あなたが心から望むことを

Category : 魂のご飯

書こうと思っていたことは他にあるのですが、TVドラマ『ジャパニーズアメリカン』を観てふと感じたことを先に書くことにします。



観ていない人のためにあらすじをと思いましたが、長文一筋のtakakoさん(笑)増々長くなるのは必至。なのでストーリーは端折ります。このドラマはどんな苦難の中にあっても希望を失わなかった日系アメリカ人の三世代に渡る物語。絆も描いてあって見応えありますとだけ(^^)




このドラマを観て私は自分にとって「どんなことがあっても諦めない」ことって何だろうとふと思ったんですね。これは引いては私たちが何故ここに転生してきたかに繋がっていく話なんです。

今日は皆さんに今一度、自分の心に問いかけてみて頂きたいという気持ちを込めて書き進めていきます。




今また尖閣諸島問題が日中間の火種となりそうな気配がしています。先頃はロシア大統領が北方領土を訪問。俄に国境を睨む駆け引きがクローズアップされる昨今。
いつの世も競り合い、利益の火花を散らし、人種差別・宗教論争などなど問題を抱えていない時代がない…人類とはかくも反目し合い、時に調印を結び合い、これまで地上に君臨してきた種族。多分ですが、これからも人類は滅亡するまでこれまでのやり方を辞めることはないと思います。祈りで世界平和を祈願する宗教団体もありますが、宗教自体が「自分こそがほんもの」という姿勢を崩すことはこれからもないでしょうし…。信仰は人々の心の拠りどころ。本当に皮肉なことと思います。

このドラマは今の世相にあって「私にとってどんな苦難の中にあってもなくさないでいられる希望って何だろう」と私に思い起こさせました。

ここは自由意志の大地。ここは私たちひとりひとりが自由意志の元に募られてやって来た場所です。でもここは決して希望に満ちているとは言えないし、苦しみ悲しみと常に背中合わせだし、世界平和を祈念する一方で戦火は止まない。だから私たちはつい希望を失いそうになります。

ひょっとしたら実現しないかも知れない。

誰かを守るために何か犠牲を払わなきゃならないことだってある。

誰かの希望を叶えるために夢を諦めることだってある。

だから夢と現実とのギャップに心が折れることだってある。

これだけの不協和音の中にあって100%思い通りの人生を歩んでいる人はいるのだろうかと思う。いたとしてもほんの一握りの人だろうとぼんやり考えたりもする。

私はふと

現実に押しつぶされそうになりながらも、胸の中で消えない炎はあるだろうかと、それはいったいどんな炎だろうと思ったんですね。…で、私は自分の心に問いかけてみました。

すると



 実現するとかしないとかで人はくよくよしたり喜んだりするけど

 胸の中にある炎は消えることはないよ

 それは曇り空や雨の日に太陽が見えないのと同じでね

 決して失われた訳じゃない

 心のことも同じ

 ここはね

 大変だって神様から聞いてた

 それでも志願したのはね

 良いことばかりじゃない世界で色々経験してると

 思い描いたことの半分も成し遂げていないように感じるよね?

 ままならない所にどうして来ようとしたんだろと

 後悔だってするよね?

 でもね

 ままならないからこそ見えてくるものってある

 本当に自分が何を望んでいるかが見えてくる

 そうだったでしょ?思い出した?

 世界平和なんて絵空ごとと思える世界だよね

 ここは

 だからこそ人は

 平和な世界を築こうと真剣に思うんだよ

 実現しないかも知れない

 でも

 真剣に取り組もうとする

 自分はそれを謳歌できないかも知れない

 それでも次の世代へ引き継げる何かを

 負の遺産ではない

 建設的な何かを創造ずる

 自分もその一部であろうとする

 愛

 希望

 それ以上の至福はある?

 今は訳あって離ればなれの魂の家族や伴侶とも

 再び逢える喜びを胸に

 ここでもう少し頑張って生きていこうと思う

 相手もこの空の下で幸せにしていて欲しいと願う

 もちろん

 この世の春を謳歌している人だっている

 でもね

 辛かった分 神様に言えることはたくさんあるはず

 ハッキリと私の希望は!と言えるはず

 この世界の試練はすべて理由があって成立している

 そのことは既に知っているよね?

 克服すべき何かをみんなが持っている

 ここには色んな所から色んなのがやって来ては

 篠木を削るタフな世界

 もう二度と来るもんかと思っているよね

 でも

 それだからこそ

 心から望むことはハッキリしたでしょ?

 どんな時も

 例え現象的には遠のいていると見えても

 胸の中にある炎は消えることはない

 それは曇り空や雨の日に太陽が見えないのと同じでね

 決して失われた訳じゃない

 胸の中の炎

 愛

 希望

 この両輪が

 魂を前に向かわせる

 ここは

 太陽は常にそこにあると

 見えなくても失われた訳ではないことを知るための世界

 そのことに気づいただけで
 
 充分ここにやって来た意味は報われているよ



こんな会話が



心は本当に雄弁です。私は自分の希望をハッキリと並べることができます。あまり数は多くありませんが(笑)それと同時にこの人間社会の過酷さや愛すべき点、そして限界も自分の言葉で発することも厭わないつもりです。いち宗教が世界平和を祈願しても、足並みを全世界が揃えることはないでしょう。何月何日世界平和の祈りを捧げましょうと呼びかけても、戦火も虐待も止むことはありません。それでも

人類という意識は

ジョン・レノンの『イマジン』に心を打たれる資質を備えています。実現しないかも知れない。でも、平和って何月何日に祈りを集結させるとか宗教指導者とか…そういう特別なことではなく

私は日々のことと思うのです。

あなたの中にある

私の中にある

色んなことがある人生にあって

心から望むことを

諦めないで欲しいと思うのです。





プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ