いてくれるだけでいい

Category : 写真・動画


40D_20101029_2018_blog.jpg




霊的なりすましとの対峙

Category : 辛口ごめんなさい

今日は私自身の自戒の意味を込めての記事となります。間違いは間違いと正す…その用意は常に持たねばならないというのが私の信条。それに沿って、気づきを皆さんとシェアしたいと思います。


私は常々目に視えない存在をチャネルする危険性を唱えています。幻視(み)たもの幻聴(き)いたものは事実検証は困難なことが多い。中には過去世とされる人物のお墓が実際にあったというケースもあるようですが、中には矛盾する…相手がいることで…視たものが食い違うということもあります。過去世という範囲を越えて高次の存在や宇宙存在のチャネルやリモートビューイングも盛んに行われているようですが、何だか危険な匂いがするのは私だけでしょうか。

天照大神の霊験や大天使ミカエルのメッセージが飛び交うのは今に始まったことではありませんよね? 動物霊に乗っ取られているケースもキリなくあり、それを盲信する信者もキリなくいる。誰もが自分が信じる巫女がホンモノと信じ切っている訳ですが、まぁ鰯の頭も信心からですか?そういう諺もあるように全てはそれぞれの主観に依るということで論争しても収束を見ないでしょうねぇ。




今回の私の気づきはラスボス。ラスボスとは最後にして最強の敵を意味します。その一環であることに疑う余地はないと感じました。それは私に視えない世界との関わりを示唆するものでしたし、本当に奥が深いのだなあという反省に繋がるものでした。

結論から言いましょうね。

目に視えない三次元の肉体を持たない存在にはなりすましがいて、その手口も進化…それを進化と呼べるかは微妙ですが、私たち視る者を信じ込ませるための『術』は私たちの想像を超えているということ。
そして、その存在自体にそうありたい!という強烈が願望を持っており、自分のターゲットにその様子を見せて取り込もうとする。

孤独が孤独を引き寄せる。隙が魔を引き寄せる。

私たちサイドの深層意識を読み取り、そこをくすぐる情報を与える…現象を見せることなど朝飯前ということ。

つまり霊的なりすましを見抜くのは至難の業。相手も必死なのです。

視えることに胡座をかく…本人にその自覚があろうとなかろうと魔はさすものです。自尊心をくすぐることを囁くなど造作もないんですよ、彼らにとって。彼らとて必死。この世にどうやって影響を及ぼすか、信じ込ませるか…それは彼らにとって自身のアイデンティティに関わる重大な事態だからです。

なので巧妙に化けます。

その辺の霊視者は簡単に信じ込んでしまうのですが、彼らはアカシックレコードですか?そういう情報も簡単に入手します。



源義経、ジャンヌ・ダルク、武田信玄・・・これらスター的人間を体現した魂にはファンクラブのような領域があるんですけど、その世界は余り知られていません。自称者のほとんどは順番待ちしてこの世界からやって来ています。



ここはあらゆる段階の魂の自由意志が尊重されるフィールドです。なのでこれほどに混沌としている。あなたの周りに例えば…ジャンヌ・ダルクの生まれ変わりとチャネラーに言われたとかいう人いますか?ネット上で彼女を他薦自称している人もいるようですが、完璧にファンクラブの魂。
この世のスターのファンクラブは徹底した情報力を持っていますよね?それより肉体がないだけ自由に情報を入手できる。従って憧れる対象になりきっている人、かなりいます。チャネラーもなので、そういう類いの情報をキャッチしている場合もある。武田信玄も然り、霊的情報は広く開示されています。アカシックレコードもそう。

そうして霊的なりすましは悪気もなく成立する…そう悪気もなく。

騙そうという訳ではないんですよ。それこそ本人が成り切っている。それはその魂にとってひとつのステイタスなのだと思いますが、本家ホンモノかどうかチャネラーは容易には見抜けません。つまり敵は二枚も三枚も上手ということ。ここは外せない事実と思います。
霊は本人が成りたいような姿を形成するとされています。なのでこの世の特定の人間にその成り切った姿を幻視させることもあるということも可能ということです。 



わたしもこの霊的なりきりを見抜けなかった…それが最近ハッキリする事態に。自分の保身のために隠すことは可能ですが、私とてこういう間違いをすることがあるということを皆さんに公開して、霊視の危険性を示唆しようと思い立った次第です。信じる信じないは皆さんに委ねます。また相手あってのことなので具体的内容には極力触れない予定。

ラスボス

私は、それが私たちにとってどんなに乗り越えるのが困難なことかを知るひとり。自惚れや自尊心がそれを容易に増幅させるのを目の当たりにした本人として警鐘を鳴らそうと思います。







皆さんは『Xファイル』というドラマはご存知と思います。私は楽しみに観ていましたが、その中に容易に姿形を一瞬で変える怖~い宇宙人が登場します。覚えている人いるでしょうか。

霊的なりすましは姿形だけではなく、情報も一瞬にして得てそれを利用します。実際にこの世にいる人物の霊的姿として顕現することがあります。

つまりホンモノかどうかは簡単には見分けがつきません。

本人も成り切っている訳で、情報も巧みに『着ている』のでコロッと私たちは騙されてしまいます。私はあることをきっかけに不信感を募らせました。それまで相手の話を疑いもせず聞き、確かに言う通りの人物かもと認識していました。確かにマッチングが見られたためです。

ところが最近になって、その霊的人物が私を忌み嫌っているから私が直接コンタクト取るのは「あり得ない」とある人が言い始めました。私は確かにそういうこともあるのかも知れない。私にきっと忌み嫌われる何かがあるのだろうと考え始めた。でも私はその霊的人物を認めていたし、悪口を言ったことも思ったこともありませんでした。相手の話すことを微笑ましいと聞いていたに過ぎません。なのに感情の矛先が私にどうして向くのか理解できずにいました。とばっちりも甚だしくないですか?私は話を聞いていたに過ぎないんですよ。

きっと理由があるはず。でも直接コンタクト「それはあり得ない」と言われてしまった訳です。それをきっかけに私が実際にキャッチするその人物と、話に聞かされる人物との間に誤差があることに気づき始めました。いぇ以前から何気に誤差があるなとは感じていたのですが、大した問題ではないし、私のことではないので話は話として聞いていた訳です。相手は理由を言いません。ただ…私を苦手としていることと、「上の世界でも好き嫌いがあるらしい」ということのみ。

私はそれまでの情報をリセット(私がキャッチしていることや聞いたこと全てを含めて)その人物を霊視することにしました。「(直接コンタクトは)あり得ない」とはどういう意味なのか、私に落ち度があるのかないのか気持ちを新たに知ろうと覚悟を決めた訳です。

ところが事は意外な展開を迎え、私は新たな驚きに遭遇することになりました。大袈裟な言い回しですが、本当に意外だったんです。

その…ある人物を名乗る霊的存在を、私が霊視したその人物は(分かり辛いですね、申し訳ない)「私はその人たちとは面識がないが、私のなりすましはいるようです」と

静かな語り口

そして、私の守護者が「これは龍神の魂」と告げた

これは私が予想もしていなかった展開でした。私がそれを天使と聞かされていましたし、そうかと私は思って話を聞いていた訳です。
予想を超えた展開になった…何故なら私は何か自分に反省点はないかが主眼だったのです。ですが、龍神と告げられ、それまでの違和感がすっかり一掃されました。どうしてそれまで気がつかなかったのか不思議なほどでした。私としたことが…!

なりすましに関しては「私は見抜けるはず」と感じて、それを問いました。答えは「相手はあなたたちが思う以上に巧妙。しかも願望は強烈で情報をまとうのは容易なのです」とのことでした。そして「私には愛する人がいますが、あなたの話にある人ではありません。夢の先にある世界で一緒に静かに暮らしています。彼女と暮らす世界があり、彼女に送り出してもらう…それが私が人間世界で活動する原動力になっています」と語ってくれました。

もし私がもっと早く見抜けていたら、ここまでエスカレートすることはなかったと思います。なりすましは単に視えるというレベルではホンモノかどうか見抜くのは困難という、これは実証です。私はそれまで自分は見抜ける方と自負していました。確かにそういうケースが多かった。その自負心が私のラスボス。最後にして最強の敵。

私たちは外に敵がいると思い込んでいますが、内的モンスターとの対峙が控えている…自分の心根が最終的なテーマですからね。内的モンスターとは自惚れや自尊心、自分が正しいと思う心…え?

takakoさん自身が自分を正しいと思っているのでは?あらら…なのでこうして間違いを告白している訳です。そして、これを機に心眼をよりクリアにせねば!と身を引き締めてもいる。え?
 
じゃぁなりすましはどういう種類の存在なの、ですか?

それはここでは話しません。当人に話すべきことと思うからです。




私は幸運かも知れません。何かある毎に心眼を養う必要性を痛烈に思う。そして、意外な事実に遭遇する。私はまだまだ未熟と悟る。



皆さん



ラスボスは外にはいません…私たちの心にこそ、それはあると知って頂ければ幸いです。



さて 仕切り直しです…!





10年前に既に決定してるとすると

Category : アセンション

記事『どうなんだろう? 2』に以下のコメントを頂きました。


それこそ

初めてコメントいたします。

>もう昨年末には…いぇ10年前にはそれぞれの行き先が決定していたというのに、何というタイミングなんでしょう。
第一、不思議な話をする子供たちの言うことを総合すると、今年からいくらスピリチャルな試みをしようと関係ないことが伺えます。だって「地球は大変なことが起きる。その時、お父さんお母さんを宇宙船に乗せるために地球に生まれて来たんだよ」と言う子供が複数いるんですよ。つまり

>まさかの時に救済される魂は少なくとも8,9年前には決定していたということになりませんか?

これこそ、選民意識なのではないのですか?
決まっている…
そんなことはないと思いますが。

そういうことを言っていると、エゴにとらわれ、自分は正しい、優れている、選ばれた…などとと言う人が出てくるのでは?
思いっきり勘違いして。

そして、そういう人に限って、自分ではなく、人の意見や情報に振り回されるわけですが。



地球というハンドルネームの方からのコメントなのですが、思うところがあるので改めて記事にしてみようと思います。個人の自由ですが、地球さんですか…何だか奇妙な気持ちになりますね、このHN。失礼…!

それはそれとして

 まさかの時に救済される魂は
 少なくとも8,9年前には決定していたということになりませんか?


これは私が浅川氏の著書を読んで感じた疑問を正直に書いたものです。それに対して地球というHNの方は

 これこそ、選民意識なのではないのですか?
 決まっている…
 そんなことはないと思いますが。
 

という意見を持ったとのこと。確かにそう思う人が他にもいるかも知れません。でも、そのお子さんたちは転生の目的をそう言っている訳ですよね?著書を読む限り。まさかの時に両親を救済するために。地球には時間枠があります。それに合わせてそういう目的を持った子供がやってきている…それが事実であるなら、救済の絶妙のタイミングでという理解に至りませんか? 少なくとも私はそうでした。
浅川氏は寄せられた情報や直に聞いた話を元に懸命にアセンション啓蒙している方ですよね?
私は著書を読み、疑問に感じたことを書いた…それがこういう意見を呼んだ…私は「どうなんだろう?」というお題を設けて書いた…素朴な疑問として。でも、それに対して率直な意見を頂いた…これは受け止めるべきと感じました。

著書は確かにアセンションありきで書かれており、その際に未曾有の天変地異が起きるという予言、あらゆる角度から検証が試みられています。不思議な話をする子供の出現は嫌が応にも

アセンション=すわ!天変地異

助かる人とそうでない人の存在がクローズアップされています。浅川氏はご自分を助かる方に位置づけているでしょう。浅川氏だけではありません。啓蒙者は皆そうではないでしょうか。利他心も熱心に説かれています。
個人的な意見ですが、啓蒙者とて助かる組という保証はないと私は思います。いぇそれ以前にアセンションが実際はいつ・どういうふうに起きるかは誰も知らない。2012年を否定する人もいる。宇宙人が我々信じる者を、善良な我々を助けに来ると信じている団体もある。

私は浅川氏の著書に出て来るこういう子供の存在を否定しません。ただし今回のように選民意識に敏感に反応する人がいる…地球さん(HN)は問題定義をしてくれたと思います。

私はどう視ているのかを、なので…書きます。私は既に「私たちはそれぞれの魂の故郷に帰還する」と書いています。アセンションがどうであろうと。それを踏まえた上で




私にとってアセンションがいつ・どのように起きるかは今も謎です。ですが、自分が助かる組かどうかはまったく気になりません。

私はね

此処に来る決意をしたのは他ならぬ私自身。人生の意味や疑問もすべて解けた訳ではないけれど、時満ちるまで精一杯生きようとそれだけに集中しています。その結果、助からない組だとしても覚悟するしかありません。実際うちの娘はそういう不思議な話をした試しがありません(笑)

核の脅威はすぐ目の前にあります。
こういう未曾有の危機…これほど人類が地球を複数回破壊するほどの核兵器を複数の国が保有する時代に自分が何故転生したか…すごく悩んだ時期がありました。でも納得してやって来たんですよね、私たちみんな。そして気づいたんです。

未曾有の危機に際してサバイバルゲームをしに私はやって来たのではないということ。使命があってでもない。罰でもない。何かしら約束を果たすためにやって来たことに気づいたのですよ。その約束が何であったかに気づいた時点で私の人生観はすごく変わりました。あとはいつ故郷に帰還するかだけです。

波動上昇ですか?

死をもって肉体を離れる…それでも構いません。だって約束を果たすのが人生の目的ですからね。私はそれを今も現在進行形で遂行中です。約束が何なのかは私個人のプライバシーなので書きません。

私たちは皆、何かしらの約束をしてここに来ています。

何人もの方をリーディングして、それが私単一のことではないことを知りました。

不思議な子供たちはこの世界に彼らの約束を果たしにやって来ているのですよ。「一緒に故郷に帰ろう」という…相手あっての約束を果たしに。ただし…それは危機と救済という事柄でもある。中には本人がたくさんの子供たちを連れて宇宙船に乗るビジョンを視たという例もあるそう。その人に至っては20代…時間列を思えば、8,9年どころかということになりますか…。アセンション伝授とかとは無関係にそういうビジョンを視る人がいるということでしょ?

これを私は魂の約束事と理解しています。それにしても「どうなんだろう?」と思った訳です。これが事実となるとアセンションHow to教えますと満を持して今日日登場した人たちって「どうなんだろう」と。他にも色々疑問は残りました。その幾つかも合わせて書いています。浅川氏に直にメールで問い合わせてみようとも思いましたが、氏自身が情報に沿って著書を出版しているので答えは出ないと判断しました。氏自身が真実を知ろう、伝えようとしている。でも、真実って諸説あるという類いのものではありません。
諸説を伝えることと、真実を伝えることとは違う…とても難しい選択と思います。

それぞれに魂の目的があり、それに則った人間関係や環境があり、それぞれの帰還の仕方がある。

アセンション達成=救済組=マヤ歴=ポールシフト・・・幾重にも重なり合った説に混乱するのは仕方ありません。
地球さん(HN)がどういう帰還をするかは私の知るところではありませんし、そういうことを彼女?彼?は言いたいのではないでしょう。選民意識を刺激するようなことにならないかと問題定義してくれたのですよね?

ですが、私は地球さんの溜飲を下げる事実を持ち合わせていないのだと思います。

何故なら私が視る限り、既に行き先は決定していると思えるからです。



助かる組かどうか選ばれし者か否かなど私は言及していません。そこは誤解のないように。



誰しもが魂の故郷を持っています。行き先が決定しているのは当然と言えば当然のことでしょう。それは10年前という以前の話ですよね。



ただし…10年前頃から地球の、こことは違うバージョンの、何と言えば良いのでしょう。桃源郷のような姿を夢やビジョンで垣間見る人が出没している。私の周りに複数いることを鑑みれば、彼らはそことのコネクションを10年前くらいから持つようになったのだろうと私は視ています。
これを読んでいる人の中には自覚のない人もいるでしょう。だからと言って「またtakakoさんは選民意識を刺激している」と決めつけないで下さいね。そういう人も就寝時に行っているかも知れないのですよ。まぁ行っていないかも知れませんけれど。

ここで大切になってくるのは

自分が助かる組かどうかとか、浅川氏の著書にある…カヴァーロ氏の説ですが、木星組か、はたまた次元上場した地球組か、などと戦々恐々としないことだと私は思っています。

私が視た限りでは生まれて来る前に決定した事柄は消えません。

あなたは覚えていないと言うかも知れない。でも何もかも記憶していたらトライアルにならないでしょ!と私は飽きもせず言っていますよね。

既にすべての筋書きは自分自身が納得の上で決定しているんです。中にはアセンションというイベントを体験しにやって来ている魂もいるのでしょう。



 そういうことを言っていると、エゴにとらわれ、自分は正しい、
 優れている、選ばれた…などとと言う人が出てくるのでは?
 思いっきり勘違いして。


ですか?そういう勘違い人間は私のブログなど見向きもしないでしょう。第一、地球さんがそういうタイプではないのならそれで良し!ではないでしょうか。近くにそういう勘違い人間がいるとして、その人が聞く耳をもっているかどうか…。然るに私が言うことも皆さんにとっては諸説のひとつに過ぎないでしょう。



この期に及んで なのかも知れません。



しかしながら皆さんには自分の価値観、直感に照らし合わせて情報を取捨選択する自由があります。私も同様です。



アセンションと未曾有の危機はこれからも絡めて色なところで取り沙汰されるでしょう。最後のチャンスだからこれだけごった返しているとも言われています。



確かにこういう時期に転生しようとしたのは他でもない私たち自身です。



マヤ歴を考慮すれば

私たちはひとつのサイクルの終わりと新たな始まりの時期に

私たち自身がひとつの学びを終え

次のステップへ



生まれ変わろうとしているのかも知れません。




それにしても謎は残ります。



アセンションはそれを知る者すべてに希望と不安をもたらしているようです。




でも、アセンションがどうのと言う以前に魂は自分がどういう経路を辿るかを心得ている。



私は浅川氏の最新著を読み、様々な感想を持ち、「どうなんだろう?」という素朴な疑問も持ち、でも…やはり人生の航路は既にそれぞれの魂が知るところという結論に達した…誰もが納得の上で転生している訳ですから。



自分を信頼するしかない。



いや…自分を信頼する それはとても大切な学びではないでしょうか。



地球さんはそういう意味でも有意義な問題定義をしてくれたと思います。






[ 追記 ]
ハンドルネーム(HN)ですが、分を越える印象を受けるものは今後申し訳ありませんが、内容の如何を問わず削除させて頂きます。ここは私の主観を述べる場所なのでコメントは承認制にしています。
もちろんどういうハンドルネームを使うかは個人の自由。しかしながら地球のスケールを慮ると…私は違和感を拭えませんでした。大意はないのでしょうけれど。個人的にメールをしようにも記載がないので、こういう形での所感にしました。
自分の意見を人のコメント欄に書く…それも個人の判断に委ねられます。なのでコメント欄をオープンしています。しかしながらネットは何しろ顔が見えません。ここは私が自己責任で管理しているブログですから、この方針でいきます。

皆さん…くれぐれもハンドルネームは分相応に。

もし私が『大日如来』とか『金星』とかいうHNで言いたい放題書いていたら、あなたは読む気持ちになったでしょうか。多分…あぁ勘違い人間なんだわとスルーしたのではないかと思うんですよ。感性はこういうところで磨けるものです。地球と名乗る方に恥をかかせるつもりはありません。顔が見えなくて、本名名指しにならなくて本当に良かったと思います。






プロフィール

takako

Author:takako

maria letter
私が今伝えられること

リンクの「maria letter 小林です」は非公開ですが、更新はPDF配信に切り替え。ご希望の方は下記メールフォームより氏名(ハンドルネームはNG)・PDF希望をご記入の上お申し込み下さい。
(2016年12月27日記)

いったんアメブロに移転しましたが、広告の量がストレスで2015年11月にFC2でブログ復活しました。限定記事もこちらで復活。パスワードはそのままです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ