ただちに健康を害するものではない…?

Category : つぶやき

[ 追記 ]
放射性物質、北半球全体に拡散…国際機関発表 (読売新聞 4月8日(金)11時27分配信)

核実験全面禁止条約機構(CTBTO)準備委員会(本部ウィーン)は7日、福島第一原発から放出された放射性物質が太平洋上などを移動しながら拡散し、3月25日頃までに北半球全体に広がったと発表した。
日本以外で検出された量は極めて微量で、人体や環境への影響はないという。
同原発からの放射性物質は、3月12日に群馬県高崎市で観測された後、14日にロシア東部、16日に米西海岸に到達した。その後、大西洋を越えて、23日頃にはアイスランドでも検出された。同委員会では、高崎市など世界63か所で観測施設を運営している。【ウィーン=末続哲也】


皆さん…日本全国が放射能飛散地域と思った方が賢明です。今私たちに出来ることを一緒に考えて行動していきましょう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今回の地震が及ぼした放射能不安。解消するのはいつなのでしょう。昨日は昨日で韓国にも放射能空気汚染を懸念して外出時にはマスク着用という動きがあったとニュースになりました。学校休校もあったようですが、日本はその点こういう迅速な対応は見受けられません。後手後手という印象は否定できません。それには私たち民衆がパニック騒動を起こす懸念があるためかも知れません。買い占めや放射能数値が基準値を超えた(いち時期でも)野菜は買わないという向きは確かにあります。

そして昨夜、震災後、最大級の余震が…東京も1分強は揺れたでしょうか。宮城県、福島県の方の不安は筆舌に尽くし難いでしょう。東京とて人ごとではありません。東海・南紀地方に住む人たちも同じ気持ちではないでしょうか。

さて

今日はふと思った

政府が度々言う『ただちに健康を害するものではない』に関して思うところを書いてみようと思います。これは私個人の所感なので、こういう考えもあるのかというふうに読んで頂ければと思います。

揚げ足を取るようですが、ただちに健康を害するものではないって、つまり

長いスパンではどうんだろうとふと思ったんですね。東大教授とか識者が色々解説者としてTV登場していますが、何か砂上の楼閣を思い起こさせます。何かシックリ来ません。何故かと言うと

・5年10年、いえ数10年というスパンの医療データを出す人がいない

・チェルノブイリ等の事故後、医療に実際携わった人ではない

つまり彼らが提示する資料はペーパー上でしかない。昨日のyahooニュースでゼオライト石を原発域の海流に使用する案が浮上したと報道されていました。ゼオライト石は私も既に取り寄せていてベランダの植木に使用しています。水やりもこの石を入れています。この石に関しては各々で検索かけて頂きたい。エッセンスもあるようで…そうそうゼオライトのサプリメントで薬事法に関する逮捕者が出ました。アメリカから取り寄せてライセンスも持っていないのに販売。曰く「儲かると思った」のだそうで、けしからん!輩ではあります。

さて

ウチの者(夫)でさえ「政府として言えないことがあるんだろうな。パニック起こされた方がかなわんだろうしな」と呟いてます。その真意は定かではありませんが、東電・保全委員の発表がのらりくらりなのは由々しきことで、私は事故以降の発表に不信感を持ち

自分の身は自分で守らなきゃとキッパリ思いました。家族・友人も私にとって大切。色々しらべていくうちに決して打開策がない訳ではないという結論に達しました。皆さんも同じと思いますが、色々打つ手はあります。広島原爆後に味噌・玄米・ミネラル塩で患者を治療したお医者様がいたのは有名な話。チェルノブイリ事故後、ヨーロッパではフラワーエッセンスが研究普及されたと聞きます。TVに登場する教授諸氏はそういう情報出す立場ではないでしょうけど、勉強情報不足も否定できないのではないでしょうか。

波動研究家の江本勝さんのHPには興味深い話が掲載されています。興味のある方は是非ご覧ください。今回の放射能汚染が懸念されるとして地下水を江本さんの研究所に送った人がいて、やはり汚染されていた…その結晶は無惨なものでしたが、波動水を転写したところ結晶は綺麗なダイヤモンドの形状を示した、その経緯が写真とともに掲載されています。

すべては波動

確かにそうです。でも安易な思い込みが横行する危うさも秘めていると私は感じてます。妄想紙一重、サイキック・シャーマン頼みがあちこちで見受けられます。

私は最悪の事態を想定して最善を尽くすという主義。自分なりにベストを尽くす。そうして何かあったとしても「仕方がない」くらいの達観を持っています。要はベストを尽くすこと。しかしながら、それは精神論や安易なスピリチャリズムは論外と思います。原発を「昆布でグルグル巻きにして好き好き~と抱きしめれば大丈夫」と公言し、恋心とか発散する人など顕著な例でしょう。自分が9時に祈っているからと祈りをその時間にと啓蒙した人もいます。UFOが原発を浄化するビジョンを視たと言い出す人も。

原発事態は収まりましたか? そういうのを安易なスピリチャルとも妄想とも思い込みとも言うんですよ。

今日日の幻視はとても危険です。何度も繰り返して警告していますが、今はこの世とあの世の境が希薄になっていて魑魅魍魎がウジャウジャ徘徊しています。すごく多くないですか?見えるとか聴こえるとかいう人。
霊能者まがいの言動が横行している…それは何を物語っているかというと、精神世界も世界の動向と同様に臨界点に達しているということ。私はそう視ています。幼子が不思議な話をする、恐ろしいビジョンを口にする。彼らはジャッジせずに視たまま聴こえるままを素直に信じてしまいます。とんでもない存在を引き寄せている例も実際にあるんですよ。気をつけてくださいね。

そうそう

原発に罪はないとか言いたがる人いますよね?

すっごく安易なセンチメンタリズム。そう私が断言する背景には

人に善人悪人がいるようにこの世の森羅万象も同様。正直な人がいれば詐欺師もいる・・・どちらも人間。そうですよね?物質とて同様なんです。その辺の理解が至らない人が余りにも多すぎる。感情と霊視の違いも区別出来ない人がネットを徘徊している…とても危ういと私は感じています。

微生物も同様に生態系にとって有り難いものもあれば

生態系を脅かすバクテリアも存在する

目を覚まして下さいね。

さて

ただちに健康を害するものではない

ですが、孫子の代に今回の放射能がどう影響するか、誰も予想がつかないというのは実情と私は思っています。自衛策は、なのでそれぞれが自己責任で取らねばなりません。根昆布水もそう。味噌・玄米・ミネラル塩もそう。ゼオライトだけに留まらず、石の中には放射能浄化があるものは複数あります。

また

私はリンパの流れをスムーズにすることも重要と感じています。何も高額のマッサージを受け続ける必要はありません。耳の付け根から首筋の流れ、股関節、膝裏、足裏、脇、リンパの流れに沿って、お風呂に入っている時にでも手当てをすることができます。想念はそういう時に感謝とともに流すようにした方が賢明かと思います。

それとともに大切なのは



皆さん

水が要です。

長いスパンで、しかも続けられるのは食ですよね。煮炊き、飲用水として自分で安全なものを取り入れることも大切と思います。電化製品や浄水器に頼ることなく、竹炭や花崗岩などで浄化した水を野菜果物を洗う際に使用するとか色々あります。ゼオライトだけでなく、放射能汚染を浄化する石は他にもありますから、それぞれ調べてみてくださいね。

私はTVに登場する教授の話を採用しません。採用する気になりません。

今回の地震を闇の勢力の仕業というサイキックや霊界通信情報は論外と私は思っています。
闇と闘っているとする霊能者も同様。

いいですか。地上にある魂は一枚岩ではありません。出身もまちまちだし、課題もまちまちなんです。日本に住むからと言って、出身も霊的階梯も一枚岩ではありません。日本民族よ!と神界・龍神界を彷彿とさせる啓蒙本があるとすれば「お勉強し直しましょう」と私は言いたくなると思います。何故かと言うと、過去世ヨーロッパという人はどうすれば良いんですか?実際にいるんですよ。

魂のルーツは例え今日本人に転生していようとも一枚岩ではないんですよ。加えて、そういう啓蒙本を出版する人がアメリカ人だったとしましょう。そうした場合はどうなるか…予想できるのではないでしょうか。

何処の国に住んでいようが、出身がまちまちであろうが、私たちは心を通じ合わせることが大切を思いますよ、私は。

日本民族の美徳

それは世界が認めるもの

今回の相身互いの精神は世界を驚かせました。でも、だからと言って殊更に民族意識を鼓舞するのはどうなのでしょう。

能ある鷹は爪を隠すと言います。

日本に住む外国人はどうなりますか?

もう民族がどうのという垣根をとっぱらって、まっさらな心で私たちは相互協力を押し進めていくのが望ましいと思いますよ。

そうして

私たちそれぞれが出来ることを見つけて協力し合いながら実行していくのも望まれるかと。




そうそう。私の知り合いにアトピーのお子さんがいて、授乳期にそのママさんは大豆食品を絶っていました。偶然ですが、自然食品の人が私に「大豆アレルギーの方っていますよね?でも、冷やヤッコにショウガやネギといった薬味をなぜ添えると思います?美味しく食べるだけじゃなくアレル物質を緩和する働きがあるんですよ」という話をしたんですね。私はそれをそのママさんに話しました。で、彼女試したそうです。すると赤ちゃんに大豆アレルギーの反応が出なかったそう。

そういうふうに自然界って良くできてるんです。ただ私たち人間が気づかなかったり、思い込んだりしているだけってことも多々あると思います。目からウロコなことはまだまだたくさんあるのだと思います。科学的じゃない医学的じゃないと理由で玄米・味噌・ミネラル塩をないがしろにする人だっていると思います。根昆布水だって一笑する人もいるでしょう。でも

継続は力

日本国内の報道より海外メディアがなぜ放射能に過敏になっているかは諸説あるようですが、私は体感的に日本国内のTV報道は「ただちに健康を害するものではない」に終止しすぎていると思っています。実際うっかりマスクなしで外出してアッという間に口の中がカラカラになった日があったんですね。こんなこと今までありませんでした。ベランダで洗濯物を干すかどうかも空気感で私は判断しています。何とも言えず「ヤバい!」と感じる時ってあります。一度、ベランダに出ていて、異様な雲の動きを目撃したんですね。嫌な気分になったんですけど、原発事故が報道されました。「このことか」と思いました。サインってあります。




皆さん、自分の直感を研ぎすます好機ですよ!




政府のやり方を私はどうのと思うより、自衛と思います。



これまでのシステムじゃ廻らなくなります。貨幣経済じゃ即!なくなるとは思えませんが、もう金銭を越えて相互協力せざるを得ない事態でしょ?寄付金は浄財ってことでしょうし、それは自己の利益を優先しない方向性ですものね。

クリーンエネルギ-への移行も必然かと思いますが、どうでしょうね。企業の利害が絡んでくるでしょうし、人間は利害に敏感ですからね。スムーズな移行は難しいかも知れません。でも、被災地で太陽光発電が大活躍しているそうですね。とても嬉しいニュースでした。

もう原発に頼るような

湯水のようにエネルギー浪費する時代は去りました。私たちは移行期を生きていることを自覚する必要があります。

太陽光発電や風力発電を皮切りに

それえだけで問題解決にはならないでしょうけれど、第一歩には違いない。

日本は地震国なのに原発を何基も。それは暴挙だったということに私たちはやっと気づきました。フリーエネルギーは既に開発されていると、ウチの者(笑、頑固ものでさえという比喩に度々登場)でさえ言います。福島の被災地の人に限らず、私たちは

原発はいらない!

という主張の波に乗っていかねばと思います。署名運動。えぇ私は署名しますよ!今回の事故で東電の無力さが露呈しました。下請けの人たちに危険な作業をさせて自分らは安全圏で報道対応しているんですから、あのTVに登場している顔を見る度に複雑な気持ちになります。彼らは、私たちがパソコンは使えるけれど、直せないですよね?それと同じと広瀬さんという原発に警鐘を鳴らし続けている人が言っていました。まさにと私も同意します。

これから私たちにできることはたくさんあります。

まずは家族の健康管理。安全な水の確保。被災地を最優先する心がけ。

そして

「ただちに健康を害するものではない」には

「ふ~ん」と暖簾に手押し(笑、笑いごとじゃありませんけど)福島県産の野菜果物を私は放射能浄化した水で洗い、その野菜を浄化して

感謝して

食す覚悟を決めました。もう日本何処で住んでいようと変わらないと思いますよ。だって韓国でマスク着用というニュースが流れるんです。過剰反応と切り捨てる気に

あなたはなりますか?

ロシアなどは「汚染水流すな!」と怒っているんですよ。

今回の原発事故は人災と誰が否定できますか? CNNニュースにあの原発設計者が涙ながらに語った映像をYouTubeで観ることができます。東電が予算ぎりぎりを提示してきたこと、その予算内で最低限の設計しか出来なかったと。もし当時の東電責任ある立場の人が

安全を

最優先していたら

今回のような津波は想定外だったでは済まされないことでしょ?

そう思うと本当に許し難い。でも過ぎたことは仕方ありません。



私は自衛する方向で大切な人を守る

食が危険と背中合わせでなく

感謝の気持ちで水も食事も摂取できるような環境を自分で整える

そのためのノーハウはあるということ

決して私たちは無防備でも

無知なままでもないということを知って頂ければと思います。





プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ