家畜として転生する魂を

Category : 魂のご飯

皆さんは『死後の世界が教える人生は何のためにあるのか』という本をご存知ですか?
これは退行催眠下で被験者が語った事例に基づいた担当医の著書。続編も出版されており、私は2冊とも読みました。

続編の方でしたか…、農耕馬としての転生を催眠下で思い出した女性の体験談があります。農耕馬として生きていた当時、可愛がってくれた少年がいたそうで、来るのを楽しみにしていたんだとか。ところが、少年の姿を見なくなった。月日が過ぎ、農耕馬は年老い、労働力として役に立たなくなると屠殺された。
彼女は年老いて殺傷されたことより少年と会えなくなったことの方が悲しかったと語ったと記されていました。


私はね、霊視とかチャネルとかヘミシングとかを駆使して、極悪非道な人間が家畜に転生すると言う、彼らの気持ちは分からなくはないのですよ。でも賛同はしません。

浅はかな人たちだと思う。

私はずっと精神世界の弊害を憂慮してきました。何故かというとね、彼らの多くが自分の潜在意識、深層意識から浮かび上がる想念を、バシャール、アシュタール、宇宙存在、高次の存在からのメッセージと思い込んでいるのを知るからです。
彼らの表現は限りなく彼らが日頃どんな想念で暮らしているか、如何に精神世界通であるか、ネットサーフィンしているか…そういう下地がある上でチャネルやヘミシングを導入しているかをよく物語っていると思う。

情報過多

霊的にもニュース的にも

私はずっと言っています。何故自分の言葉で語らないのかと。言葉は言魂です。借り衣で想念世界を彷徨う限り、心眼目覚めることはありません。

さて

はたして、家畜は殺戮の限り、支配の限り、悪事の限りをし尽くした輩が転生した姿なのでしょうか?

答えは書き出しで紹介した退行催眠被験者の例がよく物語っていると思います。私たちはね、想念下の旅をニュートラルに実践するまで霊的に成熟していないのです。
アカシックリーディングやヘミシング方を教わった…、チャネルの先生に師事した…、そういう人たちでネットは溢れかえっています。まさに無法地帯。そういう中で

肉食のカルマとして

支配者が、殺戮者が自ら選んだカルマとして

家畜に転生するという想念の旅話が流された。詳細は触れません。必要ないので。それより、私の所感を書こうと思います。

あなたは牛の目を羊の目を間近で見たことがありますか?

あのね、目は魂の窓…邪気がないのをあなたは見ると思う。私は感傷でそう言うのではありませんよ。
魂はバランスを取ろうとする性質があります。それ故、カルマのプロセスとして、そういう事例もあるでしょう。ですが、感情の矛先を霊視に託すこと、家畜や草食動物がまるで悪者の転生の姿と決めつけること自体、稚拙な気がします。感情移入が先行してニュートラルさに欠けてはチャネルもヘミシングも純度が問われますよ。そんなことも分からずツールを使っているとは。ヘミシングの先駆者的存在の坂本さんはかなりニュートラルなスタンスのようですね。著書を読んでそれが分かります。その坂本さんでさえエゴに掴まる。前言を撤回する事態を経ている。

今は転生の仕組みを健全に探求するには余りにも情報が溢れ過ぎています。

それらがチャネルなどの想念の旅にちゃっかりくっ付いてつきまとう。先入観が介入しないチャネルなど皆無に等しい。バシャールを降ろすダリル・アンカは例外ですよ。だってダリル・アンカはバシャール自身ですから。

いずれにせよ、リトル坂本たちは自分らのヘミシングに先入観が介入しているなど知る由もないのでしょう。
性格がピュアだとか真摯だとかはいっさい関係ない。彼らは想念の旅を気に入っているのですよ。だから多様する。精神世界本やワークショップが下地にあり、ネットで簡単に情報を仕入れることができる。

でも、あなたとどう違うと言うのでしょう?

情報通だったりハウツーを知っいたりすることと霊的事実に精通するとはイコールではありません。

さて

肉食の是非に関して言えば、先祖代々ベジタリアンの家系でない人間の身体は動物性タンパクを長期(人により期間はまちまちでしょうが)摂取せずにいると自分の体内で賄おうとする…で、ある日突然倒れる。体験者から直に聞いた話です。彼女は整体師。要するに私たちの身体はバランスの取れた食生活が必要という実例です。

で、ここで殺生の是非が問われるんだと思いますが、日月神示が肉食を戒めているとか書く人もたくさんいますよね? でも私は戒められてって、そういうの相に合いません。身体は魂の器。大切な借りものですから、それなりに養うべくバランスを考えます。従って、私は動物性タンパクを摂ります。ただし欲するのは魚類が多い…確かに四つ足ものにあまり食指伸びません。でも出されたものはありがたくいただきますよ。「肉食はカルマ」とかいう理屈こねるほどウブじゃないし、食べてカルマ積んだと自分を責めるタチでもありませんから。食べたいのに我慢しているのでも戒めに準じている訳でもありません。

一番大切なのは感謝していただくことではないでしょうか?

殺生というのなら野菜果物だって生命でしょう? 後は不食道しかない。実際いるようですけど。

食事の時間って私にとって大切な団欒です。感謝して調理して、食卓を囲む。会話も弾みますしね。

食事とは身も心も養われる機会…私はそう思っています。

厳密に言えば、家畜に限らず、私たちは草木に至るまであらゆる命の犠牲の上に生命を維持しています。違いますか?植物とて痛みを感じる…殺生がどうのとチャネル?ヘミシング? を盾に中途半端な良心の痛みを利用する人たちですね。

この世界にはこういう人たちの想念があちこちに浮遊しています。ヘミシングなどの普及がそれに拍車をかけているのですが、本人たちは知る由もありません。




貪り、飽食、食の崩壊、放射能による海洋汚染、土壌汚染が深刻な今、私たちが心を向けるべきは何処なのでしょう。

人間は食物連鎖の頂点に居座っています。

悪いヤツらが猛禽類の餌食、草食動物に転生するという発想は、その人の心理をよく顕していると私は思う。もう多くを語る必要はないでしょう。




今は極悪人たちが家畜に転生してカルマを解消するというような時ではありません。




そんなことも分からないんですね。




今は総決算の時




真に悪い奴らとはいっこうに学習能力のない魂のことを指します。やり直す、出直すチャンスはこれまでに充分ありました。

ものごとにはスタートがあれば終わりがある。区切りというものがあります。今がまさにその時なんです。でも最後の瞬間までチャンスはある。例え手遅れとしても。
takakoさんおかしなことを言うと思いますか?「手遅れなのにチャンスはある?」と思う人もいると思います。ハタ!と気がついた、悟った!でも末期だったとしましょう。でも、自分の非を悟ることができないままの人とは雲泥の差です。確かに次の機会を得るのは困難かも知れない。知れないけれど、ひとすじの光明が差すんですよ。

光明とは自分の課題に気づき、自分が為すべきことに気づいた魂の内側から放たれた光に感応した、霊的フィールド(あるいは存在)がそれに手を差しのべた際に発する慈愛のエネルギーのことです。




私たちは今とても大事な局面に立っています。立たされているのじゃありませんよ。自己責任。それが私たちが今ここにいる意義ではないでしょうか?



冷夏・・・はあ。

Category : 辛口ごめんなさい

2013年夏は冷夏と霊能・チャネル情報を流していたアセンション系スピリチャル系HPやブログの管理者がいました。彼らを信奉して、情報を「~だそうです」と流した人たちもいました。

冷夏・・・はあ

霊能・チャネルの未来予想図は当てにはならない顕著な例かと思いますが…

ところが理由などどうにでも言えるこうした人々は「パラレルの何処かの地球では」とか「私たちの祈りで」とか言いたがります。ただし流石に酷暑となると思いつく、閲覧者の盲信をそそる理由はないでしょう。ある?まぁ。
そうそう、先日の「奈良地震発生!誤報」に関しては案の上パラレル説が出たようですね…、別バージョンの奈良では巨大地震は発生したという。

幻視・幻聴の霊視ソースから情報を得る人々を信じるも信じないも個人の自由です。でも私はそういう話に飛びついて拡散などしません。実際はどうかも気になりません。何故かと言うと、もっと大切なことがあるように思うからですし、なぜ私たちの100%に近い日本人(国内のその時点にいた)が誤報だったというエリアメールを受け取るバージョンの日本にいるのでしょうね?誰もその答えを知る由もないと思うからです。

このバージョンを選択した

それでは答えにはなっていません。なぜ選択したかまで!言及はいずれのチャネルも及んでいなければ話にならない。諸説の域を出ないしろものがた~くさん世に出回っているのが実情ではないでしょうか?
私はパラレルの存在を否定しません。しませんが、余りにも安易な解釈が試みられているのは確かかと思う。尚かつ根本原因に到達する見識にも行き当たらない。

私たちの多くはチャネラーやサイキックなアンテナを張っている人々自体が他者に(情報を得るための)依存していることに思いが至らない。彼ら(チャネラー・リモートビューイング実践者)自身も至っていない。

真実を人々に伝えるという意志をとやかく言うつもりはないが、彼や彼女の探求の矛先(ほこさき)が真実を指しているかどうかには疑問の余地がある。それを私は否定するつもりはありません。
霊視はあくまでも未知数のまま現時点の人間のレベルは続行するしかないようです。動植物の方がどれだけ賢明か。自分の直感で生きていますからね。

この世界の人間にはある視点から見ると2種類しかいない。

・他者依存で生るか

・直感で生きるか

ある視点では、ですよ。この視点が全てではありません。
私は未来予想はしません。予知夢を視ていた時期に拒否しました。幸せに繋がる夢なら問題はありませんでしたよ。事実ひょんな夢から縁結びに発展したケースもありましたが、湾岸戦争・旧ソ解体など世界情勢の夢が現実になる度に私は為す術ないあり様でした。

拒否してそれが聞き入れられた訳ですが、皆さんの中には「そんなことあり?」と疑問に思う人がいるでしょうね。でも事実、心の底からであれば拒否は叶えられます。私はその実体験者。
世に出回わっているチャネラーや霊能者の中には「自分の意思ではないのに」とか「神の手先となって生きるのが私の使命らしい」とか言う人います。が、魂個々には決定の自由が与えられています。
自由意志に則った上で決定権がある以上「私の意思ではないのに」という理由は理由にはなりません。本当に嫌!なら聞き届けられますから。霊的指導者(ガイド)には決定権はありません。促すに留まります。
何らかのサイキック能力が開花するような設定を生前に決めてきた(希望した)、受け入れてきた(促された)以外に原因はあり得ません。

本人の承諾なしに人生設計の強制執行はないということを知る必要がある人がいると思う。

ところが幸か不幸か、ここ数10年は精神世界スクール卒業生がネットに犇めいています。この集団は『なんちゃって霊能者集団』と私は思っていますが、「アシュタール」と通信、「大天使ミカエル」とセッション、あるいは俺だってバシャールをチャネルとか、そういう人だらけではないでしょうか? 彼らからこちらに伝わってくるのは似非(えせ)。その域から出る人は皆無です。全員!彼らの潜在意識の

何処かで観た

何かで読んだ

誰かに聴いた

引き出しと想像の産物という印象に留まります。 例外はいません。私はこれらの人たちに『バシャール』本を読んだことがない、アシュタールなど聞いたこともなっかったとは言わせません。彼らのアンテナはどれもどこかで見聞きした存在じゃないですか? いい加減に目を覚ましましょう。

いずれにしても

アセンション啓蒙者の「これが真実」は参考程度に受け止め、決して鵜呑みにせず。「アシュタールがこう伝えてきました」「我々は既に死んでいるのに気がつかない」(これら本当にヒドい!です。自由意思の下では本人が悟るまで仕方のないことですけど)にもクールでいて下さい。彼らは学習が足ない生徒のようなものです。

さて

私たちは押しなべて自己責任で生きる必要があります。このことを飽きもせず私は書いています。
この自己責任の中には「霊的情報を他者に依存する」ことからの卒業も含まれています。チャネルができる、天使と繋がる、など義務教育の域。チャネル依存はまさに「手取り足取りの幼児教育」と私は憶面もなく言いたいと思います。だってチャネル先が言う通りに従うのでしょう?それ「手取り足取り」と違いまか? え?それさえ実行できてない? ありゃりゃ。

いずれにしてもチャネラー自身が依存していることに思いが至っていない。知らないのだと思う。パラレルの解釈が安易なのも仕方のないことなのでしょう。

感じ悪いですか?

冷夏・・・はあ

つまり霊視予想は外れたというだけのことですが、彼らは自分の間違いを素直に受けいれて前進するしかない。だって、この次元からの『卒業』は『真の自立』です。チャネルはまさにお試しかと…、何処にアンテナを張るかという。

彼らが他者にアンテナ張っている間に私たちはお粗末でも(笑、笑えない)自分の直感に気を配っていきましょう。日常にヒントは転がっていますし、ふとした時にハッとしたり、ピン!という閃きが訪づれたりします。

真実を追求と言って真実に到達した啓蒙者はいません。イイところまでは行ったのでしょうが、彼らはガセも多く垂れ流していますからプラスマイナスゼロと言ったところでしょうか、良く見積って。

彼らは私たちの鑑です。私たちは日常に閃きを見い出していきましょうね。





世の中には「山本五十六はフリーメーソンだった」と、さも!実際に見知ったかように、それが真実であるかのようにネットで開示する人がいます。時に今は戦争の悲劇に思いを馳せる映画が上演されている最中。でも、それにどんな意味があるのでしょうね。誰がフリーメーソンだろうが、闇の支配者だろうが、そういう話題をするブロガーを私は無責任と思っています。だってそんなこと開示して煽ることに何の意味があるというのでしょうか。そういうのってね、武器も持つたずに遙か対岸から「悪者はあいつだ!」と叫ぶようだと思う。
そうそう広島の原爆記念日に映画監督オリバー・リードがスピーチをしたそうですね。内容を知って私は「おや?」となりました。オバマ大統領を非難する一文があり、もしオバマが米国の戦争仕掛けの黒幕と対峙しているという情報が事実であれば、オリバーさんが正義面(ツラ)した回し者になりますよね。映画には多額の資金が必要です。米国財界と通じてないとは言い難いという図になります。でも事実は分かりません。

ネットで闇の組織がどうのと書く人に言いたい。実際に体験したこと以外は事実!であるかのような印象を与えるような書き方は慎む方が賢明です。情報源のURLを張るなどして、それが何になるのでしょうか?

事実を知る権利がある?

誰がフリーメーソンか、それを知る意味が何処にあるというんです?

山本五十六がもし記述にあるように我が身大事の無能な輩だったとすると、何も知らない若者が戦地で散っていったとすると、それは知る必要があると私も思う。何故なら二度と同じ過ちは繰り返さないための私たちの戒めと、反戦の強い意思を共有するための

無能な輩を国の中枢に置かないためにも

私たちには情報開示は為されなければなりません。なりませんが、私たちの意識を高めるのは悪人を吊るし上げることではなく

私たち自身、無責任で愚かな言動から離れることではないでしょうか?

誰がフリーメーソンか知って、あなたはそれに迫る実力があるというのでしょうか?

私たちは賢くならねばならない。

闇の勢力に実際に立ち向かう人たちがいるのですよ。実際に命の危険と背中合わせの人がいる。股聞き話を、ゴシップネタを読んで噂を広めるように、流す人になってはいけない。自分がそうなっていることを自覚できない人になってはならない。

その点、宮崎駿さんなどは真のメッセンジャーだと思う。宮崎さんにはその自覚はないかも知れないけれど。私たちに戦争の悲惨さと愚かさを、心に届く形でしてくれる。

私たちに今 必要なのはね

「お母さん」と叫んで散った若者がいたこと

妻子を残して逝った人がいたこと

そういう人たちは国境を越えていたということ

真に戦争責任がある故人を糾弾するより意義が深いはず。だって自己責任なんですよ、この世の人間に課せられているのは。

私たちに必要とされているのは二度と同じ過ちは繰り返さないという決意と実行ではないでしょうか?

平和の祈りはそのためのものではないでしょうか?

ガンジーが尊いのは決して暴力に対して暴力で返さないという思想、その実践者だったからではないでしょうか?マザー・テレサが尊敬されるのは貧困に喘ぐ人と共に生き、生涯を捧げたからではないでしょうか?

自分は手を汚さず、窮地に追いやられた人々を「彼らの大変な現状を知って下さい」とブログで書き、自分は聖地巡りですか?

日本のブロガーの多くは闇の勢力を話題にしています。確かに裏で糸引く輩はいるのだと思う。この世界の混沌も人為的な例もあるのだと思う。

でもね、確実にこの世が放つエネルギーフィールドは変化しています。人の意識がそれを物語っていませんか?
オリバー・リードがオバマをどう非難しようと、人種差別大国アメリカで黒人大統領が誕生したんですよ!これ歴史的脅威に値しませんか? オバマは善か?悪か?では計れません。光か?闇か?でも計れません。政治とはきれいごとでは済まない。軍と大統領府との不一致もあるかも知れない。大統領とは言え、コントロールしきっているとは限らない。私には伺い知る余地がないけれど、オバマの立場になってみなければ、誰にも真相は分からないことなら私にも分かる(笑)

いずれにしても

ジョン・レノンが謳った『イマジン』が今も世界中の人を打つのでしょう?イマジンのどこに悪者への非難があったでしょうか?

今、私たちがいるフィールドはそういうふうです。

だからね、中途半端な正義感ふりかざして**はフリーメーソン!と糾弾しても世の中に貢献する訳ではないと、悟る方が賢明です。
え?日本のマスコミは本当のことを伝えない? だからネットで糾弾している? でも「あなた会ったことあるの?」「事実確認はURLだけ?」と私は言いたくなります。

情報を垂れ流すより大事なことありませんか?

それはね、平和のために自分ができる貢献を真剣に考え、行動することではないでしょうか?
身近かな人にもネットで交流する人にも情報通であるより大事なことがあるのではないでしょうか?

人間にだけではありませんよ。

身体の不自由な人の手足となる看護や、動物愛護活動などできることってあるのではないでしょうか?そういうことの方がネットで**がフリーメーソン、イルミ何とかとか訴えるより大事と思いますけど。
バチカンの裏社会ではいかがわしい儀式が横行していると書く人いますが、実際に観たの?の類の話でしょう?それの誰かの訳をネットとかで知って実しやかに書いてるだけでしょ?

そういうの愚かと思いませんか? 正義をふりかざす無責任な人を私は愚かと思います。実際問題、何の貢献もしていませんからね。

誰かを励ます方がどれだけ賢明か。え?takakoさんは辛口「けしからん!」言うてばかりいるじゃないか? あなた!痛いとこ突きますね(笑)私の場合、裸の王様を裸の王様と言うのが本望。実際に見た訳でもないのに闇の勢力がどうのと書いた試しはありませんよ、あしからず。

いずれにしても

心ってね、エネルギーを発してます。視えないんですけどね。興味深いのは、フリーメーソンだのイルミ何とかと糾弾する内容を書く人のブログでも、そういう類の記事の波動は急いて荒い・・・ところが他の愛に満ちた記事の波動は繊細なんです。


何を書こうと個人の自由です。でも書く内容で波動に差異が生じる、これ自己責任ですから、書くなら覚悟して書くことです。霊的レベルで、ですよ。

霊視関係にしても「あそこ(ブログ)は金星人を悪!と言うが、別な人たちは高次の光の存在と言うし…、さて!どっちが正しい情報?」という具合でキリがありません。2013年夏は冷夏というのもその類かと思います。

もちろん「備えよ、常に」ということがありますから 備えは大事。そのための情報収集も。


今は霊視活動者が追いつかないほどの事態。私たちはそういう時代を生きています。中には地震や世界情勢を当てた!という霊視者もいるようですね。私、その人のHPにアクセスしてみましたが、何だか記事が心に入ってきませんでした。周波数が合わないのでしょうね。どちらが正しいとかいうのじゃなく、ただ合わない。




私たちはもっと直感を信じた方が良い




私に言えるのはそれだけ。伝えるのはそれだけ。そのためにあ~も書き、こ~も書きしているに過ぎません。ほんと我ながら飽きもせずと思います。



後どのくらい続くかは直感のみぞ知る



shopもある日突然思いついて移転しました。途中躓きもあり(苦笑)でも転んでもタダでは起きないですからね(^^)立ち止まっては解決策を見つけてボチボチ再準備中です。
こんな時勢ですが、アイデアは湧く!近い将来にまさかの事態に遭遇するとしても私は備えるは備えて、アイデアを形にしていくのだと思う。
この心の底から湧き立つエネルギーは誰にも止められません。でも、もし途中で頓挫しても構わないと思っています。だって発想の矛先は私が垣間見る世界へと続いていることを知っていますからね。この手を休ませるつもりはありません。







プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ