裸の王様・・・いいえ女王様なんです

Category : 辛口ごめんなさい

以前 あるセラピストが「人が何も言ってくれなくなったら 終わりですよ」とにこやかに話してくれたことがありました。

人が忠告してくれなくなったら、それは自分が忠告を聞く耳を失った時ということ。いやあ 心眼のクリアな方だなあと関心しきりの私だった訳です。
ところが数年来、その方の良くない噂が後を絶ちません。よくよく聞いてみると「人の忠告を聞かない」相手を「古い考え方ね~」とか「私には考えがある」とか言って突っぱねてしまっているらしいのです。
まあそれで「私の考え」が軌道に乗っているのであれば 勝てば官軍。お見それしました!という・・・忠告は余計なお世話だったということで事は落着するのですが、何かやること為すことが龍頭蛇尾な結果なんですね。

一度私自身が間接的ながら関わる機会があって、その当時のその方の「私の考え」を聞く機会がありました。ところがどうも危ない話なんですね。ある国の医学教授が介入してライセンス取得が可能になった、それを機に自分のところのテクニックに厚みをつけるという計画。
隠れ家的でなかなか評判のサロン。小顔・アンチエイジングの旗頭の一人と言っても過言ではありません。まだまだゴッドハンドという言葉が一般的になる前から、そのゴッドハンド振りを遺憾なく発揮していた方です。異国のデプロマなどなくても素晴らしい実績をあげていましたし、その方が思いつくアイデアは素晴らしく次々に新しい施術を生み出して顧客の満足を満たしてもいました。

それが何故・・・?

その医学教授という話が出始めた頃から若干医療行為を臭わせるPRが行われるようになりました。相手はキャリアがある、私も迷いましたが、意を決して助言をしたんですね。でも、評判どおり「私には考えがあります」の一言で幕引き。
そうして 半年くらいたった頃でしょうか。「私の考え」とやらは頓挫し、その当時彼女を慕って頑張っていたスタッフもその直後に辞めたという話を耳にしました。

ですが、彼女は決して自分の『負け』を認めようとはしません。

顎関節症「絶対直してみせる」という彼女の言葉を信じた知り合いも何年経っても障害は改善されず、最後は怒りで心をいっぱいにして彼女の元を去って行きました。それでも彼女は忠告には耳を貸さなかった・・・。似たようなことを繰り返し、常に誰かに責任転嫁して内省の機会をことごとく逃しているようでした。

以前「人が何も言ってくれなくなったら、終わりですよ」とにこやかに話してくれた方です。

これは陰口などではありません。明日は我が身という話なんです。私はこの方のことを思う度に『アスリートが尊敬される理由』を思い出します。

彼女は決して自分の『負け』を認めようとはしません。
彼女は決して自分の『間違い』を認めようとはしません。

彼女は 裸の王様・・・いいえ女王様なんです。

明日は我が身。私たち人を癒す世界でお金というエネルギーを頂いている者は常に『内省』と「謙虚さ」を見失わないように日々心を磨く必要があります。いや趣味ならばご勝手に、ですよ。職業とする以上、心をエゴに明け渡さない強い精神力を養わねばなりません。エゴは巧妙です。どんなに素晴らしい能力者にも潜伏期間はあると思っていた方が良いと思います。

ここ(地球)で生きる人間は皆何かしらが未熟。完璧な人間などいません。心は日常の生活態度で養われるもの霊能力で心は磨かれません。「先生」とか「素晴らしい!」とか言われる内に能力は宇宙(神)から一時お預かりしているもの、大切に使わせて頂くという心が いつの間にか『自分の力』とすり替わってしまう。
素晴らしい能力を発揮する一方でとっさにお粗末な態度がポロリと出てしまう。平常では考えられない子供っぽいエゴが出てしまう・・・それはすべて潜在的な資質が原因です。その人の中にあるもの。日頃は隠れているのですが、冷静さを失うと出てしまう本当の姿。

草案者であれ発案者であれオリジナルであれ、それらは全て大切に使わせて頂き次世代に受け継いでゆくもの。オレが オレが・・・では話になりません。


裸の王様・・・?女王様・・・?
あなたは大丈夫ですか?

プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ