6月2日

Category : いよいよなのか

昨日明け方(2日早朝)に夢を見まして、それが妙にリアルな夢で…しばらく覚えていたのですが、これを書いている時点は記憶の彼方。(覚えてないんかい!)でも、メッセージは留まってくれていて…だから、こうして書く気になった訳ですが。

ちなみに私はもう情報収集にあちこち講演会(数少ないけど)に出歩くのを止めて、メッセージは「私に分かるように伝えておくれ」とオーダーしました。えっ「何にオーダーしたのか」ですか? 直感に♪

直感にオーダーするとは奇妙に聞こえるかも知れませんが、私は本気です。何しろ私たち人間は何かと本や人伝ての情報に頼ってしまう…時にそれは必要なのですが、人から聞いた(チャネルも含めて)、本で読んだことを自分のブログで紹介するばかりじゃ事足りない、性格的に。まぁ面倒臭い性格なのですが、学習してということでもあるんですね。外タレ的な有名霊能者・アカシックリーダーをはじめ、紹介ありきでお会いしたチャネラー…思い返すと全部アウト!

結局は直感的に感じたとおりのことしか現実に起きない。

かなりの授業料つぎ込んで、この結論かい!とガックリするやら、浪費は主婦失格だろ!と自責の念にかられるやらした訳ですが、ふと唯一、私に視界が開ける霊言を宣った女性がいたのを思い出しました。その方は画家で、霊視を生業にしている訳ではなく、私はたまたま知り合いに紹介されてお会いしたのですが、厳しいこと言う女性でした。奇しくも霊視で金銭受理をしない唯一の人物だった…で、その方が言っていたことと私自身が霊夢等々で視た内容がシンクロしていたことを今頃気づいて…トホホ。

心から直感は私たちに必要なことをもたらすと言い切る気にもなる訳ですね。

とは言え、有料の(嫌味な言い方ですかね?)霊視・チャネラーの助言で大いに助けられた人もいるでしょう。セッション料は「代価」とも言い、割り切っている人もいる訳ですね。でも、煎じ詰めれば、釈迦もキリストも代金設定してましたっけ?という話。

食べていくことと霊視は別枠

世の中には青森の木村さんのようにプロの巫女さんがいます。あのですね…木村さんのような「授かった霊視能力」は魂の契約に則っているんです。それ相当の覚悟を要する契約だと察します。いわゆる通力の世界ですよね? そういうのは契約なくしては成立しません。魂レベルの暗黙の了解があるんです。

おっと…話が逸れている(笑、笑えない)

以前ご紹介した、




庚申信仰。庚申信仰とは「干支、庚(かのえ)申(さる)の日を意味し、この夜に人間の体の中にいる三尸の虫が寝ている間に体から脱け出して、天帝にその人間の行った悪行を告げ口に行く。
天帝は寿命を司る神であるから、悪いことをした人に罰として寿命を縮める。ところが、三尸の虫は人間が寝ている間にしか体から脱け出ることができないので、庚申日は徹夜をする」これを庚申待ちという。

「庚」を含む干支「庚午、庚辰、庚寅、庚子、庚戌、庚申の6つがあり、2017年庚申の日は、2月2日、4月3日6月2日、8月1日、9月30日、11月29日」





覚えていますか? 初耳の方は → *記事へ

今日は6月2日に見た夢をベースに話を進めます。いつものように信じる信じないはお任せします。


→続きを読む

プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ