万人に唯一最高にして有効な物などありません。

Category : 魂のご飯

ともすると自分が最高!と信じる物を人は「これ以上のものは他にない」ふうに推奨します。乳酸菌然り、麻(ヘンプ)然り、姫川薬石然り、アロマ然り(ただし私がお世話になっているアロマの先生はそんなことのないニュートラルな方です)他にも色々ありますが、私はどれも良い感じだなあと思います。取り入れてみて継続するかどうかを決めます。
人にはそれぞれ体質とか家系的遺伝的要素とか色々あります。故にAさんに有効でもBさんにはいまいちとか起きる訳ですね。
また、推奨する側にはする側で『縁』というのが左右するというのが正直な感想。例えばヘンプ。何でもプレアデスでしたか?の、とある惑星で栽培されているのを臨死体験で見知り、アセンションの中心になるのはこれ!と思いっきり本にした人もいます。でもね、ヘンプだけではないのじゃないでしょうか?何だか冷静さを欠くと感じるのは私だけでしょうか?








人には現象・幻視を見せられ、それに導かれることがあります。私にとってそれはポルトガルで出会った、とある(笑)小さな教会のマリア像でした。その後は偶然の一致のオンパレード。まさに霊的な導きの連続でした。霊視もそれ以降に発生(妙な言い回しですが)このブログを『maria letter』としたのもそうした縁あればこそでした。
また私は幼少期から周囲に色んな種類(?)の大人がいたため、大いに観察眼が養われたように思います。幼くとも「あぁ今この女の人は嫉妬しているんだな」とか「ズルいヤツだな」とか…なので当時を振り返ると幼児と言えども侮れないなあと思います。分かってるんですって…ボキャブラリー貧困で上手く表現できないだけで。

話、逸れましたね(苦笑)それは宗教にも言えることかと思うんですね、唯一無二という「自分らが信じる宗教・宗派こそ正しい」「唯一救われる信仰」という具合に。ですが、宗教には人を縛る傾向があります。例えばイスラム教のラマダンや決まった時間にメッカに向けて礼拝するという。ひょっとしたら一番緩いのが仏教かもしれませんね。それは信者にとってですが、戒律が日常生活に入り込んでませんよね?まぁそれは日本が、ということかも知れませんが、アジア圏には僧侶が托鉢に回れば市民が何かしら布施をする習慣がある国があります。ですが、信者は断食マストという訳でもありませんしね。やはり仏教は人に優しい側面がある気がします。

唯一無二

どういう訳か人間には「我こそは」という癖がある。他にも色々良いものがあるにしても自分が一番!と思った『物品』をまるで唯一無二であるかのように語る…まるで選挙みたいと思いませんか?どの政党にしても「我党こそは」というふうですよね?

そういう意味では消費者たる私たちは有権者みたいにどれを

選ぶ

選ばない

かを決する選択肢を有する訳ですね。選挙と絶対的に異なるところはどれをどう…単数であろうが複数であろうが選択の余地があるということでしょうか。
かく言う私も時々アロマオイルを皆さんにご紹介します。レメディとかオーラソーマとか他にもありますが、ルールに縛られるようで余り食指が動きません。アロマはやれ舌下に入れてだの、他人が触ってはダメ!という縛りがありません。ただしオイルそれぞれの性質と人間側のニーズに沿って使用する必要がありますから、療法には資格が必要。ですが、日常に取り入れる類いであれば、難しい決まりごとも少なくお役立ちですよね。

まずは香り!

女性は香りに敏感ですよね?香りによって私たちは快適も不快も経験します。香りって案外、日常に浸透しているんですよ、気づけば。アロマに限らず香りって焼きたてのパンの香りとか(^^)色々私たちの気分を左右します。
故にアロマじゃなきゃダメ!ということでもなく…私たちには自分にとって心地の良いものを生活に取り入れる自由がある。
どれもそれぞれに質というものがあって、私たちは自分らの必要に応じて取り入れるかどいうかを選択する自由がある訳ですものね。麻こそ!となるとそればっかりになる人もいますが、私は絹だって良いと思う。ヘンプも決してお安くないですしね。そればっかりになる人には魂のルーツとの因果関係があり、それを無視できない。私たちにはそれぞれに魂のルーツがある訳ですね。いくら波動最高!と言われても、私はヘンプばっかり着る気にはなりません。
もちろん、ヘンプこそ最高!という人生だってそれはそれでありでしょう。私が何を言いたいかというと

人それぞれ

なのでムキになって「あんた!ヘンプ最高!って言うけれど、それ違うし」とか敢えて面とう向かっていく必要もない。人生を懸けて取り組んでいる人にもの申しても徒労に期すこと必至。妄信信奉している人も同様かと思います。

地球にはあらゆる癒しの質を備える『物』が多種多様にあります。唯一最高!にして有効なたったひとつの物などありません。故に私はヘンプだって乳酸菌だって姫川薬石だってアロマだって適材適所と思っています。

人間ってね

我こそは!と、自分が良いというものこそ最高のもの!と掲げる人たちがいますが、私に言わせれば、人それぞれに魂由来ってのがあって、その影響を受けている。なので万人に有効なものがこの世でひとつってことはあり得ない。多岐に渡ってある訳ですね。体質で合わないというのも含めて。

私はどちらかというと香りを楽しみたいタイプなのでアロマのない暮らしは味気ないと思っています。香りは気持ちを左右するひとつですものね。できれば心地良く暮らしたい。でもね、私が良い香りと思うものを家族もということでもない訳ですね。なのでその辺のサジ加減は工夫が必要。

いずれにしても何をどう主張しようと個人の自由ですが、私はヘンプをアセンションの中心に置く考えには賛同できかねる。アセンションが次元上昇という意味合いであれば、ですよ。ヘンプだけじゃありませんよ。波動の高いものは。
ある人はフッ素拒否。その理由は視床下部をクリアにして霊的能力を高めたいため。で、重層を取り入れ(取り方用注意のようですが)脳内浄化を図っているというのを耳にしますが、「あぁそうですか」としか。私、重層摂取してなかったけど、フッ素歯磨き使っていたけど、霊視始まりましたけど…なにか?と皮肉を言いたくもなる。

霊性はハウツーだけでは養えません

物あるいはハウツーを拠りどころにしてる人を多く見て来ましたが、なんか違うんだよなあという印象を私は持っています。霊視にしてもそれが目的になっている人少なくありません。それ

本末転倒

と思うのは私だけでしょうか?まぁ私たちは皆、道半ばです。なので全てはプロセスと言える訳ですね。故に『我こそは』なPRもそういうことなのだとは思う。

この世界にはまだまだ解明されていない病気や新たなウィールス問題が山積しています。以前書きましたが、これからは微生物が多いに私らの生活に影響を与える時代になるだろうと私は感じています。そういう意味では乳酸菌は有効かと思います。アロマの先生が言うには「まずは腸です」と。私は血液とかリンパ液とか、そういうものが順調に身体を巡る環境作りが大切と思っていますが、やはり腸なんでしょうね。食事って大切。腸にしろ足の裏にしろ第二第三の脳とか言われてましたっけ?

同時に

周波数のことも気になるところ。香りはそういう部分に影響します。できるだけ自然に触れて、そういう波動と共鳴するようにしたいなあとも思うんですね。例えば土の香りとか雨露を帯びた草の匂いとか…地球に沿って育まれてきたものに寄り添っていたいなあと。石もそうですよね。




唯一最高!とかどうとかはどうでもいい



そういう喧噪とはつかず離れず…したかかに暮らしていく。それで良いのかなと思っています。






イエスキリストの素顔

Category : つぶやき

時々閲覧しているブログに『 misaのブログ』があります。昨日(12月16日)『これがイエスの素顔?!』という記事がアップされており、興味を持ち読みました。以下がURL

http://ameblo.jp/aries-misa/entry-11965150170.html

そこで『天国はほんとうにある』という映画が公開されていることを知りました。13日から公開されているとのこと。観に行こうと思っています。
この映画は実話を元に制作されたとか。臨死体験をしたコルトン少年が「この人物こそイエスだ」と告げた写真として、牧師の父親が宗教画を見せたところコルトン少年は「全然違う」と答えたそう。ところがある日コルトン少年は「これがイエス!」という絵に遭遇。それがアキアナ・カラマリックという少女が8歳の時に描いたイエスの肖像画

chirist.jpg

ホームページ(英語)URLは、http://www.akiane.com/store/

圧巻の画力ですよね!それ以上に純粋さに打たれる思いがします。彼女が描いたイエスを見てふとずっと前に見た夢を思い出しました。当時、夢には修道女が頻繁に現れて色々な気づきがもたらされた時期でしたし、予知夢も時折ぶっ込まれ(笑)「ひえ~っ」とひっくり返っていた時期でもありました。

で、イエスが一度だけ夢に現れて…えぇ残念なことにそれ以来一度も…癒してくれたのですが、当時の私には宗教画がインプットされていたので「あれ?」…と言うのも髪の色がブラウンだったんです。しかも面長ではなかった。どちらかというと映画『天国の門』のオーランド・ブルームがかなり近い!彼をちょっとエスニックにした感じの面立ちで…まぁ屋内でしたし、ちょっとうす暗かった(リアルでしょ?)せいかと打ち消した。えぇ見事な金髪というイメージがしっかり植え付けられていたんですね。瞳もブルー(そう言えばオーランド・ブルームも瞳はブラウン)と。でも夢に出てきたイエスはブルーの瞳でもありませんでした。まぁ夢ですから、深追いはなし。

さて

少女が描いたイエスですが、私が見たイエスとはイメージに違いがあるんです。何というか…こういう精悍なイメージではなく…髪の色などは一致してますが、オーランド・ブルームのような(映画『天国の門』の)どちらかというと甘いマスク(趣味丸出しですね、笑)で、まなざしも穏やかでした。テレパシーとともに実際に囁くように癒してくれました。

どちらのイメージがほんものかは私には分かりません。多分ですが、少女の魂と共鳴し、私にとっては私なりの心根と共鳴し、なのかも知れません。同じ人間でも色んな顔がありますものね。父親の優しい顔とか仕事人の厳しい顔とか。

夢を見るまでイエスのイメージは金髪にブルーの瞳…何の疑いも持たずにいました。先入観って恐ろしいですね。
もし夢で見ていなければ、少女の絵が新たにインプットされたでしょう。決して「違う」と言いたいのじゃありません。私に見せた表情ということかも知れませんよね。本当に穏やかで見つめられるとうっとり(笑)。あの射抜くような強さではなく、深く吸い込まれるようなまなざしでした。

私が何を言おうとしているかというと

他者の情報を鵜呑みにしないという…いつもの老婆心。決して少女が描くイメージを否定するつもりはないのです。ただ…決めつけないというスタンスが大切かと思うんですね。私が持つイエスのイメージも私の、ということで、あなたのということではありません。

私がもしイエスを描いたら

もっとロマンチックなものになりそうです。それは私が男性・父性に求めるエッセンスなのかも知れませんし、もし私が男だったらという投影かも知れません。








最近…なんか水が美味しい

Category : つぶやき

長野県白馬の方で地震がありましたよね。その日を越えたある日、水が美味しいのに気づきました。何が理由かは分かりません。我が家では姫川薬石を入れたやかんの水を飲料も調理にも使用しています。ですが、どうしても水道水ですからね…元々、なので水に美味しさを求めてはいませんでした。安全性…姫川薬石はお風呂にも大きいのを入れています。時々、天日干しして労をねぎらうなどして(笑)

私は日田天領水で全国区(?)になった大分県日田市で育ちました。ここの水は甘い。そしてま~るい味の水です。水道水でしたが、それでも甘みを感じる水でした。あの天領水は地下水をくみ上げたもの。何でもルルドの水より活性水素ですか?多いとか…真意のほどは定かではありませんが、病気が治ったという話は聞くには聞いています。
「水で治るんなら医者(病院?)はいらん」ってCMじゃありませんが、私も同感。でも、水は情報を伝える。水はまさに命の水。生きとし生けるものを育む源。水は情報を伝える…故に結晶が多くを語る訳ですね。

さて

では何故なんでしょうね。不思議で仕方がありません。あの日を境に甘みを感じる水に我が家の汲み置き水は変化しました。なぜ敏感に感じたかというと…それまで美味しいと感じられないままだったからです。なにせ日田の水で育ったせいもあるでしょうが、東京に来て美味しい水ってご無沙汰だったんですよね。

気のせい

そう思われても仕方ありません。また、あの白馬の地震には人工地震説が浮上しているようですね。まぁあそこはフォッサマグナのラインでしたか?しかも震度6ということで「すわ!」と感じた人もいるかも知れません。実はかく言う私がそうでした(笑、笑えないか?)『東京直下地震3年以内震度9』を読んでいますからね、フォッサマグナラインとなれば思い駆け巡り。

あの地震…2014(平成26年)年11月22日だったんですね。

あ、そうだ。伊雑宮遷都があったんでしたよね?「皇大神宮(内宮)別宮 伊雑宮 お白石持・遷御の儀. 伊雑宮 昨年の秋に執り行われた 伊勢神宮の式年遷宮に引き続き 今年は伊雑宮の遷宮が行われています。 お白石持, 平成26年11月22日. 遷御の儀, 平成26年11月28日 」

う、う~ん…地震と伊雑宮遷都、なんだかリンクしているのでしょうか。地震が11月22日で、お白石持, 平成26年11月22日. 遷御の儀, 平成26年11月28日。
う、う~ん…私の個人的感覚でしかありませんが、多分…何か動いたんでしょうね。目に見えない世界の何かが。こうなりゃ荒唐無稽話に私も仲間入り?な感じがしますが、何しろ空気感というか気配というか確かに変わってます…ふと気がつけば、ですが。

今度の選挙、自民・公明が3分の2席獲得とか。小渕さん当選…神輿は揺るがずの図。今日の東京は晴れ。穏やかな一日でした。悲喜こもごもでしょうが、これは通過点。来年からいったい何が起きるかは裏の裏のそのまた裏の人々のみぞ知るでしょうか?
私は『東京直下地震3年以内震度9』を今も繰り返し読んでいます。気になって仕方がないんです。いったい本当はどうなるのか?を知ろうとしているんでしょうね。放射能内被爆のリスクも去らぬ世情ですが、この著書と奇跡のりんごの木村さんの『地球カレンダー』には奇しくも、な印象を持ちますしね。

ベルギーに単身行かれた皇后様の姿をニュースで見た時、ふとオバマ大統領が来日し、帰国の途につく前に天皇皇后と挨拶する様子が脳裏を過りました。今回、タラップを降りる皇后の固い表情に国民に明かすことはないであろう何か(私には決意のように思えた)が感じられて胸騒ぎを覚えました。

選挙では何も変わりませんよ。

反論もあるでしょうが、変わりました?民主党を我々が選挙で政権穫らせた時。マニフェストを反故にせざるを得ないグダグダで終焉を迎えたのではなかったでしょうか?マニフェストとは国民に向けた公約…ですよね?それ霞ヶ関の人々には効力なく、官僚は決して国民のために働く組織人ではないことを私らは嫌というほど見せつけられませんでしたか?

マニフェストは絵に描いた餅と化す

動かそうにも協力的じゃなくてはね…どうしようもないのでしょう。政治家とは役人にとってお内裏様なのかしら?黙って鎮座してりゃいいって。小渕さんはこれからも党のお飾り兼イエスウーマン道を邁進するのでしょうね。政治家は各省庁が仕切る仕事のイエスマンでいることこそが身の安全でもあるかのようではないでしょうか?そこにメスを入れようとするとスキャンダルで潰される。小澤さん…私は決して全面的にオーケーとは思っていませんが、彼だけじゃないでしょうか?そこに切り込もうとしたのは。

そこには不都合な事実が眠っているのでしょう

ですから、選挙などでは顔を現さない人たちが政治・経済・金融を動かしている。選挙は「だってあなたたち国民がその権利において選挙で選んだんでしょ?」という印籠でしかありません。安倍さんは2年間の政策が認められた結果と言ったのでしょ?「なんじゃそりゃ」ですが、選挙を永田町の人々は利用しているに過ぎません。

ツイッターで話題に上っているタクシー運転手の「ニュースで自民党が3分の2議席という予想を見て選挙行く気がなくなった」ですか?それに異論を唱える人たくさんいるようですが、選挙で改革実現はしない!ことがまだ身に沁みてないんだと私はそっちの方にため息が出る。民主党が政権穫ったが、民主党がダメ党だったせいで何も変わらなかっただけとか思ってる人いるのでしょうね。そりゃそれも大きな理由でしょうが、ことはもっと根深いのではないでしょうか?

山本太郎さんを国会に導いた有権者いますよね?彼、単身でしょ?スキャンダルでジャブかますなどして様子見なんじゃないでしょうか、永田町は。

官僚システムが存続する限り、政党政治で甘んじる限り、日本には平和も平等も実現しないと私は思っています。するはずがありません。現政権に影響を与えるのは世界情勢ではないでしょうか。もし日本の実態はアメリカの属国とすれば、ですが。
例えばアメリカ政府が脱原発へ舵を切ったら…伝令はどう伝わってやって来るでしょうね、日本政財界に。エネルギーを制する者が世界を制す。世界のトップは原子力やオイル・ガスではなく新たなエネルギーを何処よりも早く獲得しようとするでしょう。最新兵器にしても低コスト化が現実化を帯びてきたようではありませんか。日本は政府にしても銀行にしても単独では成り立たないのでしょう。敗戦後の条約は未だに生きているとすれば。

右を向いても左を見ても暗い世相しか浮かんではきません

なのにどうしてでしょうね。色んな人が「明るい未来が来る」と語ります。『東京直下地震3年以内震度9』の著者も。ですが、その日がいつどのようにやって来るかは未知。それでも共通するのは『大禊ぎ』。

私は心の底から人間単体では自浄能力に限界があると思っています。何故か?権力のあるところに最終兵器があり、次から次に威力を増す方向へ向かっているからです。衛星も兵器利用されているのでしょ?

この懐疑感

実際はどの国も互いを信用などしていない

自浄能力は最低ラインでも私たち人間はひとり残らず自己責任を担っているんですよ。この相矛盾する実態をどうする?問題はそこだと思います。何が起ころうとそれは神仏が私たちに下す罰などではない。自ら刈り取るカルマということなのでしょう。

それでも常に『希望』はある

何ということでしょうね。これ事実なんですよ。希望は常にある。あるからこそ目指す訳ですよね?例え自分の代で実現しなくても次の世代へバトンを渡せるようにと目指すものが。

トンデモ話ですが、私は時々こことは違う世界を垣間みます。そこには貨幣などないし、政治家もいない。大富豪も貧民もいない。病気もない。弱肉強食もない。スケール感のある景観に圧倒される。海は静か。空の色は美しいグラデーションを織りなしている。

それは心を介して存在しています。心ってね、なのでとても大切です。どういう想念かが鍵ですから。






最近…なんか水が美味しい






水は情報を伝えます。ゴクゴクと飲み干す時、その喉ごしの甘さにはとても癒される。あぁ活かされているんだなと思う。そういう思いが五臓六腑に行き渡ると感謝の念が自然に湧いてくる。私はそうやって思い出すんです。「此処に生まれてくる前もこんなふうに感謝の気持ちが満ちあふれていたな」と。
私は最近リース作りに勤しんでいます(笑)冬の時期は常緑樹木を用いるですね。ヒムロスギを使ってセッセと精を出していますが、香りがとても良くて本当に良い時間を持てていると思います。

植物と水

なんか原点還りというのでしょうか。美味しい水にそういう意味深長なことも感じたりする今日この頃です。






プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ