日時を指定した予言は当たる確率が低くなるという立場?

Category : つぶやき

何だか4月12日に東海地域で巨大地震が起きるという予言で大騒ぎに。出どころは…あら、またゲリー・ボーネルさん?この人ほんとうに懲りないですね。彼のスクール生あるいはセッション参加者が「予言の確立は?」と質問したところ「20%」という返事が返ってきたという。「アカシックに書いてある」「必ず起きる」と繰り返し繰り返し言い続ける…正気の沙汰なのでしょうか…。皆さんはどう思いますか?中には

日時を指定した予言は当たる確率が低くなる

これを真に受けている人も少なくないのではないでしょうか。複数のブロガーがこの立場に立ち、宛ら広告塔のよう。そうやって言い広めているのも原因かと思います。
中にはゲリーさんの本を引用して4月12日は要注意と発信、ところがデマの張本人と誹謗中傷された…「ゲリーさんは4月12日とは断言していないとして…という人まで出る始末。あの黄金の・・というブロガーですが、以下のURLを貼っておきます。

http://golden-tamatama.com/blog-entry-1861.html

ゲリーさんの著書46ページを証拠として貼って「書いてあるじゃん」
確かに。で、当のゲリーさんは4月12日が近づいたことから予言の日時を延期。YouTubeのセミナーの?動画も流出しているようです。

葛藤がない

ゲリーさんはそれが身上の人間です。「アカシックに書いてあったもん」「絶対起きるもん」「あら日付延長されたみたい」…私はね、彼がなぜ母国アメリカでは無名同然かを思い知る気がします。アメリカは訴訟大国ですからね、こんなこと続けたら告訴されちゃいますよ。幾つもの訴訟を抱えることにもなりかねない。仮に!アカシックレコードに書いてあったとして、それ証明できませんからね。訴えられたら泥沼でしょう。その点、日本人はおとなしい。しかも

日時を指定した予言は当たる確率が低くなる

という話を多くが吹き込まれている。それが事実かどうか分かりもせず、信じ込んでいます。私は書きましたよね?巨大地震の予言の中には「起きる気がしない」ものがあったと。それも「日時を指定した予言は当たる確率が低くなる」があちこちで流布されていました。

知ったがぶり

これが満延じているネット社会。口コミで広がる広がる!踊る阿呆に観る阿呆。言い過ぎですか?そうでしょうか。もうこぞって自分で考えることをしない!噂に翻弄される!阿呆でしょう!違いますか?
ゲリーさんに限らず、チャネラーやリモーチビューイング実践者、自称コンタクティありとあらゆる人間が終末論祭に参加しています。そして、事実かどうかも分からないことを事実であるかのように書き続けている。

日時を指定した予言は当たる確率が低くなる?

だったら、3.11はどうなるんです?期日指定されてたんでしょ!

ったく…本当にタチの悪い善人の多いこと多いこと。まるで実際に観たことでもあるかのような口ぶりの多いこと。プーチンとスノーデンの会話とか…おばかさんですね。自分がその場に居た訳でもないのに公然とネットに書く人の多さ!本当にタチが悪いと思います。それら全てが「自分の情報が正しい」という自信から来ています。根拠のない自信をぶら下げている人の多さには閉口します。

多くが何かの本で読んだ、ネットで見た、チャネラーが言っていた、その段階です。もう限りなく100%に近く。

日時を指定した予言は当たる確率が低くなる

その証明は統計学で立証を試みることはできるでしょう。ですが、なぜ当たる予言と当たらない予言があるのか、そのメカニズムを解明する人は現れないでしょう。アカシックの読み手とて一方通行の情報をあやふやな霊感でキャッチしているのが実情でしょう。何度も書きましたが、函館に巨大地震が必ず起きる!と断言し、「来ませんでしたね」と言ってそれでことを済ませるしかないのでしょう?もしそれアメリカだったら訴訟問題ですよ。だって、彼の必ず起きる!を信じて大切な友人家族に引っ越しを迫り、あげくにその友人に顔向けが出来なくなった女性がいるんです。私は直接そのやりとり(ゲリーと参加者の)を目撃しています。

日時を指定した予言は当たる確率が低くなるなど絵に描いた餅に過ぎない

何の裏打ちもない。じゃないのかなぁという憶測でしかない。そういうことを真面目にいう人を私は信用しません。知ったかぶりの話でしかありませんから。そういうヤツに限って、エリザベス二世の充血した眼(まなこ)写真を貼って「爬虫類人間の証拠」と吹聴する、ダイアナ妃がイギリス王室女王を「スネイク(蛇)」と記者に語ったとブログに載せる…でもね、英語にはそういう比喩表現があるんですよ。多くが知らない、彼ら自身も無知。



この記事を読んでいる中にも「日時を指定した予言は当たる確率が低くなる」を信じている人がいるでしょう。何を信じる信じないかは人の自由です。ですが、明らかに変だと私は書きました。時系列を取り上げて自説を主張する人もいますが、本当にどれも本や人の話の

受け売り

もうそういうのから足洗いません?

もう今は何が起きてもおかしくない時期に差し掛かっています。妙な事件や事故があまりにも多過ぎる。巨大地震は日本に限らず起きる可能性があるのでしょう?
日本は今、放射能汚染が更に深刻化しているのでしょう?

ゲリー・ボーネルねぇ。え?イルミナリティだった…そうなの?っていうか、そんなのどうでもいいことでしょう。予言癖にしても。
何だかねぇ、巨大地震を回避する…規模を最小限にする…集合意識が恐れを手放すようにいう祝詞を拡散している人いるようです。20日までですか?巨大地震の恐れは。無事に過ごせたら、そのお陰と言い出すんでしょうね。

本当にタチが悪い。罪作りと思います。





プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ