所感(9月19日のエクストリームサイエンスに関して)

Category : 所感

ひとつ前の記事で紹介した YouTube 飛鳥昭雄氏のエクストリーム・サイエンス、観た人もそうでない人もいるでしょうが、今日は私なりに感じることを書きます。まず、私が何故これを紹介しようと思ったかという辺りから話を進めましょうね。

私のブログに<アセンション>というキーワードでたどり着いた人がいると思うのですが、私自身この20年くらいこのテーマが頭から離れたことがありません。と言うのも、どの説も今ひとつな気がするがヨタ話と片付けるのもどうか・・・という、その狭間で揺れ動きながら、予感みたいなものを感じていたからなんですね。

そんな私は限りなく直感型人間。しかも好奇心旺盛ですが、霊的なことチャネルの類には一定線を引いています。

・自分に必要かどうか(これポイントです)

「自分に必要かどうか」の対象ですが、3.11人工地震(水爆)説などがそれに当たります。

知ってどうするんです?まことしやかとはこのことかと思いますが、知ったところであなたはどんな貢献ができると考えますか? 

情報拡散ですか?それ被災した方々のサポートになっていますか?

世界には陰謀を張り巡らす輩がいると拡散に精を出す人たちはネットに数知れずいますが、ロック何たらロス何たらの陰謀者を阻止する何か手だてがあるのでしょうか? 力を込める方向性とり違えてる気がするのは私だけでしょうか。


・今、自分が知りたいと思っていることを正しく伝えるものか

この2点が線引きのポイントなんですね。皆さんもそうでしょう。
いずれにしても直感的に「これ要らない」と感じればポイ!(笑)チャネル情報や然る筋からのトップシークレットは垂れ流し的・真似ごと的なものが主流かと。「そんなのを信じるくらいなら直感に心を傾けるべき」と懲りもせず伝え続けている訳ですね。私の所感もそれ故、いち参考意見に過ぎません。たかが参考されど参考。

それにしても

ハッキリとガセ!なもの、「あんた!どっかで見た聞いたことに空想を上塗りしてるでしょ」というもの含めてネットに溢れています。また少し頭が変な自称霊能者が年々増加の傾向にあります。ネットが大きく貢献して危ないったらありません。ヘミシング愛好家・精神世界ワークショップ通はパソコンとセット。デプロマやお墨付きがお金で買える時代(受講すれば自動的に付いてくるシステム)。

前置きが長くなりました。アセンションでしたね(^^)

今回紹介した飛鳥昭雄氏の「超ガイヤ理論(本人談)」ですが、私が長年アセンションの…今ひとつジグソーパズルのピースが埋まりきれない感覚が吹っ切れるきっかけになったんです。全てが埋まった訳ではありませんが、要約してみましょうね。

○ 宇宙にはプラズマのフィラメントのネットワークで繋がっている

 ・意識を伝え合っている

○ 太陽は絶対的プラズマ圏が活発化した状態にある

 ・磁気線の異常(S極N極の変化)
 
 ・金星・火星はシールドで覆われ始めているが、地球はシールドを外した状態にある

 ・地球は次の段階に行く準備を始めている(シールドを外した状態)

○ ガイヤ(地球)は慈母神

 ・地球は生命体。故に意識・知性を有する

 ・死して後、復活を遂げる

○ 太陽(プラズマ亜空間)が入り口となり、地球はそこを通って光の世界へ行く

これの何処が?と思う人もいるでしょうが、太陽が入り口となって、という部分に私はハッとしたんですね。何故かと言うと随分前にクラニオセイクラル療法を受けた際、巨大な太陽に向かって進むビジョンを視たからで、当時は「なぜ太陽に向かってたんだろ」と謎のまま…それにようやく答えを見いだした心地がしたんですね。
しかしながら太陽は灼熱天体。でもビジョンではそういうふうではなかった。何というか…灼熱とは違う存在感。で、何か大きな変化があるんだろうとは感じていた訳です。その大きな変化こそアセンション。波動上昇は「人間主体のイベントなどではない」と私が直感で感じたきっかけでもありました。

感応という言葉がありますが、アセンション情報に頼る必要なくないですか?

地球→(生命)私たち 

私たち→地球 

という具合に地球はすべての生命活動や想念(人間だけではありません)を感じとり、それらの情報を保持し続けている。集合意識も個々もモニタリングしている。
地球に今なにが起きているのかを知るのに人のチャネル(霊感)を通す必要はありません。とてもシンプルな事実ではないでしょうか。
感応。これが要。こういう発想ですから、私が辛口に「借り物のチャネル?ヘミシング?勝手にしやがれ」なのも頷けると思います。

ただし、

○ 亜空間とこの次元空間が同時存在する

 ・プラズマの作用

地球内部にある亜空間(アルザル(飛鳥氏は天体としている))

 ・北上している

このことを飛鳥氏は「出産」としています。トンデモ話にも限度がある!と言いたいところですが、このアルザルは飛鳥説では「新・地球」ということになり、この亜空間天体アルザルが北上し続けて地上にお出ましになるという…詳細はYouTubeを観てもらった方が良いでしょうから省略します。
これに関して言えることはアルザル(実在するという前提)と直接関与している人間でない限り、説の域を出ません。ネットではアルザルから転生したという一家がいるようですが、自称の域を出ませんし、「あぁそうかい。で、それが何か?」な話ではないでしょうか。

私たちに今必要なのは自分の直感をどう活かすかということとやっぱり思うし、地球で今何が起きているか気になるなら地球に聞けという…え?分かるなら人には聞いたりしない?ありゃりゃ。いずれにしても、人からもたらされる情報を吟味するのも私たちそれぞれの直感です。
例えば、浅川氏が日本に紹介したマウリッツオ・カヴァーロ説(情報源はクラリオン星人)では「太陽が木星にとって変わった」となるが、飛鳥説では「木星は太陽から生まれた」となる。
どっちが正しいか分かりませんよ、少なくとも地球人誰にも。どの説を信じようと

情報通になるだけではないでしょうか?

飛鳥氏は情報通ど真ん中ですよね。アルザル人と接触した訳でもなさそうだし、情報収集して話題にしている…江戸時代なら瓦版みたいなものでしょうか。あるいは飛鳥塾長といったところでしょうか。ただしただ者ではなさそう、あの人並み外れた謎へ挑む情熱は。
私たちにとって情報って知識欲を刺激するんだと思うんですね、理屈抜きに。なので知りたい要求は自然だし、私にもある訳です。でもね、経験上言えることってあって、鵜呑みせずに自分にとって必要なエキスだけ吸収するクールさが必要だとつくづく感じる訳です。例えば、また沖縄の霊能者が地震の恐れを公開したようですが、もし用心に超したことはないと感じれば、それに準じれば良いことでしょ?予想が外れたら外れたで祈りが通じたとかいう解釈で手打ちされるのが落ちです。

地球で今起きていることに人の祈りがどれだけ通じるか

あなたは考えたことありますか?私はね、地球に生きる生命の数だけ「想念」があり、人間の一部の祈りが最優先されることはないと感じています。決して一枚岩じゃない人類。世界の動向とは人類を主体として論じられますが、それは大きな間違い。人間は地球に君臨するかのように振る舞っていますが、地球に生きる種のひとつに過ぎない。大きな力を持っているからこそ謙虚に貢献することを真剣に行わねばならない。でも不思議なことに

どのチャネルも人類に対してですよね?

これ、とても奇妙なことなんですよ。

真のメッセージは種を超えて届けられるはず

動植物は直感的に感じ取っているはずなんです。地球に何が起きているかをね。人間だけじゃないですか?自分たちが助かるために祈るのは。確かに愛する人の死は受け入れ難く辛いことです。尊い命が救われるように祈ることはやぶさかではありません。しかしながら人は立場で祈りをガラリと変えます。オリンピック招致で歓喜する人もいるけれど、嬉しくもな~んともない人だっている訳です。オリンピック招致でいくら使ったんでしょうね、予算。オリンピックは一大事業。利権が大きく絡んでいるんです。利権が絡むとは、それで潤う人がいるということです。日本は今、それどころではないはずなんですがね。奇妙なことが私らが住む日本で起きています。

さて、エクストリームサイエンスの話に戻しましょう。

飛鳥氏は「日本が一番危ない」と言及しています。放射能垂れ流す事態を収集する政治家がいない。東電も収集するノウハウを持たない。信じられないことに原発をベトナムやトルコに売り込み契約を結んだとのこと。しかも核使用済み燃料は引き取るとい条件下で。日本を核処理ゴミ捨て場にする気満々なんですね、日本政府は。で、その心は?何らかの公算があるのは容易に想像がつきます。
飛鳥氏の言うように「地球はまず日本人から」「人間は地球にとってバクテリアのようなもの」「地球にも免疫システムがある」「地球に害を及ぼす存在を地球が黙っているはずがない」という主旨のようですが、私も大方同じ意見です。

ただし

違うのは微生物が地球を浄化すると感じる点。まさに「リアル・ナウシカの世界」と思います。

リアル・ナウシカと言えば、これ言っている中に「黄金のxxを知らないか」のブログ管理者がいます。最近本を出したようで表紙に顔写真が載ってるんですけど、別人過ぎません?ブログでパソコンに向かっていた翁はいったい…、グデンとひっくり返り正面顔のふんどしおじいさんは誰?実際は30代半ばかアラフォー世代の男性なんですね。すっかり騙されていました。ちょっとシラケたかな。

微生物は地球も地球に生息する生きものに働きかけていくでしょう。私ら人間にできないことを小さな彼らは「ありがとうも言わない」など言いもせず(笑、笑えない)働くでしょう。情報通であるとかないとか関係なくなる日が来ます。

私たちにできること

それは微生物に多いに働いてもらう環境を作っていくこと

それがひいては私らの食を支えることになる。不食も視野という人もいるようですが、確かに小食で満足する体作りをするに超したことはありません。大切なのは感謝して頂くこと。むさぼらないこと。そう思います。
飛鳥氏は食べものが汚染によってなくなり大規模の餓死者が出るとも言及してますが、私は最後の最後まで分からないと感じています。絵空事を思い描いている訳ではありませんよ。半沢直樹じゃありませんが、「1%でも可能性があるのなら」です。情報通ってだけじゃ世界は救えないとはこういうことではないでしょうか?ご本人はいざとなれば、さっさと国外退去するそうです。




微生物・水・プラズマ・・・それから何でしょうね。




これらの柱が地球に貢献していくだろうと私は思う。人間はただその手伝いを真剣にするに徹した方が良いと私は考えています。ネットで「地球は不良惑星から優良惑星へ」と本を書いた人がいるようで。何という愚者でしょう。地球は一度たりとも不良惑星であったことなどありません。不良なのは人間ですよ。何も分かってないんですね。

オリンピック?喜ぶのは人間だけでしょ?この意味を理解する人は幸いです。






地球生命体

Category : つぶやき

取り急ぎ、URLを貼っておきます。必見!と言って差し障りないと判断しました。
鵜呑みにする必要はありません。しかしながら、かなり核心をついた内容になっていると思います。書きたいことはありますが、改めます。


http://www.youtube.com/watch?v=VLhwTxo4KwM

もしURLがエラーになった場合は以下をコピー&ペーストしてみて下さいね。
You Tube 地球生命体ガイヤ(仮)飛鳥昭雄 エクストリームサイエンス 9月19日





勝手にしやがれ

Category : ウェークアップコール

好きな映画のタイトルで今日は辛口を飛ばします。

その前に、『あるタクシードライバーの話』を読んでみて下さいね。もう読んだという人はスルーして下さい。







わたくしごとですが、どうもこうも私はアウトロー街道ひとすじ。バシャールを除くほとんどのチャネラー・ヘミシングおたく・コンタクティ(カヴァーロさんはグレーゾーン。クラリオン星人写真ねつ造疑惑はあるもののメッセージは浮ついてませんからね)に不信感を持ち続けています。これから先、またいつ「書くことなくなった」と活力枯渇するかも知れません。要するにもう私の言わんとするテーマは皆さんにも伝わっていると思うんです。「またかよ」ではないでしょうか。

私は自分が地球に降りるきっかけ、その記憶を取り戻しています。故に皆さんやネットで妄想を広める人たちの心が発するエネルギーにも敏感です。そういうアンテナが働きます。それは同時に人それぞれの課題を察知することにも繋がる。故にどんなに理想を並べようと悟ったような文言を並べようとピクリともしません。

え?自慢に聞こえる? まぁどうとでも

いずれにしても仮面の下が視えます。仮面とはその人自身が後回しにしているケースが大半で、見ようとしない、なので仮面が着く。そのきっかけに精神世界ワークショップが広めるハウツーが大きく関わっていることを実感しているためですが、セッション料ひとつにしても相場がある。面白いことに精神世界のワークショップでは「あなたの直感で」というレッスンをします。セッション料もそのひとつなのかも知れないんですね。ところが、師匠はいくら…、何処そこのサイトは・・とかいう情報がないとは言わせないという、つまり先入観がまったく皆無な人は少なくともこの日本にはいないも同然。何らかの算盤勘定がはじかれている。

精神世界に従事する人の中には過去世でやはり神事ごとで利益を得る経験がある場合もあるでしょう。つまり心底営利主義。悪気がないのも頷けるというものかと思います。

人のため

そう言う口が金銭を欲求する

ただで視てもらうのはズーズーしいという頭がある

エネルギーの代価という理屈がある

あのね、野生動物医療現場で動物がお礼の意を表さないと言って感謝を要求しますか?言葉を持たないからという理由は人間の理屈ではないでしょうか?植物とて

彼ら(動植物)は言葉ではない表現を持っています

言葉が表現のすべてではなことくらいは理解して頂けると思うんですけど、いかがですか?

話を先に進めましょう。

セッションを受ける側にも私が言えることがあります。それは「態度で、生き様で示せ」ということ。お金には換えられない価値があります。

自分に響く生き方をせよ

自分に響く…とは自分の言動に手応えがある。適切なアドバイスを受けたなら、それを活かして且つ、身についている実感のことでしょうか。

恩返しは直接返せずとも、私たちの暮らしぶりで返すことは出来ます。人生には一期一会…一度きりの出逢いもあります。

私はね、霊的なことで金銭を得ようとせずにコンビニでバイト(例えば、ですよ)して食べる分を賄う人の方がどれだけ健全かを知る数少ない人間と言えるのかも知れません。
講演会を開くにも会場使用料がかかる。それなら分かります。ですが、30分2万円の個人セッション料を受ける人がいますが、その面の皮ってどうなんでしょうね。
私とて乞われれて必要と感じれば視ます。対面セッションはしませんが、対面セッションの経験があるので言えることってあって。お茶を出して自己紹介してたら10分くらいアッという間ですよ。

アメリカ在住の占星術師と一度だけ会ったことがあります。はっきりお金を稼ぎに日本に来ていると言って憚りませんでしたよ。いっそ清々しい(笑)彼女はアストロジーの技法を持ってグラフを作って解説をする。手間ひまかけてのセッション。手抜きはしない!
仕事はきっちりやる!さすがアメリカナイズされており、割り切りも竹を割ったようでした。しかしながら日本で活動する精神世界を生業とする人々はきれいごとが先行する傾向にある。

古今東西、霊感商法は古くからあって、地獄の沙汰も金次第の法則が脈々と続いて来た

ニューカマーな精神世界ビジネスはその延長線上にある

それを言っちゃぁお仕舞い? あなたは何処に目をつけているのですか?

こういう具合で私の価値観はメインロードからはグッと外れています。『あるタクシードライバーの話』を聞く機会もあった…、それが心に響いて今も鮮明に蘇ります。心から良かったと思う。

そして

ヘミシングおたくな人たちの妄想にコロリ魅了される人がいて、ヒーラーから「振り込んだお金?返還しません」と言われて凹む人がいて、天使と繋がれるという言葉に引き寄せられて「あれ?」と違和感を拭いきれなかった人がいて、気がつくと私は皆さんのそういう意味でも先輩であることを思い知らされる訳です。

遠回り、転けるわ、だだ滑るわ(笑、笑えない)

ずっと私は内面から来る感覚より人の言葉を欲して彷徨っていたことを多いに悔いた。だって

答えはずっと私の中にあったのだから

もうこれしか言うべきことなど本当にないんです。バシャールに伺いを立てる気もアシュアールの声を聞く気も(アシュアールは想像上の人物…なりすましと思いますよ。宇宙存在は確かにいますけどね)ない。人の多くは有名人に弱く、お墨付きに弱い。
どうして自分の胸に手を当てて顧みる心が多くのチャネラーには欠落しているのでしょうね。それは一番大切と思うのですが…、それも価値観の違いとしか言いようがありません。
生まれて来たのも自分の意志。「メッセンジャーになりた~い!そうやって人々を導きた~い!」というのもね。確かにそれだったら対象が必要ではあります。でも、精神世界系情報の果てに

既存の存在をチャネルというのが多すぎやしませんか?

なりすましは目に見えない存在だけではなく、ヘミシングおたくやアカシックおたくなどにもいるが、その自覚さえないのが実情ではないでしょうか? あ、なりすましではなく、なりきり?

どうして、そぉも他者依存しているのでしょうね、彼らは。

え?放っておけ?

そうなんですよね。まさに『勝手にしやがれ』(モノクロームのおしゃれな映画。映像が好きです。フィルム写真的で)

私も切り替わり時ですかね。




2020年五輪開催地に東京決定

Category : 時事ネタ

これから日本は経済効果ひとすじで動くのでしょうね。政治的にですが…、活発な事業が押し進められていくのでしょう。





4日東京五輪招致委員会がブエノスアイレスで行った竹田恒和理事長の記者会見


『東京の食品、水、空気は安全で全く問題ない。政府が責任を持って解決する。
 放射線量はパリ、ロンドンなどと同じレベルで絶対安全。
 首都圏で3500万人は普通に暮らしている。何の心配もいらない。
 福島から250km離れているので
 皆さんが想像するような危険性は東京には全くない』






この発言を皆さんはどう受け止めますか?私はわがままを通そうとする子供みたいだなと思ってしまいました。阿部総理も「2020年には放射能問題はなくなっている」という趣旨の発言をしたようで…何を根拠に!という怒りを覚えますが、何ゆえオリンピックを開催したいのか、それほどまでに?とため息出ないでか。
経済立て直すの一環であるのは確かでしょうね。大阪でも東京でも一度招致にだだ滑ってますから、今度こそ!の悲願達成。これは3.11がなかったら、たぶん私は「へぇそうなの」という受け止め方だったと思います。しかしながら福島原発事故をして猪俣都知事も「風評被害」を是正する方針を明らかにしています。

彼らを誰もどうしようもない。喜ぶのは誰かは容易に想像がつく。

オリンピックは日本に何をもたらすでしょうね。悲喜こもごもでしょうが、私は福島を後に避難生活を余儀なくされている人、今も高濃度の放射能地域で生活している人がいることを後回しにして、何の経済効果かと思う。
ですが、一番許せないと思うのは「福島から250km離れているので皆さんが想像するような危険性は東京には全くない」発言です。実に失礼な人ですね。地獄の沙汰かと。

今は2013年ですよね。7年後ですが、阿部さんも何を根拠に2020年には何の問題もないと言ってるんでしょう。それまでには放射能汚染がクリーンになる方法があるとでもいうのでしょうか。猪俣さんは懸念材料は風評被害という認識なんですよね?

やれやれ

でももっと悪質なのは「スペースファミリーが放射能汚染をクリーンにしている」とネットで流す輩と私は思う。では何故、福島県内の児童に甲状腺異常が見られるというのでしょう。高濃度の汚染が発覚し続けているのでしょう。私はマスコミよりこういう妄想集団の方が危ないと思っています。いや同等でしょうか。

奇跡のりんごの木村さんの農法で放射能汚染を軽減させる取り組みをしている人たちがいるのでしょ?私はね、チャネラーやミッションおたくをタチの悪い妄想者とハッキリ言います。信じる信じないは個人の自由ですよ。でもね、どうしてこう闇の勢力が人工地震をあえて日本をターゲットに仕掛けるかの理由に「真のイスラエルの一族の末裔として天皇家がある」という説を掲げる人たちがいますよね?
ロックなんたらロスなんたらが人口地震を仕掛けていると、そういうのすべて然る諜報機関筋からの情報とかチャネルがソースなのでしょ?

そういうのをね、陰謀オタクというんです

日本人チャネラー&陰謀オタクは自分が日本人であることが念頭になってますよね?様々な情報を楯に如何に日本人が選ばれし民族であるかを力説したがります。
私も今は日本国籍ですが、私のような日本人は彼らからすれば「日本人の皮を被った異邦人」なのでしょうね。え?こんなマイノリティブログ眼中にない?

ごもっとも(笑)

やれやれ。いずれにしても五輪招致で浮かれる気にも感動する気にもなりません。今、日本が置かれている国際的立場は放射能汚染を拡大させるしかない無能ぶりではないでしょうか?政治レベルで、ですよ。当時の民主党政権が何をしましたか?自民党政権は経済効果を優先順位のトップに掲げているんですよ。これから益々報道規制がかかるという懸念を持つ人もいるようですが、宮崎駿さんが記者会見で鈴木さんが法改正に関する発言をして妙な脅しが来るようになったため「機関紙で書いた」という件があった…、著名人はツラいよといったところでしょうか。

えっとですね

2020年五輪開催地に東京決定ですが、これに関しては

2020年五輪開催地に東京決定を感動をもって受け入れている国民がいること、彼らを能天気とばかり私は言えない気もしているんです。確かに勇気づけられる面もあるとは思うんですね。でも、ポイントは福島原発の根本的解決を政府はな~んにも提示していないということではないでしょうか?つまり抜本からクリーンにする技法を政府は持ってない。それどころか都知事も「風評被害」を懸念している、総理もJOCも同じ。如何に東京が安全かを強調する一方でした。






スピリチャルな人々は日本から世界の黎明が始まると言い続けていました。日本人は選ばれし民族だと力説してきました。日本から天岩戸は開くと自分はその任務を担っていると主張する富士山麓に住む翁もいる。

私はね、天岩戸が何処で開こうと興味ありませんし、日本人が選ばれし民族というのにも関心ありません。何故か?そんなこだわりこそが邪魔と知るからです。

私が視る限りですが、世界には天岩戸的スイッチがあるスポットが複数あります。

そして、そのスイッチは人間の意識など関係ありません。その鍵を握るのは地球自体。私たちは地球に乗って勝って放題をしているヤンチャな子供みたいなものではないでしょうか?

そこには民族の優劣など存在しないし、選ばれしという思考回路から外れないことには話にならないんですよ。それこそが夢見る夢子ちゃん…多くがそれに気づきません。
キリストにもあった試練「最後の誘惑」とはこうした感情が慢心であることをよく示していると思いますが、いかがですか?

この私たちがいる段階はこうしたお試しの連続です。それを超えたところに奉仕の世界があります。娑婆世界は実にトリッキーと思いますよ。美味しい言葉があふれています。私たちは世話の焼ける幼児みたいなものなのですよ。精神世界指導者とて例外じゃありません。もちろん私とて同様です。

人間が一番の地球のお荷物

3.11はそれをよく物語っていると思う。人口地震であってもなくても。ある意味、日本から始まる黎明って、こういうことなんでしょうね。この窮地にどう対処するか。太平洋汚染も決してシュミレーションにとどまらない可能性も出てきた昨今。

この問題を最優先して国際社会にその姿勢を見せずして

日本はまさに二つに分かれていると思います。この問題と取り組む日本人とそうではない日本人が混在する社会、それが今の日本ではないでしょうか?

自分の身は自分で守り、健全な海と大地(地下水)を取り戻す

私たちは自分にできることをする必要があります。今こそ貢献の時ではないのでしょうか?


五輪招致で嬉々としている人たちがいる一方で、危機を「風評被害」とすり替える人たちがいる一方で粛々と私たちは色々できることがありませんか?
チャネラーが絵に描いた餅のごとくのよまいごとを並べている間に私たちは自然の力を借りて押し進めることが山積しています。

えぇお世話になりっぱなしなんですよ。人間は。いつも。

奇跡のりんごの木村さんたちはそのことを良く知ってるのじゃないでしょうかね。

おかげさまで活かされている

今こそ

この生き方が問われているのだと思う。これまでもそうだったし、何も目新しいことなど何もない。自然の営みを尊重した生活。縄文時代に還れ!電化製品は使うな!と言われても困りますが(笑)、土を水を浄化する方法はない訳ではありません。

微生物

これはこれから重く私たちの生活を支えると私は思っています。オリンピック?したけりゃすれば?でもこの先、やれ首都圏直下型地震、南海プレートの危機、福島の実態と問題が2020年に迫る度に深刻度が増さない保証は何処にもない。もし招致返上となれば、それはそれでそれまでにかけた資金が水の泡ってことでしょうs、ダメージは計り知れないでしょうしね。

要するにパンドラの箱

日本はあらゆる意味で世界の注目を浴び続けるのは間違いないかも知れません。

開けたよね、パンドラの箱

そんな日本に住む私たちですが、日本人である前に地球にお世話になっている、いち生命ですから、シンプルにおかげさまの心で。

えぇそういう意味では常に原点還りの道を生きる

なんか「2020年五輪開催地に東京決定」ニュースで、ここまで腑に落ちるとは…深いなぁ。







[ 追記 ]
チャネラーの中には7年後と言えば今は子供の、クリスタルチルドレンの世代が競技者としてオリンピックの祭典で活躍するとして、自分が怒り(エゴ)から解放され、祭典と素直に認めることができたと言う人がいて…、私はとても驚いてます。

憶測じゃなく言いますが、スポーツ…世界選手権やオリンピックレベルの競技に関わるすべての人には勝利への飽くなき欲求があります。従って努力も人並み以上ではあるのです。
しかしながらスポーツには企競技関係各位および企業の思惑が一番。選手は駒にしか過ぎません。
ジャッジや審判の買収問題が時にニュースになりますよね。判定疑惑も後を絶ちません。あるいはドーピングも。

オリンピックとはアスリートがしのぎを削る晴れの舞台

それ故にブロードウェイと変わりない大人の論理があることに蓋をしてオリンピックは語れません。クリスタルチルドレンが2020年には活躍する?祭典を祭典として素直に喜ぶことができた?どう想像を巡らそうと自由ですが、実際を知らない人間のきれいごとでしかないかと。
確かにパラリンピックもオリンピックには含まれています。頑張っているアスリートを讃えたい気持ちも理解できない訳ではありません。
しかしながら現代オリンピックは一大事業。日本政府としても東京都としてもJOCとしても経済活性化の好機と位置づけ、日本国内競技の更なる発展を視野に招致合戦を展開したのでしょ?

野望あっての招致合戦

違います?
私はね、こういう人間の思惑そのきっかけが、どんな人間のエネルギーがその時動いたかが、キーと視ています。
ブラジルで、あのサッカー大国のブラジルで来年開催されるサッカーワールドカップ反対のデモがありました。記憶に新しいと思います。3年後は夏季オリンピックを控えています。デモの要因は経済効果が一部の人間にしか行き渡っていないための憤懣があってのこととされています。

だれのための祭典か

開催地の多くの国民が困窮したまま、民族問題も解決せぬまま、これまで美しい言葉でオリンピックは拍手喝采で始まり終わりを繰り返しています。

7年後はもっとシフトしているだろう

クリスタルチルドレンが活躍するだろう

なんて安易な発想なのでしょう。なぜ私がそう感じるのか?オリンピックの起源から徐々に遡って視てみれば、その理由が分かるはずです。

勝者を讃える。その対比として敗者が存在する

もうこの時点で力ある者とそうではない者とが存在している…、競技とは闘う者たちが切磋琢磨の舞台。観客にとってそこは娯楽でしかないが、コロッセオの中では死闘が繰り広げられていたのでしょ?現在は

より強く より高く より早く より美しく 

それらに則って勝敗を決める

それが競技会という場です。その何処にクリスタルチルドレンの存在意義があるというのでしょう。彼らは勝つとか負けるとかには関わりそうもありませんけど。

競技会は勝者敗者を決定する場なのですよ。勝者には企業が群がります。何処まで行っても欲得の世界が横たわっています。

クーベルタン男爵の「参加することに意義がある」は絵に描いた餅の厳しい人間愛憎の現実があるんです。スポーツ界には汚職がつきまとう。何故か?うま味があるからですよ。

オリンピック招致に歴代メダリストが担ぎだされてましたよね。中には「福島の子供たちからの声援を受けて」という話まで出ている。オリンピックとは開催期間以外のこうした人間の何でも使えるものは使う思惑も込みで動いています。

さて

もしクリスタルチルドレンのみが関わるオリンピックがあるとすれば

勝者も敗者もいない。それこそクーベルタン伯爵の理想が叶えられるでしょう。参加する者も観る者も喜びや努力を讃え合うでしょう。

そういう世界は現にあるでしょうね。此処ではない何処かに。




7年後に日本が置かれた立場がどうなっているのか




もし首都圏直下型地震がなかったなら

放射能汚染が福島から250キロ離れた東京地区に深刻なまでに南下しなかったら

「ほら何も心配なかったじゃないか」ということになるのでしょうか。




チャネラーが言うように競技者がみ~んなクリスタルチルドレンとして

指導者、関係各位のお偉いさん、企業のおじさん、おばさんたちは非クリスタルチルドレンな訳で、茶化す気はないけれど、「あんた!誰のお陰でここまでやってこれたと思ってるの」と言う顔が目に浮かぶ。
スポーツは縦割り社会です。今は子供の世代が7年後、勝つとか負けるとか勝敗に関心のない世代という前提として、全部が全部クリスタルな子たちかというとそうでもない。いろんな所からやって来てますからね。相変わらず。

全体像を見渡すという類いのチャネルでは今!を見通すことはできないでしょう。

チャネルの常套句は「あなたたち地球人は」ですよね?

何をかいわんや。私はそういう茶番には乗りません。





アシュタール

Category : 限定記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ