そんなものに使っちゃいけませんって

Category : 辛口ごめんなさい

少し前に『全ては宇宙の采配』木村秋則さんの話 をしました。覚えている方もいると思います。

この木村さんの、宇宙人と遭遇した話を、人に頼まれて、易学で占った人がいることを知り・・・私、我が目を疑ってしまいました。
何でも易によると、木村さんが遭遇したのは宇宙人ではなく、霊的存在なのだそうです。木村さんも奥さんもその他の人も木村さんの家近所でUFO目撃していると著書にも書いてあるんですけど…。
まぁUFO自体、未来人時空間乗り物説(!)もあるようですから、諸説入り乱れるのはいざ仕方ないのでしょうが、ウソかマコトか知りた~いという要望に応えて、易学を使ってみたところ、宇宙人ではないと判明した…ですか? 易学って100%正しいんでしょうか? 本当に呆れた人たちですね。

ウソか本当か占いで証明できると本気で思ってること自体、私は信じられませんが、占ってみたらば、「こんなん出ました」ですか? 冷静さを欠いてますね。
第一、木村さんが遭遇したのが宇宙存在かどうか、占って、どうするつもりなんでしょう。単なる好奇心でしょうに? 
それに答えるべく、応えるべく、易学を使う…そして、「人は自分の信じる物差しで物事を見る」とか何とか…私は「あなたこそ」と思いますけど。

えぇ、どう易学を使おうとも個人の自由です。自由ですが、好奇心以外の何ものでもない事柄には「それを知ってどうするのですか?」と相手に問いかけるくらいの器量が欲しい気がしますよ。もちろん私個人の意見ですが…。

占いは当たるも八卦当たらぬも八卦です!

「こんなん出ました」が100%真実とは限りません!加えて、こういう使い方は人の揚げ足を取るとも言う、慎むべき行為ですよ。しかも占い結果を鵜呑み。実際、木村さんの著書を読めば、占う必要がないことは分かると思いますけど。木村さんの本を読んで「ウソか本当か知りたい」と占って欲しいと言う方も言う方なら、それに乗る方も乗る方ということです。

中国訪問した某国のトップをして、クローンか否かと、タロットを使い…エンジェルカードを使い…証明しようとする人たちもいる…天使カードを、自分たちの好奇心を満足させるために利用…ですか? 放っといてくれ、ですかね。「私たちは意気投合してるんだから」ですかね。

何という無邪気さでしょう。

知ってどうするんでしょう。「好奇心の何処がいけない?」と、かえって居直りそうな人たち…悪意もなく邪心もなく、占いに興じる…そして、「私もこんなの出た!」とネットで交流する…何という末世なのでしょう。まるでこっくりさんに興じる女子みたいですね。

易学をそんなものに使っちゃいけません。天使のメッセージもそんなことに使ってはいけません。

えぇ、いつもの老婆心です。

悪気がない。それをよいことに好奇心を満たすために占いやカードを利用するって、どういう了見でしょう。占術やカードは人の先行き不安に応えるための知恵。某国のトップがクローンかどうかに使って、知って(事実かどうかは不明)、どうするんですか? 好奇心を満たしたいだけでしょ? 違います? 愚かですね。

これは、遊びに夢中になった子供と似た現象です。周りが見えていない。「これくらいはイイだろう」「知りたい!それの何処が悪い?」・・・ですか? 




そんなに知りたいのなら、物に頼らず、自分の直感に聞けばイイ!



私たちは常にお試しのただ中にいます。



占術・エンジェルカード・タロット 好奇心は 慎まねばならぬ 最たる事柄です。




プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ