おわた

Category : 時事ネタ

安倍晋三首相は30日の衆院予算委員会で、自衛隊を「わが軍」と呼んだ自らの国会答弁について「全く問題ないと今でも思っているが、大切な予算委員会の時間がこんなに使われるのであれば、そういう言葉は使わない」と述べた。同時に「共同訓練の相手である他国の軍と対比するイメージで述べた」と重ねて釈明した。(毎日新聞)








「「全く問題ないと今でも思っているが」
「共同訓練の相手である他国の軍と対比するイメージで述べた」
「大切な予算委員会の時間がこんなに使われるのであれば、そういう言葉は使わない」

これを良しとする人は国民の何パーセントでしょう。きっと少なくないのかも知れません。報道ステーションで古賀という人が「官邸の圧力を受けた」云々語ったそうですが、さっそく官房長官が「言論の自由は大切だが」と注釈をつけながら遺憾の意を露にしたとか。

もう日本には非暴力・非戦闘国のポジションは風前の灯。



おわた



日本という国は戦争産業国家へと移行



憲法第九条の改正も滞りなく行われるのでしょう。安倍は従軍慰安婦問題に関するワシントンポストのインタビューで「人身売買」と所感を述べたんですか?
なんということでしょう。それを言っちゃおしまいですよ。貧しいため日本にも身売りさられて東・東南アジアに連れていかれた…事実があるというのに。調べれば分かることです。安倍という人は本当に

いや…何を言っても虚しいだけ。ヒタヒタと紛争へ参加する軍足音が近づいているよう。言論の自由?人間は言葉を使って人心を操るもの…乗せられた人の多さに行く末を見る心地がします。

生まれ変わり

歴史は繰り返すと言います。好戦的な人間。煽る外交。煽られる外交。もうこのまま行けば引き返せないでしょう。



どうぞ 皆さんはどんな世情にあっても、あなた自身の感性を大切にご自分をどんな世界に居させたいかを見失わないで下さいね。



世界は諜報戦という戦争が激化し、加速しているようです。引き返せない…世界は紛争へと押し流されて、何処に着地点を見いだそうとしているのでしょう。



そうそう。プーチンを光の存在と言い出した…出所が分かりました。あの霊界通信マシュー君なんですね。神も出現して…無知な人心を洗脳していると言わざるを得ない。



罪作りなことを



プーチンは光とか闇とかいうエネルギーではありません。彼は彼の価値観とロシアの覇権を視野に世界へ打って出ているんですよ。
ドイツの旅客機の墜落事故…不自然な事柄が次から次にネットを騒がせています。持論こそが真相というノリのネット発信者が次から次に出ています。真相ですか?諸説あり過ぎです。CERNの機器が起動したから?ですか?それが関わっていると言う人が出ていますが、CERNの不具合か何だか知りませんが、それが起きていた時間帯に飛んでいた飛行機はその事故機だけとでもいうのでしょうか?
軍用機が先導していたという噂も出始めて、その機にはスペイン人のサーバーテロ専門家が登場していたとか。多くが真相に辿り着こうと必死なようです。でも知ってどうするんでしょう?知って、それからその人たちはどう行動しようというのでしょうか?

ただ騒いでいるだけでは

如何に暴露本を書こうと講演会で闇の政府がどうのと唾飛ばしても、それって蚊帳の外で騒がしいだけじゃないんでしょうかね。飛鳥さんとて同列かと。元気でアジアの東の端で。実際に事にあたっている人間にとって痛くも痒くもないでしょうに。とは言え、此処は自由意志の舞台。だからこそ



どうぞ、あなたの心に標準を当てて、それを見失わずにして欲しいと願う。私とて無力なひとり。今も世界は一握りの政治家や資産家の手中にあり、人類社会は動き続けています。






プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ