姫川薬石と長野県野田峠産黒曜石

Category : Recommend

姫川薬石の問い合わせを幾つか頂いていますので、私の取り寄せ先をご紹介します。+長野県野田峠産黒曜石もご紹介。

○ 姫川薬石:ヒスイ王国館1F『珈琲ハウス』
 *ネットでの電話公開はNGとの情報があり、電話番号は削除しました。
 
姫川薬石の勾玉ペンダントも発売されるそうです。「待ってました!」という方も多いのではないでしょうか。ただし「どなたのご紹介ですか?」と聞かれて「maria Letter のtakakoさん」と言っても通じませんので、あしからず(笑)


・勾玉:2800円(約28mm x15mm)
・勾玉ペンダント:3000円(約25mm x15mm)
・勾玉ストラップ/根付け:3000円


 姫川薬石は他にアマゾンや楽天でも通販しているようです。




○ 野田峠産黒曜石<http://www.ishino-hana.com/SHOP/obs-01.html
 
 原石詰め合わせ500g:3500円
 タンブル200g:2500円
 さざれ200g:1300円

私はペットボトルにさざれを入れて飲用していますが、水がまろやかで美味しくなります。ペットボトルだと持ち運びできますよね。さざれはお勧め。タンブルや原石は握り石としても。

この姫川薬石を広めた功労者ニニギさんという方のmixiコミュニティで身につけるとかえって具合が悪くなるという意見があり、それに対してニニギさんは体の悪い部分が表に出るのだろうという主旨の回答をしていました。何ごとも自己責任で。薦められたのに具合が悪くなったというクレームはこちらでは受け付けかねます。

思うに和漢薬等で好転作用というものがありますよね?いったん症状が表に出て悪化したかに見える。自身の様子を見ながら進めるのも一考かと思います。自己責任で。直感を働かせて。





天使と話をする子供(2)

Category : 魂のご飯

「お帰りなさい」と言われたりして(^^)「ただいま」と返して良いものかどうか微妙な私です(笑)

さて

今日も前回と同じテーマで所感を書いてみようと思います。

天使と話をする子供・・・私としては自己申請みたいなものと捉えていますが、そこに霊能者がお墨付きを与えようと私は同調しません。例のブログを読んで私はとても複雑な思いを味わいました。こういうお子さんは巷に多くいるのだと思います。ただ親がネットでそれを公表するか否かだけで、幻視幻聴の類いを口にする幼子の話は枚挙に暇がありません。

前回、子供は見たまま聞いたままを信じ込んでしまうことに警鐘を鳴らしました。巨大地震予知は二の次です。

皆さんはピンと来ないかも知れませんが、自分が信じたものがウソと知った子供の心のダメージは小さくありません。いや…それを知った方が幸運かも知れないんです。ずっと「操られずに済む」訳ですから。
ずっと前に「100の事実の後に1の重大なウソを」でしたか…見えない存在の巧妙さを指摘したサイトを閲覧したことがありました。言えて妙。しかしながら、ネット流出しているこういう類いの霊能情報はそれにも値しないというのが私の正直な感想。妄想が加味されているケースが多く見受けられるためですが、そういうのって紙一重。多くの人はその境の判断がつきません。更には目に見えない存在は霊能者を手玉にとるくらいは朝飯前と、これも口を酸っぱくして言っていることですよね。

手を出さないのは身のため。それに尽きます。アセンション啓蒙者にも変なのが憑依している方います。媒体を離す気などあるはずがありません。

彼らは善を装います。真に善良な存在もいますが、神々はとっくに上がっています。そのことも知らない人が多い。天使も既に上がっています。龍神が最終的にエネルギ-体としているような状況です。天使とコンタクトするにはそれ相当の波動の高い人でなければ無理と思います。

さて

天使と信じていたのが天使ではなく、神様と信じていたのが神様ではない。化けの皮が剥がれる・・・その光景を視た子供の気持ちは察して余りあります。ですが、知らずに済む方が良いと私は思いません。操られるということはそれと同じ領域に落ちるということ。

堕天使はエゴゆえに堕ちる

人は無知憧憬ゆえに騙され、自惚れが邪と繋がせる

そのこともあまり知る人はいないようです。とても危険なことです。私たちは平凡を喜ばねばなりません。

子供は感受性豊か。それは見せられる聞かされることに費やすことなく、自己表現にこそ育っていってもらいたい。私はつくづく思います。

そして言えることは

天使や高次の存在は「操る」ことはしないということ。

これは肝に銘じていて下さいね。

また巫女には神託を推し量る存在がそばにいることが過去は求められたと聞き及びます。今はスクール出身者・・授業料を払って一定のカリキュラムを経れば誰でも霊能者になれる時代。推し量る存在がいない・・・ガセか否かが曖昧なままあちこちで神託が降りている現状。

まさに私たちは試されていると言えるのでしょう。

だからこそ

予言や予知より自身の直感に思いを傾け、皆さんは自分を大切に。目に見えない存在に憑依されるより大切なことは山ほどあります。

興味本位で読んでいる人もいるでしょう。なので私は非公開ブログを別に持っています。だと言っていい加減なことを書くつもりはありません。加えて、あまり霊的カラクリを知らない、分かっていない人も多いように思います。私はこれまでの経験を通して、事実を伝えていますが、それだっていち所感にしか過ぎません。





今は本当に波動が揺れている時期。チャネルも増々あちこちで行われることでしょう。チャネルの普及はこの世界を魑魅魍魎の培養土と化しています。その危険さを皆さんの多くが気づかずいる。

神々は既に上がっています。天使もです。

以前より更に高い次元に存在するということを、周波数が違い過ぎるということを知る人は稀ということなのでしょう。




天使と話をする子供

Category : 魂のご飯

しばらく長文記事の更新はしない予定でしたが、ある親子のブログに関する疑問を持つ方がいるようなので所感を書くことにします。

8月12日相模湾・東京湾に巨大地震が来るという幻視と天使のメッセージを聞いたとされる小学生とお母さんのブログです。皆さん既に知るところでしょう。そのお母さんは神秘がお好きという記述があり、ネットサーフィンもされている様子。

息子さんを「天使と話す」と紹介しています。

でも果たしてコンタクトの相手は天使なのでしょうか? 

天使や目に見えない存在と話すという子供さんを複数見てきた私の結論は、子供は相手が天使と名乗れば信じてしまというもの。見える聞こえるという段階はとてもリスキーということ。
これも口を酸っぱくして力説していることですが、ランキング上場していないこのようなブログで細々といくら吠えてもタカが知れているし、縁の問題ですからね。何とも仕方がありません。

もしこの記事を読んで、身近にそういう子供を抱えた親がいるとしたら聞いてみて下さい。

「あなたの子供が話ている相手は本当に天使なの?」と。「子供が言うには」という説明で「天使」と断定するなら、それは間違いなく天使ではありません。あるいは霊能者に視てもらったら「間違いないと言われた」も微妙。

それくらい目に見えない存在は巧妙です。彼らは霊能者を騙すことなど朝飯前。そのことを肝に銘じて頂きたいと思います。浄霊力を謳われる霊能者に蛭みたいなのが出入りしてたりするんですよ。通力強いことをするのも目印になると思います。

さて

今回の親子ですが、絵に描いたように危ういと私は思います。中に「操る」という言葉が出てきます。これとても危険なことなんですよ。その母親は何をしているのでしょう。無知の怖さを感じさせます。

加えて

ニュートラルを心がけているというにしては何処かで聞いた見た・・・例えばネットや新聞TV等から得た知識が入っているのも見逃せません。母親も青い光からメッセージを受け取ったと言い始めていますが、私はつくづく思います。

どうして自分の考えとして、言葉として、発信しようとしないのでしょう。マシュー君が言った人類と宇宙人との正式コンタクト、指定した期日に起きましたか?
起きなかった理由は人類サイドに「準備ができていなかった」「危険すぎた」ではなかったですか?
そんなこと容易に想定できることでしょ?

もうそういう思考停止な大人をいつまで続けるつもりなのでしょう。

チャネルに完璧なニュートラルはほとんどあり得ません。この親子は綱渡りをしているように思えてなりませんが、コメント欄も苦情で集中力を欠かないために閉じるとあり、警鐘を鳴らすことも出来ません。なにやら尊敬するという存在がいるようですが、案の定精神世界スクール経営している方なんですよ。もう縮図できあがっています。

8月12日と予告指定してありましたが、今日日、想念で大難を小難にできると言い始めました。

出たかと…!「皆さんの祈りが功を奏して」という流れで収束するだろうと思っていた矢先でした。あのですね、今地球上で起きている天変地異は人間の都合を優先してはくれませんよ。だって「助かりたい」一心なんでしょ?
よしんば、被害が少ないようにとの善意としても

思い出して頂きたいんですね。

聖母マリアはイエスの磔に際し「最善のことが行われますように」と祈ったのですよ。

私のような凡人には到底言えそうにない祈りの言葉ですが、今はさまにそういう時なんです。でも多くの人がそのことに気づいていない。精神世界のチャネラーやヒーラーでさえ。

青い光は今、地球がどういう意識でいるか理解が及ばないのでしょうか。人類最優先される場合ではないのですよ。地球規模、宇宙規模の浄化のプロセスが今!まさに起きている最中なんです。

地球の意思

宇宙の意思

最優先されるはそこです。

残念なことですが、私たちは想念を地殻に注入するのに力込めてる場合ではありません。私たち自身の内的充実を図る時なんです。

少しでも災害が無難になるようにという善意ですが、地球に対して、まだ「オーダー」を出していることになるのですよ!どうして分からないのでしょう。

じゃぁtakakoさんは地震で死んでしまっても構わないの?大切な家族が死んでも良いの?と、あなたは思うかもしれない。

今この時期に転生し、どういう末路を辿るかは「魂の知るところ」です。

では、聞きますが、悪党が災害にあったとします。あなたはどう思いますか?天罰がとか思いません?ほんの一瞬でもですよ。同じ災害でも幼子だったとします。あなたは可哀想と思うのではないでしょうか?

あのですね。私たちの感情は感情として、

命にはそういう差はないのです。

すべての魂は発展途上にあるし、生まれる前にどういう人生かは予め知らされています。

そうそう

なでしこジャパンが優勝したのも「私たちみんなの祈りが通じた」と歓喜した人いますよね? それ、なでしこジャパンメンバーの前で言ったら大したものと私は思いますよ。想像してみて下さいね。「私たちの祈りが通じて、あなたたちは優勝できた!」と言う光景を。
競技には敗者と勝者は必須なんですよ。対戦チームにだって優勝を祈っていたサポーターはいるはず。どちらのサポーターの祈りが強かったとか真剣だったかとか言いたがる人もいそうで怖いですが(笑)自分の祈りの「お陰」と言うのって品性が欠落しています。




話が逸れました。




それでは果たして8月12日の地震予知ビジョンを子供に見せた白い光ですが、私が視る限り、天使の波動とは言い難い。それが結論です。キリスト教圏には恐怖のビジョンを幻視させる天使や聖母の話がついて廻ります。でも警告の時期はとっくに過ぎています。

そして

8月12日ですが、彼らが警鐘を鳴らすような巨大地震は東京湾・相模湾に来る…感じがまったくしません。巨大地震が、ですよ。それは9月持ち越しではなかろうかと私は感じます。私は天使がそう言ったとか、神様がそう言ったとか言いませんよ。
地震はもう回避できない問題と思いますが、磁場にも変化が刻々と生じているようですし、太陽フレアの影響も考慮に入れねばなりません。

この親子のように無防備な人がチャネル始まる…今に始まったことではありません。子供は見たまま聞いたままを信じ込んでしまいます。
また次元の壁の、固定も外れたような状態で、ずっと言っていることですが、魑魅魍魎が善を着て周波数の合う人間を探しまわっている昨今。未熟な子供にチューニングを合わせて騙すなど簡単なことなんです。どうしてそういうことが起きるかと言うと、彼らとて必死ということです。肉体を欲していますからね。

皆さんは「思考停止」にはならないで頂きたいと切に願います。





そうそうもうひとつ書かねばなりません。





エレーニン彗星!

この青い星…kagariさんや一部の研究者はこれを宇宙船群と考えているようですが、

 ・2011年9月11日:太陽に最接近
 ・2011年9月26日:地球-エレーニン彗星-太陽と直列
 ・2011年10月17日:地球に最接近
 ・2011年11月23日:地球-エレーニン彗星-太陽と直列

まさに宇宙規模のイベントの最中に私たちは突入しているんですね。経済・政治も総取っ替えな様相を呈し始めました。

巨大地震は何処で起きてもおかしくありません。各国で火山活動も活発化しています。加えて、私たちそれぞれの『周波数』にもバリエーションが生じています。

今を生きる

宇宙規模の変革

地球自身の意思による浄化

磁場

太陽活動の変遷

太陽系に多大な影響を与えているエレーニン彗星

私たち人類は確かに地球に借り暮らしさせてもらっている身分です。青い光とか白い光とかに幻視見せられ、幻聴聞かされて「お伝えする使命がある」とか踊らされている場合ではありません。

参考にすべき心構えが書いてある?

あらら…でも

そういうことはあなた自身の心の中にこそ見出して頂きたいんですね。私も読みましたが、どれも何処かで見たもの読んだものばかりですよ。巻き込まれないで下さいね。

私たちは自分のことは自己責任で果たしながら、目に見えない存在に依存することなく、それぞれの直感にこそ従い、互いに助け合い、地に足付けて生きることこそ、ではないでしょうか。




しばらくこういう記事は書かない予定でしたが、もう少しおつきあい頂くことになりそうです。









プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ