オイタが過ぎる人々

Category : 辛口ごめんなさい


事例事象にどういう解釈をつけようと個人の自由。どれに同意しようとそれも自由。
それにしてもトンデモ話に焦点が合いすぎる人たちはもう修正不能になっているのでしょうか。その一例を以下に抜粋してみようと思います。






質問「私の仕事は無数に有る地球を一つづつ破壊することですか?」
答え「YES」(注:カモワンタロットで占った結果)
なるほど、了解。

低波動の地球(世界)を一つづつ破壊していく

或る人の意識の焦点が低波動の地球に存在していたら、その人は不味いかもしれない。
その人の意識が高波動だったら、何ら心配することは無い。だから災害予知や予言は実は必要が無い。
有っても良い。有ったらその時真剣になれば良い。何も心配することは無い。






この人は彗星を飛ばすのが仕事なのだそうです(別バージョンの自分(宇宙人)ということらしい)。この人は「低波動の地球」に彗星をぶつけて破壊するのが仕事だとか・・・はて?

これスゴくおかしな話なんですよ。その理由をこれから書きます。

低波動の地球にも存在理由があります。然るに何をして「低波動」というかは別にして、そこに暮らす周波数の意識の

自由意志

を、この人は完璧に無視している。如何なる惑星もそこに棲む生命の進化の基、その意識こそが最優先されます。複数あるパラレル地球、どれをとっても!です。
ノアの箱舟で伝承される大洪水ですが、宇宙因果ありきで起きたことでしょ?宇宙人が関与するとすれば、救済であって彗星をぶつけて破壊することではないのではないでしょうか?それは容易に理解できるはずです。然るに

何ということでしょう。

宇宙人と言えども多種多様。その中にはこういう種族もいるのかも知れません。知れませんが、実にふざけた仕事かと。

原因があり、経過あり、結果がある。その法則の基に宇宙は成り立っています。そこには自己責任、解決の機会が横たわっています。その機会を活かすことができなかったとしても外部が低波動だからと破壊する自由などないのですよ、宇宙の何処にも。

今年世界を驚かせた「ロシアに落ちた隕石」の件ですが、別バージョンの地球では壊滅的被害が出て人類は滅亡したということを言う人もいるようです。映像にUFOらしき物体が映ており、隕石を破壊して被害を最小限にしたという説もあるようですが…、私たちが[選択]したバージョンの地球は隕石落下程度で済んだという内容。
望めば簡単に災難は免れるという理屈を展開していますが、何という安易な話でしょう。じゃぁ、3.11はどうなるのでしょう?誰もそこに住む人たちは望んではいなかったでしょうに。隕石落下にしても、これらは望むとか望まないとかいう単純な話では済まされない事例。

胸が痛みます。

ネット社会は全部が全部じゃないが、稚拙な魂のヨタ話が横行しているようですね。龍神が人工地震は阻止しているとする人物が「3.11は人工地震」と言ってのける…実にけしからん話かと思いますが、では、3.11は?なぜ龍神は阻止しなかったのでしょう。言い分はあるでしょうが、聞く気にもなりません。


さて


人の意識の焦点が低波動の地球に存在していたら

人の意識の焦点が高波動の地球に存在していたら


「何の権限で低波動地球を破壊するのか?」

「意識が高波動だったら、何ら心配することは無い?」

えぇその人はその人なりにチャネル、ヘミシング、タロットから得た答えを根拠に「自分が彗星を飛ばして低波動地球を破壊する」行為に理由づけを試み、仮説を立ててネットで公開している訳です。が、

宇宙人は救済を旨として、あらゆる可能性に意識を向けて活動をしているのではないでしょうか?

もしこの人が事実(事実かどうかは不明)彗星を使って別バージョンの地球を破壊しているとしたら、それこそダークサイドって解釈も成立する。だって紛れもない破壊行為でしょ?否、ダークサイド以前の悪戯ってところでしょうか。
チャネルやヘミシングという異次元に食指を伸ばすスクール経験者が増殖した弊害を思わずにはいられません。本当に心から罪の意識がない分、悪質かと思います。幼児にハサミのリスクも感じさせる。




オイタが過ぎる人々




彗星を飛ばして低波動地球を破壊している?寝言は寝て言ましょう…ですが、もし実際にこういう行為が横行しているとしたら、それは由々しき事態ではないでしょうか。仮説の域を出ない…だからまだ許される話かと思いますよ。自由意志のより深い意味を学習するまで何度でも

出直す

えぇ学び舎は幾らでも宇宙にはあります。

さて

別バージョンの地球

隕石が地球に壊滅的被害をもたらしたバージョンの地球

いずれにしても



「 There is no spoon. 」



映画『マトリックス』を観た人はこの台詞記憶にあると思います。まさに別バージョンの地球にしても、此処にしてもこの定理が存在しています。


いつかこのテーマを書いてみようと思います。これは「ある」けど「存在しない」、
「存在しない」が、「ある」という禅問答に通じる世界です。





パラレルワールド

Category : アセンション


皆さんも興味あるテーマではないかと思います。様々な体験談が閲覧できるネット世界…、中にはパス!以前と思えるものもありますが、不思議なことが世の中には溢れてる…ガセとばかりは言えない話もありますよね。

パラレル世界に自在に行来きする人がいるというトピックもあり、よくよく読んでみると

意識で

ということで

それはちょっとパラレルとこの世界を行来きしているとは言い難いと私は思うんですけど。身体ごと移行して本人が「いつものママじゃない!」(笑)で、またこちらに戻ってきて「あれはなんだったんだろ?」とかいう話ならまだ分かるんです、同じトンデモ話でも。でも「意識で」行ってきたとか帰って来たというのは決して

パラレル世界を行き来しているとは言えません。それは想念の話。チャネルと同列です。肉体を伴う移行と帰還でない以上はヨタ話の域を出ません。

やれやれ…そういうヨタ話に乗せられて精神世界を引率しているご仁がいるか思うと、またご意見番気質がムクムクッ(笑)

まだ「かい間見ている」なら理解できます。現(うつつ)の意識と想念の境界が希薄な人が増えているのかも知れません。なにしろ主たる神社の神々(高次の)が昇ってしまって数年は経過しています(2010年以降)。それに伴い、視える癒せるという人は増えたのは余り知られてないのでしょうか…。その期間に鬼の居ぬ間にというように低次元の存在がチャンネルの食指を伸ばして人間と二人羽織な霊的素行が目につくようになりました。

よいですか・・・!

意識で何処にでも行ける

それを私は否定しません。それとパラレル世界を自由自在に行き来するとは別な話なんですよ。幼稚園児に「おじさんは月に行ったことがあるんだぞ」とかどうとか吹聴するような…今時の園児は相手にしないでしょうか?怪しすぎ? いずれにしても悪質と思います、本人にその自覚がないのも含めて。

危ない世相です。

今は移行期に完璧に移っています。確かに幾重にもなる意識ボディに、変化し続けている周波数…チューニングが微妙に左右して、それが加速中です。実際、微妙な人が増えてやしませんか?私はそれを否定できません。周波数の調整は本格的になっています。

何処にチャンネルが合うか

私たち人間の多くは目に視えない存在に関して脆弱です。「天使ミカエル」と名乗られると潜在的に期待があるためコロッと信じてしまうケースも少なくないようです。

危うい世相です。

此処にいながら何だか此処にはいないような不思議な感覚を覚える人も少なくないでしょう。実際私も経験しています。だからこそ地に足をつけた暮らしぶりが肝要です。だって地球自体の波動がグングン上がっているのですよ。地自体の波動が変化し続けています。

こういう時だからこそ平常心だと私は思う。

平常心は私たち自身の内面から来る感覚。それに基づく暮らしぶりってね、大切です。いついかなる時も。だって、自分に何が必要か知るのは私たちの内在神です。

パラレル世界を行き来している?

はて

では何故、肉体は此処に固定されているのでしょう?

それはね

その人の魂の目的が此処にあるからですよ。別バージョンの地球ではなく。






もし あなたの周囲に「パラレル世界を自由に行き来している」と公言している人がいたら

「身体ごとですか?」と聞いてみて下さい。

もし 意識のみで行き来しているとしたら、「チャネルの類いですね」とサラリとやり過ごして頂きたいと思います。もちろん乗るのも個人の自由です。











今年と来年にかけて式年遷宮があります。それを期に神々(高次の)が戻ってくるかも知れません。

もしそれが実現したら

数十年をかけて起きてきたアセンション・ムーブメントはひとつの区切りを迎えるかも知れません。





クラリオン星人

Category : アセンション


サイエンスエンターテナー飛鳥昭雄さんの円盤屋プレゼンツってご存知ですか?その講話(YouTube)を見ている人もいると思いますけど、いなかったりして…ま、それは良いとして。
私は最近知って…八咫烏から俄然!飛鳥さんプレゼンツ情報に興味津々。今日日は『地球の出産』という「まぁ!」な驚愕話で一部世間の度肝を抜き(笑)ニヤリな飛鳥さんのようです。その辺のSF観るより面白いですねぇ。まぁ容姿はメーテルと旅する年期の入ったテツオ(?)少年みたいですけど、講話の中で質問に答える箇所があるんですね。で、クラリオン星人に関する質問が出て飛鳥さん答えて曰く

「(クラリオン星人)写真出ているけれど、あれスーパーモデルの画像を使ったってバレたでしょ」

要するにカバーロさんが著書などで提出した美しいクラリオン星人の挿し絵のことのようで。ネットでも広く出回ってますよね。私も見たことあります。一笑に伏す気持ちも分からないではありません。確かに似ています。ですが、カバーロさんが披露しているクラリオン星人の画像は複数で年齢も一様ではありません。飛鳥さんが指摘するスーパーモデルとは別人過ぎるクラリオン星人画像もあります。加えて、スーパーモデルと指摘されているクラリオン星人画像ですが、口がとても小さい。顔のパーツバランス的に人間(地球)にしては口が小さくないですか?実在のモデルと比較しても小さいです。

飛鳥さんはニヤニヤしながら「もうバレてる」と言っているけれど、もしそのモデルの画像をクラリオン星人と称して著作の挿し絵に使えば訴訟問題です。肖像権を侵害していますから。

カバーロさんそのモデルから訴えられているのでしょうか。

もし無断使用に関するニュースの類いが流出しているとしたらカバーロさんはとんだ詐欺師ということになります。そして、カバーロさんを日本に紹介した浅川さんにもその真意を調査する責任が生じかねない話。浅川さんはガセを掴まされる(福島原発をUFOが浄化したのを視たとか、水爆を1個止めたという)こと少なくないようですから、これは真相究明が使命であるのなら白黒つけて然るべき話かと思います。
でも逆に飛鳥さんの情報がきちんと調査もせずであれば、それはそれで、もしカバーロさんの耳に入れば訴訟問題に発展するかも?
日本人が日本語でしかも国内で喋る程度の情報ネタなので放っておけばよい話かも知れませんが、いずれにしてもカバーロさんも浅川さんも飛鳥さんも本を出版する、講演会を開くなどしており、影響力あります。そこにスーパーモデルの話が持ち上がっているとなると肖像権は深刻。飛鳥さん、そこのところちゃんとリサーチした上で喋ってるのでしょうか。

あぁそうそう。飛鳥さんは釈迦の予言とかいう話もしているようですが、実に怪しいと私は思っています。
釈迦が弟子に伝えた…生前、釈迦は説法は口伝のみ。なので釈迦の死後、弟子たちが集って記憶を寄せあって書き残したのが『アーガマ(伝承という意味)』とされています。その主旨は「怠ることなく精進せよ」です。

もし釈迦が予言者の任を帯びて転生したとすれば、カルマだの修行だのとは無縁の徒となってしまいます。「すべての業は縁により生じる」従って日々精進せよと生き方を説いたのが釈迦です。

飛鳥さんは釈迦の予言と言う・・・その所以たる書は俄には信じ難い。後生の誰かの秘文?(釈迦は文盲の人々にも分かるようにと文章にせず説法行脚したとされています。イエスもそう)ではそれが釈迦が言ったと誰が証明できるというのでしょうね。

真相とは図り知れない。ましてや古書が依りどころ、人の話が依りどころでは。

飛鳥さんという魂、その主旨は「遊び」と「探求」のようです。そして、人間、先生と呼ばれるようになると魂が下がる、この方程式に例外はなさそう。
飛鳥さんにしろ浅川さんにしろ他の終末予言、アセンションなどを論ずる人間は何処か『ムーミン谷の彗星』に登場した天文学者たちのようだとふと思いました。彗星がいつ来る!か観察し予測は立てられるけれど、という


まぁ・・・飛鳥さんがクラリオン星人にしろウンモ星人(?)にしろ「あり得ない」という背景には目撃されるUFOはすべて地下都市アガルダ製という主張のため、遙か宇宙から何ゆえ地球に来るのか!と否定的なためのようですが、

どっちだってイイでしょ

劇場型な人々ですね。真相究明を煽り、人心を先導して。
日本人の中には儀式により「天照大神を孕ませた」とし、地球の変革の鍵を握るのは自分と公言する男性もいるんですよ。もう「誰か止めて~」ですけど、飛鳥説からいうと失笑の極みでしょうか。天照大神は男神(イエス)という説ですから。なんだかドッと疲れが…だったら書くな、ですよね。失礼しました。





それにしてもクラリオン星人・・・美しいですね。心が洗われるようです。






福島原発地下水、月内(5月)にも海へ

Category : 時事ネタ

福島原発地下水、月内(5月)にも海へ 東電「安全性問題ない」
 
東京電力は福島第1原発の放射能汚染水対策として、敷地内でくみ上げた地下水を海に放出する方針を固めた。「汚染前の水で安全性に問題はない」とし、地元市町村や漁業関係者の了承を得て5月中にも踏み切る。(河北新報)






東電「安全性問題ない」・・・そうですか。残念なことです。
原発事故の影響の深刻さを訴え続けている小出裕章氏が「「きっと海へ流すと言い出すでしょう。」と仰っていたそうですが、やはり!のようです。

自衛する以外に対処法はありません。東電が安全と言っている限り。かねてから姫川薬石をお勧めしていますが、私は汲みおいた水に容れていますし、煮炊きにも利用しています。姫川薬石はラジウム石。ラジウム温泉を被曝療法に役立てたという話も聞いたことがありますが、第一に水が柔らかく美味しくなります。トゲがなくなり、喉越が良いです。私は大分県日田市で育ちました。あの天領水のふるさと。天領水と似た感じなので気に入っています。

水は毎日のことですよね。ちなみにメーカーは言いませんが、自販機で売っているミネラルウォーター「天然水?ウソでしょ」と感じていて、私は和田峠産黒曜石の小粒さざれを数粒容れて飲料するのも良いかと思っています。

また

よもぎ乳酸菌液[ 蓮龍宝(ほうろんぽう)]を10倍に希釈した水を利用しています。乳酸菌は今日日注目されていますよね。サプリメントも良いと思いますが、できれば液状の方が良いかと思います。水はエネルギー伝達に優れていると聞きます。スッと身体に馴染むのが実感できますよ。

海洋汚染は進むという見方が主流のようですが、警告だけではなく、どう対処するかが大切かと思います。

思うに

私たちにできるのは自身の周波数を高めていくこと。それは難しいことではなく、こうした誰にでもその気になればできることで入手できるものを活用することで可能です。無論、原発反対は待ったなし!その流れに逆行するかのような原発輸出に唖然とした人も多いでしょう。民意より利害。本当にため息が出ますね。

それでも私たちは日常の心がけ次第。奇跡のりんごの木村さんの生き方もとても参考になりますよね。大切なのは

ねぎらい

その繰り返しかと思います。日々のことが肝心です。

理不尽さに怒りもこみあげるでしょう。しかしながら、時代は脱!原発の流れです。魔法のようにはいかないですが、しっかり民間はその方向ですから、私たちは粛々とそちらの方へ進む。その間に充分に人だけではなく植物動物を

ねぎらって

そう「ねぎらう」って労働の労の字を書きますよね?働きかけることが肝要かと思います。

真相を知る

それもありでしょう。しかしながら真相って知っただけでは内被曝の何の解決にもなりません。自衛もとても大切な作業かと思います。身体の健康あってのことではないでしょうか。


プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ