美しき緑の星 LA BELLE VERTE 追記

Category : つぶやき

[ 追記 ] こちらでも観られます → 美しき緑の星【日本語字幕】 - FC2 動画

理想郷として緑の星は描かれているのでしょうね。確かに平和で自然が溢れ美しい描写です。

この映画を拡散しようと運動する人の輪が広がるのもわかる気がします。ですが、「既成概念を「切断」する…それは体制側に不都合だからアップすると削除される」だから皆んなで拡散しよう!という危機感を煽る手法が使われているのがどうにも気になってしまいます。ひとつ前の記事でご紹介したニコニコ動画は今も問題なく閲覧できるようですよ。

先導する人される人

皆さん…ひと息つきませんか?











この映画を作った女性も拡散する人も「もっと自然に沿った優しい思いやりのある世界を」という共通する意識があると思いますが、いかがですか? その観点から私の意見を「真意が酌み取られていない」と言いたい人もいるでしょう。ですが、それなら、危機感を煽る手法はどうでしょう? 望ましいでしょうか?

この映画は観た者が「覚醒する」という触れ込みが出回っています。つまり…意識が総とっかえになりかねないということだと思うのですが、覚醒とはそもそも何ぞやという禅問答にもなりかねない視点かと思う。そこに体制側には不都合な内容という啓蒙が先陣切った様相を呈しています。
はて…? この映画よりずっと不都合な内容…宇宙人系制作物(元軍関係者などの証言を元にした)とか、けっこう各地で上演拡散されていませんか?

この映画を観ると「切断される」イコール「覚醒する」という啓蒙に多くが飛びついているようですが、それでも観終わった心地よい余韻はそれとはちょっとニュアンスが異なる気がしています。

「覚醒したくない人は観ないで下さい」

「体制側にとって不都合な内容」

というキャンペーンなど実は必要ではなかったのじゃないでしょうか。無論、個人的意見に過ぎませんが、要は

共感の輪が広がっている

じゃないでしょうか? あたかも反体制的匂いを醸し出すのはいかがなものでしょうか? いかがですか? 仮に上演会場にいきなり公安が来て中止を余儀なくされたとしても。それこそ、そういう想念で活動すること事態が危うい気がします。

平和運動のイデアは「非暴力」です。

ガンジーの活動理念にそれをみることができます。この映画拡散の主催者側が共感者の体制側に対する反発心を煽る手法にも私は違和感を覚える。今回の拡散運動には

「発禁」「即!削除」のキーワードがあります。

ですが、何も言わずにこの映画を観てもらえば、何を表現しようとしているかは伝わると思う。これは何というか

体制側が目くじらをたてて弾圧するような内容なのでしょうか?

宇宙人が大挙飛来して、あの強制意識変換システム(?)を強行するってなら話は別ですよ。あるいは納税要員・一票要員の民衆を矛盾した社会に反旗を翻し、革命起こす気にさせるというのなら話は別。

起きませんよ。

こんな平和な映画で何のキャンペーンでしょうか?

この映画の共感者の輪が広がることが体制側にとって脅威となると、あなたは本気で思っていますか?

あなたはこの映画を観て、主人公に「切断」されてゆく人々のように即!行為に極端な変化が生じましたか?

体制側とて愚者でもバカじゃないでしょう。この映画はある種ファンタジー。理想郷が描かれています。それも架空の星の住人がって話でしょう? 何処が体制側の脅威になる訳? 加えて、これまでにもこういう啓蒙は数知れず行われて来たのでしょう?

そして

一番留意すべき点は人間の意識変化は強制的に、であってはならないということ。それって自由意志に反する行為ですからね。
この映画のテーマは緑の星と地上人社会の対比を描きながら、如何に地上人社会がいろんな意味で汚染されているか…気づいて変わっていきませんか?ってことではないでしょうか。それさえもとっくにあちこちで啓蒙されて来たことと思いますけど。

ひたひたと大きなうねりが近づいています。そういう時だからこそ静寂さを取り戻して頂きたいと思います。

この映画を観た人たちに共感の輪が広がっていく。こういう共感の輪は平和な周波数に属します。そこに余計な情報も「覚醒」云々のインパクトも必要ないんですよ。口コミで広がり、それぞれが主観で感じるところあり、共感しあうって性質の映画かと思います。
人社会に平和を構築しようとする流れは世界中にあって、多方面のアプローチが為されているようです。フリーエネルギー然り。原発のない世界然り。自然農法然り。地域通貨然り。

グローバルな視点で政治家は活動展開しています…経済とか軍備とか。ですが、実は個々個人にすべては委ねられています。

地球 対峙することの 個人

個人 対峙するすることの 社会

これから先、天災にしても人災にしても巨大化していくだろうと私も予感がします。そういう時だからこそ内省が肝要かと思いますよ。既に猶予期間は過ぎました。太陽活動など宇宙の動向も大きく私たちの暮らしや意識に影響を与え続けるでしょう。

そういう予感がするから

「覚醒」「予言」「陰謀」など拡散に走るのかも知れません。ですが、これだけは忘れないでいて下さい。私たちは押し並べて自由意志に則り、転生してきた魂です。従って、この時期に生まれてきた意味も人にではなく内観により悟るに越したことはないのです。どういう寿命かは予め知るより、今日という日の積み重ね…その延長線上にあることですから知りたいという欲は捨てた方が賢明です。

また

この人社会で無害な食物を摂取するのは困難。できるだけ安全なものをと心がけるに留まるでしょう。それでも何もしないより良いですよね。内被曝のケアもどうぞ怠りませんよう。










おまけ




『美しき緑の星』より『この世の先に』の方がオススメ。私的には、ですけど。全編を日本語訳付きで観たいものです。本も出版されないかな。







プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ