これから

Category : 魂のご飯

久しぶりの記事になります。放射能汚染された稲わらが問題になっていますね。もう被災地や関東エリアだけではなく、放射能汚染された食料が全国に広がるのは必至。これは ひふみ の一文を彷彿とさせる・・・皆さんの方が詳しいと思うので敢えて記しません。

原発が泣いているだの、UFOが福島原発を浄化する「ビジョンを視た」だの、祈りで回避だの、ネットを騒がせていた人がどんなにいい加減だったか。妄想に過ぎなかったか。祈りの真意を解さずの人々がネットに徘徊しています。今もです。

皆さんの多くが視えないため、何が実際かを知ることが出来ていません。なので情報に振り回されてしまう。視える聴こえるとしてもソースが危うい。チャネルスクール出身者の発言にも要注意。ピンキリですが、チャネルも当たるも八卦当たらぬも八卦と悟って下さい。これは口を酸っぱくして言い続けていたことでした。

これから増々、予言やチャネルは外れると思います。チェコの女性チャネラーが3月11日の地震は「闇の勢力の仕業と宇宙存在が言っている」と言ったとネットで開示した人物がいました。でももし真に視えるのであれば、何も宇宙存在にお伺いを立てずとも、自身で震源地にフォーカスして

ダイレクトに視れば良いのではないでしょうか。そうすれば地球規模の地殻変動やプレートの流れと分かるはず。その他、陰謀説を唱える人も宇宙人相手のチャネラーもこういうふうに機能しない人が増えてくるでしょう。ホンモノは稀。ソースも実に狡猾・・・名乗るのを鵜呑みにしたままでは話になりません。そういう例をいくつも観てきました。

現場で何が起きたのか

どうして現場にフォーカスせず、宇宙存在に聞く必然性があるのでしょう。変とは思いませんか?こうい簡単なことも分からず、チャネル情報に頼る・・・その弊害は計り知れません。影響力のある人物なれば尚更です。意見メールをしようと思います。無視されるかも知れませんが。

これから増々こういうことが増えます。今はとても次元の垣根というのでしょうか・・・曖昧になっていいるというのでしょうか、有象無象が色んな人の想念をキャッチして、あることないこと見せたり聞かせたりしています。この警告も既に繰り返していますが、そこに妄想癖のある人たちが加わり視た!聴こえた!と吹聴したがっています。話になりません。

残念ですが、皆さんの多くはどれが事実でどれがガセか判断できずにいますよね?

朗報とは言い難いけれど、これからチャネル情報はますます当てにならなくなります。



私たちはこれから自分のことは自分で準備するタイミングに差し掛かりました。



放射能汚染された食物が出回り、それを食べるしかない時代に突入しました。でも、だからと言って手立てがない訳ではありません。これからその点のことを書きます。参考のひとつにして頂ければと思います。

まずは

<薬石>

姫川薬石を使った調理方法をご紹介します。

・野菜・魚肉類を薬石とともに水に浸し、その後にこれまで通り調理する。

・乳製品(ヨーグルトなど)を冷蔵庫で保管する際、その下の薬石を置く。

・同じく冷蔵庫に幾つか薬石を配置する。

伊勢砂利・伊勢五郎太などの花崗岩も有効かと思います。電磁波対策にはトルマリンなども良いらしいですね。色々と石は役立ちます。

<酵素>

・米ぬかや植物性乳酸菌・発酵食品
被曝した体内では無効という人もいますが、だとしたら、長崎の味噌・玄米・梅干しで生還した例はどうなるでしょう。味噌は発酵食品です。すべては鵜呑みにせず、自分なりに工夫をこらすことが肝要です。

<波動>

江本勝氏のHPを参照のこと。口に入るもの全て、私たちはこれらのものに「感謝」の気持ちを込めることが大切になってきます。
しかしながら、感謝を押しつけている人がいるのも事実。私たちが口にするものは「自己犠牲」を通して貢献しているのだけれど、多くの人間が麻痺したかのように貪って久しい。せめて、その貢献が

血肉となるプロセスを感じて頂きたいんですね。心から感じるから、それが感謝の気持ちへと高まる

それが魂の循環になるんです。活かされていることを知ってるのは人間以上に植物動物。私たちは生命の循環のサイクルの中にいるのですから。

感謝するって、あまり知られていないようですが、植物を癒していることなんですよ。

これはどうしてかと言うと

すべては波動ですからね。感謝をノーハウに則るのと、実感が伴って発露するのとでは雲泥の差があります。五日市さんの「ツイてる」はそのためのステップなのでしょう。あぁ波動って正直だし、素直なんだと知る手がかりと思うんですね。実感よりノーハウが先行しがちなスピリチャル業界のお作法ですが、本末転倒です。

私たちはチャネル情報に依存するのではなく、普通の生活をしてるのでしょ?だとしたら、普通の生活をしていること自体が既にスピリチャルと悟る必要があります。特別な能力を欲する必要はありません!

家族を愛し

植物動物を慈しみ

食事を感謝して調理し、皆で頂く

私たちを取り囲む環境こそが人生の舞台。目に見えない領域とタイアップしていることを知ることです。他人のチャネル能力など邪魔なだけです。

工夫をこらして日常を生きる・・・活かし合うことこそが魂の糧になる。いわゆる童話『青い鳥』のように。これもずっと言っていることですが、特別な能力という執着を手放して下さい。もうそういう執着は役には立ちません。かえって依存を増幅させてしまいます。

<保存食・サプリメント>

・玄米・味噌・ラジウム水・梅干しなどなどの保存の効くもの

・りんごペクチン・ビタミンミネラルのサプリメントの補給

・ヤローエンライトメントというフラワーエッセンスもお勧め
これは内被曝には効かないという人もいるようですが、薬事法に反することは書けませんから、すごく微妙なんですけど、このフラワーエッセンスはチェルノブイリの際に開発されたもの。しかもフラワーエッセンスはとてもテレパシックです。使う人に何が必要かを察知して「働く」性質があります。フラワーエッセンスとはそういうものと思います。

まだまだ皆さんの方が様々な食品や物々交換のネットワークをお持ちかと思います。これからはチャネル情報より、こういうネットワークの方が有効になっていくでしょう。

繋がる

活かし合う

そして、原発のない社会作りのための運動に参加する…署名するでも良いのです。出来ることから始めましょう。既に実行しているなら、それに越したことはありません。

サバイバルと言う意識とはまた別の

活かし合う

そこにフォーカスして頂きたいと思います。

すべては波動です。

皆さんひとりひとりがどういう想念を持ち、自己責任を持つかが「鍵」

これから精神世界系の講演やワークショップに参加し、セッションを受けたりするより、脱原発運動に参加する方がどれだけ社会貢献できるか。

祈りを真に理解する人は少ないです。

ちょっと事態が好転すると「私たちの」「皆さんの」祈りが功を奏したと言いたがる人にホンモノはいません。祈りはもっと敬虔なものです。そういうのを隠れ慢心を持つ人と言う。こういう類いの人がネットに氾濫しています。

どうぞ

そういう階梯から卒業して

実生活の中に魂の糧を見出していって頂きたいと思います。コメント欄は開けません。そしてしばらくまたこういう文章での記事再開の予定はありません。







姫川薬石

Category : Recommend

暑中お見舞い申し上げます。



隕石サハラのマクラメ作品をご紹介予定でいるのですが、忙しく…写真撮る時間がありません。なんとか今月中には写真をと思っています。

実は姫川薬石で根付け・ペンダント・編み込みなどを作る予定です。小ぶりのもので身につけるものをと考えていました。価格には薬石の価格は含みません。手編み手間賃と蝋引き紐等の材料費とさせて頂きます。

姫川薬石のファン(笑)としては一日でも早くご紹介したい気持ちは高まってはいるのですが、今は手編み試行錯誤中です。お見せできるまでに仕上がりましたらアップしたいと思います。気長に待っていて下さいね。

カートは、http://marialetter.cart.fc2.com/ 今はまだ空っぽ(笑)隕石サハラの写真をこれから撮る予定です。またケセラストーンというマイナスイオンがトルマリンの20倍!という石も取り寄せ中です。色も一定ではないので画像確認して頂き、気に入ったのがあれば是非手に取って頂きたいなと思っています。




今、世界のあちこちで原発事故や不具合が生じています。波動(水の結晶)やフラワーエッセンス、薬石など…皆さんそれぞれに身を守る手立てをお持ちと思います。これからますます波動/周波数のことが大切になっていくと思います。

石だけではなく、動植物との対話はなので、大切です。ヒーラーより彼らは有能です(出ました!辛口)エッセンスにしても成分でその効能を見定めるとともに、手にしたら対話を試みて彼らの意思を汲み取る、自分の思いを伝えるというふうに対話していくことがますます大切に…いえ、今こそなのかも知れません。今さらなことだし、目新しいことは一切ないのだけれど、「互いに活かし合う」環境を作りながらコツコツと日常に活かしていきましょうね。




プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ