人に意見をする時は

Category : 魂のご飯

言葉選びに気をつけましょう。[ 最下部 read more・・・に追記あり ]


ふざけるんじゃない』に関して以下のコメントがありました。


はじめまして。
はじめて拝読し、コメントさせていただきます。
mixiで紹介されていて日記を読みました。

「核に感謝する」日記は自分も読んだ事がありますが私はその日記は心に響きました。
私は核に感謝しようと勧めているようには受け取りませんでした。
ウランに罪はないということなのではと感じました。

そして核が悪いのではなく作った人。使っている人が悪いんだと思いました。
もちろん自分も含めて。

たとえば、ダイオキシンを出すゴミ処理場に住人が文句を言ったとします。
でもゴミを出しているのは住人だと言う事実。

原発もここまで過剰に浪費する社会にならなければ、こんなに増えなかったかもしれない。
みんなが電力会社に踊らされなければ、原発は儲からないとしてなくなってたかもしれない。
(一部では、原発の裏の顔はプルトニウム製造所だという情報もありますが。)

核に感謝するのもどうかと思いますが、核に罪をなすり付けるのもどうかと思いました。

そうはおっしゃっている訳ではないのだとしたら、私の読み違いですので謝ります。
ごめんなさい。

ただ、わたしも核の存在できる未来はもうないと思います。
自然との調和しかないと思います。
というかそうなれたらいいなと思います。

その種はたくさん蒔かれていて、もう小さな芽がたくさん出ているというのも最近知りました。
元気に育ってくれたらいいなと、大切に見守っています。



このブログにコメントを残す時は充分に言葉表現を選んで頂きたいと思います。私は賛同して欲しいから記事を書いている訳ではありません。ですから、色んな意見があって当然と思っています。
しかしながら的外れであったり、適切な表現でなかった場合は私はしっかり意見を書きます。ハッキリ物を言うのが私の信条。以下は私の「じゅんさん」のコメントに対する返事です。


じゅんさん、はじめまして。

> 「核に感謝する」日記は自分も読んだ事がありますが私はその日記は心に響きました。
> 私は核に感謝しようと勧めているようには受け取りませんでした。
> ウランに罪はないということなのではと感じました。

どう感じるかは自由。じゅんさんにはじゅんさんの感じ方受け取り方がある。
ですが、私には

「核に罪をなすり付けるのもどうかと思いました」

と言われる筋はありませんよ。

「そうはおっしゃっている訳ではないのだとしたら、私の読み違いですので謝ります」

はい。そうしてください。

ウランに罪はない…確かに。人がウランを発見して、そのパワーを増幅させて利用してきた訳ですよね?
言葉って大切ですよ。ならば「原発に罪はない」と表現せずに済んだのでは?「原発の事故後の様子をニュースで見て、原発が泣いている」と書かれていたんですよ!あなたがどう受け取ろうとそれはあなたの自由ですが。

確かに人間に重大な責任があると思います。でもね、
自然界の存在するものの中には生命体の命に関わる危険性を有するものもあれば、生命に恩恵ありというものまである。コレラなどの病原菌もあれば、乳酸菌もあるという具合です。

ウランも自然界に存在する訳で、確かに使用方法や容量が適切であれば、健康にも貢献するもののよう。
ラジウム温泉などがそれに当たりますよね。
しかしながら『自然界にあるウランも適切な量や手法がある』
硫黄もそう。危険もあるが、使い方では効能もある…自然界は実に多種多様です。

反して核エネルギ-・原発は人工的に作られたもの。でもウラン自体適正な使用方法があるのも事実。自然界にあるべきウランは使用料や使用法さえ適正であれば、生体に有効。しかしながら、核エネルギー・原発は自然界にあるべき質量とは段違いに巨大。

違います?

原発に罪をなすりつける、ですって?いつ、私が?

「核が悪いのではなく作った人。使っている人が悪いんだと思いました」

それを言うなら「ウランは自然界にあるものだが、核・原子力は自然界にとって脅威」
「だから廃止の方向へ」と言う方が妥当ではないでしょうか?

私は東京に住んでいますが、放射能値が高い雨が降りました。
原発周辺に住む人はもっと怒りや不安を持っていると思いますけど?
罪をなすり付ける、ですって?これに関しては是非撤回して頂きたいと思います。

私たち一般市民はもっと賢く情報開示を求めていかねばならないし、原発撤回を大きな声にしていかねばならないでしょう。
知らないからダイオキシンとかいう問題も起きた。アスべストもそうですよね。私たち一人一人が「後の祭り」の状態で知らされ、命の危険に晒される状況から責任ある立場に意識を切り替えていかねばならないでしょう。実名を公表して活動を起こしている人がいる。情報開示している人たちがいる。

あなたは作る方も悪いが、使う方も悪いと言う・・・では
それを何か具体的なアピールや行動に移しているのでしょうか?それとも思っているだけですか?
ブログを読み、情報に通じ、人に意見するのは簡単なことかと思います。

「大切に見守っています」・・・ですか。見守る・・・

あなたにはリスクを伴う行動をする覚悟、あるのでしょうか?
そんなこと言われる筋はありませんか?もうやっているなら素晴らしい!
見守る・・・これを読んだ人はどう思うか知りませんが、私はとても安易と思いますよ。キレイごとかと。

思うだけなら誰にでもできます。

この時節、大切なのは思いを行動に起こすことではないでしょうか?

原発周辺の人に直接、核が悪いのではなく作った人「使っている人が悪いんだ」とあなたは言えますか?
私は単に皮肉を言っているのではありませんよ。自分を含めてとあなたは言う…責任は自分にもあると本気で思っていますか?

言うのは簡単。思うのも簡単。見守るのもそう。こういう人多過ぎです。



mixiで紹介されてここにいらしたとのことですが、あなたに「核に罪をなすり付けるのもどうかと思いました」と言われる筋は私にはありませんよ。




どの記事を読んでも私がはっきりものを言う性格であることは分かると思いますが、いかがですか?
然るに「核に罪をなすり付けるのもどうかと思いました」というコメントはどうでしょう。「なすり付ける」とは穏やかではありません。的外れでは…第一失礼と思うんですけど、見ず知らずの人に対して。言葉って大切。自覚もなしにこういう言葉を使ってしまう…とても残念なことです。

さて

私の意見に対するじゅんさんの更なるコメントですが、


読み違いでしたね、ごめんなさい。

気持ちは静ましましたか?

とても攻撃的な方なのですね。
コメントした私が悪かったです。

失礼致しました。



ということですが、これ謝罪になってますか…ね?はっきり反論された心のワナワナが見て取れますが、何故でしょう。どうして人は謝罪をシンプルにクリアすることができないのでしょう。こういう言い訳や、またもやの意見を発してしまうのでしょう。

「気持ちは静ましましたか? 」

初めて記事を読んだ方のようですから仕方ありませんが、熱く語るのは今に始まったことではないし、こういう厳しい口調はあまり女ではないかも知れませんね(笑)面食らうのも仕方ないでしょう。でも…気持ちが静まったかとか心配されても困るんですね。熱い人間なんですよ、勝手にご意見番ですからね、takakoさんは(笑)

私は久々に頑張ってコメントに返事をしました。何故かと言うと、私から謝罪を要求されてこういうふうに一応は謝罪はするが、本筋は

「とても攻撃的な方なのですね」のような…。これ正直な意見と思います。じゅんさんというHNの方は真面目な女性と推察しますが、

謝罪ってね、相手に対する失礼を詫びる場ですよ

私はその辺の甘い考えは持ち合わせていません。どんなに悔しくても人に対する非礼は詫びに徹するべきと言うのが私の考え。二重に非礼な方ですね…っていうか、多くの人がこういうせっかくの詫びの場を台無しにしているのだと思います。

例えるなら

勝手に人の家に入り込んで言いたいことを言って、それに意見されて「あぁ悪~ございましたね」ってことでしょ?「コメントした私が悪かったです」がそれをよく物語っていると思いますけど…いかがでしょう。容赦ないですか?

私を含めて

私たちは非礼を詫びる際は決して意見の上塗りはしない方が賢明です。かえって拗れますよ。残念なことに私は大切なことをこの方に書いているんですが、あまり伝わらなかったのでしょう。コメントに対する私の意見はこの方には響かなかったかも知れませんが、情熱をもって誠意をもって正直に書きました。

皆さん

人のブログにコメントを書く場合

管理者に「罪をなすり付ける」などという不適切な表現はくれぐれもなさりませんよう。少なくとも私はこの表現は適正でないと思う。ここ、私のブログですからね、意見交換はそれとして、指摘はしますよ。TVで不適切な表現があったと謝罪する場面を見かけますが、人の多くは自分が謝罪する側になると、今回のような言動に終止しがちです。謝ってそれで済ませば良いものを、ひとことふたこと言ってやらねば気が済まないってとこでしょうか。

人の心理ってね…自己保身を無意識にします。責めている訳ではありませんよ。人の性ということです。気心が知れている間柄ならもうケンケンガクガクあっても良いと思いますが、ちょっと非礼ではと意見され、的外れを指摘されるとこの有りよう。

もっと物事を見る視野を広げると同時に、自分がしたこと言ったことに対する責任を持って頂きたいと思います。
他では知りませんよ。少なくともここでは…!

私に「とても攻撃的な方なのですね」と刃を向く。そんなこと言う前にね、まずは私に反論されてどういう気持ちがしたかをじっくり内省して味わった方が良いと思う。何故自分がそういう指摘をされたのかを顧みる好機だったのに…残念です。皮肉ではありませんよ。心から。

第一、私は誰かに同意してもらいたくて書いている訳ではありません。そのことは明確にしているはず。
特にこの『ふざけるんじゃない』に関するコメントはなので、細心の注意をはらって書いて頂きたいと思います。何故か?

私は覚悟を決めて書いています。余程の意見がない限り、一歩たりとも退く意思はありません。しかもディベート大好き人間ですからね、私。熱く語るのは得意とするところですし、甘い考えを私は有していません。受け入れるべきは受け入れるが、




非礼をうやむやにはしませんし、「違うなあ」と思うことはハッキリ言います!これまでもそうでしたし、これからも。



ここは私の部屋ですからね。私の正直な気持ちを書く場。




それ以上でも以下でもありません。



人に意見をする時は「罪をなすり付けるのもどうかと思いました」というような迂闊な表現はここではしない方が賢明です。



言葉を選びましょう。



せっかくの気持ちが台無しになりますよ。これはコミュニケーションのコツのひとつかと思います。







[ 追記 4月29日 ]
このブログは私個人の所感を書く場です。従って賛同にしろ否定にしろ、それはそれで自由との思いからコメント欄を承認制という形ではありますが、オープンにしてきました。何故承認制かと言えば、答えは簡単です。

何度も言っているようにここは私個人の正直な思いを書く場です。従ってこれは閲覧する人にも何らかの気づきになるだろうと思えば承認しますし、「No thank you」なら削除する自由が私にはあると思うからです。しかしながら『ふざけるんじゃない』に対して…まぁインパクト強かったんでしょうね。様々な思いが寄せられています。

しばらく様子を見るつもりでしたが、やめることにしました。ここは意見交換の場ではありません。共感する方もいれば、そうでない方もいるでしょう。それは当然のことです。しかしながら何度も言っているように私はね、色んな意見に耳を傾けようと思って色々書いてきたのではないのですよ。

人の意見を聞くつもりはないのかと問われれば「そうです」とアッサリ言います。何故かと言うとね、

何度も書いているようにここは私の正直な気持ちを書く場

それを公開しているに過ぎないからです

ブログってこういう性質のものでしょ?もし気に入らないのならスルーすれば良いのではないでしょうか。捨て台詞吐かずに。もし意見があるのならハンドルネームなど使わずに堂々と意見すれば良いのですよ。メールフォームだって開けてあるのですから。
私は本名をアルファベット表示でHNにしています。でもネット社会は色んなHNが行き交う場所ですよね。コメント欄が荒れているブログもあるようで…、う~ん困りましたねぇ。何度も繰り返し言っているのですけど…ここの定義を。でも仕方ありません。

気持ちを切り替えることにしましょう。

これは良い機会かも知れません。これを機にまずはコメント欄を閉じます。開けていたのが間違いでしたね(反省)メールフォームのみにしとけば良かったでしょうか。

そして、これ以降はここではなく、非公開の方でのみ書くことにしようと思います。楽しみにしてくれていた方には突然で申し訳ありません。ここはピンときた天然石と出逢えた時の掲示の場にします。

潮時かも知れないとも思うのですよ。最近あまり公開の場で書こうと思えることも少なくなっていましたから。


 

意見はご遠慮ください。私は霊視を通すなどして、ヒーラーやチャネラー、啓蒙者へ依存することなく、妄想に甘えることなく、自立して欲しいとの思いからこれまで書いてきました。



真意を理解して頂くって難しいですね。非力を申し訳なく思います。




意見もお叱りも受け付けかねます。それ以外の用件でしたら(笑)メールフォームからどうぞ。





プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ