善行の笊(ざる)

Category : 辛口ごめんなさい
昨日に引き続き、辛口となります。

皆さんの中にはヒーリングを生業にしている方もいるでしょう。お金を受け取るということはプロということに他なりません。私はカメラマンとして活動していますが、決してアマチュアではありません。

takakoさんは何を言いたいのか・・・?(笑)

カメラマンは技術を提供する職業です。雑誌社や企業の要求に応えるのが仕事、そこにギャランティが発生する訳です。お金を受け取るということ=プロなんですよ。アマチュアとプロの技術的差はほとんどと言って良いほど、ありません…!ないんです。上手い下手で言えば、ですよ。

ヒーリングも同じ。
デプロマを得て看板を掲げた時点でプロということになります。クライアントにとってもそれは信用するバロメーターになる訳で。プラスしっかり結果を出してくれるとなれば、口コミで顧客が広がっていくことにもなるでしょう。

でも…いつからヒーラーって『プロ』が存在するようになったのでしょう。

ヒーラーもチャネラーも人の役に立てることに誇りを感じているようです。でも何故、お金がやり取りされるのが当然なのでしょうか?
人の役に立てれば何よりと言いながら、しっかり金額を設定し、実入りをあてにする…って。

誰もそこに疑問を持たない…不思議。

中には天使ヒーリングと言って、天使とクライアントを繋ぐというのでしょうか…そこを商売にしている人までいます。

誰もそこに疑問を持たない…不思議。

私は何人ものヒーラーやチャネラー、サイキックに会っていますが、お金というエネルギーを「有り難く」受け取っている人の9割…いえ、それ以上は善行のザル状態というのが私の感想です。

人さまを癒しても家庭が崩壊しているのは何故なのでしょう。人さまを癒しながら、幼子を見捨てた人もいます。一緒にいると恐ろしことが起こるので施設にいれた…それが理由でした。色々事情はあるのでしょう。でも大切なものを見失っているようでなりません。しかし、肝心なことに彼ら彼女らは耳を傾けようとしません。施術中に呼吸困難になったクライアントを人任せで救急車に乗せた人までいます。

無責任。

まさにと私はため息を禁じ得ません。

どんなに人さまを癒して感謝されても、どんなに評判のヒーラーでも、私生活とのバランスが保ててないのは…彼女や彼自身が顧みなければならないことが山ほどあるということではないでしょうか?しかも金銭的に潤えば潤うほど、そういう歪みが生じてしまうという…。

人ごとではないんですよ。私だって、その素養がないとは言えないのですよ。

彼らは皆、私にとって反面教師でした。もし彼らを見ていなければ、私も傲慢になっていたかも知れないのです。チャネルや癒しということで、使命とやらに胡座をかいていたかも知れないのです。

彼女たちは家族の支えあってこそなんですよ。シングルマザーで頑張っている…それだって息子さんやお嬢さんあってのことなんですよ。

プロのヒーラーであることと、いち人間であることは『同じ』=なんです。

癒しに胡座をかいては、いけません。

どんなに人から感謝をされようと、そのそばから善行の水が手のひらの隙間からこぼれ落ちている。本当に考えさせられます。

私たちは幸いです。

プライベートの中に、私たち自身に、フォーカスできるのですから。

癒し=豊かな生活は、職業としては成立しています、人社会は貨幣経済ですからね。そのシステムの中で自分を活かそうとするのは自由。それこそ自由意志な訳です。

人助けはやがては自分に返って来ると言います。

その逆も真なり…で。運命共同体を疎かにすると、やがては自分に返ってくる…。魂はバランスを取ろうとします。本人が自覚しようとしまいと。私たちが自覚できることなんて多寡が知れてるんですよ。



私は今、色んなことを振り返っています。

思い返す度に、癒しに携わる=職業とすることの難しさを思い知らされます。そして、私は皆さんにこう言える気がするのですよ。

癒しを職業としようとしまいと、そんなこと関係ない…と。

大切なのはどんな職業に就いていようと、あるいは専業主婦であろうと、日々の暮らしの中に気づきも癒しもあるに越したことはないと。

すべてのヒーラーが胡座をかいている訳ではないでしょう。

でも、お金というエネルギーって不思議です。手にするほどに心に『魔』が忍び寄る。それも本人が気づかないうちに。癒しでそのエネルギーを頂きながら、バランスを保てている人って希有です。まったくいないという訳ではないんですけど。

お金というエネルギーは人が作ったもの。人社会で食べていくには、やはりそれなりにあるに越したことはないでしょう。でも、神の領域には存在しません。

歌の文句にもありますね。

お金って幸せを約束してくれる気分にさせてくれるだけやで…でしたっけ?


癒しは神の領域の技。

そろそろ目を覚ました方が良さそうです。え?キレイごとじゃなく、生活しなければならない?これまで癒しで食べてきたのですか? それなら、これまで食べてこれた、ことに感謝ですね。



善行って表面的なことでは計れないのだと思います。豊かさも同じかと。



プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ