依存することなく

Category : 魂のご飯

Yahooニュースに以下の記事が掲載されていました。

「その場限りの対応で事態収束遅らせた」小佐古内閣官房参与が辞意 政権を批判
(産経新聞 4月29日(金)19時26分配信)

 小佐古敏荘(こさこ・としそう)内閣官房参与(東京大大学院教授)が29日、官邸を訪ね菅直人首相宛てに辞表を提出した。小佐古氏は同日夕記者会見し、東京電力福島第1原子力発電所事故への政府の取り組みに関し「その場限りの対応で事態の収束を遅らせた」と激しく批判した。

 小佐古氏は放射線安全学の専門家。首相は原発事故で外部から助言をもらうため、6人の内閣官房参与を起用した。最も早い3月16日に就任した同氏が、公然と政権批判して辞意を表明したことは、首相の原発対応の稚拙さを改めて浮き彫りにした。

 27日に今後の原子力対策について報告書を提出した小佐古氏は、「提言の一部は実現したが、対策が講じられていないのもある。何を言っても無意味だというなら、参与に留まる意味がない」と述べ、不満をあらわにさせた。

 なかでも福島県内の小学校や幼稚園などの利用基準で、被曝(ひばく)限度を年間20ミリシーベルトと設定していることを「とても許すことができない」と非難。特に同県内の小学校などの校庭の利用に際し、この基準を使用することを問題視し、見直しを求めた。

 さらに「(小学生らに)無用な被曝をさせてはいけないと官邸に何度も言った。(このままだと)私の学者としての生命が終わる」と述べた。

 緊急時迅速放射能予測ネットワークシステム(SPEEDI)についても「法令の手順通り運用されておらず、結果も迅速に公表していない」と指摘した。



もし「福島県内の小学校や幼稚園などの利用基準で、被曝限度を年間20ミリシーベルトと設定していることを「とても許すことができない」と非難。特に同県内の小学校などの校庭の利用に際し、この基準を使用することを問題視し、見直しを求めた」が事実なら本当に政府は信用するに値しないということになりますね…深刻と思います。

何度言っても真意が伝わらない…今の私の心境に重なる部分もあって身につまされます。静岡の浜岡原発も運行裁再開すると発表されましたが、浜岡原発はいつ起きてもおかしくないと示唆されている東海南海地震の危険性が高いエリアにある…、そうそうアメリカでも竜巻で原発が自動停止する事態が勃発したとか。

原発廃止は急務とは思うが、他に変わるエネルギ-がない限り原発は必要との世論もない訳ではない。原発廃止への意識の高まりはあるが、この夏の電力消費を思えば深刻ということなのでしょう。
石原都知事がパチンコ店や自動販売機の設置過密に対し、その類いの無駄を省けば省エネに繋がるという主旨のコメントを発しましたね。ニュースで見ました。まぁ原発推進派の石原氏を再選させた都民をバカ呼ばわりする向きもあるようですが、あの方は他の政治家とは少し毛色が違うというのか、独自路線。言いたい放題で失言撤回もあり…謝らない時もあり(笑)

私たち一般市民が都政にしろ国政にしろ動かすんだという意識の高まりが肝心と思うんですね、私はですよ。世論というのは決して柔ではありませんからね。だからこそ私たちは賢く動向を見極め、一歩も二歩も先を行くような先見の明を持つ人間が一人でも多く出現するに越したことはない。もう既にあらゆる分野で出てきていますが、精神世界の視点より、今は具体的解決策の方が先決。祈りを捧げるのは海外の方に任せておいて、日本国内に住む私たちは原発反対の運動に何らかの形で参加する(署名など)とか幾らでも実践できることはあると思うんですね。工夫次第で放射能不安からも解放されますし、効果をあげることも可能。

国が「被曝(ひばく)限度を年間20ミリシーベルトと設定」したことも声をあげてノーと言い続けねばならない状況が差し迫っています。子を持つ親としてそれは責任のひとつだろうと思う。「とても許すことができない」…私もそう思います。思いを行動に。それが私の持論です。先頭だって訴えている人たちをバックアップすること、賛同の声をもみ消されるとしてもマスコミや政治機構に届けること、色々できます。言論の自由を放射能に対する恐怖心を募らせるとして強制削除されたブログが復活。そういう事例もあるんですね。世の中は捨てたもんじゃありません。

私は飯山一郎という方のHPを楽しみに見ています。最近知ったばかりですが、なかなか闊達な方ですね。しかも具体的にできる生活の中に取り入れやすい方法など公開しています。この期に及んで、私は自分たちの身をどうやって責任を持って守っていくかが大切と、痛切に感じるひとり。チャネルより実践。霊能より土壌改善、水浄化の方が私にとっては先決。

私は今回のような事態を経験して、調理する時の気持ちが様変わりしました。今スーパーで福島県産の食品が出回るようになりました。宮城・茨城・群馬の野菜も出回っています。風評被害が取り沙汰されていますが、汚染されている懸念が払拭されないまま…でも私は薬石に野菜をしばらく浸すなどして調理をします。その時、自然と感謝の気持ちが湧いてきます。家族と一緒に食卓を囲むための準備ですからね、これまでも美味しく作る努力を惜しみませんでしたが、もうグ~ンと真心ヒートアップ(笑)薬石に通した水を美味しく頂いなどしています。

災い転じて福と成すという諺がありますが、地震以降は万が一のことを念頭に、でも思い詰めす、毎日を過ごしています。かえって吹っ切れてたりします。居直ると人って強いんですね(笑)

やれることをやったら後は沙汰を待つ。

今窓の外に木々が見えます。先週まで桜も綺麗でした。東京の八王子に到るまで放射能値基準を超えるベクトルが観測されたことがありました。私が住む世田谷などスッポリ。でも美しく花が咲くんですよ。木々も緑がイキイキています。雀だっていなくはなりません。元気に今日もさえずり飛んでいます。

窓を開けるのも躊躇する自分が恥ずかしくなります。

私は政府から出される情報を鵜呑みにはしません。でもだからと言ってネット情報も四捨五入と考えています。

私が一番信頼しているのは

自分の直感です。

何故この時期に転生してこようと思ったのか、あるいは自分は何者であるのか、その答えを知りたいと多くの人が思っていると思います。

でも答えは外にはありません。

今、思い出せないのも理由あってのこと。何もかも把握していてはトライアルにならないから…これも何度も言っていることですよね。

私が思う限りですが、知りたいと思う気持ちは共感できるものの、案外…私たちはあ~じゃこ~じゃ言いながら、自分で選択していると思うんですよ。ただそれで大丈夫かと迷いが生じるんですよね?

迷いがあったとしても

私たちは時に立ち止まり、振り返るなどして、前進しているのですから、何も心配いりません。納得できない部分が多いですか?それでも私たちは引き返すことなく前進しています。

どうぞ情報に依存することなく、ご自分を信じて日々をお過ごし下さい。

これを最後にしばらくここで書くことを中断します。




また再開するかも知れませんが、それがいつとは言えません。




最後に




答えはあなた自身の中に。直感が道標です。不安はつきもの…それが冒険の醍醐味でもあると魂は知っているので、転生に同意…もしくは希望したのですから。失敗からも学べます。それも醍醐味。




それでは




体調に気をつけてお過ごし下さい。





プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ