腐敗が生む正義という明確な意思

Category : 魂のご飯
腐敗が生む正義という明確な意思
2015-07-28 15:29:12 | 魂のご飯


こちらにお引っ越ししてから最初の記事になります。ずっと知らずに来たのですが、Fc2は複数ブログはNGだとか(!)知らないというのは怖いですね、笑。これを機に限定記事機能ありのブログサービスを検索。いったんはseesaaにしてみたんですけど、制限かけるても何故か機能せず…振り出しの戻して、幾つかテスト検討中です。ちなみにFc2の件はひとつのIDで複数ブログはNGとのことです。Fc2はやはり慣れ親しんだ場所だし、機能も充実。しかも広告が煩くない!なので悩むところです。

さて

今日のお題は「腐敗が生む正義という明確な意思」ですが、実はゴッサムという海外ドラマにハマりまして(笑)観ていて感じたことなんですね。このドラマはバッドマンの創世記というか…少年時代のゴッサムが舞台。主人公は正義感の強い警官。悪が蔓延る大都会では警察は裏社会とツルんでいるというどこにでもある構図なんですね、持ちつ持たれつという。

で、昨日の回は「鶏札の闇」内部の人間が証言者を署内で消すという事態が描かれていました。逮捕したくてもバックに大物がいて具体的証拠なしには逮捕もままならぬという、これまたよくある設定。で、主人公の熱血刑事は裏社会の人間に動かぬ証拠探しをさせ、逮捕に漕ぎ着ける…犯罪を取り締まるべき警察が悪の巣窟という皮肉な描かれ方です。

手を汚さずして

このことを感じずにはいられませんね。キレイごとじゃ正義の鉄拳を喰らわすことは出来ないという…これは人間社会の顔でもある訳ですね。日本もご多分に漏れずのようですが、本当に私たちは様々な出来事を目の当たりにし、経験して、そこから色んなことを思うんですよね。で、自分はどうすべきかを図る。時に保身の必要性に迫られ、不本意ながら止むを得ず…という事態もあるでしょう。

勇気を出そうにも

家族や愛する人、あるいは財産などの脅威に晒されれば、私だって「不本意ながら止むを得ず」となるやも知れません。心に後悔の念を残そうとも。勇気ある行動には、なので、しっかりした計画性とか裏付けが必要と思いますが、それでも想定外のことって出てくるでしょうね。本当に手を染めずに生きるって難しいのだと思います。

ですが、皮肉なことに

社会の腐敗こそが私たちの中に(全員ではなさそうですが)正義という明確な意思を植え付けるんですよ。本当に皮肉と思います。痛い、辛いを知らないうちは痛みがどういうものかも分からない。痛みを知って初めて、どう対処すべきか知恵を絞る。つまり思考が活性化する訳ですね。

この世は私たちに経験値を積ませる舞台

毎分毎秒が魂のご飯の素と言えそうです。



プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ