辛口続行につき

Category : 辛口ごめんなさい

今年最初の記事は「辛口ごめんなさい」からスタート。皆さん、気が向くままにおつきあい下さい。
まずはこの話題『<STAP論文>小保方氏の不正確定 不服申し立てせず』






世の中には小保方女史は陰謀にはめられたと威勢の良い人がいます。彼女を、いや…STAP細胞を擁護する中に「自分の乳酸菌培養液が使用された」という前提でもの申す人。そこを根拠に論法を繰り広げるあまり、ノーベル賞受賞者を名指しして小保方女史の上司に嫉妬とか憶測の域を出ない話で攻撃…果てに陰謀説を繰り広げ…場外乱闘したいのかしらと。

でも興味深いのは都合の悪い部分に極力触れていない点でしょうか

小保方女史の論文はコピー&ペースト、他人の画像不正使用というニュースありきで騒動勃発。なぜ彼女はそういう不正をしたか…答えは簡単です。証明する資料を持っていなかったから。画期的な発見!だったんでしょ?研究過程で有無を言わせぬ証拠となる画像とデータがあればねつ造もコピペもする必要どこにあったんでしょうか。

第一、記者会見に弁護士同席って「はあ?」では




当時、この時点で「変だな」と思いもよらないおバカさんが実に多いのに私は唖然としました。もし研究が成功を収めていれば研究資料と証拠を持参して印籠のごとく記者たちに突きつければ良かっただけのこと。ねつ造の事実がある以上そこを何とかする必要があって「私が未熟だったため」という謝罪会見だったのでしょ?

・画期的研究になぜ証拠となるに相応しい資料も画像も用意できなかったのか?

成功したと言い張るなら証拠と根拠が必要でしょ?あったら出せたはず。

・弁護士同伴は保身以外の何ものでもないと何故見抜けないのか?

果てはSTAP細胞を再現できないと環境のせいにする…ったく。論文小保方氏の不正確定。不服申し立てせず。ますます陰謀論という論法を強める人いるのでしょうね。何というおバカさんなのでしょう。
乳酸菌培養液が如何に素晴らしかろうと、仮にその培養液が使用されたとして、実験に使用される細胞自体に定着性が希薄という関係者の証言が出ていましたよね?再生医療の研究現場は確かに人類の未来へ繋がるもののひとつでしょう。しかしながら小保方女史にスポットライトを当てたのはマスコミですよね。持ち上げるのも奈落に突き落とすもマスコミの得意とするところかと。ですが、一番のポイントはそこじゃない。

小保方女史の論文に不正があったという事実

それが陰謀論者にせよ小保方女史擁護派にせよ自分の都合の良い解釈の外には一歩も出ていない!と私が言及する所以です。あるブログには小保方女史が吐いた迷言「200回以上も成功した」を引用する人(その記事は後日削除されていました。復活してますか?)えぇ全ては見て来たようにものを言いの域を出でます?残念なことに部外者の都合の良い解釈談義でしかない。

部外者は到底真相などと言えるはずがない。その対場にない。すべて推測、憶測から出ない。

引いては医科学研究者の資質や業界の慣例とかお粗末な実態など「叩けば埃」が相まって…えぇ中には真面目な研究員もいるでしょう。が、あまりにもお粗末な実態の、小保方女史はいち氷山の一角だったという顛末。それ以上でも以下でもありません。陰謀論?

「だったら証明してみな。想像図じゃなく」

想像図で「素晴らしいだろ」じゃなく自分で作ってみせりゃ良いのですよ。それ以上のSTAP証明も小保方擁護もありませんよ。どんだけ社会に貢献することか。もとい!副作用の弊害も視野に入れねばなりませんね。

やれやれ

万能細胞は人類の夢でしょう。より新たな研究と発見が今後もあるでしょうが、それは危険と背中合わせな気がしてなりません。そのプロセスでどれだけの犠牲が伴うかを思うとキツい。

いずれにしても陰謀論って論点を逸脱している気がするのは私だけでしょうか?その論法でいくと彼女の不正だらけの論文も何者かの陰謀って言い出しかねませんね。え?そこまで下品じゃない?既に下品ですよ。その論法でいけば、彼女のコピペも「バレなきゃOK」コピペしてもノープロブレム…問題視されないと思ってた?そういう業界な訳?という下品さだったのではないでしょうか。




思うに




これから色な分野で「バレなきゃOK」でまかり通っていた人たちのあぶり出しが加速するでしょうね。それは世界の傾向でもあるようです。バチカン然り。浄化の手が入っています。

私がなぜこの記事を年頭に置いたかというと色眼鏡でしかものを語れない人物に傾倒しないようにとの警告です。人には肝心な時に肝心な人のアドバイスに耳を傾けない傾向があります。自分が信じたいように解釈を加えているだけと何故気づかないのか?それはね

裸の王様だから

乳酸菌自体は私も素晴らしいと思います。ですが、乳酸菌とて万能であると言い切れないのではないでしょうか?定着しにくい細胞を万能細胞にする効果(魔法のような)を期待しても限度ってものがあるのではないでしょうか。
乳酸菌提唱者も思いもよらないでしょうが、この世の万物にはコミュニケーション能力があって、乳酸菌は与えられた環境、放り込まれた環境を

読み

働く

反応する

性質を有しています。対象物の可能性を引き出しはするが、限度もある。アロマ然りハーブ然り。自然界の生命はすべて被体を読み、働く。そこに人間が介入する場合は関わる人間の深層心理が加味される訳ですね。

今回のケースには大きく『名誉』が関わっています

関係各位ということですが、そこに向かって部外者がどう吠えようと応援しようと、もし実験成功していれば不正論文自体が存在しなかったはず。そこをすっ飛ばして何の遠吠えでしょう。
コップの水がすり切れ溢れるように事態が白日に晒される時がある。今回の事態はそういう流れでもあるでしょう。
故に自分の説が正しいとどんなに吠えようと「あんた現場を見た訳?」と突っ込まれればチョンですよ。しょせん門外漢。自分の乳酸菌培養液が使われた可能性に固守しているとしか私には見えません。もし他人の培養液だったら、かくも熱く語り小保方女史を擁護したのでしょうか。って言うか

私たちは如何なる情報も物質も過信せず信者にはならず良い部分のみを取り入れ、世間のうごめきに流されずにいる、したたかさを見につけた方が良いと思う。今日はそれがための辛口。

人は反面教師。ウソつくとそのウソを繕うために新たなウソをつき続かねばならない。小保方女史は弁護士が中に割って入ったが、しょせん化学医療に暗い人間の浅知恵。「生き別れた子を探す」とかいう代弁も失笑を禁じえませんが、誤摩化しと創作を盛って弁護し続け、『<STAP論文>小保方氏の不正確定 不服申し立てせず』最後はもう抜け道がなくなり策尽きたということかと。

私たちはこうした詭弁に惑わされない品性を持つに越したことはないのです。この世の中は詭弁と自己保身のオンパレード。先日救助されたスノボおじさんおばさんもイイ年して恥の上塗りかと。

人は反面教師

故に何ごとも人ごとじゃない。そこからも多いに学び、振り返り姿勢を正す。生きるってそういうふうに常に学習の機会なんですね。それは伸びしろとも言い(笑)私たちを常に導いています。





プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ