プロポーズ大作戦

Category : 魂のご飯

2007年6月25日、フジテレビ月9ドラマ『プロポーズ大作戦』が最終回を迎えました。

最初から見ていた訳ではないんですけど、一度見てからというもの見終わった瞬間から翌週が待ち遠しいという楽しみな番組となっていました。ストリーは幼なじみ(長澤 まさみ)の結婚式に参列していた青年(山下 智久)に教会に棲むという妖精(オジさん)が現われ、青年の「もう一度やり直せたら」という願いを叶えるため、タイムスリップさせるというもの。披露宴で映し出される写真映像の時代時代の過去に戻らせて、もう一度チャンスを与えるという内容でした。余談ですが、BSで映画『天使がくれた時間』というニコラス・ケイジ主演の映画が放映されていました。どちらも

「もし あの時」という人生の分岐点の物語

パラレル・ワールドという概念がありますよね?いくつもの次元に人生が展開されているという、選択肢の数だけ世界が存在するというもの。結ばれなかった男女が「もし、あの時」違う選択をしていたら…家庭を築いていたかも知れないという可能性の世界。スティーブン・スピルバーグの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』もそうですよね。

恋・結婚・仕事は人生の三大イベント

本当に人生って選択の連続です。通う学校やそこで出逢う先生や友だちも選択の結果が左右します。何処に生まれたか、どの親の元に生まれたかでまったく違う可能性が出てくる訳ですものね。話を戻しましょう。

『プロポーズ大作戦』は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とかなり古い映画『卒業』を足して2で割ったようなストーリーでしたが、ラストは視聴者に「この後はご自由に想像して下さい」と言いた気な、それでいてハッピーエンドを多いに予感させてくれるエンディングでした。
結婚式当日に花嫁を「もし手の中にカフスボタンがある方を礼(花嫁)が選んだら答えを見つけに行く」と賭けをして、花嫁を送り出す花婿の気持ちも描かれていました。実はどちらの手にもカフスボタンは入っていたんです。現実的にはあんなにハンサムで、しかもあんなに善い人は滅多にお目にかかれないでしょう(笑)。

また、学生時代の二度と帰って来ない青春の感傷も多くの共感を呼んだのではないでしょうか。ユーミンの『卒業写真』『海を見ていた午後』を彷彿とさせる風景描写も爽やかでした。

すべてはフィクション。でも、そこに描かれている心理描写は私たちの心の何処かと繋がっているように思います。感情移入できるドラマって私たちが現実に経験した何かとリンクしている気がします。パラレル・ワールドはある意味では私たちの心にある世界と言えるのかも知れませんね。

『プロポーズ大作戦』の主人公二人はそんなに私たちから遠い存在ではなかったのではないでしょうか。もちろん、あんなハンサム・ボーイと美少女にもそうそうお目にかかれる訳ではありませんが、笑。

友だちとふざけ合って喧嘩したり仲直りしたり。主人公ふたりは温かい友だちに囲まれながら、同じ歳月を同じ学校で一緒に過ごしてきて、好きだという一言を「あなたが世界で一番大切」というひとことを…本当に言いたいことをお互いに言えないまま。ずっとそのひとことを胸に秘めて日々過ごしていた。そんな方もいるのではないでしょうか。このドラマは、

愛する人に「愛している」と伝える勇気を。

愛する人に「愛している」と伝えるチャンスは決していつでもある訳じゃないことを伝えてくれたように思います。物語で妖精が熱く語っていました。

過去をやり直そうとするのではなく、未来につながる『今』を信じてみないか?

素敵な言葉ですね。心にズシンと響きます。




プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ