ETコンタクティを狂喜乱舞させたニュース

Category : 魂のご飯

まずはこの記事を読んでみて下さい。『オスロ上空に青い渦巻き状の光出現』私はつい映像の美しさに見惚れてしまったのですが、これにまつわる騒ぎが一部で勃発しているようなので、私なりの所感を書こうと思います。

何しろ絶妙のタイミング、オバマのノーベル平和賞受賞を目前のニュース。これは高次の宇宙存在からの深遠なメッセージと…あのマシュー君も発言したと言います。
皆さん、
記事にYouTubeのURLも貼っておきましたので、ご自分の目で確かめてみて下さい。興味があればですけど。
私は一見してこれはUFOだとしたら動きが変だぞと、ミサイルか何かではないか…このスパイラル状の動きはミサイルがその軌道を何らかの原因で逸したもののように私には見えました。

案の定、ロシアのミサイル実験失敗と報じられました。きっとET信奉者はマシュー君の発言(厳密に言えば、彼のお母さんのチャネル)を盾にニュースは真相を隠すための画策だ!陰謀だ!と言うだろうなと思いきや!もう何のひねりもなく、宇宙メッセージ!デスクロージャーも近い!とお祭り騒ぎ。

takakoさんの直感はどうなの、ですか?

私には何のときめきも伝わってきません。それどころかシ~~~ンとしています。ETコンタクティを自称する人は狂喜乱舞、いよいよ時は満ちた!と祭りに拍車がかかっているようです。
私はこれをオバマのノーベル平和賞でのスピーチ検索で知りました。ネット社会は多岐に及んでますね(笑)。オバマのオスロ入りと近かったためニュースリンクされていたのかも知れません。もうあちこちニュースが飛び火しているようです。

マシュー君のメッセージを読みました。あのですね…私はハッキリ言って失望と憤りを感じます。何でもかんでもETや高次の存在の介入と思いたがる…まさにこれはかっこうのサンプルではないでしょうか。

何故今なのか、その真意さえ伝わってこない。最近デンマークでCO2削減の会議が招集されて、何も決まらずに会期を終えたというニュースがありました。

人類はこういうことにさえ意見の一致をみることができない。

なので、高次の存在に希望を託す…救いを求める、その気持ちは分からなくはありません。でもね、

私たちはそれでも最後の一瞬まで自分にできるベストを尽くす責任があるのじゃないでしょうか?例え破綻しか見えない、未来に希望が見えないとしても、未来に生きる子供たちのために今!出来ることに全力を注ぐことが望ましいと私は思うんですけど。

チャネラーに私は怒りさえ覚えています。これは精神世界業界の功罪ですよ!チャネル情報を鵜呑みにする人たちを生み出しているんですから。
今回はほとほとマシュー君のチャネルには失望しました。集団催眠ですか?チャネルはここまで来るとスリルですね。不謹慎ですか?

私は皆さんにハッキリ言います!

チャネル情報はもう信用出来ないまでに膨れ上がってしまいました。何故か?

それは『期待』に根ざしているからです。

チャネラー自身が何らかの期待を潜在的にも顕在的にも持っていることをこのことは示しています。もう走り出した列車は誰も止められない。それはブレーキの利かない爆弾列車のようなものです。立ち止まり顧みることをしない。

顧みようとしても『期待』に引き戻されるんです。人の思考は自分の都合の良いもの、信じたいものを最優先させる性質を持っています。

だからこそニュートラルでいる必要があるんです!

そのための瞑想のはずが、夢想を膨らませるものに差し替えられている。私は嫌というほど、そういう人たちと遭遇してきました。

預言やチャネル情報が当たったり外れたりする原因はひと言では語れません。しかしながら、チャネラーがどの次元のどのソースと繋がっているのか誰が証明できるというのでしょう。チャネラー本人にさえ真相は分からないのですよ。中には黒いのに操作されている人もいますしね。

それだけニュートラルでいることは困難なんです。

末世は精神世界の中にも巣食ってるということです。

私はマシュー君のメッセージも参考のひとつ。参考にするものの鵜呑みにはせず、といったことを以前書きまました。しかしながら、参考のひとつとはもう言えなくなりました。

私を含めて、皆が試されているのだと思います。

やはり、
チャネルにしろ何にしろ、
外からの情報を当てにする時節は終了したということかと思います。それぞれが自己の中心と繋がり、暮らしを充実させること。自分にできる何か…エコや自治活動などを通して、人と健全に繋がること。地に足つけた地道な努力が増々求められるのではないかと思います。

私たち一人一人が自己責任を持って、凛として生きることが望ましい。

精神世界に一度足を踏み込んだ人間にとって、目に見えない存在への憧憬を卒業することが一番難しいのかも知れない。

それでも、自分の肉体の中に宿る魂との一致をみる方へと向かう努力を辞めないでいようと私は思う。

どうしてチャネラー自身も信奉者もチャネル情報を鵜呑みにし依存してしまうかというと、自分以外の存在に答えを見出す心があるからです。そういう思いが、なりきりを呼び寄せてしまう。素直な人と選ばれし者気質の人は捕まりやすい…。

それでも宇宙にしろ天使にしろメッセージを降ろすのならば、
自分を顧みる冷静さを養って頂きたい。自分が受け取ったメッセージをひと呼吸置いて、吟味する賢さを身につけて頂きたい。
チャネル情報は100%正しいのでもなく、100%間違っているのでもない。人ってね、それが自分のこととは露ほども思わないのですよ。

チャネラーは『期待』が自身にあることを自覚すべき。でないと情報に飲み込まれてしまいます。





例えデスクロージャーがあるとしても、今はその時期ではありません。

宇宙船天空に満る日も今ではありません。

まだ私たちに出来ること、すべきことは山積みです。最後の一瞬まで私たちは私たち自身が天と地を繋ぐ大切な命なのだということを忘れてはなりません。こんな中途半端な時期にET待望論ですか?何だか安易な気がします、私は。

一人一人の生き様が問われているのではないでしょうか。

誰に?

そういう思考パターンだから、精神世界は危ういのですよ。

問われるとは比喩的表現、要は皆がチャレンジャーな訳ですよね?

自分に何が可能かを、人となり、体験することを選んだのは私たち自身なのではないでしょうか?





チャネル情報を参考にする時代は終わりのようです。少なくとも私は、ですが。


私一人としても後戻りする気はありません。



皆さんには皆さんの選択肢があります。ご自分の直感に沿って、これからも選択していって頂きたいと思います。






[追記]

UFO目撃談が相次いでいます。それは…先にも書きましたが、ネットが普及してYouTubeやBlogで発信する人が世界中にいるため、すわ!デスクロージャー近し!と浮き足立ってるに過ぎないと私は思っています。
ひと昔前にはネットなど想像もできなかった、世界情勢も知らずにいた訳ですよね。日本で言うと鎖国していた時代はどうでしょう、分かりやすい例と思いますけど。

想像の域、期待の域を出ないチャネラーが巷に溢れています。それを信奉するも個人の自由。私のようにバッサリ!という人間もいる。

ある意味、そういうふうに色~んな選択肢が・・・・・「あるよ」ということではないでしょうか。



人間はまだ戦争を止める気も、武器を放棄する気もない。2012年に向けて、まだまだ情報は錯綜するでしょう。



マシュー君のメッセージをこれからも参考にするという人もそれはひとつの選択です。私は上記の理由で選択しないというに過ぎません。

面白いことを言う人がいて。100の本当の中に1の虚偽を盛るという、見えない存在の手口だそうです。何だか言えて妙だなと関心しきりの私です。










プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ