トゥモローランド感想文

Category : 時事ネタ
昨日、映画『トゥモローランド』を観て来ました。さっそく感想を時事ネタのカテゴリーで書きます。Mr.都市伝説関暁夫さんの言う「映画に仕組まれた謎解き(?)」は一部では社会現象化しているでしょうし、これから混沌が加速する世界情勢を鑑みて。
ギリシャのデフォルト騒ぎで銀行に人々が殺到しているとか…人ごとではない日が日本にも? でも皆さん、焦りは禁物です。今世界は新しい価値観に向けて着実に進み始めています。私は最近韓国に渡航しました。そこでドルとウォンに換金し、帰国後はドルのみ日本円に戻しました。それは世界の貨幣取引基軸を鑑みて。
そう遠くない将来、貨幣の価値がなくなると言われていますね。ドルが紙切れ同然になると。それがいつかは私には分かりません。ですが、ギリシャの有りようは決して他人事ではないでしょう(秋頃と言われていますが?)。そのくらいは察しがつきます。

物と貨幣の代価価値

これは個々に委ねられる問題です。今のうちに先々必要になると思われる物は貨幣に価値がある間に揃えておくという考えもあるようです。賢い選択と思います。私にとってそれは水・米・浄化グッズなど。
また不食のキャンペーンも広がり始めています。宇宙の気「プラナー」で生命維持は可能と。一気にそこに辿り着くのはかなりハードでしょう。放射能汚染が進み、輸入食品が来なくなるのを想定すれば、飢えを凌ぐ必要は出てくるとは思う。ですが、日頃から少食を心がけ、いざという時のための身体作りをするくらいは出来る訳ですね。これは決して悲惨な覚悟ではないと私は思っています(少食=健康)。

宇宙に遍満する気を頂く

これは私が飽きもせず言い続けている<周波数>に深く関わっています。従って「プラナー?それいったい何?」という人も多いはず(笑)ですが、周波数なら分かり易いかと。もう幾つもの周波数グッズ…主に石ですが、出回っています。水もあるようですね。インチキ商売には気をつけて…!私も気をつけます(笑、笑えない)いずれにしても、それらは私たちにとって

チューニング

これはこれからとても重要になると私は感じています。誰かの講演会やチャネルを受けるより。その理由を映画感想文として今日は書き進めて行きます。







テレビで予告が放映されている範囲、関暁夫さん関連で露出している範囲で出来る限り話を進めようと思いますが、時にネタバレになるかも知れません。ご了承下さい。





まず私は感じたのはこの映画は「イントロダクション」ということ。導入部分なのだと思います。何の?

新しい世界の

トゥモローランドに貫かれているのは

あたなはそこで何を成し遂げようと思いますか?

あなたのアイデアは? それを実現しますか?

そのための努力と知恵を持っていますか?

貢献

既存の価値観や先入観を超えたアイデアこそが待ち望まれる場所…それがトゥモローランド。

諦めない強靭な精神

100%の確率が99%にスイッチが切り替わった…私たちが迎える可能性がある新しい世界はそういう100-99=1というかなり高いハードルであることをまずは念頭に置かねばなりません。それでも

あなたはトライしますか?と私たちは問われているのだと思う。

私がときたま話す「垣間見る世界」覚えていますか? そこはトゥモローランドと共通点が幾つかあります。それはその世界の中心部はハイテク…私が視る世界はおっきなクリスタルの球体が中央にあります…あぁいうタワーではありませんが。そして周囲は自然が溢れているという点。
私の住処は表は大きな湖?海に面しており、裏は広大な渓谷に面しています。またその世界の入り口には小さな噴水?泉があり。私はそこで目覚める…導入部分はそういう感じです。

また予告編でもクローズアップされているバッジですが、1個1個は個体(個人)のDNAなどの個人情報で個別化されています。ヒロインが手に触れると現れる異世界…同じくバッジに触れても何も他の人には起きません。そのバッジは瞬間チューニング…個体の周波数とトゥモローランドが一致するという。IQが超!高い人間だけという。これって先遣隊ってことでしょうね。

準備をする人がまずは召喚される

ウォルト・ディズニーが組織したプルス・ウルトラにはニコラ・テスラ、エジソン、アインシュタインなどの頭脳が召喚されたとか…、彼らは本気で新世界の準備をしたということなのでしょう。

トゥモローランドにはA.I.の存在も描かれています。A.I.(人工知能)は決して先のことではなく私たちが日頃使っている携帯やパソコンに…既に現実な訳ですね。全てがA.I.のコントロール下にある世界も怖い。スピルバーグが描いた『A.I.』にも見られるように決して感情が働かない訳ではない。プログラミングによっては人間と同じような感情を抱く個体も現れる可能性だってあるし、もし人間を地球環境のためには「排除すべき」と管理統括A.I. が判断すれば人間VSコンピューターのバトルとなりかねない。

思うに人間サイドが進化…調和と共存を学び、実践する叡智を持つことなしに頭脳のみでもNG。地上の娑婆世界の思念から解放された心なしには次元を超えることは出来ないというニュアンスなのでしょう。

トゥモローランドは異次元空間

あのバッジは

それぞれの個体とトゥモローランドの周波数を瞬時に一致させる装置


なぜトゥモローランドに彼らは召喚されたか?

それは地球最後の日と関連しています。その終末が100%の確率からヒロインの女の子の出現で99%に切り替わった。それは

スタートラインに着いたというサイン

私はこの映画を観て、少し前に書いた『オーダー』を思い返しました。そして「お役目がある」とかそういう発想も超えたほうが良いと改めて感じます。

役目があるかどうかじゃなく

あなたがどういう世界に自分の身を置きたいか?

そして、そのために何をするか?始めるか?

なのだと…やはりそこは揺るぎようがない。バッジが来るかどうかじゃないんですよ。選民意識は卒業した方が賢明です。老婆心ですが。

ひとりひとり。私たちは自立しつつ協力しあうスタンスを身につける必要に迫られています。バッジが届いた人たちは決して集団ではありませんでした。それぞれひとりづつ。それヒントと思いますよ。そして、全員が何らかのエキスパート。しかも先導とは無縁の人たちでした。これもヒント。

ネットで言われ始めている「日本人の青年」ですが、ストリート・ミュージシャンなんですね。歌はメッセージです。彼は私の想像の範囲でしかありませんが、トゥモローランドから地球の仲間…周波数が同調する人たちに何らかのメッセージを流布するアイデアを持ってるのだろうと。ですが、日本人が先頭にという解釈を私はしません。あれは同時に世界に起きたこと。どの国の人間がこれからの世界を引っ張っていくかなどどうでも良いんです。

まだそこにこだわりますか?

あのラストシーンで召喚された(バッジを受け取った)人たちは第三陣。ヒロインの女の子ケイシーが第二陣。ジョージ・クルーニー演じる男性が第一陣。プルス・ウルトラの面々は先駆者。ケイシーは超!天才(笑)
この二人がトゥモローランドを救い、99%の地球の可能性のために58日をバッジ普及に努めます。バッジを携えた子供たちが地球に向かう場面は武者震いしそうでした。





「どの国の人間がこれからの世界を引っ張っていくかなどどうでも良い」

私はそう書きました。とは言え、日本は放射能汚染で世界に大迷惑をかけています。ところが、それを浄化するアイデアと技術を持っているのも日本人なのですよね? もう待ったなしと思いますけど。Chiranさんのフリーエネルギー技術も井出治さんでしたっけ?その方の技術もどうやら宇宙人からもたらされたものなのでしょう? 井出さんは宇宙人が関心を寄せているってことのようですけど。

宇宙船天空に満ちる前に

既に宇宙人の介入がなされたってことですよね、これって。 ということはそういう技術を我々人間には必要ってことでしょ? もう地球や他の生命に「これ以上迷惑かけちゃいけませ~ん!」という。アイデアは授けられ、そのヒントに基づいて試行錯誤、弛まぬ努力を彼らはした訳ですよね。ある意味、バッジ受け取った人たちかと思います。奇跡のりんごの木村さんも。

私たち凡夫はそれらのアイデアが世に出るためのエネルギー(人道支援)になったり、周波数のチューニングを怠らないとか(笑、笑えない)色々やることがありそう。姫川薬石などで食物・水浄化もそうですよね。怠ってはならないでしょうねぇ。乳酸菌バイオも。





トゥモローランド




トゥモローランドじゃありませんが、私が垣間見る世界とチューニングがマッチしたら、私はもうこの世界にはいないと思う。いったん肉体的死を迎えてかも知れません。こっちの方が確率高いかも知れませんね。どっちにしても私はそこに向かう。

トゥモローランドは既に次元を超えたエリアにあるという話も出ていますね。

ありますよ。

でなきゃ、映画は世に出なかったと思います。あの映画のまんまかどうかは別ですが。




ソルフェジオだけじゃない周波数界隈

Category : つぶやき

先週の『都市伝説』ご覧になりましたか? 見なかった方もそれだから時流に乗り遅れているってことではないので一喜一憂しないで下さいね。Mr.都市伝説こと関暁夫さんの話は飛鳥昭雄さんと同様、エンタメとして捉えつつもポイントは掴むというコツ(?)が必要かと思うんですけど、いかがですか?
今回の『トゥモローランド』という映画はそういう意味で興味深いと思います。私は明日映画館に行きます(^^)まずは吹き替えを観ようと思っています。というのも片言英語喋る私でもつい字幕見て、せっかくのヒントを見逃したくありませんから(笑)

えぇ楽しみましょう、皆さん♪

観たらネタバレになるので限定で感想文を書こうと思います。

さて

今日は周波数グッズが色々出ているようなので、幾つかご紹介しながら…やはり時代は波動移行の方向かということで今日は書きます。カテゴリーは『アセンション』ですが、フリーエネルギーにしても反重力にしてもそれら全て周波数がポイント。私らは音・香り・石などなどを通じて

共鳴

を高め味わって、自分と周囲、そして環境の和を図っていきましょうね。












ひとつ前の限定記事は「フリーエネルギーを拒むのは誰?何処?』」という内容を含んでいました。ネット発信者の中にプーチンロシア大統領が新世界秩序をリードし、戦争屋を封じ込めるとヒーローと評価する人が多く、ましてや「東日本は放射能汚染修復不可能。ロシア移住に中国が飛行機を出す」と日本人シベリア移住計画を語り始めた人がいるのに対し、私は冷ややかな態度を取っています。

「冷静になりましょう」

私は世界にヒーロー的国家も大統領もないことに気づきましょうというスタンスです。フリーエネルギー開発に関し、それを軍事目的にしたい国にロシアの名あり。

ロシアには豊富な地下資源がまだまだ眠っている

チェルノブイリ事故後資料も持っている

ですが、飯山氏は「プーチンは福島原発後の日本人…被爆者…に(医学的?)興味があり、自国の土地を貸し出すことはロシアにとって意味のあること」という趣旨を(ロシア移住に)否定的な人への答えにしています。それを見た時、私はこの人は持論を正当化するのに必死だと感じた。冷静さに欠いている。ロシア人を知らない。「シベリアはさほど寒くない」という書きように、それを信じる人がいるのでしょう? 長期住んだ経験もなしに何故そのような書き方が出来るのでしょうね。こういう猪突猛進者に私は自分と家族の命運を託す気はサラサラありません。ロシア人気質を飯山しよりは知っていると言えるでしょうしね。

飯山氏の功績は乳酸菌拡散!これに尽きます。他は戯言かと。






映画『トゥモローランド』

Category : 限定記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

オーダー

Category : 魂のご飯

[ 追記 2015.6.16 ] 非公開の方、記事アップしました。




オーダーと言ってもレストランで注文という話ではありません(笑)

ずいぶん前に読んだレッドフィールドの『聖なる予言』シリーズ…どれかは?中国軍がシャンバラをメチャメチャにするストーリー展開なんですけど(苦笑)読んでいる方、覚えているでしょうか? その中に主人公を度々危機から救う不思議な男性の描写があります。それが、

天使

私はこれを読んだ時「へえ~」と目から鱗が

落ちました(笑)いわゆる守護天使。別に取り立てて目新しいことではありませんよね? なぜ私が「へえ~」と思ったかというと

天使にオーダーする

はっきり自分の意思を伝える。伝える時、願いでも希望でもなく

オーダー(命令・指示)する

という文章。これはとても意外でした。軍隊での指揮形態…英語では上官から下士官に命令を下す際にこの「Order」という言葉を用います。そこをきちんと念頭に置いて下さいね。

天使に命令

奇異に聞こえませんか? もうここで私たちは躓いているんですよ。スピリチャル系洗脳が為されていたことに私はドキッとしました。この著者レッドフィールドさんはどの精神世界の達人より直感的に「分かっている」人だと私は感じた。本人にその自覚があるかどうかは不明ですが。

命令する

そこには傲慢な印象があります。ですよね? 謙虚であるべき。「命令?とんでもない!」と皆さんは思うのではないでしょうか。
そこで浮かび上がるのが霊能者や世界平和の祈りを捧げる集団の存在です。申し訳ありませんが、私は彼らを評価しません。何故か?

祈りや瞑想で世界に平和が訪れるとしたら、とっくの昔だろうし、自己満足でしかないと思うからです。何故そう思うか? ここも例外なく自由意志の領域だからで、世界平和は祈りでは実現しないと悟るからです。

実現しましたか?

もう気の遠くなる歳月をあらゆる宗教や霊能者、チャネラーが呼びかけて実践してきましたよね? 彼らは甘い。平和とは人間同士、利害を超える対話・交渉を突き詰めていくしかないんですよ。祈りは

一方的ではないでしょうか?

平和は一方的なアプローチでは実現しません。何故そこに気づかないのでしょう。対話・交渉が功を奏さない。何故か? 交渉・対話を誰が担っているか…政治家ですよね?その背後には軍産一致のそろばんがあるのでしょう? そこに群がっているのは誰か…祈りで彼らの思考回路にインパクトを与えることは不可能です。何故か?

自由意志

なんびととてこのメソッドの腕(かいな)の内にある。確かに平和共存は理想です。互いを活かし合う愛の実践です。ところが、精神世界コミュニティ間で派閥があったりするんですよ。この現状をあなたはどう思いますか?





自由意志は地球にも備わっています・・・さて。













スピリチュアルな祈りは世界中で実践されています。ところが彼らの祈りは功を奏しません。何故か?は既に書きました。でも、まだ先があるんです。皆さんは意外に思うかも知れないし、拒否感を覚えるかも知れません。私は同意を求めているのではなく、気づきを伝えているに過ぎません。従ってこういうステージがあることを知って頂くこと以外に私は価値を見出せない。メッセージを発信する意味を日々模索しているのが現状です。それでも誰も言わないのなら「言うよ」ということかと思います。

天使にオーダーする

祈りを捧げる

ここに一定のルールがあることを皆さんは気づいているでしょうか? 一定のルールとは祈るからにはそこに自分が関わるという自覚です。集団瞑想にしても祈りにしても

希望的観測

そこに留まってやしませんか? それはね、事故・事件を目の当たりにして「あぁあの人を救い給え」と手を合わせるに等しいからです。
世界の混沌は事故と事件で形作られています。まだ祈りでその混沌が解決するとあなたは本気で思っていますか? 思っているとしたら、あなたはかなりの甘ちゃんと私は思う。
祈るのであれば、身を呈して救済する、関わる気があるか?その覚悟はあるか? 実はそこをを問われることなんですよ。集団瞑想した人がよく言うことに

希望します

みんなで祈りを捧げれば、きっと平和は実現する

これは甘え。自己満足に過ぎません。自分の手を汚さず、どうやって溝(どぶ)をさらえるというのでしょうか?

天に向かって祈りを捧げる

それは尊いことです。でもね、天はこう思っているはずですよ。

「そうか。そんなに希望しているのか、平和を。
 で、キミたちはそれに対して策はあるか?
 話し合うか?
 平和実現のために身を捧げるか?何をどうしようとしているのかね?」

あなたはこう問われた時、たじろがずにいられますか?

多くがどうしようもない現実に鎌を入れようという気持ちはある。それは私も理解しています。ですが、祈りとは「私は・・・を実行します。天よ、我々を(私を)見守り給え」でなくてはならないんですよ。しかしながら集団瞑想は「あぁ私は今、本気で平和を祈願し、その祈りを多くと共有している」という歓喜に留まっています。あなたはそれを否定できますか?

祈るからには具体策を示さねばならないことに多くが気づいていないか、気づかぬふりをしているか。奇跡のりんごの木村さんはどうですか?木村さんだけではないのでしょう? 世界に貢献している人は。彼らの行為こそが祈りに匹敵するとあなたは思わないのでしょうか。

あなたは世界平和のために

地球のために

どんなアイデアを持ち、実行しているか

そこを問われているとは思いませんか? 祈らないよりマシ…ですか? 自己弁護ですね。私の辛口の対象の(苦笑)飯山さんとて自分が出来ることに知恵を絞り、命を懸けてますよね。私は飯山さんの乳酸菌ビジネスは有効だと思っています。問題点は「シベリアはそんなに寒くない」とかイイ加減な話をして人心誘導するところ。これは頂けません。




祈りは誓願(せいがん)でなくてはならない





誓い、成就を祈る。

つまり、あなたには為すべき何かがあって、プランがあって、もしプラン思索中につきだとしても、それが成就するように天に向かって

オーダーする

本気でオーダーする

その前提にはあなたの努力がある。あなたは出来ますか? 天使とは天の遣い。守護天使は不出来な私やあなたを守護する存在。不遜だから「オーダー(命令)なんてできる訳ない」と思うと思うのですが、いかがですか? それ、既存の刷り込みですから。私はそれをレッドフィールドの著書で気づかされた訳です。

オーダーするとは

本気かどうかを問われる

例え私たち自身がまだ気づいていない(表面的)としても深い部分で取り組んでいることってあります。するとね、出会いがあったり、何かしらヒントを得たり、直感的になったりします。経験ありませんか?あるはずですよ。

「祈るからには具体策を示さねばならない」と私は書きました。天はね、私にもあなたにも分不相応なこと期待してやしません。地道にコツコツできる範囲のことを真剣に。ここからがレクチャーの要ですが、気づきませんか?

祈りは常に1対1

気づきませんか? 天と私たちは常に1対1なんです。宇宙人が「あなたたち人間は」と言うとしても、です。確かに人類という括りに対してではある訳ですね。ですが、世界平和の祈りは天に対する

おねだり

純粋で真面目に生きていれば願いが叶うと思っている節がどうやらあります。お利口さんにしていれば、良いことが待っている的思考を引きずっている節がある。
集団瞑想に参加するくらいなら、私は一本の苗木を植えます。水を浄化するための方法を取り入れます。そしてね、知らねばなりません。政治家や一部の特権階級はあなたの集団瞑想など屁でもないんですよ。天は決して彼らに改心を迫ったりしません。全ては個々の自由意志に則って現実化していること。利害で手を組んだり裏切ったり裏切られたり、リークしたりなのですよね? 原発ひとつとっても同様です。天はね、そんなこととっくにお見通し。

私たちの誰かが平和の祈りを捧げる度に、祈りの先がすっぽ抜けているのも100も承知なのですよ。

守護天使は

彼らがいるかどうかをここでは議論しませんよ。私はいることを前提に話を進めています。信じない人は読まないでね(笑)

あなたの深い想い(自覚に上がってこない部分も含めて)を理解しています。そして、そこを踏まえた上で日々見守っています。あなたの行く手を感知し、ベストを尽くします。ですが、日頃、手取り足取りはしません。それは魂の成長の妨げになるからです。本山(よろず)という人気サイト管理者がいますよね。彼は典型的な自覚症状に欠けた依存体質ですが、本人が気づかねば、その路線はキープされます。

何が一番要かというと

私たちの意図なんですよ。気づきませんか?意図とは意思表示ですよね? 私たちには一人一人生まれてきた目的があります。守護天使はそれを熟知し、何をどうサポートすべきかを知る存在です。従って私たちサイドが「何故あん時、怪我しないようにサポートしてくれなかったの?」とか「何故、幸せな結婚生活を送れないの」というボヤキに彼らは動じません(苦笑)良縁に恵まれるようにという祈願にも「どの口が言う」的な性格では何をか言わんや。ところが「あれ?」というくらい幸運に恵まれる時がありますよね。その違いは天使にしか分かりません(笑)




従って、もしあなたに何か成し遂げたいことがあり、それに関して守護天使に希望を伝えるのなら「あのぉ申し訳ないんですが~、・・・してくれちゃったりしたら嬉しいかなぁ」というクネクネしたものなら見向きもされないでしょう。あなたに努力を惜しまない覚悟があり、先行きに不安があるなら真剣に必要な時には道を照らすよう

オーダーして下さい!

誓願成就はまずはあなたに実行・努力という取り組みがあってこそ。直感があなたを導きます。





直感と守護は結びついています






先を読む知性

Category : 限定記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

警鐘加速につき

Category : 所感

2ヶ月に一度ネット放映される飛鳥昭雄エクストリームサイエンス。常にトンデモの最先端を行く内容ですが、信じる信じないは我々次第の分野。私はエンタメと捉えていますが、それでも頷くことしばしばなんですね。ですが、今回(5月分)は腕組み。要約すると、アメリカは闇の枢軸…人類1%がその他大勢に対し、食糧危機を仕掛ける…第三次世界大戦勃発…日本も多数の餓死者が出る…故に1年分の保存食を備蓄すべし、というものでした。
闇の枢軸とは予言に則り人類を10分の1ですか?まで削る気満々とは以前から聞く話で、別段今さら「ひえ~!」なんて驚くことでもないのですが、我が国の総理は「日本がアジア経済の中心になって」と中国をえらく牽制。あちこちで大枚ばらまき、合衆国では演説喝采を浴び、ロシアには「北方領土で話し合う余地があるから」とプーチンに「日本に来い」と言う。どの口が言うとはまさにこのことと思いますが、飛鳥さんが指摘するアメリカは日本を救わない説に私は一票!同盟とは砂上の楼閣とは思う訳ですね。

一方













飯山一郎翁は福島原発の現状を鑑みて「もう手遅れ」サバイバルすべく乳酸菌環境を徹底すべしと力説。そこから持論を膨らませ、「身軽にしてシベリア移住を考えるべし」と。

やれやれ

この人はロシア人を知りません。takakoさんは知ってるのかって?多分ですが、飯山翁より知ってると思いますよ。通訳とも親しいですし、ロシア人とつきあうコツなどあるようですしね。ウエルカムムードがあるとして、あるとしてですよ。彼らは決して無条件で土地を解放しやしません。
飯山氏は「シベリア(バイカル湖付近)はそう寒くはない」と言っているようですが、冬は長く厳しいんです。多くの日本人は楽な生活にどっぷり浸かっています。極寒を経験したことない女子供老人を率いて?どうするつもりなんでしょう。

飯山翁には一念岩をも通す信念があるのでしょう。よしんばロシアが日本人を受け入れるとして…滞在は長期になる可能性大な訳ですよね?終生となるかも知れない。はて…ビザはどうするのでしょう?

難民扱い?

日本国土は放射能汚染地域につき住むこと適わず、海外脱出もやむなしの太鼓判を誰が押すのでしょうか?長く厳しいシベリアの冬を解説しもせず「シベリア(バイカル湖付近)はそう寒くはない」ですか?無責任な人ですね。「生き残りたけりゃ、それくらい辛抱せよ」でしょうか?
仮にシベリア移住の条項が整ったとしましょう。日本国政府が公に許可するはずがないので民間レベルの交渉となるはず。滞在期間の短い観光ならいざ知らず、長期住むとなればビザが必要になります。

巨大地震が首都圏を襲い、政府・公共機関が機能しなくなったと想定して、仮にロシアが日本人を引き受けると表明したとして(ロシア以外にも申し出る国はあるでしょうが)、自作農の覚悟あるのでしょうか?厳しい条件下の農業経験がない人間が大半なのですよね?潅水施設も整備せねばならないでしょう。至れり尽くせりとでも?
ロシア人は手取り足とりしてくれませんよ。老人幼子引き連れて、どう依存せずにサバイバルする公算なのでしょう。飯山翁はロシアにどういう手土産を用意…乳酸菌ノウハウでしょうか?
仮に移住できたとして、予想されることですが、居住地区から他の地域に自由に行かせてもらえないと思います。どういう居住環境をあてがわれるかも分からないのでしょう?

タダで土地付き住宅を与えてくれるとでも思っているのでしょうか?

多分ですが、移住手続きには相当な資金が必要になると思いますよ。あるいは財産没収されるとか…だって「住まわせてやる」な訳でしょう?ゴールドを所有してた日には有無も言わせずかと。私はロシア人はこすからいと言っている訳ではありません!欲深いとも言う気はありません。無条件に土地家屋を与えるはずがないと言っているのですよ。バイカル湖付近ですか?多分ですが、極寒の辺鄙な場所しか与えられないと思いますよ。夏は短く冬が長く厳しい。

シベリアで餓死する日本人が出ないという保証が何処にあるのでしょうか。

世界規模の異常気象下にあるのですよ。シベリアも例外ではありません。放射能で死ぬよりマシとでも?
大した財産(預金)もなく、技術・頭脳もなく、移住先をシベリアにするつもりの人は厳しい環境下に自身を置く覚悟でプランして頂きたいと思います。マレーシアで老後を暮らす裕福な人間とはまったく別次元の覚悟を要するでしょう。行ってみたら過酷だったでは済まされない問題かと思います。
ましてや、シベリアは謎の巨大陥没が多発している地域のひとつ。思うに北半球は何処も完璧に安全な場所などない気がします。飛鳥昭雄さんじゃありませんが、ニュージーランド…そこも地震多発国ですよね。でも、ロシアよりずっとマシかと環境的に。いずれにしても移住(永住)には覚悟と資金がいるでしょう。

やれやれ

もし首都圏壊滅が現実になった場合、生きているかどうかもわかりません。何とも言えませんが、飛鳥昭雄さんの言う第三次大戦勃発すれば、ロシアは日本人を移民・難民として受け入れるかどうか。日本がアジアの経済中心とかいう構想も決して日本国民全体がその利益に浴するとは到底思えない。飛鳥さんは「1年分の保存食の備蓄を」と強調しています。今の1000ドルが1ドルの価値しかなくなるとも。

福島原発事故後を思えば、未来から来たという(真意は?)ジョン・タイターの日本地図が脳裏を過ぎります。飛鳥さんにしても飯山翁にしても心はひとつ。

助かって欲しい 

助けたい

そのための知恵を絞っていると言えるでしょう。最近の日本は地震と噴火が相次いでいます。海外も同じく。私は飛鳥さんのいう闇の枢軸が人類を10分の1に構想、第三次大戦プランは彼がシュミレーションするようなことにはならない気がしています。それは闇の枢軸を手をこまねいてはいない力が働くと感じるから。
ロシアにスノーデンが渡りましたよね。プーチンはしたたかです。スノーデンがもたらす情報を元に欧州とも合衆国とも中国とも渡り合うでしょう。私はロシアという国は良くも悪くも要と思う。飛鳥さんはロシア・中国は破綻すると言ってるようですが、私はそうは思えない。中国って、ぶっ壊われるのも派手だが、立ち上がるのも派手。やらかす時はやらかすが、軌道修正も臆面ない。日本のように媚びへつらうことがない。
安部が何を喋ろうとアジア圏は中国・インドが要となる気がします。何故か?彼らは社交辞令では動かないからだし、おだてられて大枚ばらまかないからです。

実利

それはロシアも同じ。






日本は八咫烏の国なのですよね?

次の天皇がラストエンペラーとか。式年遷宮が相次ぐこの時期は何か奥で活発な動きがあるような気がしている人いると思いますが、私もそのひとり。
かと言って、他力本願は頂けません。何故この時期にこの国に転生してきたか?を痛感させられるのも日本人であれば、かもしれません。それぞれの国の数だけ理由はありそうですが、内被曝問題にしても日本政府が進める集団的自衛権にしても。ノンポリって言葉が一時期流行りましたが、それは日本人の出る釘は打つ的気質…なるべく目立たないよう無難にという暗黙の習性があるからかも知れません。

飛鳥さんは他にも面白いことを言っていました。

「同調圧力」

人と合わせる。そして安心する。仲間外れになりたくない。などなど…思い当たる節、大いにありですよね。事実、私は出る釘打たれた側で本当に痛い目に。持論を展開しますからね、生意気とか言われ…まぁそれでも言うことは言う人生(笑)懲りなかったですねぇ。で、今に至るマイノリティ人生。





飛鳥さんにしても飯山翁にしても、警鐘加速につき…取捨選択は随時わたしらに委ねられる。






プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ