、助けてもらった人のお礼の気持ちだったんだと思うんですよ。それが受講料*百万円とかいうことで、それを持っていかねば受けることも出来ないってどうなんでしょう。いつからこういうふうにお金さえあれば、な思考が神の領域のことにまで浸透していったのでしょう。

貨幣経済って人間が編み出したものなんですよ、違います?

天使も神もお金を必要とはしないし、要求もしません!低級霊は要求してきます。見返りを求めてきます、しっかり。セッション料は食べていくためには必要とか何とか言って、何しろ皮算用な人多過ぎです。この時点でとは…本当にシビアと思います。



私も以前、もう10年くらい前になりますが、知り合いに誘われて精神世界系企業が主宰するアカシックレコードを読むワークショップに参加したことがありました。
その際、海外から招かれたチャネラーの指導とともにそのチャネラーの予言も披露されたんですけど、残念ながら尽く外れ…。
何月何日に必ず!**で地震が起こる、なので知り合いがそこに住んでいるなら引っ越しを勧めて下さいということで真剣に勧めたけれど、何も起きませんでした。なので後日、ある女性がそのチャネラーを責めるではなしに率直に疑問をぶつけていました。彼女は友人の信頼を失ったのに、です。

チャネラーは「必ず起きる」と断言していました。まあ当たらなかった非は認めてはいましたが、もう取り返し付かない訳ですよ。
2001年彗星が地球と衝突すると未来予想図を力説するチャネラーもいましたが、要するにチャネルもアカシックレコードリーディングも不確定なんだというのが私の印象です。オバマの出現を予想だに出来なかった…それでも元気に予言し続けているのですから、本当に呆れます、でも聴く人がいるということで需要と供給なのかも知れません。

ここでもハッキリとグループ分けの匂いがします。

アカシックレコードで読み取った…しかしながら、アカシックレコードの未来は流動的なので確定は出来ないとあるチャネラーが宣ったのを聞いて、私はそれならば何故「必ず起きる」と未来予言をするのか疑問に思い、ほどなく目が覚めました。当たることもあるし、当たらないこともある、そのような予言に何故そこまで執着するのか…そうです、彼らは執着しているのではないかと私は視ています。

恋は盲目と言いますが、まさになのかも知れません。

もし、この記事が個人の名誉を傷つけるものならば、そのチャネラーの「必ず起こる」という予言を『信じて』動いて、友人の信頼を失った、その人の名誉はどうなるというのでしょうか

信じた自分が悪いとか。

弘法も筆の誤り、もありだろうとか。

チャネラーを責めず自分を戒める方に心を向けることで矛を収めている人が大半ではないでしょうか?

それって泣き寝入りではないでしょうか?アメリカだったら訴訟問題に発展しかねない問題。もっとしっかりマナコを見開いて頂きたいと思います。

心眼は人頼みでは開眼しません!

人さまからお金というエネルギーを頂き、「必ず起きる」と宣言して「何も起きませんでした」でことなきを得ている不思議。「でも、当たっていることもあるんです」的なヨイショをする人がいるんですよ。本当にイタチごっこと思います。「あなたは将来**になる」と言われ、そうか…自分には人類救済の使命があるのか…とか『妄想』しながら、未だに東にいると聞けば東のチャネラーを尋ね、西にいると聞けばというふうにチャネラー行脚を『やめられない』人だっているのです。これは既に中毒!と言わざるを得ない、違います?

妄想と私が何故言うかというと、

サイキッカー行脚の時間があるなら、その時間枠を即!使命実践すれば?ということですし、自分が「やめられないでいる」ということすら自覚出来ていない。なのでチャネラー行脚に忙しいのではないんでしょうか?ということです。

全ての答えは私たち自身の中にあるというのに。

高い授業料…いや、その人たちにとっては高くはないのかも知れません。価値観の相違ですからね。ですが、そのお金で救われる命があると私は思うし、盲導犬育成とかに献金することだって可能と思うんですよ。その人が自分には使命があるからということで、自分に投資する分を必要とされる地域や活動している人の足しにすることは可能なはず。
自分がリーダーになって世界を変えるとか大志を抱くのは個人の自由ですけど、今は相互協力の時代です。世界は自給自足の方向に動いています。いつまでエリート意識をくすぐられているのでしょう?

世界を率いるリーダーが、チャネラー巡りやスクールに現時点で通っているなどと本気で思っているのでしょうか?

リーダーってね、自称は通用しないんですよ。人の上に立つ存在ってね、人々が育てるものなんですよ。その人の言動が人々の信頼へと結びついて、彼をリーダーに押し上げるものではないでしょうか?
例え名乗りを上げても行動が伴わず尊敬にも値しないのならドロップアウトではないでしょうか?

まさに今は実践あるのみ!なんです。

本当に困った現象です。

私はアカシックレコードはその人がどの言語を母国語としているかでも微妙に差異が生じるという印象を持っています。アカシックレコードは名称を唱えながら入っていく性質があって欧米人には日本人の名前をよく咀嚼できないようなのです。なので明確には分からないとあるチャネラーはハッキリ言ってましたよ。私はこの耳で聞きました。

その時点で私はアウト!



なにもアカシックレコードだけが入口ではありません。

世界情勢も然ることながら、私たちは自分の頭の上のハエを追う必要があります。使命があるとかないとかで一喜一憂するより大切なのは日々の暮らしの中で心を養うことかと私は思っています。

遠くばかりを見て足元が疎かになっている人、多過ぎです。



五次元世界にはお金は存在していないんですよ。

今必要だからといって、運営していかねばならないとかいって、未だに報酬をあてにしている業界人は要注意かも知れません。

気づいたら実践あるのみ。思い立ったが吉日。遅いということはありません。

あなたが必要としている情報は、

あなた自身の中に存在している。

外に答えを見つけに出歩いている間はアセンションはないとお考え頂いて結構かと。外からの情報はすべて!参考にしかなり得ません。このブログも然りです。

日々の暮らしの中に。

その暮らしを通して感じる…感覚や思いの中に充分ヒントって転がっているものです。



どうぞ、目を覚まして。


依存からご自分を解放して下さい。


まあ…依存しているという自覚症状がない人には何をか言わんやですけど。

皮肉なものですね。




プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ