怒りも自然な感情です

Category : 魂のご飯

皆さんはシルバー・バーチをご存知ですか(知らないという方は検索してみて下さいね)? 私は…そうですね…20年くらい前になるでしょうか。友人に本を薦められて知りました。シルバー・バーチとはネイティブアメリカンの霊魂。まずは今日私がご紹介する以下を読んで頂きたいと思います(シルバー・バーチの弁を青で表示)。







牧師「先ほど引用した言葉はマタイ伝第五章の終わりに出ているのですが、普遍的な愛について述べた後でそう言っております。また“ある者は隣人を愛し、ある者は友人を愛するが、汝らは完全であれ。神の子なればなり”とも言っております。神は全人類を愛してくださるのだから、われわれも全ての人間を愛すべきであるということなのですが、イエスが人間に実行不可能なことを命じると思われますか」

この質問にシルバーバーチは呆れたような、あるいは感心したような口調でこう述べる。

あなたは全世界の人間をイエスのような人物になさりたいのですね。お聞きしますが、イエス自身、完璧な人生を送ったと思いますか

牧師「そう思います。完璧な人生を送られたと思います」

一度も腹を立てたことがなかったとお考えですか

牧師「当時行われていたことを不服に思われたことはあると思います」

腹を立てたことは一度もなかったとお考えですか

牧師「腹を立てることはいけないことであると言われている、それと同じ意味で腹を立てられたことはないと思います」

そんなことを聞いているのではありません。イエスは絶対に腹を立てなかったかと聞いているのです。イエスが腹を立てたことが正当化できるかどうかを聞いているのではありません。正当化することなら、あなた方(クリスチャン)は何でも正当化なさるんですから……

ここでメンバーの一人が割って入って、イエスが両替商人を教会堂から追い出した時の話を出した。するとシルバーバーチが続ける――

私が言いたかったのはそのことです。あの時イエスは教会堂という神聖な場所を汚す者どもに腹を立てたのです。ムチをもって追い払ったのです。それは怒りそのものでした。それが良いとか悪いとかは別問題です。イエスは怒ったのです。怒るということは人間的感情です。私が言いたいのは、イエスも人間的感情を具えていたということです。イエスを人間の模範として仰ぐとき、イエスもまた一個の人間であった――ただ普通の人間よりは大霊の心を多く体現した人だった、という風に考えることが大切です。分かりましたか

牧師「分かりました」

私はあなたのためを思えばこそ、こんなことを申し上げるのです。誰の手も届かない所に祭り上げたらイエスが喜ばれると思うのは大間違いです。イエスもやはり我々と同じ人の子だったと見る方が、よほど喜ばれるはずです。自分だけが超然とした位に留まることは、イエスは喜ばれません。人類と共に喜び、共に苦しむことを望まれます。一つの生き方の模範を示しておられるのです。イエスがおこなったことは誰にでも実行できることばかりなのです。誰も付いて行けないような人物だったら、せっかく地上へ降りたことが無駄だったことになります








いかがですか?







色んな人が色んな霊視あるいはチャネルでイエスを語ります。中には自称イエスの娘も登場。霊界通信マシュー君などは創造主が登場して「磔の刑などなかった」と宣っています。その説に則れば、飛鳥さんの伊勢神宮にまつわる三種の神器も終末論もパ~!まぁこういう相違に対し「時系列」で論説を加える人もいる訳ですが、その人もマシュー君のお母さん(息子をチャネル)も私たちも、総ひっくるめて同じ時系列にいることをまずは年頭に置いて頂かねばなりません。
アカシックリーディングなどによる地震等の災害予言が発表され、一部世間が騒ぐ(知る)ことで、その予言は回避できるという人もいます。ですが、世間で騒がれた地震騒動で私個人は「ある気がしない」と感じていたものが多数あります。ボーネル氏で言えば「函館に大地震が起きる」「必ず起きる」「アカシックに書いてある」と念押し明言したのを私は直に聞いています。ですが、何も起きませんでした。アカシックレコードの存在を私は否定しません。そうではなく、読み手に問題があるということです。アカシックの読み手に例外なしと思った方が賢明と思います。ところがひとつ当てるとそれが一人歩きを始め、宣伝に使われる。

人の口にのぼることで回避というのも言わば

都市伝説

誰がそれが真実と証明できているというのでしょうか?どれも予想・憶測の域を出ていないのではないでしょうか?
予言はオオカミ少年であってはならないが、それに揺さぶられる人心も鵜呑みであってはならない。予言は目に見えない世界。未来を知りたいという人の願望の上に成立しています。
私たちは情報に踊らされることのない心眼を養う必要に迫られています。ずっとずっと迫られてきたと言えます。
また上記の牧師のように「聖書に書いてある」と、そこからしか何ごとも考えることをしない人も少なくありません。
そして、各宗教・宗派の教え・戒めで自身を律するのは良いが、いつまでおんぶにだっこなのかという…シルバー・バーチの霊訓は実に示唆に富んでいると思い、引用しました。

それでは話を進めていこうと思います。








今回お題にした「怒り」ひとつとっても人により言うことがまちまちかと思います。ですが、上記のイエスは彼自身の内なる善に従ってのことだと、あなたは思いませんか?

誰かに言われたのじゃなく

え?神ヤーベにテレパシーで命令された?やれやれ…そう思う人はもう先を読み進める必要はありません。感じ悪いですか?別に構いません。

私が何を言おうとしているか

あなたは誰かの教え、何かの書物、それらの

借りもの

で、この一生を終えるつもりですか?と私は問うているのですよ。教えは情報と同じで借りものです。しかしながら、それを自分に引き寄せて吟味してYesNo出すのはあなたの直感。
ネットなどでひとつの事象に複数の解説がなされており、そのどれもが自分の情報こそが「真実」と謳いますよね?だから、あなたはどれが正しいのか、事実なのかと迷うのではないでしょうか?

どこかに真実がある

あなたの心には常にこの迷いがある。それは外にばかり答えを見いだそうとする心癖があるせいではないでしょうか?そこからはなかなか抜けるのは困難でしょう。何故か?

不安だから

違いますか?それはあなたの行動にも現れる。私の経験からもそれは言えることです。自分に自信が持てず、答えを外に探しに出ていた時期を長く過ごしました。で、悟ったこと

自分の中に答えはある

絶妙のタイミングで答えは来る

この2点です。私の霊視はほんの背中のひと押し…ヒントに過ぎません。「いかがですか」と問いかけると「そんな気はずっと「してました」と異口同音。誰もが本当は答えを持っているんですよ。必要な答えをね。ところが自信がない。

私とて人間。迷いがあるうちは試行錯誤し、何度でも行ったり来たりします。ですが、それを厭いません。試行錯誤は人生にはつきもの。そこで不安がったりしない。しなくなった。
例えば、仏教では「怒りは徳を焼く」とされています。それは相手を傷つけ、自分も後味が悪いという精神的ダメージが双方にあるためで、平和・静寂をモットウとする仏教であれば、感情の起伏は穏やかに越したことはなく、思いやりを心に植えることは真に尊い。仏教からすれば、イエスの取った行動は怒りに任せた愚行かもしれないのです。

ですが、私はシルバーバーチの「イエスも人間的感情を具えていた」に多いに共感を覚える。

福島県児童に甲状腺異常が増え続けているというドキュメントがあり、海外で評判になった…ところが、日本では上映中止になったという記事が『ヤスの備忘録』にアップされました。当事者国の日本で上映中止になる…理由は?あの「アンダーコントロール」というスピーチが脳裏を過ります。つまりあのスピーチはオリンピックを東京に招致したいがための方便だった…故にそれを邪魔するものはすべて消去・破棄する気満々なのでしょう。実行委員・政府官庁一丸となって不都合には蓋ってことと容易に想像がつきます。

私とても怒りを覚えます

弱者切り捨てての祭典ですか?これは近代オリンピックがずっとやってきた所業かと。立ち退きなど大義の前に余儀なくされる訳ですから。私はずっとこのことを知らずにいました。気にもせず!祭典の感動部分だけ。
オリンピックに乗じてカジノ構想もあるのでしょう?多分ですが、放射能汚染に対して為す術がないのでしょう。世の中には核汚染を無害にする技術は存在すると言われ始めています。ですが、それはフリーエネルギーに繋がっている…それはエネルギーを全国民が享受することに繋がっている…故にそれを良しよしない人間がいるそうで。あの『東京直下地震3年以内震度9』の著者もフリーエネルギーの開発者とのこと。その技術は日の目を見ることはあるのでしょうか。

フリーエネルギーは人類救済の鍵のひとつと私も思うひとり。ですが、それは現経済機構・政治形態を根本から覆すことなく実現することは決してないでしょう。よっぽどの奇跡を目の当たりにすれば別でしょうが。

私たちはね、本気で怒る時を迎えているのだと思う。原発問題とて汚染物質を何処に埋めようかとか立地を話し合うとかいう、そこ止まりなのでしょう?「アンダーコントロール」?笑わせるな!ってことですよ。ところが不都合な発言にはペナルティが科される…という事態。これまでは「そのうち何とかなるだろう」という無責任がまかり通ってきた感さえあります。ですが、もうそれは通用しないでしょう。尖閣諸島問題の火付け役は中国ではありません。日本人…石原慎太郎でしょ?あの人が集めた基金は今どうなっているのでしょう。沖縄問題とて沖縄の歴史を知れば、あそこがどういうポジションに歴史上あったのかが見えてきます。
私はね、この国(国政)の現機構では原発問題も沖縄問題も根本解決を見ないだろうと思っています。天皇中心の国家体制(世界)をという一部声はありますが、現法律では天皇は政治に介入しないという取り決めがなされています。二度の大戦の責任者として。ですが、やいのやいのと担ぎ上げ、戦争に突っ走っていたのは軍事政権。要するに江戸幕府崩壊後の日本は明治より天皇には国政の実権はなかったということを意味してやしませんか?代々象徴に過ぎない仕組みを維新の獅子たちは仕組んだと言えなくもない。

代々内閣が仕切っていたのでしょう?富国強兵の号令の元。

飛鳥氏らは天皇をラビ(聖職者)と位置づけているようですが、有史よりどの歴代天皇がその役目を果たしたというのでしょう。聖職者というニュアンスには能力者というものがある。能力=霊力と言えば陰陽師?それ安倍晴明?彼、天皇じゃないし。聖職者として?はて…それは伊勢神宮で行われる儀式・天皇即位の儀式とかいう括り、形骸化した儀式の担い手ではあるのかも知れない。いや…それ以上に国際的人脈を持っているのかも知れない。天皇の心は国民とともにあると言います。であれば、そのためにはもうこれ以上手をこまねいてはいられないのかも知れません。これから真のパワーを発揮するのかも知れませんね。

イエスが教会堂という神聖な場所を汚す者どもに腹を立て、ムチをもって追い払ったように。

人間は相手が本気かどうかで態度を変えます。安倍政権に限らず、歴代政権は天皇は政治に口出ししない法の下にあることで胡座をかいているのかも知れません。皇太子の韓国訪問が中止(延期?)されました。記憶に新しい。穿った見方ではありますが、天皇陛下も皇太子も戦中戦後の歴史認識を、そこから学ぶことの重要性を発言しています。この時期にそういうことを韓国で公式に発言されて困るのは韓国ではなく日本政府かと。

嘘つきは泥棒の始まりと言います。今じゃ嘘つきは政治家の始まり。恥知らずは政治家の始まりという風刺ありきの日本。福島原発は決して収束していない!という声も大きくなり始めています。ドイツの首相もまるで日本政府に釘を刺す声明を垂れて行きました。『京の風』の管理者の方は「安倍ではダメ」と言います。ですが、安倍ダメでも麻生が控えているのでしょう?自民党はこれからも選挙戦決して不利とは言い切れない。何故か?野党がざわついているためですよ。維新の会?あぁいう女人を国政に抱き込むようでは何をか言わんや。乱れています。

あなたはそれでも怒りはダメ!と言いますか?

イエスの所業にしても相手の自尊心を多いに傷つけたことでしょう。ですが、この娑婆世界をご覧あれ。非道・非情の所業のオンパレードではないでしょうか。いつまで経ってもペットの殺処分はなくなりません。原発事故も不都合な事態には蓋。一般国民の年金を株投資に…公務員は例外とする。セクハラ、パワハラもう枚挙に暇がありません。

怒りも自然な感情です

今、思い出しました。中学生の時、クラスメイトと授業をサボって部室で他愛のない話を咲かせていました。そこに心配して学校中を探し廻っていた先生に見つかったんですね。私らは一列に並ばされ、頬をイヤ!というほど打たれました。今も先生の怒りと悲しみに溢れた表情を覚えています。今なら暴力と騒ぐ親が主流でしょう。ですが、先生が如何に心配していたかを全員が感じて謝った。泣いて謝った。そして、恥ずかしかった。

怒りも自然な感情です

宗教がどうの、スピリチャルな教えがどうの、心のベースはそうではなく、あなた自身の心の鑑に沿って、感じること、沁みること、たくさんあるはず。

イエスは

そういう意味でも私たちのそばにいたのだと思う。今もいるのだと思う。






プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ