結婚に向いていないタイプの男 解体新書

Category : つぶやき

写真ブログの方で熱く語っている『私の名前はキムサムスン』韓流ドラマ談議(笑)。ドラマご覧になった方いますか?私は不覚にもハマってしまいました。最後はハッピーエンドなんですけど、人ってどうしてこうも恋愛に不器用なんでだろうとチカラ込めて観てしまいました(笑)。まあ中には恋愛の達人もいるのでしょうが、大多数は色々悩んだり躓いたりしながら出逢いと別れを繰り返すのですよね。

私も決して器用な方ではありませんが、相手がいないと悩むタイプでもなく、「カレ欲しい」などと言う連中(失礼なヤツですよね)を「恋愛って縁なの!欲しがるものじゃないことも分からんのか!」とか何とか(笑)エラそうな娘ではあったんですけど。確かに男子から「お高くとまってる」と評判のtakakoさんではありました。

でも、ピンと来る相手って…いるもの。目と目が合った瞬間のときめき…!やっぱり男女って出逢いなんだと私はその辺は譲れないですねぇ。今日日の合コンだの婚活だのは「私の辞書にはない!」な性格。いなきゃいないで別にどうってことなかったし、妥協するつもりもない。「だって運命の相手ってきっといる」という確信が私にはずっとあった訳です。

今思えばそれも微妙とは思います。何故なら自分が転生するに当たって繰り広げられたドラマ…天界でのやり取りを思い出していますから。

結論から言えば、運命の相手とは時空を超えた『絆』で結ばれているということかと。

中には、今世は互いの魂の成長のために別々の人生を送ろうと約束したカップルもいるようです。あるいは催眠療法の際に、ソリが合わずに別れた異性が魂の伴侶だったと知るに至ったケースもあります。選択肢は幾つか用意されていて、そのひとつを選んだということだったりするのでしょうね。魂の世界に還れば「何だか色々あったねぇ」なんて再会して(笑、笑いごとじゃありませんけど)一緒に振り返るのでしょう。




さて、今日のお題は『結婚に向いていないタイプの男 解体新書』。私が知る限りなので絶対!はいつもと同じでありません。
同時に複数の異性とつき合うタイプや結婚しても浮気してしまうタイプを霊的観点から診てみようという試み。不埒な行為が魂にどういう影響を与えるかにも触れます。
ただし、これは罰が当たるとかいう類いの話ではありません。魂は常に自己責任を負っていますし、常にバランスを取ろうとする性質を備えています。
また地上で肉体を伴って生きるということは常に人間関係のただ中に身を置くということでもあります。つまり相手のあること…相手にどう自分の言動が影響したかを量る実地体験。それを活かすも殺すも自分次第ということなのだと思うんですね。

その例として、今回は私の亡父を取り上げてみようと思います。身内ですからね、ビシビシと書いてみようと思います。それでは「いざ!」





[ 父こそは ]

結婚に向いていない男の代表選手かと。

魂の性質がそれを物語っているんですね。父の魂は芸術家肌のロマンチストで鋭い感性を持ち、懐も広く、なかなかの器ではあるのですが、如何せん!

自由恋愛の達人。

魂の世界では問題ないんです。婚姻という制度がありませんし、所有という意識もありません。ましてやステディーな相手…魂の伴侶を有していた訳でもなく、真から自由を謳歌していた魂でした。

父が人間となり地上で生きようとした動機はエンターテイメント表現。そこに一番の趣を置いていました。肉体を持つことで果敢に自身の才能を投影させようと挑んだ訳ですが、同時に色んな存在を体感できる天界と違い、地上はひとつの肉体に固定されますよね。ましてや婚姻という制度が確立しています。

要するに父はその辺の認識が甘かった。

アダムとイブという創世神話が事実かどうか知る由もありませんが、要は番(つがい)という単位で夫婦となり家庭を営み子を育てるという…まあ国によっては一夫多妻制もありますから、一概には言えませんけど、不本意ながら。
ひとつの命を産むとはどんなに一夫多妻制であっても一組の男女が基本。『対』というのは命をこの世に届ける単位と言えるのだと思います。

そういう世界に転生した父ですが、持ち前のロマンチストが幸か不幸か…しかもモテる要素満載な男気ぶりな実体をチョイスしています。要はその器に足るということなでしょうね。そうして幾つかの転生を送るうちに…、不誠実のレコード(魂の記録)を天界に持ち帰るようになりました。

この世で体験したことはすべて魂に記録されます。自分の行為が人間関係に落とした『影』を父は顧みる機会を与えられて、自分がどのように行動すべきか内省の機会を与えられました。
いわゆる『人たらし』な性格。悪気はないけど酷なことするよね、という…見境ない輩ではないけれど、モテる質のオトコっていますよね。父はまさにそういうタイプだった訳です。

加えて美しい女性に惹かれるのは無理からぬことではあります。父は美人の奥さんをもらって子どもも授かり、それなりに一家を養っていたようです。いくらモテようがケジメをつければ良いものを自由恋愛の達人よろしく…だった。
婚姻とは互いに誠実であることを誓い、その上に成立するものですが、世の多くの男性も女性もアバンチュールに色めき立つ気持ちにブレーキが利かない。中には浮気が本気になるケースもあります。

父の場合、過去世の宿題が大きく今世の父の婚姻に影を落としました。いくら悪気がなかろうと父の行為で傷ついた妻がいたのは事実。妻子持ちの父は母と駆け落ちしてそのまま母と連れ添いました。過去世では正妻さんの元に帰り彼女に看取られたようですが、今世は出張先で独り末期を迎えました。

父が言うには(霊的会話)

「おまえを残して逝かねばならない刹那…それまでの転生が甦った 
 そして、どの転生よりおまえたちを…
 幼いおまえを残して逝かねばならないことに胸が張り裂けそうだったよ
 いずれかの転生で私は幼子を残して逝った
 しかしながら後の心配はないことの方が大きく、精一杯生きた充足感の方が大きく

 おまえは私にとって宝だのに 天はこの苦痛を経ることでしか
 私が真に、自分の行いがどれほど人に苦痛を強いたかを自覚できない質であることを
 天は知るからこそ この試練を与えた だのに
 私はおまえを残して逝く刹那…失う苦痛に恐怖さえ覚えた

 人世とは魂の決めごとに加えて誘惑も多いなあ

 よほどの精神力がなければ立ち行かないことも多いなあ

 おまえは私の宝だのに 守ってやれない苦しさは思う以上だったなあ

 人世に三たび四たび降りても おまえと相見えること叶わないなあ

 後悔はしていないよ うそはないよ
 おまえは私の懐からはみ出すようにして 心決めをして次をもう決めているんだな
 それを私は祝福しよう 何処にいても愛するよ 
 学んだよ だから心配しないで」 



父は死後、生前の自分の行動を一部始終見せられたそうです。そして、自分が次に何を成すべきかを悟ったと言います。最後のチャレンジの覚悟を持って。

三次元人社会は『対』を通して誠実であることを学ぶ場でもあるのでしょう。もし愛を結ぶことが転生の目的であれば尚のことなのかも知れません。罰が当たるとかいう問題ではないのだと思いますが、この誠実というテーマで躓いている魂って結構な数いるようです。私が視る限りではありますが…。

しかしながら、父の場合は自身の創造や力量、可能性を投影するのが転生の主目的だった訳です。あるいは一国一城の主であることを自分に課した転生もあったようですから。恋愛や結婚はその中の重要な要素ではあっても…優先順位では二位三位だったのかも知れません。

難しいですね。

バラエティ番組で浮気ネタで笑いをとる風潮がありますが、オトコとはそういう生きものという論理はこの世でしか通じないようではあります。私が視る限りでもバッテンな人かなりいますから。奥さんに贅沢させていようが、ダンナはブーメランよろしく「最後は私の所に帰ってくる」であろうが、

婚姻というシステムはある意味、愛という側面の、相手に対して変わらず誠実であることの試金石なのかも知れません。

人間のご都合主義のへ理屈は神様には通じないってことです。何故なら赤い糸は神様に結んでもらうと聞き及びます。



この世には誘惑が多い。綺麗な女性も素敵な男性も数多。美食もほどほどにしないと健康を害するのだし、あらゆる事を通して、私たちは魂磨きをしにやって来ているのだとしたら…、

本能の赴くまま 気分次第に は ご法度かと。



いずれにしても、父は本当に結婚には不向きな魂。



何処かに転生しているようですから、今度は芸術活動に邁進して、直感力を磨いて、自分は結婚には不向きな男だと早い段階で悟って欲しいなと(無理か)。



でも…ですね。一度結婚したものの性格の不一致で離婚。その後に魂の伴侶と出会うという予定を立てて転生するカップルもいるでしょう。不倫という事態を経て、というカップルもいるでしょう。父と母も駆け落ちではありますが、微妙にそういうカップルとは違う気がしますが、私。

愛し合う相手と出会う。それが人生の目的で苦楽を共にしようという計画であるのなら…、そういう魂の伴侶ってどんなに歳月がたとうと爺婆になろうとラブラブなのではなかろうか。




そういう老夫婦…時々見かけます。



きっと「来世もおじいさんと添い遂げたい」なんて言えるんでしょうね。お父さんに爪の垢でも煎じて飲ませたい。






プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ