ポイント制?

Category : つぶやき

mixi友の日記を読んで「フム」と思ったことがあります。


今日日はお給料銀行振込が主流。手取りという方はめっきり減ったのではないかと思います。中には今も手取りという方もいるかと思いますが、ニューヨーク在住のそのmixi友も「そう言われてみれば、ショッピングやレストランでの食事代や公共料金なんかは自動引き落としになってるから実際にお金でってことは少なくなりましたね」と感想をもらしていました。

昔々の人は「そんなことあり得ない」と信じないかも知れません。
数字が行き来する…貨幣経済ってここまで進化したということなのでしょうね。確かに便利にはなりました。本当に世の中変われば変わるものです。

随分前に「ゴールドを買っておきなさい」というチャネラーがいました、半端なく価値が上がると。貨幣経済はいずれ崩壊する、お札は紙切れ同然になるという話でした。
確かにドルは下落の一途を辿っています。アメロですか?新ドルを発行するのではないかという噂も飛び交っている昨今(知ってました?)。ゴールドは高騰していると言います。何とも…マネーゲームに踊らされているような気もしなくはありません。

でも、どれくらいの人口密度なんでしょうね、金相場に一喜一憂しているのは。何だか遠いことのように思えてなりません。
世の中は大きく変わろうとしているんですね、そのことだけは確かなようです。経済危機を生き抜く我々ということでマスコミもその流れに一役も二役もかって出ています。

でも、その反面、自作農を目指す人もジリジリと増え続けている。これもマスコミが取り上げており、シブヤ米も出没。一種ファッション的な取り扱いもされるようになりました。
これもひと昔前には考えられなかった時流。農業がファッションになるって誰が思いついたでしょう。

区画提供を受けて自分たちの食べる分は自分たちでという。これには健康志向も影響されているようです。食の安全への関心が若い層にも広がりをみせているんですね。例え大多数が一時期の流行に乗ったとしても、何%かはホンモノになっていくんはないでしょうか。

これは貨幣経済がすべてではないという兆しのような気がして。

多分ですが、
まあ長いスパンでのことではあるでしょうけれど、通貨は物理的には消えて数字が一人歩きするようになるかも知れない…なんて仮想も成り立つ気もして。
カードやIDというふうに身分保障とリンクしたシステムに移行するのではと思ったり。そうするとゴールドを幾ら貯め込んでも…いや、資産運用という点ではポイント高いのかも知れませんね。ゴールドは一番信頼できる資産ということになるのかも知れません、マジで。

でも、これって…、貨幣から物的に変わるだけで『持てる者と持たざる者』という思考パターンは何の変化もしてなくないですか?

考えてみると、

ゴールドもオイル同様に有限。無限ではありません。後は争奪戦ですか?何ともやりきれない話ではあります。持てる者至上主義ですか?

どうしてもそこから頭が離れないんでしょうかね。

第一、

…ん?ちょっと待って下さい。

貨幣であろうと石油であろうとゴールドであろうと安心と豊かさを『買う』という思考と、

安心と豊かさは自分たちの手で作っていこうという流れも世の中が受け入れ始めているということ?

『買う』ことから『作る』への移行。

いずれにしてもどちらも生き甲斐の創造ということではあります。価値観を何処に置くかだけで。でも、価値を何処に置くかだけで大きな差が出来るかも。

その溝は埋めようもなく広がる可能性もなきにしもあらず。まあ長いスパンではあろうと思いますけど。




長いスパンをかけて、

通貨は『数字』、ポイントという形式を人社会は取るようになるかも知れません。IDで会社・都道府県・自治体・政府も国民を管理しやすくなるでしょうし、どの人がどの家庭がその所帯主がどれだけ『稼動力』があるか量る『管理システム』に移行するかも知れません。

あるいは、
独立したコミュニティがあちこちに現われて、独自のルールに則って集落を構成し流通するという社会も考えられなくはありません。

その前に、
これまでのような国民に見えにくい政治から、ガラス張りで国民の声が国政に大きく影響するという政治へ、が先決ですかね…。エネルギーも使うから『作る』時代にというCMも流れていることですし、国・自治体の予算を「何とかして使い切らないと翌年予算を減らされる。だから何としてでも使い切るぞ!」という意味不明な考えを捨てさせることも先決かも知れませんね。こういうのって民間企業だったらあり得ない、まさに『甘えの構造』とウチの者も怒っておりました。

エネルギーにしても、
フリーエネルギーですか…?もう既にあるとスピリットも伝えてきます。それが未だに世の中に流通しないのは何故なのでしょうね?

私たちは、
独自の道を進む時が来ているのかも知れません。

世の中がどうであれ。人様がどうであれ。

自分は何をしたいか。

自分はどう生きていこうとしているのか。

ましてや、どういう社会で暮らしていきたいのか。

多分ですが、
自然と流れは出来ていくと思いますよ。言い出しっぺっているものなんですよ。時流の最前線を行く人物って、こういう時代には現われるもの。



夜明けは近いぜよ、とかなんとか(笑)



多くの人たちは「もう大丈夫」と思えるまで動こうとはしないものです。みんなで渡れば怖くないが主流。面倒くさいことに巻き込まれたくない、それが大衆ってものでしょ?
大多数は自分の人生は自分の思う通りにはいかないと、まだまだ思っています。精神世界を聞きかじっている私たちはそうではないと気づいたのだけれど、それだってままならないことってある訳でしょ?

そのままならない…と感じる背景には重く貨幣経済がのしかかっていますよね、全ての原因ではないにしても。

お金がなきゃ何も出来ないという頭を私たちは持っています。実際そういうシステムになっています。

でも気がついたら数字が飛び交い、一喜一憂する社会が出来上がってるじゃありませんか。カード自動引き落としが主流の世の中。ポイント制も導入され、それを換金するシステムも。

これは何を物語っているんでしょうね。

今秋から国際的な経済危機へと突入するだろうという見方もあるようです、ふむ。



それと並行して、
スローフード&スローライフな生き方への憧憬も高まりをみせています。

アニメ『風邪の谷のナウシカ』で風の谷のご長寿たちが「そりゃあワシらもちっとは火をつかう」「姫さまは働き者のキレイな手と褒めてくれる」という台詞が思い出されます。

貨幣経済は…長きに渡り、流通に便宜を図ることには多大に貢献してきました。でも、それがために私たちは充分に持てる者か充分に持たざる者かに区分されてきたのですよね。

でも、豊かさって何だろうと立ち止まる人も。

慎ましやかに暮らすって、

それって実は握りしめた拳を開く生き方じゃないかと。

まあ家電に囲まれた暮らしぶりにドップリ浸かって何言うか!ですけど(笑)、ターシャの庭ですか?ああいう生き方だって決心次第で出来るということなんですよね…決意次第で。

蜘蛛が出た!ヤモリと目があった!といちいち騒いで、ミミズ「無理~」とドンびくヤツが何言うか!ですけど。




貨幣経済はポイント制に移行、はあり得ない話ではないような気がする私。

それはそれとして有り難く受け取りつつ、

それに縛られない生き方を。



安心と豊かさを『買う』という思考から、

安心と豊かさは自分たちの手で作っていこうという流れへ。



心から私たちは選択の自由を与えられていると思わざるを得ない。持てる者と持たざる者という柵を越えて…。


実際、私は柵を越える夢を見てます、かなり前のことですが…。ひとつの参道から逸れて自分の道へ移行するビジョンも視ています。


それらは全てサイン(前兆)だったんですね…。先に道が敷かれているのじゃなく、私自身が思い描く道。



増々私としては「心に天国を築きましょう」スローガンに拍車がかかりそうです。




ありゃりゃ!ポイント制という話から大きく離れてしまいました。申し訳ありません。つぶやきに最後までおつき合い頂き、ありがとうございました。






プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ