ずいぶんおかしなことを言ってくれる

Category : 辛口ごめんなさい

今日書く内容は憶測でも推測でもありません。私自身が見聞きした上での見解。個人批判という意見は従って受け付けかねます。今に始まったことではない?確かに(笑)

さて

アカシックレコードにアクセスする分野は既に定着。スクールも盛んで卒業生なる人たちも五万といることでしょう。しかしながらアカシックリーディングの大家で前言を尽く撤回し続ける人物がいます。
彼は「アカシックレコードに書いてあることに変更はない」としながら予言が外れると諸事情が発生したと説明を繰り返しています。中でも「函館に巨大地震が来る」「絶対に来る」とある時期を特定して拡散を受講者に促したことがありました。私は人に誘われて受講し、それを聞きました。ところが何も起きませんでした。後日、知り合いが函館にいる人が再来日したアカシックリーダーに責めるでもなく「私は絶対に起きるというあなたの言葉を受けて友人に引っ越しを勧めました。友人は私を信頼してお子さんの転校までしたのですが、何も起きませんでした。私は友人と決別しました。私はあなたを責めているのではありません。いったいどういうことかお聞きしたいのです」そういう内容でした。以前にも書きましたよね。

その答えですが、「確かにアカシックには書いてあった。お気の毒には思うが」でした。

皆さん、どう思いますか?

もう10年以上前のことですが、その人物はアカシックレコードで記されていたアセンションに関するものが最近変更になったという声明を出したようです。私はそれを読みました。アカシックは宇宙図書館のようなものと言われています。

ずいぶんおかしなことを言ってくれる

それが私の見解。私はアカシックとは幾層にもなっており、それは流動的であるという結論に達しています。そして正確な読み手はこの世に存在しない。当たるも八卦当たらぬも八卦の域を出た者はいないということ。アセンションすると言われ、後日改めて個人セッションを受けた時、ここに留まると言われたという人物もいます。言われることを鵜呑みにして自分の直感を後回しにしている鄢著な例と思いますが、その自覚がないことにため息を禁じ得ません。

人は人

ですか?

私は薄暗い教室でひとり目覚めた者

裸の王様は決して事実を知りたくないことを知る者

アカシックリーダー自身がアカシックに依存しているのでしょうか?

それを私は否定できません。

視える 聴こえる 

そこに甘んじる限り『目覚め』はありません。リモートビューイングにしても想像と妄想の危うさを露呈しているケースが少なくないと思います。猫も杓子もスクール受講生。私の知り合いだった多くのチャネラーもその域を出ません。自分の頭の上のハエも追えず、よく人さまからセッション料を頂けるものだとこれまたため息を禁じ得ません。

いつまで盲信をするつもりなのでしょう。視るものも視てもらう者も。

アセンション

前出のリーダーが「光の12日間」に起きることをレクチャーする場に私は居合わせました。彼は「葛藤を手放せなかった人々には死が訪れるが、完璧に目覚めていた葛藤を手放した人はアセンションする」という講義でしたが、こういう主旨の質問が出ました。

「じゃぁ私たちは(受講者)は死者の山を目撃するのですか?」

すると

「いえ。目撃することはありません」

それが答えです。皆さん、私はこの段階で気づくべきだったんです。十数年前の私は今の皆さんのように曖昧な感覚でいましたから、そういうことも起きるのかも知れないと深く考えもしませんでした。愚かでした。

いいですか・・・!

完璧に目覚めた12日間を経て そして アセンションする

葛藤を手放した人々と葛藤を手放せなかった人々は光の12日以前に別な場所にいることになります。

おかしくないですか?

この地球上でアセンションは起きるのですよね?

確かに可能性として映画『ノーイング』のように選ばれし者は宇宙船で危機一髪のところで救済されるのかも知れません。

完璧に目覚めた12日間

それはいったい何処で起きるというのでしょう。今はニュースが世界を巡っていますが、電磁波の影響が懸念されれば、通信網は絶たれる可能性が考えられます。しかしながら

完全に目覚めた12日間 あるいは12ヶ月間

それを成し遂げた者だけがアセンションするのであれば、その12日あるいは12ヶ月を彼らは何処で過ごすのでしょう。

根本的に不可能と私は思います。つまりその人物がアクセスするアカシックレコードは完璧ではないということをこれは示唆していると思います。

袂を分かつ

案外早い時期に私はアカシック情報から離れました。それより自身の直感に委ねようと思ったからです。事実、その後の全てがその選択で良かったことを物語っていました。

そして今またアカシックは書き換えられたと声明文を出している・・・そうしょっちゅう書き換えられるレコ-ド情報って何なのでしょう。書かれたものを拝読しましたが、「そんなことずっと前に分かっていたこと」という内容でした。
まだまだアカシック情報に信頼を寄せている人は多いでしょう。当たった!ケースを基準に判断していますからね。しかしながら函館のことと言い、必ず!2001年に彗星が地球にぶつかって地上から生命が劇的に減少するということと言い、必ず!が尽くダダ滑っている事実が表沙汰にならないのは悲しい事実。しかも12日をアセンション研究グループから否定され一旦は前言撤回し、またもや12日!と言い出す・・・つまりその人物自体が事実に行き着いていないということではないでしょうか?

知り合いにアカシックレコードを読むという主婦いましたけど、ガセばっかりでした。もうこれは祭り。誰もが神秘に傾倒して正気を失っているかのようです。

3.11を当てた?

えっとですね。そういうことを吹聴すること自体が品性を欠いているんですよ。

私たちは既に自分の人生のコースは決めて転生してきています。どういう時代かも承知の上のトライアルなんです。どうしてそう情報を欲しがってばかりいるのですか?情報提供者とて情報を知りたいから目に視えない領域から引っ張り出してくるのでしょ?

外にばっかり注意を向けて

内在する心眼に目もくれず、いつまで彷徨う気ですか?

えぇ外の情報に救いを見出そうとするうちは少しばかりチャネルができようと、アカシックが読めようと

覚醒はあり得ない

しかもお金が動いてますよね?

真実ってね

個々の内側にあるものです。だって、あなたの人生でしょ?

記憶にございません!をいつまで言い訳にするつもりですか?

記憶がないのはそれじゃトライアルにならないからでしょ?

受験会場に予め全ての問題と答えを前もって持ち込む人います?それズルでしょ(笑)私たちは挑戦者なんです。この時期を

地球卒業の時期を選んだということは

それだけ容易くはない。そうですよ。外に答えを見出そうとする間は容易くはないという発想に終止するでしょう。

皮肉にも

同じ環境にいてもそれぞれの現実がある。私は世田谷に住んでいます。避難はしませんよ。放射能汚染は東海・関西にも及んでいると言います。なにごとにも対策はある。アイデアを尽くして生きる。

知恵を尽くす

絆を育む

精神世界から足を洗う(笑)

修行僧と同じで深山分け入り、魂を磨いたのであれば、娑婆世界でこそ力量を発揮せねばなりません。





それ私たちのことではないでしょうか?









プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ