天意転換

Category : いよいよなのか

『火水伝文』” ひみつつたえふみ ” と読むそうですが、皆さんはご存知でしたか? 『日月神示」とは別? これもいわゆる「降りた」もののようですね。大元の出処は同じなのでしょうか?





こ度の天意転換は、この宇宙創りたる始源より決まりてありたことなのぞ。汝らの宇宙、光ひとつ上ぐる仕組み、七つに別けて進み来たりたのじゃ。こ度がその最期なり。七期目の仕上げの時になりたのじゃ。しかあれ、こ度の大変は天意転換が由でなきこと、先ず知りおきて下され。

世界の人民様ケガレ無くありたなら、マコト麗しき幕の上がりでありたのじゃ。なれどケガレ逆巻く気枯れ世と成り成りてしもうたが、こ度の大変招きしワケなるぞ。

こ度ケガレ祓うは元つ神なるぞ。こ度はハラとアタマの戦ぞ。神力と学力の戦いであるぞ。アタマ『あやま知』用いて汝らの神気いずるを封じ込め、さんざん世を気枯れケガラし【マコト】無き世と成さしめたのじゃ。神にはアタマを操る悪神の仕組み企み、すべて解りて居る由、最後の最後の最後のところで見事ひくり返し、あっぱれ新しき御代建てるも心配無きが、人民様にはこれよりひと苦労ふた苦労、地獄の苦労もせなならん者もあるから、しっかり【マコト】持ち行きて下されよ。汝等、悪神の仕組み企み知るよりも三真釣り持ち行く【マコト】大切なるを忘るなよ。それ無くば、何を知りてもご無念ぞ。





「この宇宙創りたる始源より決まりてありたことなのぞ。汝らの宇宙、光ひとつ上ぐる仕組み、七つに別けて進み来たりたのじゃ。こ度がその最期なり」

七つに別けて、ですか…七つということは七度、七段階ということでしょうか?

「ケガレ逆巻く気枯れ世と成り成りてしもうたが、こ度の大変招きしワケなるぞ」

もっとも!虚言虚飾がまかり通る様を臣民知るところとなりましたものね。今まさに「天意転換」の最終仕上げの段階なのは大きく頷けます。


→続きを読む

心酔

Category : 辛口ごめんなさい

7月27日って何だったんでしょうね。その日の午前、PDF配信用の続きを書こうとした際、それまでの文章とはまったく別な視点が…来た(!)なんだろ、頭シャッキーン!(笑)キー打ち快調!ただし、ついて来てもらうにはちょっと複雑な内容になったかも知れません。前日の文章と読み比べてみた。ギアチェンジ…?あるいは線路が切り替わった…か?

未来は不確定というけれど、現在進行形もまたそういうことなのでしょう。岐路は絶妙のタイミングで来る。迷いがあろうが、賽を振る瞬間ってのがある。PDF書き終えて、新たな展開が始まる予感がしました。

振り返ってみるに、その日…私の感覚に過ぎませんが、その日、満ちていたのは『いよいよ始まった』というタイトル本を開いているとして…あくまでもイメージとしてですが、起・承・転・結の「転」の章に入ったような空気感だった。

「動き出した」感満載!

「へぇ」ですよね? 私とて何もかも把握している訳ではありません。夕刻、Yahoo!ニュースに、いなだ辞任・れんほう辞意のトピックが立っているのを見て、「なるほどね」と思った程度でした。でも、これなら分かる…!

まだ序の口

今日は辛口飛ばします。いつものようにスルーも可です。


→続きを読む

お知らせ

Category : お知らせ

本日、PDF第12号「この世はたたき台」を送信しました。

昨日、午前「気」の変化がありました。蓮舫、いなだ退任というニュースがありましたが、そういう世情に流されることなく、奇跡のりんごの木村さんじゃありませんが、宇宙の采配と自分の繋がりをしっかり信じて、これからもいて下さい。


それって呪術

Category : 深読み

またもや保江邦夫さんネタです。

限定記事にしようと思いましたが、オープンで書きます。保江さんファンの方的には「辛口ごめんなさい」ということで、いつものようにスルーも可です。
この方は虚実を分かつ高〜い塀の上を綱渡りしているようなところがあるなぁと私は個人的に思う部分もあって…それは「出るに任せる(思いつくままに喋る…別名「出まかせ」とも言い、決して悪い意味だけじゃないとだけ)」という手法だからこそ受ける印象ですが、それにしても保江さんの話の面白さ!と神繋がりの尋常ならざる人脈は興味深い訳ですね。なにしろこういう種の話は大好物!

私は保江さんにしても飛鳥昭雄さん、Mr.都市伝説にしても(その他も)同様にエンタメと思っています。耳にタコですよね?申し訳ない。彼らは虚実ない交ぜ…響く響かないはあるし、私は信者って訳じゃない。従って個人的感想や意見がフツフツと湧く訳ですね。今回も例に違わず、かなり辛辣な内容になる雲行き…了承下さい。




→続きを読む

It hasn't happened yet. ー 同調効果を創り出す ー

Category : ウェークアップコール

我が家はCATV契約しています。中にムービープラスというチャンネルがあるのですが、『トゥモロー・ランド』が放映されると知り、録画。(既にBlu-rayを持っているのに、苦笑)
今日のお題はヒロイン、ケイシー・ニュートン(天才少女)の一言「It hasn't happened yet.(まだ起きてない)」です。観てない方は是非!(最近、是非!多発(^^;))

今日はこの言葉が象徴する<未来>のことを書きますが、私はずっと懲りもせず「明るい未来を思い描く」大切さを力説していますよね? これとリンクしているし、私よりずっと説得力あるので、シェアしようと思います。既に観た方は…思い出しつつ読んで頂ければ幸い。もちろんスルーも可。




→続きを読む

天の道筋

Category : 魂のご飯

都議選応援演説以降もあべ以下同文の方々の失言・問題発言が相次いでいます。なんだろ…人間、先生とか祭り上げられると(医者・教論以外…まぁアバウトな括りですが)なに喋っても「ノープロブレム」な脳になってしまうのでしょうか? 騒ぎになると「誤解です」と仰る…あの防衛大臣いなだは大臣的にも法的にもマズかった。でも、このヒトもともと弁護士…はい?
日本語ではクライアントが限りなく黒でも弁論弁護する職業、まさに弁護士!ですが、英語(アメリア)では「lawyer」(※ 英国では「counselor」こちらは日本語の弁護士に近いでしょうか)名称に「法(Law)」の字が明確にある(!)
裁判所には目隠しして天秤を翳す正義の女神像があって、法の元、罪を裁くに当たって公平さを忘れまじという戒めだそう。ですが、形骸化しているのでしょうか? そういうことを考えさせられる昨今です。

「なぜ法的に問題あり!な言動を「問題ない」と処理する訳?」

最近ではネットで「ガースー」と呼ばれる方の身内贔屓の見苦しさ!法の下、裁かれ刑期中の人に示しがつくんでしょうか?

日本国って、あなた…法治国家

民主主義同様にこれも絵に描いた餅でしょうか? 国会とは与野党うち揃って限りなく脛に傷持つ方々のそれこそ「足の引っ張り合いっこ」の場と化して久しいですが、秋葉原で「消えろ!辞めろ!」と野次られて「こんな人たちに負ける訳にはいかない」と言う その人も国会で野党を野次って議長から何度注意受けたんでしたっけ? あ!前川さんの国会招致で自民党から質問に立った方も、女性議員を「ばばあ!」と野次ったんでしたっけ。

やれやれ…なんなんでしょう、揃いも揃ってこの品のなさは。

人間に過分な権力と資金(湯水の如く)を与えるとロクなことしません。先日も選挙カーで「みなさんのお力でXXを都政へ送って下さい!」と訴えるウグイス嬢の声が聞かれましたが、みなさんのお力でって…どうしてこう厚かましいのでしょう。
私はね、それこそ「こんな人たちはあんたたちの方だろ」と思っていますが、議員を養うために税金を指定されるがまま、消費税のようにオーダーされるがまま、支払う義務を国民は果たして負わねばならないのかどうか?これで良いのかどうか? と思っています、ずっと。
いっそ更地にするくらいの風雲が吹き荒れて、大掃除した方が良いとさえ思う。流石に「税金不払い」の文字がネットに上がり始めた(!)まっとうですよ。

何故なら彼ら議員には自浄能力がありません。


さて


「類は友を呼ぶ」という諺があります。それが作為的に行われる際には都合の良い人材を招集するということになるでしょうか? で、運営するにあたってはそのためのルールを設けるでしょう。内閣府が全官庁総ての人事権を持つという仕組みはまさにそれに当たるでしょうが、ガースーは「人事に当たって、内閣にイエスかノーかを基準にしている」そうで。
それにしてもネットの威力は凄まじい。共謀罪という印籠は果たして機能するのか? 意地でも機能させるとして益々国民から総スカンを喰らうのは必至。
秋葉原「あべ辞めろ!」は仕組まれた組織イベントだそうで。ですが、全部がそうとは言い切れないでしょう。何故なら「#」呼びかけに呼応してあの場に向かった人が…えぇ今はそういうふうな「#」イベントがヒットするって、あり得る話。

う、う〜ん…それにしても見え隠れする「日本会議」



→続きを読む

まずは聴いて頂いて

Category : お知らせ

台風、洪水被害に見舞われた地域にお住いの方、大丈夫でしょうか? 心配しています。

最下部に追記あり※





急遽、ご紹介したい動画情報が…。「今年の6月21日の夏至の日から七夕の7月7日までの期間。千年に一度のチャンス」という、保江邦夫さん講演会の動画。なんだかゴチャゴチャと写真貼ってある中に「保江邦夫 6月21日・・・」というのがあって、以下のURLの中ほどにアップされていますが、声だけ拾っており、画像はず〜〜〜っと同じのが貼ってありました。長時間(2時間?)なので全部聴くとなるとお忙しい方は大変でしょう。私的には1時間10分経過した辺りから「へぇ!」というびっくり!な話から(笑)…これまたこの期間の過ごし方伝授で締めくくられています。

https://ameblo.jp/spirituals-aikido/entry-12289760072.html

これを聴いて、保江邦夫さんの話だけでは事の真髄には至らないんだなと納得しました。言葉のチョイスを含めて、そのまんまを伝授実践するのは早計と私には思えるので、この後あらためて感想文(笑、意地悪でしょうか?)を書きます。多分ですが、保江さんを通して「伝えたいのはそこよ!そこ!」という…かねてからガセと言い切れないという印象はなぜ起きるのかをまじえてお伝えしようと思います。きっと皆さん合点が行く…はず…多分、おそらく、きっと(苦笑)。

それではまずは聴いて頂いて。






感想文をこちらに日を改めて書こうと思っていましたが、PDF第11号に七夕までに滑り込もう!と書くことにして…書きたいことを書けたため、こちらでの記事アップは…もしまた何かピンと来たら書くかも知れませんが、今のところ予定は未定です。期待して下さった方…そんなにいないと思いますが、申し訳ありません!


霊魂不在の左脳思考

Category : 限定記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ