荒唐無稽越え

Category : 限定記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

愛の度数

Category : 限定記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

東京直下地震3年以内震度9

Category : Recommend

限定記事にしようか迷ったのですが、今日は本のお勧めを。Amazon「東京直下地震-3年以内震度9


Chiran.jpeg



今朝届き、そのまま午前中に読み切りました。読んだ方もいると思いますが、これは荒唐無稽と一笑に伏す気になれない一冊。
浅川さんの霊能者情報は明らかな眉唾ものが多く話になりません。ミスター都市伝説や飛鳥さんのぶっ飛び情報に唸ることしばしばの私ですが、この本こそ「信じるか信じないかはあなた次第」かと思います。
よく発禁にならないなぁと。この恐怖心煽り度マックスの表題。多分ですが、サブタイトルが荒唐無稽さを醸し出していますからね、眉唾ものと捨て置かれるのかも知れませんけど。

私は手にして良かったと思います。準備できますからね。











消えたマレーシア機に関すること、登山家植村さんのこと、千代田区永田町が一番震度が一番強かった地震のこと(これ不思議に感じませんでしたか?)などなど出て来ます。また、イスラエルの神殿真上にUFO飛来…YouTubeでも話題になりしたが、飛鳥さんのプラズマ兵器説とは相容れない内容が記されています。どちらが真実なのかは私には分かりません。いずれにしてもどの情報にしても何処かツッコミどころがあります。この本も例外ではありません。ありませんが、まずは Recommend せずにはいられない心境になった私です。
と言うのも、この世界の混沌は限界という感覚(皆さんも持っているかと思います)、それは政治・経済に対する「投げ」感(これは縁切りにも似た)が頂点に達したためもありますが、ここに来て「終焉」を感じ取ってしまったためです。

写真・てしごとなどなど、どんなに好きなことに没頭していようと、家族との団らんの時間だろうと最近は真に喜べなくなっていました。楽しんではいるんですよ。でも、心の何処かで「いよいよかも」という思いが消えなくなっていました。

死を覚悟…これはこれで受け入れる。ですが、生き残ってしまった際にしても決して明るい展望が開けずにいました。
飛鳥さんなどは備蓄を勧めていますが、持つ者に対し、持たざる者が略奪する図がどうしても脳裏を過る。生き残るために必死になれば日頃親切な人も豹変してしまうかも知れません。
分かち合おうにも分量に限界がある。そうそう続くものではないでしょう。飢えは人間を食うか食われるかまで追いつめる。
救済援助も日本は島国です。国内にしても物流がスムーズに行われる保証はない。国としても地域としてもそういう意味では孤立してしまう可能性だってあります。スーパーから一部食品が消えたことありましたよね?確かにある程度の備蓄はしといた方が良いのかも知れません。
飛鳥さんは「日本が一番先にやられる」とダメージを受けると再三再四言及しています。ご自分はニュージーランドに移住するとか? そんな余裕のない飛鳥ファンはどうするのでしょうね。余裕のあるファンは一緒に高飛びでしょうか。

不安材料に事欠かない昨今の政情と貨幣市場。安倍さんは地域商品券をバラまくと言い始めています。まったく目先の選挙ありきの馬に人参…話になりませんが、喜ぶ選挙民もいるのでしょうね。「やっぱり安倍さんは国民のこと考えてる」とか言う愚者。
私?選挙には行きませんよ。だってどの党が政権を穫ろうと、官庁・財界にメスが入ることはない。そうそうアメリカの傘下なのですよね?日本は。普天間基地反対の候補者が選挙に勝利したとか…でも、永田町がどういう手に出るか分かったもんじゃありません。政治は透明になり得ないとすれば、何をか言わんやかと。
官庁にメスを入れようという強者はスキャンダルで潰す。この政治システムはどんなに国民が声を上げても肩すかしに終わる要塞。要塞は盤石です。私らに与えられた権利は選挙権止まりです。政府・官庁を一新させられる人間などいないということを私たちは気づかねばなりません。

なので、震度が永田町が一番強かったというニュースに私は「おや?」となったんですね。とは言え、それを神仕組みとは思っていません。

欧米VSロシア。中国。イスラエルVSイスラム国家。何処により良い未来があるというのでしょうね。

私の中では「リセットはいつなのか?」という疑問がリアルになってきた昨今なのです。そんな時期に届いたこの一冊。実はAmazonで売り切れになっていて、予約入れておいたっきり忘れていました。昨夜Amazonからメールがあり、「そう言えば」という程度だったんですが、読み終えて唸ってしまいました。Amazonのレビューにも賛否あります。まずは読んでみて、判断はそれからで良いのかなあと思います。近くの図書館とかでも良いのかなあと思います。内容すべてを鵜呑みにする必要はありません。それはいつもどおりです。


もし


この本にあるように震度6…そして、震度9という段取りで地震が発生しなかった場合、私はそれはそれで深刻な世界情勢だろうなと感じています。どちらに転ぼうと人類が築き上げた貨幣経済・政治形態は破綻の方向へ進むだろうと感じてもいます。もしこの本のシナリオのような地震がない場合でも日本は<自立>しきれない中途半端な日和見政治が国民生活に大きなダメージを与える可能性が大きいし、中国の脅威もなくなった訳ではありません。

第三次大戦の危機はなくなたという人と飛鳥さんのように「必ず起きる。後はタイミングを図ってるだけ」という説もある。

いずれにしても私たちは長いスパンかも知れませんが、これまでのように会社から給金をもらうという、それが就職という頭、生涯安定という価値観から自ら産み出す<生産>、作り出す<物作り>、そういう方向へ移行していくと私は視ています。そこには浮浪者とそうではない者の格差は深刻でしょうが、自給自足の道は自分次第で拓かれることにはある。そして、それがスムーズに行われる為にどうすれば良いかを国民全員が問われる時が来る。政治家?宛にするとどうなるでしょうね。

他人任せではなく、自分らのことは自分で何とかやっていくための知恵やアイデアを試される時が来るだろうと思っています。その前にリセットがあっても何ら不思議ではありません。

故にこの本はこれからの私たちの道筋に響くよう<希望>が託されたのだという気がします。






まずは読んでみて下さいね。何処をどうピックアップして、ご自分のこれからに役立てるかは皆さん次第です。飛鳥さんや浅川さんのように「警告はしたよ」「世界はえらいこっちゃですよ」という言いっぱなしの内容ではありません。

東京オリンピック2020 金メダル報償に1億?税金投入?

Category : 時事ネタ

前首相森さんがTVで「増税10%はすべき。いったん言い出したことを変えると党のイメージダウンになる」という内容を喋ったそうで。「国民の生活より党のイメージですか」と呆れるばかりですが、どうも2020年東京オリンピック、金メダリストに1億円の報償を出すという案があって税金で賄(まかな)うそうな











ふざけろ!

国民の多くはオリンピックの感動を味わうことにはおおむね賛成でしょう。ですが、東京招致のために元メダリストや現役アスリート、タレントを動員。首相自ら演壇に立ち「福島原発はアンダーコントロール」と宣った。水面下のことは部外者には伺い知れませんが、カジノ構想も念頭にあるという…どんだけのマネーゲームなのでしょうね、オリンピックとは。

私は憤っています。

未だ仮設住宅に住むことを余儀なくされている国民がいるというのに。放射能汚染は収束するどころか深刻さを増しているというのに。そういった課題を最優先せずお祭りにどれだけの巨額税金を投入しようというのでしょう。

良心の呵責なき政治

消費税10%?

金メダリストに贈呈ありきの予算に税金を投入?

多分ですが、東京にオリンピックが還ってくると歓迎していた人でこの税金の使われようにも「仕方ないんじゃない?だって感動を私たちに与えてくれるのだから」とか言う人いたら、その人…アホですよ。アスリートとて「皆さんの応援のお陰で」とか感涙にむせぶのでしょうか?福島の大きな犠牲の上に立つ表彰台と報奨金ってどんな気分でしょうね。

血税を注ぎ、国民に理解を求める

何ということでしょうね。2020年オリンピックのために長年住み慣れた家を土地を手放さねばならない人の犠牲の上に立つ…オリンピックはそこまでして招致して、いったい誰の懐が潤うのでしょうね。
アスリートは自分の夢や目的のために日々鍛錬しています。そりゃぁその努力は並大抵ではないはず。そこに感動を覚え、また味わいたい!という願いが観衆にあるのも事実。

そうそう。フィギュアスケート中国大会で羽生選手が練習中のアクシデントで怪我…それを押して2位に!という感動ドラマがありました。ですが、スポーツドクターは「感動だけで良いのか」と提議しました。選手生命に関わるかも知れない大事故。呆れるのは日本スケート連盟は現地にドクターを連れて行っていなかったということ。これは常識外です。本人が「滑る!」という意思固くてもドクターストップをかける義務を負う医者がチームにいなかった…あの場のすべての関係者が羽生の固い決意を最優先し、結果大きな感動を観衆に与えた。それは事実です。
ですが、私は貴花田が優勝し、時の首相が「感動した!」と観客の気持ちを代弁するかのようなメッセージとともに杯を貴花田に授けたのを思い出しました。貴花田はその後、怪我回復せぬまま引退。
脳震とうって後遺症のリスクが伴います。若いから回復が早いという問題ではないでしょう。しかも氷上でジャンプ着氷にかかる圧を思うと。実際、怪我を押して競技をし、その後引退というフィギュア選手を見ています。フィギュアスケートは美しいだけではなく危険を伴う競技でもある。
羽生選手は見に来てくれている観客、TV観戦している人たちの期待を裏切りたくない。ベストを尽くしたい。諦めたくないという強い気持ちがあったようですね。それを批難する気はないのですよ。そうではなく

感動のために人は何かしら犠牲を払う

競技者には夢がかかっています。人生において夢を実現するほど人間に感動を与えるものはない。夢を実現した人だけではなく、それを見た人も感動する…人間とはそういうエモーショナルな生きものです。ですが、それを食い物にする輩がいるということ。

その一端が税金で金メダリストに1名(1チーム)につき1億円の報償を!という…ここには巨大な利権がからんでいることに気づき始めた人は少なくないでしょう。

感動は大歓迎!

しかしながら、何故そこに私らの血税が惜しみなく投じられねばならないのか?

私たち国民は幼児に至まで何かしら国に貢献しているのですよ。だって物を買うのに消費税かかるでしょ?お年玉もらった子供が玩具やゲームを買う…それって税金払ってるってことでしょ?どんだけ収益を見込んでるのでしょうね、官庁は。自分らの懐はまったく痛まないからって「むしりとる」かのような納税義務と感じているのは私だけでしょうか。

しかもカジノ構想でしょ?

政治とは一部の者・組織のためにある。いくら私らがクレーム出そうと、秘密保護法とかいうのを翳して取り締まる方向ですからね、今は。実際、パソコン押収されたブロガー出てるようで。無言電話などなど不審事が続き、今月閉鎖するという人気ブロガーも(アクセス数多いほどこういう憂き目かも知れません)。

え?解散選挙? デマ?

真相は分かりませんが、どの党が政権穫ろうと各省庁は難攻不落なようです。要するに根こそぎ政治システムにメスを入れなきゃどうにもならない。国民は選挙一票要員・納税要員(生まれて死ぬまで)としか政治家も思っていない。それがあからさまな昨今ではないでしょうか。




オリンピックの感動?




なくても生きていけますが、何か?










There is no spoon

Category : 限定記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ