バシャール x 坂本政道 人類、その起源と未来

Category : 所感

amazonで『バシャール x 坂本政道 人類、その起源と未来』を取り寄せました。

久しぶりのバシャール本でしたが、なかなか読み応えがありました。全てを鵜呑みにするのではなく、ひとつでもビンゴ!があれば、そこから視界が広がることがあります。まさにこの本は私にとってそんな一冊でした。

中に

『物質的な現実の何かに情熱やワクワクする気持ちを感じるということは、
 あなたが情熱やワクワクを感じるアイデアをそこに映しだしているということ。
 そして、
 それは本当の自分自身を映しだしてくれている、ということなのです』

というバシャールの言葉がありました。




          bashar.jpg




もしあなたがワクワクときめく感覚から遠ざかっているとしたら…バシャールのこの言葉は虚しいだけかも知れません。

でも、心に天国を築く大切さを連呼連呼(笑)している私は絵空ごとには思えないのです。
こうだったらどんなに良いだろうと思い描く時、まさに自分がそこに『いる』ように。空想だと皮肉らず無邪気な心でジャッジを手放すように。

今はそれが遠いように思えるからと言って、投げ出すことはありません。

すべてのイマージュは何らかの偶然の一致で、絶妙のタイミングで起こることを私は疑っていません。実際にそういう体験をしているからです。

もしあなたが自分のこれからの道筋にある一定の方向性を『決めた』のなら、それ以降にやってくる現実は全てその「ある一定の方向性」に向かっていることを信頼して。

私たちはもう少し『軽くなる』必要があるのかも知れません。自分の現実は自分が作っていると知るあまり、少し残念に思う出来事もあるでしょう。それでもその残念な出来事をプロセスとして「これもありか」と許してあげて欲しいと私は思います。

私たちは皆、道の途中にあります。

でも案外良い線まで来ていると思うのですよ。
思うようでないことがあるとつい諦めてしまったり、疑ってしまったりしがちです。でも心に耳を澄ませて「Yes」という響きを感じたのなら、もう疑わずにいて下さい。

あなたは充分に心に天国を築く方向に向かっています。

あなたは気づいてないかも知れないけれど、少しづつそれが現実化していることを感じる瞬間に立ち会うはずです。
いえ、現に立ち会っている人がいると私は確信しています。


私たちは常に『選択』し続けています。


どうぞ、転ばぬ先の杖としての常備はしておくとして、自分は大丈夫という『選択』をし続けて頂きたいと思います。



プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ