時代

Category : 時事ネタ

慰安婦問題で進展が一応見えそうな韓国と日本。政府間の交渉ごとですが、また大金が流れるようですが…賠償と金銭は切っても切れない縁なのでしょうか。台湾でも慰安婦と支援団体(?)が声を上げているとニュースも。いずれにしても男の性ってどうしようもないのでしょう。え?今は男だけじゃない?そうですよね。

さて

in deep に感慨深い記事を見つけました。以下に貼っておきます。

追悼の日に思い出すディープコリアな旅

http://indeep.jp/memories-cp-self23-korea-1226/

何がどう感慨深いかというと、私は最近のソウルしか知りません。なので東京やその他の都市とさほど差がない繁栄ぶりしか知らない訳ですね、実際には。東京もそうですが、インフラ整備がオリンピックで大規模に行われるのは何処も一緒。ソウルも例外ではないのでしょう。日韓共同開催サッカーW杯もありましたっけ。
ソウルは大きな河を挟んで南北に街が分かれています。南側がオリンピックエリア。そこに整備された団地群があり、オシャレなエリアが点在しています。北側に政府、朝鮮王朝の王宮があります。私は韓流ドラマが好き(^^)地名が出ると「あの辺りか」と思いを馳せます。

で、今回URLを貼ったin deepの記事を読んで、管理者がソウルを訪問したという20年前の描写で思い出したことがあります。それはウチのお父さんの仕事関係者がソウルにレコーディングに行くという話が発端だったんですけど、ちなみにお父さんは東京残留組。ソウルに行く=買春という…出国前にもうそこで盛り上がってたという…男ってしょうがないなぁという話なんですけど、当時は決して珍しい話ではありませんでした。無論、日本も例外ではなかったでしょう。
1997年に私はスイス・ローザンヌにフィギュアスケートの取材撮影で渡航しましたが、夜には派手な格好のピンヒールの女性たちが街に複数立っていました。男性カメラマンが「スイスでもかあ」と呟いたのを今も記憶しています。

食べていかねばならない。

in deepで語られる20年前の韓国の経済状況ですが、今は別世界かと思います。まぁソウル特別区という括りとは思いますが、発展地上の顔は何処にもありません。
また韓国はお受験の半端なさも有名ですよね。思うに見下されて来続けた過去…その時代を生きた韓国の人々の歯を食いしばる向上心があったからこそと思うんですね。「バカにするな!」という…私はそれって戦後の日本と共通点があると思うんですよ、都市が洗練されっていく過程って。それは経済発展だけじゃなく教育分野での飛躍もある。そこには光と影がある訳ですが、それはいわゆる先進国と呼ばれる国は何処も同じかと。

で、私も好きな韓流ドラマ(^^)
韓流スターはアジアを席巻。日本もでしょうが、韓流恋愛ドラマはちょっと日本でいうところの宝塚を思わせるものがあるように思うんですけど。あるいはコミックの見てる方が恥ずかしくなるようなセリフとか(笑)
あのぺ・ヨンジュンを空港でお出迎えするシルバーエイジを含む奥様たちが感極まって号泣する姿を何度もニュースで見かけました。狂想曲と言えばそれまでですが、もう韓国は決して格下の国なんかじゃありません。K-POPも日本のお遊戯会・学芸会(?)な(AKBにしてもその他の女子グループにしても)匂いはなく…厳しいトレーニングを経て這い上がった者たちがしのぎを削るのが韓国芸能界。お遊戯だと見向きもされないでしょうしね。それは歌唱力ひとつ、ダンスひとつとっても言えることかと。もちろん、日本にも一流と呼べる芸能人はいます。まぁ比べようがないのかも知れませんが。

韓流スターと日本芸能有名人の最大の違い…、日本は福山にしろ誰にしろ自分のカラーがあり<媚びない>印象を受けます…少々性格悪いのバレようと。
反面、韓流スターは…儒教のお国柄のせいでしょうか? 社会貢献にしろ尊敬される面も含めて、善良さがないとトップ維持は難しい面がある気がします。
韓国では目上の人と酒席を共にして、杯を頂く際、横を向くんですよね。失礼に当たぬようにという…礼節、たしなみのようです。目上に対する徹底した躾がなされているんですね。

で、韓国の芸能界ですが(笑)私には徹底した<サービス業>に見えます。ファンミーティグとかいうイベントが日本でもあるんですよね。コンサートじゃなくファンミーティグ。どんだけサービスに徹しているか。巨額も動くかってことなのでしょう。

徹底して「失礼があってはならない」社交辞令

やれやれ

日本人の中には「韓国人は」とか「中国人は」と侮蔑を加える人が少なくないようですね。在日がどうのと差別する人も。ですが、日本人もかつては「エコノミック・アニマル」と言われた時期がありました。皆さん…アニマルですよ…アニマル。見下した言い方ですよね。それでも日本のビジネスマン・技術者たちは邁進し、揺るぎない技術力を世界に広めました。『下町ロケット』を観て、胸がスカッとしたという方も多いでしょう。

時代

いつの時代も突破口を拓くパイオニアっていて、紆余曲折を経ながらも屈することなく貫くものを持つ者っているんだなあと。
20年前のソウルと今はまったく別世界。今に到達するまでの道のりには分断の憂き目もあり…それでも進むしかない。

人間の歩く道は苦悩が伴走する

その中にあって、したたかに生き抜く者あり。

私、思うんですよ。とやかく「韓国人が」とか「中国人が」とか見下し、蔑むって、自分がその国の人間じゃないからですよね? 理由があるにせよ、虚しい。日本人は選ばれし民族というもの何か今ひとつ私は違うかなあと思う、例えそうだとしても。そんなところに居座る価値観って何とも馴染めません。どの国にも悪さする奴は悪さする。国民性って確かにあるのだけどね。

今日年越しの買い物に行ったんですけど、車に乗っていてね、こんな会話になりました。

私「今の…ジャガー?」
お父さん「うん」
私「やっぱカッコいいよね。日本人にはないね、あぁいうセンス」
お父さん「ないね。ヨーロッパのはどれもシャレオツ(オシャレの業界逆さ言葉)」
私「そう。アメリカのもカッコ良くはないね」
お父さん(笑)
私「どうしてだろうね」
お父さん「ねえ」
私「ミニクーパー…イギリスだよね?」
お父さん「そう」
私「やっぱ、可愛さが違うもんねえ」
お父さん「違うよなあ」

どうしても日本人には醸し出せないものってあるんですね。その逆もなんだけど。思うんですよ、私。違いって「味わい」にも通じると。

同時に痛みは同じというものもある。

そして、生きるためになりふりかまっていられない時代ってこの世界中の何処かに今もあって、そこには這い上がる原動力を秘めている。

日本は例外でしょうか?

私はそうは思えない。




さて、これが今年最後の記事となります。今年はちょっと移転騒ぎもあった一年でしたが、おつきあい、ありがとうございました。




皆さん、良い年をお迎え下さいね。




姫神『神々の詩』

Category : Recommend

なんかクセになる曲です。姫神の『神々の詩』以下にYouTubeを貼っておきます。





で、いったい何語なんだろ?と思ったことありませんか? このYouTubeには訳が入ってまして…Wikipediaには縄文語?縄文語をイメージして?とあったような。縄文語って今も伝承されてるの? 喋る人いるの? と想像は膨らむばかり(笑)

以下に訳をご紹介しておきます。私はもっと神々しいこと唄っているのかなぁなんて勝手に思ってたんですけど。





ア パ ナア ガ マポ
A-ba,naa-nga MAPO
私は名前がマポです。

ア ニ ノノ ト アヤ ト イネ ト イエ ト
A-ni,nono to,aya to,ine to,ye to,
私に、祖父(祖母)、父、母

オト シ ブ イ ブ ム
oto si bu-i-bu-mu
兄(姉)と弟(妹)がいます。






今日はクリスマスイブ。聖なる夜になんとも言えず…太古の息吹を感じさせる曲をアップしたくなりました。日本は大和(ヤマト)とも言い、それはヤハウェの民という意味だとか。案外、聖夜に相応しいかも知れませんね。




映画『コンスタンティン』 ガブリエルの言葉

Category : 魂のご飯

キアヌ・リーブズの映画『コンスタンティン』ご覧になった方もいるでしょう。先日BSで放映され(以前にも観てたんですけど)録画しました。
キアヌ・リーブスが演じるコンスタンティンはエクソシスト(悪魔払い)この映画は天使界と地獄界の狭間にある人間界のお話。サタンの息子が父の支配にウンザリして人間界に入り込み、自分の王国を築こうとする企みをベースに物語は展開していきます。
聖書を下地にしているのですが、天使も悪魔も人間界には入らないというルールがあって、でもハーフブリッドという100%天使でも悪魔でもない存在は人間界に棲んでいるという設定。実際はどうなんだろうと思わせる面白さがあります。

で、いよいよサタンの放蕩息子が霊感の強い人間(女性)の体内から生まれ出る刹那、そいつを手引きした張本人をコンスタンティンが召喚するんですけど、それが

ガブリエル

このガブリエルの台詞を記します。飛鳥昭雄さんが言う「全宇宙どこを探してもない。キリストとルシフェルがいる世界は」というのとリンクして興味深いですよ。





 人間はこの上ない恩恵を受けています
 一人一人が神から赦しを得たのです
 犯罪者も悔い改めさえすれば、神の御胸に抱かれる
 
 宇宙どこを探してもそんな恵まれたものはいない

 公平ではない
 神がそれほど人間を愛するなら、その愛に見合わければならない

 ずっと見てきましたが、
 恐怖に直面しないと人間の気高さは現れない

 お前たちは気高いはず
 だから
 試練を与えます、恐怖をね
 
 乗り越えられるはず

 悪魔の支配に耐え抜いた人間だけが神に愛される資格がある

 救済の道が始まります





いかがですか? このガブリエルはハーフブリッド。人間を見守るのにほとほと「ウンザリ」したんでしょうね(笑、笑えない)で、地獄界のサタンの放蕩息子の野望に加担。最終的にこのガブリエルは神に見放されてしまいます。

皆さんはどう思うか分かりませんが、神はガブリエルをある種…泳がせていたと言える。もっと早い段階でガブリエルの野心を挫くことは出来たはず。これは創作です。現実ではありません。ですが、ものすごいエッセンスが込められた映画と思う。

最後の審判

それは決して世界の最終段階で神が下す審判とは限りません。人間が生まれ落ち、死に至るまでの道筋は常にそれぞれの魂の思惑で出来ています。途中で軌道修正する機会を得る…それも魂の成り立ちゆえと言えるでしょう。
このカブリエル的な人間、たくさんいますよ。想念により出方は違いますが、自分の主観を他者に向ける。洗脳し、世界を意のままに動かそうとする。

もし、このガブリエルが内観に向かっていたら

サタンの息子と接点は結ばなかったでしょう。内観は達観に通じます。それは自分が見えなくなるのを防ぐ心眼なんです。

ガブリエルは人間に試練を与えようとした。

未来永劫、悔い改めそうにない人間を地獄に住まわせ(人間界を地獄と化し)そこから這い上がったものだけが神の恩寵に授かると勝手に想念を膨らませていった。その過程でなぜ神は動かなかったか?

なぜ動かなかったか?

神は中途半端な段階では動きません。何故か?そいつ(私も含めて)のためにならないからですよ。普遍的に貫かれている…それは

自分で蒔いた種は自分で刈り取らねばならない

という法則です。収穫をみない段階でどうして神が介入するというんです?それ甘えです。「だったら、もっと早くに言ってくれれば良かったのに」という声が聞こえて来そう。ですが、「自分で蒔いた種は自分で刈り取る」はこの世に生まれるためのお約束です。

ガブリエルがコンスタンティンに言った言葉には以下もあります。





 神から授かった能力をあなた(コンスタンティン)は自分本位に使っている
 なにもかもそうです
 神の恩寵に浴するため





コンスタンティンは人間界を悪魔から守り続けている。彼の人生は自分のためではなく、人間を救うために費やされている。なのにガブリエルは鋭い指摘をするんですね。「それ、自分が天国に行きたいためでしょう?」と。

人助けという名目の自己満足

「宇宙船に乗りたいなら、私の講演会に人を導きなさい」

「マグダラのマリアのカルマを解消します」

「私は自費を投じて皆さんのためにHPを立ち上げている」

見せかけの自己犠牲

手厳しいですよね。ですが、この世の多くがここに満足を得ているように私には見えます。ガブリエルは人のことには明るい(笑、笑えない)が、自分のエゴには暗かった訳ですが、これはラスボス(最後にして最強の敵)なのだと思う。

「一人一人が神から赦しを得たのです
 犯罪者も悔い改めさえすれば、神の御胸に抱かれる」

これはキリストの自己犠牲を物語っていると思う。磔などなかったというチャネラーがいますが、キリストはヤハウェーが受肉した姿とされています。キリストは自分を「I there」と表現したと聖書が残しています。その根拠の上に立てば、神みずからが自己犠牲を図ったことになります。怖いですか?

何故そういうことを計画したか?

愛ですよ。ガブリエルのこの言葉がそれを裏付けています。

「人間はこの上ない恩恵を受けています
 一人一人が神から赦しを得たのです
 犯罪者も悔い改めさえすれば、神の御胸に抱かれる」

この世界を創造した存在は未熟者たち<罪深い者>を棲まわせた。彼らがどういうふうな道を辿るかは予想し得たでしょう。それでも棲まわせたのは何故か?

愛ですよ。中途半端に手取り足とりなどするはずがありません。自分で気づく…成長を見届ける…これが最大級の恩寵なのだと思う。芥川龍之介の『蜘蛛の糸』はけだし名作です。彼は菩薩。カトリック敵解釈では自殺者は地獄に堕ちるとされていますが、墜ちていません。この世の道理はカソリック的解釈がすべてではありません。

悔い改める

これにも落とし穴がシッカリとあります。良い行いをして天に…は動機が不純。手厳しいですか?そうでしょうか。それおねだりではないでしょうか?
こんなに良い行いをしたのだから「私を天国に連れてって〜」ですか?そんな言い方されると腑に落ちるでしょうか。

人助けは自分が天国に行くためですか?

宇宙船天に滿つる時、携挙してもらうためですか?

浅川さんの講演会に足を運ぶ人に実際そう言っている女性いました。宇宙船に乗せてもらいたい。先生(浅川さん)がそのためには友人を導きなさいと言っていたので「講演会に知り合いを連れてきました」と。
人はね、善かれという思いに駆られて色んなこと仕出かします。自分は正しいことをしているという信念が人の心を曇らせるが、本人は気付かない。

人は鏡

そういう信念に浸りきった人に苦言は届きません。聞きたくもないのでしょう。そういうのを尻目に神の愛はどこまでも貫かれます。
 
「宇宙どこを探してもそんな恵まれたものはいない
 公平ではない
 神がそれほど人間を愛するなら、その愛に見合わければならない」

この脚本を書いた人、鋭いですよ。本当に鋭い。そこにはなぜ天使が堕ちるかも表しています。いったんスイッチが入るともう引き戻れない。ズンズン深みに嵌る。計画実行するためには容赦もない。
ガブリエルの主張は決して間違ってはいません。いないが、越権行為へ突っ走ってしまった訳ですね。この映画ではそういうふうに描かれています。

天使の分を超えてしまった。

天使に<自我>が芽生える時もこの映画では描かれています。興味は尽きません。

人は鏡

私たちは自分ひとりだと単色のまま…でも、たくさんのタイプに遭遇することで自分を形成し続けている訳ですね。取捨選択を繰り返しながら。えぇそうですよ。私たちは常にそうやって自分は何者かを構築し続けています。

私たちは押し並べて未熟です。同じ間違いを何度でも繰り返します。元来の心癖って、なかなか手ごわいもののようです。


自分が見えなくなる。


そのきっかけのひとつは<自分は善い行いをしているという慢心>でしょうか…それがあるように思う。自分のHPを飛ばし読みするな、とかね(苦笑)この人の正義感…痛いです。まさに裸の王様。



この映画の中心に貫かれているのは<自己犠牲とはなんぞや>というもの。ガブリエルの台詞は本当に意味深長です。





マグダラのマリアのカルマを解く?

Category : 限定記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

諸行無常

Category : 時事ネタ

興味深い記事を見つけました。

http://golden-tamatama.com/blog-entry-2173.html

抜粋ですが、「ユニクロ会長の柳井が労働人口が足りないから移民受け入れないと日本は滅びるというが、足りないって言ってるのは時給800円のアルバイトであって正社員なんてほとんどなれないのが現状。社員に分配せずに資産2兆円超えの貴族階級がよくも言えたもんだ」

ホリエモン発言だそうですが、この人…フジテレビ買収しようとして?一説にはマスメディアのドン…いわゆる虎のしっぽを踏み逆鱗に触れて?失脚させられたという話がありますが、もしご自分が失脚せずに順風満帆だったら、こういうこと言ったかどうか?とは思う。それでも、切り口に異論はない、私。
ユニクロ会長の柳井さんが「労働人口が足りないから移民受け入れないと日本は滅びる」と本気で思っているとすれば、この人、日本の雇用現状に暗いのか?あるいは見て見ぬ振りなのでしょう。
派遣あるいはホリエモンが指摘するように時給800円のアルバイトなしには労働力を確保しない現状…正社員の数が減少の一途ならば、柳井発言よりホリエモンに軍配は上がる。

日本経済は派遣が支えている?

で、中間マージン業者の取り分って半端ないようで…リンク貼ったブログのグラフを見て、私、唖然としました。日本って本当に何処に向かおうとしているのでしょう。

もうひとつ

http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-510.html

ヤスの備忘録にアップされた記事の一部を以下に抜粋。




「憎しみは与えない」の効果は果たしてあるのか?

たとえばジハーディ・ジョンによって殺された被害者の母親とか、あるいは今回のパリのテロで妻を亡くした夫のフェイスブックのコメントとかが、けっこう大きく取り上げられてますね。共通しているのは、要するにISには憎しみは与えないと。憎しみみたいな贈り物をお前らには簡単にあげないよってことです。それが全世界でものすごい感動を呼んでいる。

彼ら(IS)には彼らの確立されたある意味でカレンダーがあってね、そのカレンダーはまさに彼らが持ってる原理主義的な世界観を、いついつまでに実現するんだというカレンダーです。つまり彼らは、彼らが設定した予定表にしたがって、一方的にいろんな事件とかテロを引き起こしていくだけの存在で、こちら(テロ被害者)がどう考えているかなんていっさい考慮しないという感じがします」






私、唸ってしまいました。



→続きを読む

クリスマスリースのご紹介

Category : Recommend

[11.10 追記] リューカデンドロが最近の暖かさからか…蕾から少しづつほころび始め(汗)なので、今回は作ってみたよたというお知らせに止めさせて頂きますね。




クリスマスリースのご紹介です。コニファー・ブルーバード/実つきヒノキ/リューカデンドロ・ジェイドパール(シルバー実)の3種類で製作しました。


IMG_20151107_0052.jpg



あの時は仕方なかった?

Category : 辛口ごめんなさい

まずはツカミから(笑)

びっくりぽんや(わかる人はわかる、笑)キムタクが前世のお父さんと言う人、出てきました。ご自分は北条政子だそうで。芋づる式に夫となりますが、源頼朝は真矢みきなのだとか。申し訳ないけれど、笑っちゃいました。チャネラーが絡んでるんですね。この方が師事するレイキヒーラーは(自称)義経だそうで…本当に困ったちゃんたちと思いますが、こういう人たちにつける薬はありません。しかも念が強いので、触らぬ何とかに祟りなし。
自称マリーアントワネットの生まれ変わり東西対抗ってのも以前あったなぁ。まぁいずれにしてもこういうことを吹聴する、ブログに書く人間は引き寄せもかなりのものでしょう。潜在意識が都合の良い偶然の一致を引き寄せては「ほら!事実でしょ?」と翳す材料を引き寄せる。無意識こそがしっかり働きます。その方「魔女」とも言われたそうで…やれやれ、もともと念が強い傾向があるのでしょう。

ほんものは名乗りません。

名乗る必要がありません。この意味わかりますか? 嫌味?上から目線で感じ悪いですか?今に始まったことじゃありませんが。ほんものの霊能者は一笑に伏すでしょう。私はお節介ですからね(苦笑)

キムタクはどうひっくり返しても北条政子の父親の生まれ変わりではありません。

「どおりで夢に出てくるはず」とか書いているようですが、それって有名人…イケメン有名人は「つらいよ」ということかと。キムタクの夢を見て「ひょっとしたら」と思ってる女性少なくないと思いますよ。韓流スターも同様かと。今年は福山雅治ロスですか?ショックを受けた奥様方の悲鳴が…!まぁいずれにしても皆さんはこういう錯覚思い込み症候群には陥らないで頂きたいと思います。

上記の女性はせっかく「人の役に立ちたい」と活動しているのに残念です。前世、自分が歴史的有名人と知らせるって…何か役に立つのでしょうか?「私は前世、北条政子なんだって!」だからどうしたってことではないでしょうか?心の底に何を眠らせているのでしょうね。

良い人と思える。人の役に立とうと頑張っている。この条件の元、こういう肩書きが閲覧ファンに浸透する…これがどう影響するでしょう。「へぇスゴい!」ってことになってやしませんか?嘘か誠か証明のしようがないでしょうに。

隠れ慢心。

自覚に上がってこないこの手の思念は手強いと思います。せっかくの奉仕(人の役に立たいという)をザルにしてしまいます。他人事じゃなく、私たちは常にお試しのまな板の上と思うに越したことはありません。

どうぞ…人から言われたとかいう実況を混じえて屁の役にも立たない…えぇ屁の役にも立ちません。それどころか多くを「あの人の言うことだから」と信じ込ませる訳ですよね? これ…カルマを積むことになります。例外はありません。良い行いと相殺などありません。それどころか、

人の役に立つことをしようと自分は頑張っているという自覚が心に隙を作る。

ネットはある種、新種の新興宗教になり得ます。「あの人は前世北条政子でキムタクが父親だったんだって」と広まる。慎まねばならない心のひとつと、どうぞ心に留め置いて頂きたいと思います。



→続きを読む

プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ