映画「シリウス」

Category : Recommend


映画「シリウス」日本語フルバージョン 6月3日まで期間限定無料公開されています。(URLは期限が過ぎたので削除しました)


映画「シリウス」はスティーブン・M・グリア博士というアメリカ人男性が主催する地球外生命体ディスクロージャー・プロジェクトが製作したドキュメント。スティーブン・M・グリア博士は地球外生命体研究センター(CSETI)およびオリオンプロジェクトの創設者なのだとか。

ケネディ暗殺にも触れていますが、この映画では「実権は合衆国政府ではなく、軍産複合体(ロスなんたらロックなんたらの大金持ちの意のままの)組織が握っている。ケネディはそれを政府主導へ持って来ようとしたため」と説明されていました。キューバ危機回避も彼らは苦々しく思っていたのでしょうか?
飛鳥さんの「ケネディはUFOの事実を公開するということで軍産複合体に暗殺された」という説は真相の核心部分というより…ケネディの政府主導という目論見のひとつということかなと思いました。その中にUFO問題がある。引いてはフリーエネルギーも。UFOにしてもフリーエネルギーのしてもそれが世に広まれば、不都合な面々がいるという…、世界中の一般市民は意図的に仕組まれた<消費するエネルギーシステム>にお金を支払っている…。しかしながら、半永久的に使用可能なフリーエネルギーシステムはこれから絶対不可欠。そうすると、どれだけ一般市民が助かるかという話でもあるようです。つまり私らは鴨ねぎにされていた?支払いが滞ると電気もガスも水も止められる。私たちは支払うのは当然と思っていますが、そういうシズテムに準じているだけなんでしょうね。

ケネディがやろうとしていたのは極々一握りに富と権力が集中する仕組みに風穴を開けることだったんですね。そりゃぁ敵(悲しいかな)は黙っていないでしょうね。合点がいきました。マリリン・モンローは知りすぎた女だったのでしょうか?
アイゼンハワーは国民に向けて「パンと娯楽(うろ覚えですが)から離れなさい」と声明を読み上げたとか…。これは「意図的に与えることで一般市民の目を何か大事なことから反らせる効果と、考えないようにするための効果があったとか。映画やテレビはまさに!かと思うし、アメリカの冷凍食品主流な食卓事情も「なるほどね」と頷ける。

飼い慣らされるな!

自分で考えろ!

今、伊勢サミット期間ですね。ですが、真に重要なのは中国で開催予定のG20の方だそうで。安倍ってどこまで道化なんでしょう。

スティーブン・M・グリア博士というアメリカ人男性が主催する地球外生命体ディスクロージャー・プロジェクトですが、瞑想による深いリラクゼーションの中で宇宙人とコンタクトするという…で、グリア〜博士主催の瞑想イベントでUFOが現れるという映像も流されていましたが、私はちょっと違うのかなあという気がして…。
確かに波長を合わせるってマストと思いますが、「「UFOが来た!」って喜んでいる場合じゃないでしょう」とツッコミたくもなり、こちら(人間)もあちら(宇宙人)も遠巻きにご挨拶ですか?と皮肉のひとつも言いたくなる私です。もちろんグリア博士が真に求めるのはUFO乗務員との直接接触でしょうけれど。

この映画でも触れられていましたが、人類が核兵器を使ったのを契機に UFO目撃談が増えたと。人類は持ってはいけない武器を手にした。
飛鳥昭雄さんはUFOは地球製と唱えています。ロズウェルで回収された宇宙船は地下世界アルザル製とも言及しており、「遥か宇宙から何しに地球に来る訳?植物採集?」と、相手にしない鼻息ですが、頑固ですよね(笑)。まぁアルザルからも遥か宇宙からも飛来してるってことなんでしょうね。

私がこの映画を観て一番共感を覚えたのは「軍産複合体をやっつけるとか、そういうのじゃなく、彼らを私たちが超えれば良い」という言葉でした。

超える。越える。

これは本当に重要と思います。敵対するのではなく、超える。民間で越える。ネットで世界は繋がれる。そばにいなくても情報を共有できる。

不都合な死をこれ以上増やしてはならない。民間の小さな細胞として、私たちひとりひとりは繋がりながら活性化していくのでしょう。「デスクロージャー?何それ?」としても(笑)「デスクロージャーとは無関係ですが、何か?」な暮らしぶりとしても。あなたが生きがいを持って取り組むことがあるなら、それでOK!きっと何処かで繋がって行きます。


明日、地球最後の日だろうと、木を植える。


出来ることで、それが小さなことでも地球にお返しする、感謝の気持ちでお返しする暮らしを営みたいものです。




アルテミシニン

Category : Recommend

皆さんは「アルテミシニン」って、ご存知ですか? 私はつい最近知ったばかり。




中国の女性科学者の屠呦呦(Tu Youyou)博士は古くからマラリアの治療に利用されてきた青蒿(Artemisia annua)という薬草から活性成分としてアルテミシニン(Artemisinin)を発見。アルテミシニンおよびその誘導体(アルテスネイト、アルテメーター)は現在マラリアの治療薬として世界中で使用されている。さらに、抗がん作用があることから、がんの代替医療にも使用されている。





私ももう決して若くはない年齢…母を癌で亡くしていて「癌ってそもそも何だろう」って思うこと多いんですね。余命宣告されたヒトがもう随分長く元気にしているという話も見聞きしたこともありますしね。で、面白い説を発見。以下に抜粋します。





シモンチーニは細胞増殖が激しくなったと主流医学が信じていたもの、すなわち「ガン腫瘍」が、実はカンジダの攻撃から体を守る為に細胞を生成している免疫系であることに気がついた。彼が主張するその順序は次の通りである。

・通常カンジダは、免疫系によって抑制されているが、免疫系が蝕まれて弱体化した時にカンジダは増殖し、「コロニー」の形成が可能になる。

・ついには、そのカンジダが臓器に広がり、免疫系はその脅威に対して別の方法で反応しなければならなくなる。

・この「方法」とは、それ自体の細胞で防御壁を形成することであり、この増殖を「ガン」と呼ばれている。
 体内の他の部位へのガンの転移は、発生源から広がる「悪性腫瘍」の細胞群に起因するとされているが、シモンチーニは、これはまったく誤っていると主張する。ガンの転移は、真の原因であるカンジダ菌が発生源から広がる為に引き起こされるのである。

ガンの発生を許しているのは弱体化された免疫系である。免疫系が効率的に機能していれば、免疫系は手に負えなくなる前に問題を処理する。この場合は、カンジダを抑制する事である。








→続きを読む

「時の終わりと時の始まり」を読んで

Category : Recommend

面白い本を見つけました。

muranakaai.jpg

時の終わりと時の始まり プレアデス《メシアメジャー》からの黙示(アポカリプス)メッセージ (↑ クリックするとAmazonに移行します)
村中 愛 (著), 小川 雅弘 (著)

すでに読んだ方もいるかも知れませんね。基本的に私はプレアデスやシリウスものに興味はありません。一時期、プレアデスの海外チャネラー本を読んでましたし、シリウスと言えば、あの人は今なkagariと名乗る男性の「シリウス文明がやって来る」ってのも閲覧してましたっけ。今では懐かしい思い出。で、今回ご紹介する本の著者がプレアデスのコンタクティ、村中愛さん。小川雅弘さんという男性は村中さんと活動を共にしているそうで…小川さんの元には巨大水晶(アースキーパーなのだそう)がやって来た…で、その名はピーちゃん…ピーちゃん?何処かで聞いたことあるような…あぁ、自称アルザル(地下世界)からの転生者、山田さんという男性のブログでしたっけ。山田さん曰く「アルザル(地下世界)にいる釈迦は通称ピーちゃん」…う、う〜ん微妙ですが、話が逸れそうなのでこのくらいにしましょう。

最近、非公開の方が放置状態…本当は書きたいことたくさんあるのですが、なかなか文章にするまで思考がまとまらず…もう少しお待ち下さい。非公開は心のことは主流。預言なしの地味な内容ですが、それこそ私が一番みなさんとシェアしたい内容なんですね。言わば、プチ・クラスのような…私は一応教鞭をとるものの、肝心なのは参加者がそれぞれに内観を深めるお手伝い。内観とは声が聴こえるとかビジョンを視るとかとは限りません。内観は生活にあなたの思いが如何に反映されているかが鍵。私はシツコイほど「明日地球最後の日だろうと木を植える暮らし」を提案しています。その理由のひとつには<自発>というものがあります。つまり、ひとりひとりが灯台であり、互いに繋がり支え合う世界こそが要という思いがあるから。

あなたの中に答えがある。あなたの暮らしに答えがある。

中も暮らしも同時存在している。時に深呼吸して肩の力を抜いて、また新しい1日を始める…英気を養いながら共に生きていきましょうね。




→続きを読む

え、出馬なんですか?

Category : 限定記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

6のぞろ目は聖なる数字?聖邪は紙一重です。

Category : ウェークアップコール

[追記 5月8日] タイトルを一部<正邪>から<聖邪>に訂正しました。ご了承下さい。





数字には意味がある。ひとつの数字が並ぶ、ぞろ目にも意味があるそうで…カバラですか?

言葉も言霊といって意味がある。

何ひとつ意味のないものはないんでしょうけれど、意味を持たせ過ぎるのもいかがかと思う私です。いずれにしても、例えば…、6が3つ並ぶと恐ろしやな気分になります。それは映画の影響ですが、人心とは大波に揺れる小船のようですね。「6のぞろ目には聖なる意味がある」という知識を持つ人がいるようで。

人は自分にとって都合の良い方に考えたがる。

6のぞろ目はその最たるものなのかなあと思うことがありました。でも、どうしてでしょうね?人はこう数字だとか文字に神経を研ぎ澄ますんでしょう。私は分からないから問うているのではありません。感じ悪いですか?

動植物は数字という認識がありません。だからと言って、下等動物呼ばわりは人間の浅はかさかな? 要するに彼らは数字の持つ意味など無関係に生きているだけということかと。人が言霊や数霊い気が回る背景には、

吉凶という

占術もそうかと思いますが、文明にお約束のようについて回る吉凶の卦。ぞろ目に意味を見出すのもその域ではないかと思うのですが、いかがですか?




→続きを読む

持ち札を超える発想力

Category : いよいよなのか

良い歳をしてと言うのも切ない…「4月内に携挙がある」と言ってた男性がいるんですね。預言研究しているらしいんですけど、その人。「4月過ぎたからと言って、外れたとは言えない」と頑張りをみせて…えっと残念なお知らせですが、今はその機運ではないと私は思いますけど。そんな感じ全然しない。この人は「見せつけるように」公衆の面前で天使UFOによる携挙があると信じており、「来てくれ!」とテレパシーで送ると義人は助かると思っているようなんですね。

何をして義人と言えるかは微妙とは思いますが、今の日本や世界情勢は憂慮著しいですものね。この人社会の不協和音や混乱、利権ズブズブを思えば「もう地球脱出しかない!」と思うのも無理からぬことかと思う。宇宙船が天空に満ちる時が来る!に賛同する人なら、きっとこの思いを共有しているのではないでしょうか。

『ノーイング』という映画に描かれていますが、宇宙人が携挙する人間や生きものは予め予定されているという…、『地球が静止する日』に至っては「Save the earth. 」人間から地球を救うという…そういう感覚を持つ人もいるのではないでしょうか。皮肉なことに研究者・啓蒙者=携挙とは限らないのも予感させますが、アセンションという肉体を伴ったまま次元上昇を果たすという情報も皆さんの脳裏をよぎるのではないでしょうか。





→続きを読む

プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ